2010年07月18日

『借りぐらしのアリエッティ』

アリエッティスタジオジブリのヒロイン像原点回帰。それが今回の鈴木敏夫プロデューサーの狙いであるような気がしました。
『となりのトトロ』を思わせるような小さな世界で起こるシンプルなお話に、これまでのジブリ作品のキャラたちにどこか似ているこの映画のキャラクターたち。いかにも宮崎駿監督が好きそうな世界観ではありますが、その奥に見える鈴木プロデューサーの真意を考えると、非常に興味深い映画でした。

スタジオジブリといえば一般的には看板である宮崎駿監督が有名ですが、映画ファン的には関西に来るとよくしゃべる鈴木敏夫プロデューサーが立てる戦略が非常に興味深い会社なんですよね。
というのも徳間書店からジブリに移って以来、鈴木プロデューサーは映画のヒットのためだけでなく、ジブリの今後を考えて長期的な視野で戦略を立てている、宮崎吾朗監督の言葉を借りるなら豊臣秀吉みたいな策略家。
これまでにも次世代の監督を探したりスタッフの育成を図るためにジブリの内外部から故・近藤喜文、森田宏行、細田守、宮崎吾朗を起用しては、映画賞も興行面でも大成功を収めてしまった宮崎駿監督の職人魂を刺激してきたんですよね。

そんな鈴木Pが故・近藤喜文監督以来始めてジブリ内部の関係者である作画監督の米林宏昌氏を起用したと聞けば、そりゃ映画ファンとしては気になるのはやはり鈴木Pの真意ですよ。特にこの作品がどのように宮崎駿監督を刺激するのか。それは映画ファンとしては是が非でも読み取っておきたいこと。

なので鈴木Pの真意を模索しつつ映画を見てみましたが、個人的に気になったのはキャラクターたち。
例えばヒロインのアリエッティはナウシカのように誰にでも優しく勇気があり、サツキやキキのように凹んだり泣いたりと表情が豊か。また人間の翔も心臓が弱いとはいえ、アリエッティからすればトトロのようであり、トンボやハクのようにアリエッティのことを親身になって助けてくれる優しき存在。

その他にも家政婦のハルは性格は違えど『魔女の宅急便』に登場する老婦人宅の元気な家政婦とどこか通ずるものがありそうな感じですし、父・ポッドやスピラーも映画以外も含めたこれまでのジブリ作品のどこかで見たような感じ。

つまりこの映画は米林宏昌というジブリの次の世代を担う人材育成の他にも、『ハウルの動く城』で一度は評価が下がるも、宮崎語朗効果で『崖の上のポニョ』にて復活した宮崎駿監督に「幼女ではなくジブリが昔から描いてきた思春期のヒロインでもう一度映画を作ってみないか」という、鈴木Pからのメッセージでもあるような気がするんですよね。

ということは鈴木Pにとって米林監督は宮崎駿・高畑勲に続く、ジブリ第3の監督として、宮崎駿を刺激しつつこれからのジブリを支えてもらいたい、かつて故・近藤監督に期待したものと同じものを期待している存在なのではないでしょうか?
そう考えると、『耳をすませば』と同じように無愛想なデブネコが伝達役になっていたのも、そんなメタファーであるような気がしました。

てな訳で映画の中身はシンプルでも、映画の裏側は複雑な思いが渦巻いているジブリ作品はやっぱり鈴木敏夫プロデューサーを基点に見ると、本当に面白いと思える映画でした。

深夜らじお@の映画館は鈴木Pの話す宮崎家サーガが大好きです。

※お知らせとお願い
■8.21【元町映画館】いざ開館!■【ABCアシッド映画館】の復活を!


