2010年05月22日

『ボックス!』

ボックス!ボクシング映画というよりは、ボクシングに打ち込む純粋な気持ちを描いた映画だと思います。
「探偵!ナイトスクープ」の構成作家でお馴染みの百ちゃんこと百田尚樹さんの同名作品を映画化したこの作品は、ボクシング映画としては確かに物足りないです。でもボクシングに限らず初心という純粋な気持ちを改めて思い出すにはもってこいの映画だと思います。

北野武監督の『キッズ・リターン』とどこか似ている設定はあれど、映画を見ていくうちに高良健吾さんよりも市原隼人さんという俳優の無類な格好良さに魅せられるこの作品。
とにかく大阪弁を巧く使いこなし、スタントなしでボクシングシーンに挑む市原さんが同じ男性として見ても格好いいと思えるほどに素晴らしいんです。

お話としては練習嫌いのカブこと鏑矢と努力家で秀才のユウこと木樽の友情を基本軸に、栄養ドリンク稲村を倒すために2人で努力したり、カブが挫折したり、でもユウの助けを借りてカブが復活したりという青春映画なんですが、でもこの映画は単なる青春映画というよりは「初心」という純粋な心をいろんなエピを用いながら描いていると思うのです。

例えばボクシング部のブタマネージャー丸野智子のエピにしても考えてみれば、別に智子が若くして人生を終える必要なんてなかったのかも知れません。
でも拳だけで闘うことから、最も純粋なスポーツと一つとして挙げられるボクシングに打ち込むボクサーたちの「プロに行きたい」とか「強さを見せつけたい」とかといったものではなく、目の前に敵に「勝ちたい」という純粋な想いをより昇華させるためには、ああいう形が一番分かりやすかったのかも知れないと思うんですよね。

ですから『ロッキー4炎の友情』のように、稲村“栄養ドリンク”ドルフ・ラングレンを倒すため、アポロ鏑矢がロッキー木樽の練習相手を買って出るのも、ミッキー智子が残した練習ノートがさりげなくスクリーンに映るのも、もう一人のミッキーこと沢木監督がロッキー鏑矢のために試合前に自分の過去を話すのも全て、これまでのボクシング映画と比べると物足りなさは多少あれども、まるでボクシングに打ち込む人間の原点を見ているかのようで、見ていて結構気持ちいいんです。
そのあたりがさすが人情を主体に「探偵!ナイトスクープ」という番組を作り上げている百田さんの素晴らしいところ。

ただこういう人情主体の映画に浪速のロッキーではなく、某現役ボクサーをゲスト出演させるのはちょっとセンスが悪いというか。まぁあれはTBS側の意向でしょうけど、もっと作品内容を考えてほしいものですよ。

てな訳でボクシングに詳しくない人でもボクシングは単なる殴り合いのスポーツではなく、ガードを固めつつ相手の動きや癖を読み、頭脳勝負するという面白さを学ぶにはちょうどいい映画だと思いました。