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 借りぐらしのアリエッティ  [ Akira's VOICE ]   2010年07月18日 15:28
飽きのこない「あっさり爽やか味」  
2. 劇場鑑賞「借りぐらしのアリエッティ」  [ 日々“是”精進! ]   2010年07月18日 15:30
「借りぐらしのアリエッティ」を鑑賞してきましたとある古い家の床下に暮らす小人一家と人間の交流を描いたスタジオジブリ製作のファンタジー・アニメ。原作は1952年にイギリス...
3. 『借りぐらしのアリエッティ』(2010)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2010年07月18日 16:18
スタジオジブリの最新作で、原作はメアリー・ノートンの『床下の小人たち』。 初日初回での鑑賞となったが、客の入りは小さなスクリーンなら6割程度というところ。実際は一番大きなスクリーンを宛がわれていたので、ガラガラという方が近い。 絵が綺麗で、音楽も美しい...
深い緑と色鮮やかな夏の草花たちが織り成す美しい風景、そしてそこに息づくジブリらしい表情豊かなキャラクターたち。ストーリーに特別なインパクトはないものの、こじんまりとまとまった愛らしく優しい作風はとても心地よかった。
5. 映画 『借りぐらしのアリエッティ』  [ アニメって本当に面白いですね。 ]   2010年07月18日 18:07
借りぐらしのアリエッティ   お勧め度:普通   [ファンタジー ジブリ]   7月17日(土)全国ロードショー   原作 : メアリー・ノートン   監督 : 米林宏昌   脚本 : 宮崎駿   アニメ制作 : スタジオジブリ   http://karigurashi.jp/ ...
6. 借りぐらしのアリエッティ  [ そーれりぽーと ]   2010年07月18日 19:39
“とりあえず”ジブリなので『借りぐらしのアリエッティ』を観てきました。 ★★★ 美しい緑が映えまくる外、家の中の家具、小人の世界のギミックな構造と書き込まれた世界が素晴らく、音楽と相まっていつものジブリ以上に癒し系。 ベテラン役者揃いの声もいつも以上になか...
7. 『借りぐらしのアリエッティ』 なぜベンツに乗っているのか?  [ 映画のブログ ]   2010年07月18日 20:47
 ジブリのアニメが好きだと云う人がいるが、それは本当にジブリのアニメなのだろか?  ジブリのアニメが好きな人に具体的な作品名を聞くと...
当ブログにご訪問の皆様、こんばんは!!三連休の2日目日曜日、皆様いかがお過ごしでしょうか。今日も昨日に引き続き朝っぱらから爽快な青空と強い陽射しの太陽が照りつける程の真夏??..
9. 借りぐらしのアリエッティ  [ 象のロケット ]   2010年07月18日 22:45
古い大きな屋敷の床下に住んでいる小人の少女アリエッティはもうすぐ14歳。 父と母と一緒に、生活に必要なものをこっそり人間から借りて暮らしていました。 ある日、庭に出たアリエッティは、病気療養のためにやって来た12歳の少年・翔に姿を見られてしまいます。 人間に...
10. 『借りぐらしのアリエッティ』  [ ラムの大通り ]   2010年07月18日 22:56
----これってジブリ の新作だよね。 監督の米林宏昌って初めて聞く名だけど…。 「そうだね。彼はジブリ最年少、37歳の監督。 『崖の上のポニョ』でフジモトの部屋から金の水魚に乗って 地上にやってくる一連のシーンを描き、 宮崎駿をうならせたらしい。 その宮崎駿は、今回...
11. 借りぐらしのアリエッティ  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2010年07月18日 23:10
原作はメアリー・ノートンのファンタジー小説「床下の小人たち」。とある古い家の床下にすむ小人の一家と人間の少年との交流を描いたファンタジーアニメーションだ。企画・脚本を宮崎駿が担当し、監督は数々のジブリ作品の原画を担当してきた米林宏昌が務めている。西友は主...
7月17日公開の映画「借りぐらしのアリエッティ 」を鑑賞した。 この映画はスタジオジブリ最新作品で、 家の下に暮らす小人たちが人間に見つからないように 食料などを借りながら暮らしていたが ある日少年にみつかり引っ越さなければならなくなり 生存を掛けて生き抜...
13. 借りぐらしのアリエッティ  [ ★ Shaberiba  ]   2010年07月18日 23:36
どこかにいる・かもしれない小人たち。私が出会ったら・・どうするかな−−♪
14. 映画「借りぐらしのアリエッティ」感想  [ おぼろ二次元日記 ]   2010年07月19日 00:10
今日17日から公開の宮崎アニメ「借りぐらしのアリエッティ」を見てきました。借りぐらしのアリエッティサウンドトラックあらすじ:古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものはす...
15. 借りぐらしのアリエッティ  [ 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing ]   2010年07月19日 11:58
 日本  アニメ  監督:米林宏昌  出演:(声の出演)      志田未来      神木隆之介      大竹しのぶ 【物語】  古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から 借りてくる借りぐらしの小人たち。 そんな小人一家の14歳、アリエ...
16. 『借りぐらしのアリエッティ』完成披露試写会@東京国際フォーラムホールC  [ |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο ]   2010年07月19日 12:03
『借りぐらしのアリエッティ』舞台挨拶×2@TOHOシネマズスカラ座&「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」企画・脚本:宮崎駿 原作:メアリー・ノートン「床下の小人たち」東京国際フォーラムホールCで行われたスタジオジブリ最新作『借りぐらしのアリエッ....
監督、米林宏昌。企画、宮崎駿。脚本、宮崎駿、丹羽圭子。プロデューサー、鈴木敏夫。
18. 『借りぐらしのアリエッティ』〜腹八分目の快感  [ 子育てパパBookTrek(P-8823) ]   2010年07月19日 21:27
『借りぐらしのアリエッティ』★★★★☆  2D手書きアニメ『借りぐらしのアリエッティ』を、娘(小4)と二人で鑑賞。  公開早々なのの..
19. 借りぐらしのアリエッティ  [ メルブロ ]   2010年07月19日 22:14
借りぐらしのアリエッティ 321本目 2010-25 上映時間 1時間34分 監督 米林宏昌 出演 志田未来(アリエッティ) 、  神木隆之介(翔)     大竹しのぶ(ホミリー) 、 竹下景子(貞子)      藤原竜也(スラピー) 、  三浦友和(ポッド)      樹木....
20. 借りぐらしのアリエッティ・・・・・評価額1600円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2010年07月20日 21:26
二十一世紀に入ってからのジブリ作品で、一番好きかも。 タイトルロールの「借りぐらしのアリエッティ」は、古い屋敷の床下にひっそりと暮ら...
21. [映画『借りぐらしのアリエッティ』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2010年07月20日 22:39
☆宮崎監督ではないジブリ作品だ。  実は、あまり興味がなく、文句をつけようとして観に行った。  翻って、昨今のジブリ作品の低評価の原因とされる、最近の宮崎駿の支離滅裂さが、実は、どんなに素晴らしいものであるかを私は語ろうと思っていたのだ。 「ポニョを出せ...
22. 借りぐらしのアリエッティ  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2010年07月21日 11:36
公式サイト。原作はメアリー・ノートンの「床下の小人たち」、英題:The Borrower Arrietty。宮崎駿企画、米林宏昌監督。(声)志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林。原作は違えど「耳をすませば」のスピンオフ的な作品。現実とお伽話、本当に滅び....
23. 借りぐらしのアリエッティ  [ ともやの映画大好きっ! ]   2010年07月21日 19:46
【2010年・日本】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 1952年に発表されたメアリー・ノートン原作のファンタジー小説「床下の小人たち」を、日本を舞台に設定を変えてアニメ化。 とある古い家の床下に暮らす小人の少女アリエッティと人間の少年のひと夏の触れ合いを綴ったファンタジ...
24. 映画「借りぐらしのアリエッティ」  [ FREE TIME ]   2010年07月21日 22:26
話題の映画「借りぐらしのアリエッティ」を鑑賞。
25. 借りぐらしのアリエッティ  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2010年07月21日 23:38
久しぶりに大変にわかりやすいジブリ作品だ。小人は人間の家に借りぐらししているのに、人間は地球に借りぐらししていることに気づかない。閉塞感に覆われた時代に是非こういう映画を見て、自らの生き方を見直したい。お勧めだ。
26. 『借りぐらしのアリエッティ』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2010年07月22日 12:34
    □作品オフィシャルサイト 「借りぐらしのアリエッティ」□監督 米林宏昌 □脚本 宮崎 駿 □原作 メアリー・ノートンT( 「床下の小人たち」)□キャスト(声の出演) 志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林■鑑賞日 7月1...
27. 借りぐらしのアリエッティ (The Borrowers)  [ yanajun ]   2010年07月22日 14:00
アニメ映画『借りぐらしのアリエッティ』の原作は、1952年にイギリスで出版されたメアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』です。企画・脚本は宮崎駿さんが担当し、監督はジブリで1番上手なアニメーターとして評判の米林宏昌さんが務めました。先日、劇場に観...
28. 映画<借りぐらしのアリエッティ>  [ 美味−BIMI− ]   2010年07月22日 15:23
  早速見て来ましたよ〜! ジブリ映画<借りぐらしのアリエッティ>!   ぼくは、あの年の夏、 母の育った古い屋敷で、一週間だけ過ごした。 そこでぼくは、 母の言っていた小人の少女に出会った――。 人間に見られてはいけない。 それが床下の小人たち...
29. 「借りぐらしのアリエッティ」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2010年07月22日 18:15