それにしてもあの宝生舞さんがオカンを演じるようになるとは・・・。時代の流れは早いものですな〜。西田局長繋がりの『釣りバカ日誌10』の頃が懐かしいですよ。

深夜らじお@の映画館はボクサーといえば井岡弘樹会長伝説を「ごきブラ」で見るのが大好きです。

この記事へのトラックバック

1. ボックス!(ティーチ・イン付)  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2010年05月22日 21:08
人気放送作家・百田尚樹の同名ベストセラー小説を『デトロイト・メタル・シティ』の李闘士男監督が映画化。高校ボクシングをテーマに、天才肌のボクサーと努力型ボクサーという2人の親友同士が成長していく様子を描く青春スポーツドラマだ。主演は『ROOKIES ??卒業??』の市...
2. ボックス!  [ 象のロケット ]   2010年05月23日 02:37
幼なじみの鏑矢義平(カブ)の強さに憧れて、木樽優紀(ユウキ)は恵美須高校ボクシング部に入部した。 怠け者だが天才的なボクシングセンスを持つカブは連戦連勝。 カブのサポートと、優等生の生真面目さで、ユウキもメキメキと腕を上げていく。 彼らの最大のライバルは...
3. 「ボックス!」TOHOシネマズ梅田  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2010年05月23日 21:55
「探偵ナイトスクープ」の構成作家である百田尚樹が書いた「ボックス!」を大阪出身の李闘士男監督が大阪を舞台にボクシング映画を作りました。この映画実は先週試写会で見る予定が、残業のため断念。試写会の葉書を譲った人が「お勧め!」と言っていた映画なんです。試写会....
4. 試写会「ボックス!」 疲れたけど気分爽快  [ 筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ−映画編− ]   2010年05月24日 12:13
幼なじみのカブとユウが高校で再会。ケンカの弱いユウは、カブに誘われてボクシング部へ。天才肌のカブと、理論家で努力家のユウ。やがて同の..
5. ボックス!  [ ゴリラも寄り道 ]   2010年05月26日 01:10
6. ボックス! (市原隼人さん)  [ yanajun ]   2010年05月29日 02:01
市原隼人さんは、現在公開中の映画『ボックス!』に鏑矢義平 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想
7. ボックス!  [ to Heart ]   2010年05月30日 00:33
幼なじみの二人は、やがて運命のライバルに──。 ボックス! それは、闘いの合図 原作 百田尚樹『ボックス!』(太田出版刊) 脚本 鈴木謙一 監督 李闘士男 音楽 澤野弘之 ...
8. 【99.4Kg】 「ボックス!」を観にいきました♪  [ 街のクマさん 炎のダイエット日記 ]   2010年05月30日 11:30
皆さん♪こんにちわ??!! (^??^) ・・・っていうか、実はクマ、昨晩は寝てませんから・・・・・(泣)
9. ボックス! ケツの穴から手ぇ突っ込んで奥歯ガタガタいわしたろか!  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2010年06月07日 11:46
【{/m_0167/}=26 -10-】 昨日は仕事、10春闘の総括のための職場討議集会がスタートしたのだ〜。 で、仕事が終わってからは映画、「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」「マイブラザー」のどちらかを見たかったのだけど、なぜか「ボックス!」になっちゃった。 しかし・・・...
10. [映画]ボックス!  [ オレメデア ]   2010年06月08日 21:24
映画「ボックス!」を見てきました。見るたびに成長を重ね、見ごたえを増していく市原隼人。今回の役は、高校生ボクサーですか。
11. □『ボックス!』■ ※ネタバレ有  [ 〜青いそよ風が吹く街角〜 ]   2010年06月16日 12:56
2010年:日本映画、李闘士男監督、鈴木謙一脚本、百田尚樹原作、市原隼人、高良健吾、谷村美月、清水美沙、宝生舞、山崎真実、香椎由宇、筧利夫、諏訪雅士出演。
12. 「風が強く吹いている」「ボックス!」感想  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2011年05月01日 19:53
原作も映画も両方良かった映画2つ。
13. 何かに打ち込む人生は何百倍も楽しく充実している ─ ボックス! ─  [ Prototypeシネマレビュー ]   2011年10月09日 08:44
─ 映画『ボックス!』 ─ 原作小説『ボックス!』(著:百田尚樹)が発売されたときも気にはなっていたものの、映画化されても観れてなかったこの作品。レンタルでやっと観ること ...

この記事へのコメント

1. Posted by KLY   2010年05月22日 21:38
宝生舞さんのお母さん役は李監督たっての希望で、周囲からバキ打ちにあったけど強行したそうです。大阪のヤンキーは16歳ぐらいで子供うんじゃうから計算合ってるでしょ?(笑)って言ってました。市原君の関西弁はどうでした?彼は元々関西の人じゃないですよね。
2. Posted by にゃむばなな   2010年05月22日 23:24
KLYさんへ

なるほど〜、さすが『お父さんのバックドロップ』の李監督ですね。

ちなみに市原さんの関西弁は上手かったと思います。
ただベッドで泣き崩れるくだりはちょっと厳しかったですけどね。
3. Posted by アンパンマン   2010年05月23日 15:52
 こんにちは〜。