タレントや俳優の声優を起用し出し、「ジブリのアニメなら」という含みのある言い方をする方々が口をそろえて「感動、感動」と連呼するのにウンザリし、評論家の如くわかったような解説を披露する人が増え始めて以来
30. 借りぐらしのアリエッティ/志田未来、神木隆之介  [ カノンな日々 ]   2010年07月22日 21:42
スタジオジブリの待望の最新作です。メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を原案にした物語の舞台を1950年代の英国から日本へとアレンジして描いたファンタジー・ムービーです。監督はこれが劇場長編デビュー作となる米林宏昌さん。スタジオジブリの次世代を担う....
31. 借りぐらしのアリエッティ  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2010年07月23日 11:56
「ポニョ」から早くも2年〜スタジオジブリ2年ぶりの新作は、メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を原案にした心温まるファンタジー。企画・脚本は宮崎駿。本作の監督を務めたのはこれが初監督作品となるスタジオジブリの新鋭・米林宏昌。 物語:舞台は現代の日...
32. シネマ『借りぐらしのアリエッティ』を観て  [ マダムNの覚書 ]   2010年07月24日 05:51
映画「借りぐらしのアリエッティ」を観た感想です。
33. 「借りぐらしのアリエッティ」  [ NAOのピアノレッスン日記 ]   2010年07月24日 15:49
〜人間に見られてはいけない〜 2010年  日本       (10.7.17公開)配給:東宝           アニメーション制作:スタジオジブリ監督:米林宏昌        企画・脚本:宮崎駿プロデューサー:鈴木敏夫       脚本:丹羽圭子 ...
34. ジブリらしいヒロインが帰ってきた!『借りぐらしのアリエッティ』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2010年07月25日 10:05
スタジオ・ジブリの最新アニメ映画。古い家の床下に暮らす小人一家と人間との関係を描いた作品です。
35. 人間の自分本位なエゴと問題定義 ─ 借りぐらしのアリエッティ ─  [ Prototypeシネマレビュー ]   2010年07月25日 17:15
─ 借りぐらしのアリエッティ ─ スタジオジブリの新作ということで、類に違わず見てきました『借りぐらしのアリエッティ』。まず個人的な感想を言うと、「面白くないわけじゃあない。けど、何か物足りない」といったところかな。 たしかにジブリブランドが出す作品なので....
36. 借りぐらしのアリエッティの感想 〜宮崎駿に潜む人間への絶望感〜  [ アニプレッション!! ]   2010年07月25日 19:45
昨日、借りぐらしのアリエッティを見てきました。 映画館の入り状況ですが、客は120人収容ぐらいの会場に半分ぐらい埋まった感じでした。男女比の割合は女性6、男性4の割合でしょうか??..
37. 「借りぐらしのアリエッティ」TOHOシネマズ梅田  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2010年07月25日 20:44
スタジオジブリの新作。メアリー・ノートンの「床下の小人たち」を原案にした映画です。英国から現代の日本に舞台を移しています。監督はこれがデビュー作となる米林宏昌。郊外の屋敷に翔という男の子が病気療養のため、祖母の家にやってきます。実はこの屋敷の床下には自分....
38. 借りぐらしのアリエッティ  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2010年07月26日 19:46
いつも注目してしまうジブリ作品を鑑賞―【story】古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から借りてくる借りぐらしの小人たち。そんな小人一家のアリエッティは、好奇心と伸びやかな感性を持つ少女。だが、人間に見られないよう、目立たないよう、...
39. 床下の小人たち〜『借りぐらしのアリエッティ』  [ 真紅のthinkingdays ]   2010年07月26日 20:15
 心臓病を患う少年・翔は、田舎にある母親の実家へ避暑にやって来る。広大な 敷地に建つ屋敷の床下には、小人の一家が住んでいた。翔は偶??.
40. 「借りぐらしのアリエッティ」感想  [ 狂人ブログ 〜旅立ち〜 ]   2010年07月26日 21:31
 スタジオジブリ待望の最新作は、ロンドン出身の女流作家メアリー・ノートン「床下の小人たち」原作。心臓に病を持つ12歳の少年・翔が、病気療養のために訪れた母の育った屋敷で...
41. 借りぐらしのアリエッティ  [ みすずりんりん放送局 ]   2010年07月28日 08:04
 『借りぐらしのアリエッティ』を観た。  【ストーリー】  古い屋敷の地下に住み、必要な物はすべて床上の住人の人間から「借り」て暮...
CG、VFXを駆使したハリウッド映画などで、 人間が高所から飛び降りたりしても特に何も 感じないのに、ジブリアニメで人が落ちそうに なるのを観ると本当にハラハラする。 実写映画と比べ、水はより水っぽく、 食物はより美味しそうで、風はより吹きつける。 ジ...
43. 借りぐらしのアリエッティ  [ 5125年映画の旅 ]   2010年07月31日 09:14
小人のアリエッティは、家族と一緒に郊外の古い屋敷の床下で、人間のものを借りて生活する「借りぐらし」を営んでいた。ある日屋敷に、心臓に病をかかえる少年・翔が療養のために引っ越してきた。アリエッティは、庭で草花を集めている姿を翔に目撃されてしまう。 スタジオ....
44. 借りぐらしのアリエッティ  [ いい加減社長の映画日記 ]   2010年08月01日 21:22
なんか、いつものジブリほど、期待が高まらなかったんだけど。 他に観たいものもないので、「借りぐらしのアリエッティ」を鑑賞。「UCとしまえん」は、普通かなぁ。 「借りぐらしのアリエッティ」は、大きめのスクリーンで、4割程度。 【ストーリー】 アリエッティはとあ...
45. 借りぐらしのアリエッティ  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2010年08月05日 06:39
 たまにはアニメでも見ようということで、『借りぐらしのアリエッティ』をTOHOシネマズスカラ座で見てきました。 (1)お話は、郊外にある古ぼけた邸宅の床下に住んでいる小人の少女・アリエッティと、その家に病気療養しに来た少年・翔との交流を中心に展開されます。  ア...
46. 借りぐらしのアリエッティ  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2010年08月07日 14:57
2010年7月18日(日) 21:25?? TOHOシネマズスカラ座 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円(買っていない) 『借りぐらしのアリエッティ』公式サイト 高齢化の激しいスタジオ・ジブリ。美術館館長以来、長編に新しい監督登場。 スペクタクルなシーン...
47. 借りぐらしのアリエッティ 評価:★★  [ 20XX年問題 ]   2010年08月10日 18:17
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
48. 借りぐらしのアリエッティ  [ 単館系 ]   2010年08月22日 02:31
メアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』が原作 アニメ制作はご存知スタジオジブリ 主演ふたりはドラマ探偵学園Q以来の共殮.
49. 映画「借りぐらしのアリエッティ」  [ Andre's Review ]   2010年08月24日 23:08
  借りぐらしのアエリエッティ 日本 2010 10年7月公開 劇場鑑賞 小学校の時にトトロが公開されたようなジブリ世代なもので、ジブリの新作と聞くとやはり心躍ってしまいます。 心臓の手術を控えた少年、翔は療養のために大叔母の暮らす屋敷に1週間滞在することになる。屋敷...
50. 『借りぐらしのアリエッティ』’10・日  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2010年09月09日 09:29
あらすじ郊外の古い屋敷に住んでる小人の一族は、自分たちの暮らしに必要なモノを、必要なだけ人間の世界から借りて生活していたが、アリエッティが初めて借りに出た夜、病気の静養...
51. 映画:借りぐらしのアリエッティ  [ よしなしごと ]   2010年09月18日 09:00
 観たのはだいぶ前なのですが記事にする時間がなくてようやくのアップです。今回は借りぐらしのアリエッティです。
52. 借りぐらしのアリエッティ  [ 晴れたらいいね〜 ]   2010年10月16日 21:06
世間では、チリの救出の話が感動的にわいてます。これ、そのうち映画にされちゃいそうね。宮崎駿監督作ではないですが、企画や脚本などに関わっておられます。ジブリ作品は、緑色の色使いがこれもキレイでした。もうすぐ上映も終わっちゃいそうなんですが、やっぱりこれも観....
53. 借りぐらしのアリエッティ  [ 銀幕大帝α ]   2011年06月19日 01:30
10年/日本/94分/ファンタジー・ドラマ/劇場公開 監督:米林宏昌 プロデューサー:鈴木敏夫 企画:宮崎駿 原作:メアリー・ノートン『床下の小人たち』 脚本:宮崎駿 主題歌:セシル・コルベル『Arrietty's Song』 声の出演:志田未来、神木隆之介、大竹...
54. 借りぐらしのアリエッティ  [ いやいやえん ]   2011年06月29日 11:04
ジブリ作品。郊外の広大な古い屋敷で小人のアリエッティの一家が必要なものを「借りて」暮らしていた。そこに、療養で12歳の少年・翔がやってくる。 地味ながらもあたたかな小品だったと思う。 アリエッティの初めての「借り」にはその小ささから普段見る事のできない人
55. 「借りぐらしのアリエッティ」「カラフル」感想  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2011年08月07日 09:35
夏休み子供と一緒に見れそうなアニメ映画2つ  
56. 借りぐらしのアリエッティ  [ RISING STEEL ]   2011年12月15日 00:02
借りぐらしのアリエッティ 病を患い手術を控えた少年ショウは療養のために山中の屋敷でひと夏を過ごすことに。 そこで彼は小人の少女アリエッティを目撃する。 人間に決して姿を見られてはならないの...
57. 別館の予備(感想217作目 借りぐらしのアリエッティ)  [ スポーツ瓦版 ]   2012年04月22日 22:23
4月21日 借りぐらしのアリエッティ 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11229412326/88d4dd76