 宝生舞さんって昔はアイドル?していましたよね。
 当時読んだアイドル誌(みたいなもの)に載っていたな〜って思い出しました。

 最近の中学生位なら、例えば浜崎あゆみが以前はドラマに出ていたってことも知らないんでしょうね。
4. Posted by にゃむばなな   2010年05月23日 16:49
アンパンマンさんへ

そうそう、宝生舞さんは昔アイドルしてはりましたもんね。
それを思うと、最近の中高生が浜崎あゆみが『すもももも』に出演していたことどころか、川島なお美が「お笑いマンガ道場」に出演していたことさえも知らないでしょうね。
あぁ〜時の流れは速いこと。
5. Posted by YUKKO   2010年05月23日 21:54
カブにfall in love!
美しい肉体と純粋さと、やんちゃぶりに、ハマりました。
少し物足りなかった部分もいっぱいあるけれど、美しい青春映画として私は大好きです。カブやユウキと一緒に淀川を横切る橋をロードワークしたかった。
6. Posted by にゃむばなな   2010年05月24日 17:39
YUKKOさんへ

市原さんの役者魂は凄かったですね。
私は大阪の人間ではないのですが、大阪の人には馴染みの場所ばかりなんでしょうね。
それが少し羨ましいです。
7. Posted by kajio   2010年05月26日 00:15
にゃむばななくん、ブタ焼き食べてき!
8. Posted by にゃむばなな   2010年05月26日 12:59
kajio先輩

すみませんでした!
ブタ焼き食べて出直してきます!
9. Posted by kajio   2010年06月01日 19:49
カブのオカンを演じて頂いた宝生舞さんが、5月31日をもって芸能活動を引退されました。「ボックス!」が引退作品になるそうです。あ〜ムチャクチャ残念だ〜。宝生さんありがとうございました。現場をご一緒できて本当によかったです。(たけ)
2分前 webから

たった今、ボックス!のツイッターの公式アカウントにUPされました…
10. Posted by にゃむばなな   2010年06月02日 16:43
kajioさんへ

ぬぁんですとぉ〜!宝生舞さんが引退!?
あぁ〜それはめっちゃ残念ですよ。
これからもいい味出してくれると思っていたのに〜!

でも宝生さんには本当にありがとうございましたですね。
11. Posted by latifa   2011年05月01日 19:59
にゃむばななさん、こんにちは!
私も昨晩の慎吾の実話映画の見てました。
にゃむばななさんの選ばれた作品、そうだ、それもあったな!ってのが一杯ありました。潜水服〜とか、遠い空の〜とか、ミルク、マラソン、、、よく色々思い出されましたね^^

で、この映画。
私も、北野武監督の『キッズ・リターン』のことを思い出しました。
この映画では、市原君が良かったです。
おっしゃる通り、亀田さんの部分は、ちょっと不要だったかな・・・と思いました。
12. Posted by にゃむばなな   2011年05月01日 20:26
latifaさんへ

個人的には『キッズ・リターン』と似て非なる部分をもっと強調してほしかったですね。
でもまぁ市原さんの男前ぶりを知れただけでも十分かもです。
13. Posted by GAKU   2011年10月09日 09:05
にゃむばななさん、こんにちは。
今さらな感じですがやっと鑑賞できました。

この作品ってナイトスクープの構成作家さんの原作だったんですね。全く知りませんでした。どうりで南海電車とか商店街とかがかなりローカルな感じだと思った(南海電車はあんなヤンキーばっかじゃないやいっとか思ったりも…汗)

個人的には市原君のヤンチャ役はいつもどおりとして、高良君のヘナチョコから徐々に目つきが変わっていく感じが良かったなと。朝ドラにも出てきたし、ヘナチョコから男前までできるという意味では今後も出演作が増えそうな予感かな。
14. Posted by にゃむばなな   2011年10月09日 09:29
GAKUさんへ

確か南海電車って赤井英和さんが学生時代に我がモノ顔で闊歩していた電車のはず。
ですからヤンキー揃いというのも時代が現代でなければ成り立つのかも?ですね。

それと高良クン、今後どんな活躍をするんでしょうね〜。楽しみです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載