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2010年07月18日 15:38
これぞジブリ作品!と思わず拍手を送りたくなるような作品でした。
前作の「ポニョ」は正直微妙だったので・・・。

シンプルながらもテーマがしっかりしていて、
その中にジブリ要素もふんだんにありました。
2. Posted by にゃむばなな   2010年07月18日 16:07
BROOKさんへ

ジブリ作品のいろんな要素を詰め込んだ映画でしたね。
米林監督の次回作も注目です。
3. Posted by AKIRA   2010年07月18日 16:56
ジブリ内の切磋琢磨で,
これからも良作を届けてほしい!

今作のクオリティは,
宮崎駿さんに刺激を与えたかもしれませんね。

鈴木Pのやりくり巧い!w
4. Posted by にゃむばなな   2010年07月18日 17:15
AKIRAさんへ

今回の内容を見る限り、これは『崖の上のポニョ』の再来は期待できそうな感じですね。
次回作における宮崎監督の職人魂、しかと拝見させていただきますよ!
5. Posted by SOAR   2010年07月18日 17:20
ジブリは宮崎駿監督という看板ではなく、鈴木Pの存在を意識して観たほうがたしかに面白いかもしれません。実際表に出ての発言は鈴木氏のほうが圧倒的に多いですし。

ヒロイン像にキキやサツキが被ることが私は少々気になったのですが、なるほど、これが鈴木Pによる意図的なヒロイン回帰なのだとすれば、新世代監督の登場と相まってジブリファンとして喜ばしいことなのかもしれませんね!
6. Posted by 氷雨@竜兄   2010年07月18日 20:25
ポニョは個人的な思い入れの強い作品なんで、あえて評価はしませんが、今回のアリエッティ…ジブリの底力を観せつけられましたね。
特にあの旅立ちのシーンで翔は角砂糖を、アリエッティは生きる勇気を。互いに相手が必要なものをあげて別れをつげるシーン…ちびっ子に混じって大きなお友だちが涙ぐんでしまいましたよ…。

離れていても、生き方は違っても、思い出はけして消えない。そしてその思い出を胸に秘め…前を見て生きていく。


90分というシンプルな時間に目一杯詰められたジブリの力強いメッセージ。ハウルの動く城でガタ落ちになった僕のジブリ評価は、ポニョで復活し、アリエッティで昇華しました(笑)。


…ポニーテール好きも納得のアリエッティの持つ思春期独特のかわいらしさにやられましたね(笑)


ちなみにサマーウォーズのコンビなんで、翔が最後に「よろしくお願いします」とか言うかなーとか密かに期待して観てました(笑)
7. Posted by にゃむばなな   2010年07月18日 20:33
SOARさんへ

ジブリといえば鈴木Pの戦略を抜きにしては何も語れませんからね。
今回ヒロインがどこか懐かしくも感じたことを考えると、ジブリの裏側が読めてきたような気がしますよ。
8. Posted by にゃむばなな   2010年07月18日 20:36
氷雨@竜兄さんへ

まぁ監督が違うということで一概に『崖の上のポニョ』とは比較できませんが、この作品を見る限り、次の宮崎駿監督作品に期待しても大丈夫でしょうね。
本当に鈴木Pの戦略は巧いものですわ。
9. Posted by KLY   2010年07月18日 23:49
米林監督の起用も含めて、ようやくというところかもしれません。ピクサーの如く誰が監督をやろうともハイクオリティな作品が生み出せる環境を、ジブリの中にも早く確立して欲しいものです。その意味で今回はジブリにとって重要な試金石であったと思います。
10. Posted by PGM21   2010年07月18日 23:58
いつもお世話になっております。

そうですよね。宮崎監督の後継者となると難しいですけれど、その中で起用された米林監督は作品として上手く纏め上げた作品だったと思います。
感動した訳じゃないけれど良い作品だったという感じで、それだけ質は高い作品にはなっていました。
次は宮崎監督作品になると思いますがおそらく早くて2年後になるでしょうね。
11. Posted by くろねこ   2010年07月19日 00:52
こんばんは!!
後継者か-。ジブリ作品も永遠に不滅であってほしいですから見守りたいですね-。
映像の美しさはいつもながらうっとり。
アリエッティも翔も魅力的でしたね♪

12. Posted by にゃむばなな   2010年07月19日 13:17
KLYさんへ

ジブリは元々宮崎監督の会社ですし、なかなかピクサーのような体制にするのは大変なんでしょう。
でも一度近藤監督の時にできなかったことを、もう一度試みようとする今作は仰るとおり試金石になるでしょうね。
13. Posted by にゃむばなな   2010年07月19日 13:18
PGM21さんへ

宮崎監督の後継者を育てるのは事実上不可能でも、ジブリの後継者を育てることはまだまだ可能ですからね。
そして今回の作品に刺激された宮崎監督がどんな作品を撮るのかも楽しみですよ。
14. Posted by にゃむばなな   2010年07月19日 13:21
くろねこさんへ

永遠に不滅であり続けるためには、やはり後継者は必要ですからね。
戦略家の鈴木Pも長期的な視野でこれからも宮崎監督を刺激し続けてくれると思いますよ。
15. Posted by ノラネコ   2010年07月20日 22:03
これは良かったです。
主人公の二人が理想化されておらず、彼らの中で等身大の不安と希望が鬩ぎあっているのが見えました。
小人ライフの徹底的なディテール描写も楽しく、コンパクトながらも見応えは十分。
ネコが活躍したのも嬉しいポイントでした。
16. Posted by にゃむばなな   2010年07月20日 22:14
ノラネコさんへ

あのデブネコが最後はきちんと伝達役になっているというのも、『耳をすませば』を意識させると共に、米林監督が故・近藤監督で成し遂げることができなかったジブリの後継者というメタファーでもあるんでしょうね。
17. Posted by えい   2010年07月20日 23:08
こんにちは。

ジブリも宮崎駿という巨人を抱えてしまっているだけに、
暗中模索でしょうね。
この映画、よくまとまった作品だとは思うのですが、
古い言葉で言えば、
やはりパンチに欠けていて、
それが個性でもあるのでしょうが、
やはり少し物足りなかったかな。
18. Posted by にゃむばなな   2010年07月21日 15:47
えいさんへ

ジブリも何だかんだで実はまだ完全に宮崎路線から離れることができない事情もあるということが、作品にも現れていましたよね。

観客の期待という呪縛のキツさを改めて感じました。
19. Posted by ともや   2010年07月21日 19:55
こんばんは、にゃむばななさん♪
思春期のヒロインが主役のファンタジー映画って、ほんと久しぶりですもんね。
ただ個人的には駿さんがノータッチの、本当の若手だけで作った新しいジブリ作品を観てみたいですね♪
失敗できないプレッシャーとかあるでしょうけど、そういう経験を積んで行かないと育たないですからね。
この作品に関しては、続編を切に作って欲しいですわん♪
20. Posted by にゃむばなな   2010年07月21日 20:32
ともやさんへ

宮崎監督ノータッチは宮崎監督自身が許さないでしょうから、多分ムリでしょうね。
なんせ『ゲド戦記』の時でさえ、しゃしゃり出ようとした御方ですから。

ただジブリもそういう作品を作っていかなければならないのも事実ですよね。
21. Posted by たいむ   2010年07月22日 18:18
ジブリといえば宮崎・高畠・鈴木Pの3本柱ですもんね。
世代交代を焦っているようにも思うし、なんとか新しいカラーに移行していってほしいかなーと。

アリエッティはシンプルで嫌いじゃないけど、パンチには欠けてるのかな?
22. Posted by にゃむばなな   2010年07月22日 21:20
たいむさんへ

鈴木Pとしては安易に宮崎色を出さないジブリ作品を作ってしまうと観客離れに繋がるかも知れないという恐れもあるんでしょうね。
その中で試行錯誤していれば、やはりパンチに欠けるものになっても仕方ないかと。

ただ次の宮崎監督作品には注目ですね。
23. Posted by かのん   2010年07月22日 21:55
>特にこの作品がどのように宮崎駿監督を刺激するのか

たしかにそれってすごく気になりますよね。いい方向に化学反応していってほしいですね。

宮崎駿先生あってのジブリなのは否めませんけど、鈴木Pさんとしてはもっと先を見据えなければいけないし、もっと言えば鈴木Pさんの後継者だって必要ですもんね。
24. Posted by kajio   2010年07月23日 00:11
『君は僕の心臓の一部だ』の名台詞は、かつての『君は名器だ!』のおっちゃんがパクりそうですね(失笑)
25. Posted by にゃむばなな   2010年07月23日 00:22
かのんさんへ

監督はプロデューサー以上にセンスが必要とされますからね。
鈴木Pも監督の後継者を探しつつも、しっかりと自分の後継者も探していると思いますよ。
26. Posted by にゃむばなな   2010年07月23日 00:25
kajioさんへ

この映画のタイトルがモジられるなら、どんなタイトルになるんでしょうね?
「けだもの姫」に匹敵するタイトルは付けられますかね?
27. Posted by YUKKO   2010年07月25日 20:43
好感はもてるけれど、ある意味平凡でした。まあ「ポニョ」は私は気持ち悪くてダメだったので、それに比べたら最後までいったいどうなるのか?って見れました。
感動も中くらいでした。
28. Posted by にゃむばなな   2010年07月25日 20:54
YUKKOさんへ

期待するのは次の宮崎監督作品ですよ。
思春期のヒロインでどんな映画を撮ってくれるのか、楽しみです。
29. Posted by GAKU   2010年07月26日 07:01
鈴木P視点の見方はおもしろいですね。
映画自体は平凡だったけど、その平凡さ、抑揚のなさについて
宮崎監督から「ここはもっとこんな感じのほうが盛り上がるだろ」
という声を出させること、思わせることが狙いだったとしたら。。。

米林監督がそこまでの演出がまだまだできないと見越したうえで
あえて打ち出してきたのだとしたら。。。

鈴木Pの戦略、おそるべし。
ただ、その刺激を受けた宮崎監督がどんなものを打ち出してくるのか
ぜひとも期待したい。
30. Posted by にゃむばなな   2010年07月26日 17:16
GAKUさんへ

現在発売中の「Kansai Walker」の平野センセのコラムにも、鈴木Pのインタビュー記事が載ってましたが、やはり宮崎監督は燃えているみたいですよ。
そんな宮崎監督の次回作、楽しみですね。
31. Posted by 由香   2010年07月26日 20:08
こんばんは〜♪
ジブリ作品にはどうしても注目が集まるので、ジブリの皆さんも大変でしょうね〜
今回はとても素敵な作品が若い監督によって作られて、ファンとしては嬉しい気持ちでいっぱいです。

アリエッティは可愛かったですね〜
年甲斐もなく、映画館のお店で、洗濯バサミの髪飾りを買いそうになりました(汗)
32. Posted by にゃむばなな   2010年07月26日 20:20
由香さんへ

アリエッティはジブリ作品の正統派ヒロインらしい感じたっぷりでしたね。
さて次の宮崎作品でのヒロインはどんな感じになることやら?
33. Posted by みすず   2010年07月28日 08:03
おはようございます^^

面白かったですね♪
アリエッティも可愛くて、借りはドキドキワクワクしました^^
34. Posted by にゃむばなな   2010年07月28日 18:27
みすずさんへ

細部まできちんと描かれていた映画でしたね。
35. Posted by えめきん   2010年07月31日 09:19
こんにちは。

綺麗なアニメーションや、小人達の暮らしぶりの緻密な描写は素晴しかったと思いますが、個人的にはちょっと物足りない内容でした。
アリエッティと翔のコミュニケーションが足りなくて、二人の信頼関係が急速に築かれていくのに違和感を感じました。
『ポニョ』の大洪水シーンを作った人が監督したということで、あれくらいダイナミックなシーンがあると期待したんですが、そういう派手なシーンがなかったのも残念でした。
36. Posted by にゃむばなな   2010年07月31日 16:53
えめきんさんへ

まぁ翔とアリエッティとの会話は思ったよりも少なかったですからね。
ただ新人監督でこんな内容のお話ですから、ダイナミックなシーンは期待できないですよ。
37. Posted by 悠雅   2010年08月05日 16:16
こんにちは。
なるほど、そういう見方をすると、この作品も違って見えてきます。
シンプルで小さなお話だけれど、
作品を観るポイントを絞って、それに特化して観ると、
とてもたくさんの切り口がありそうです。
38. Posted by にゃむばなな   2010年08月05日 17:14
悠雅さんへ

『となりのトトロ』のように小さな世界で起こる小さなお話ですからね。
単純に見るのではなく、いろんな見方をすればするほど、いろんなことが見えてくる。
それがジブリ作品のもう一つの面白さかも知れませんね。
39. Posted by ちゃぴちゃぴ   2010年10月16日 21:06
にゃむばななさん、こんばんは〜♪
小さな世界っていうのがいいですね。
子供と一緒にトトロから観てきたせいか、妙に「これ、これ」っていう感じがわきました。
アリエッティの家の装飾やドールハウスなども、個人的にはすごく好き。
広い宇宙の中では、人間なんてもっと小さいなんてことも考えちゃいました。
40. Posted by にゃむばなな   2010年10月16日 21:12
ちゃぴちゃぴさんへ

やっぱりジブリといえば『となりのトトロ』がどうしても好きな者にとっては、その世界を彷彿とさせるこの映画の雰囲気はいいですよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載