2010年07月23日

『トイ・ストーリー3』

トイ・ストーリー3最高の「さようなら」。今までありがとう、またいつか会いに来るからという想いが込められた優しい「さようなら」。
ラストでおもちゃ一人一人を優しく紹介するアンディの最後の選択に号泣してしまいました。これはもはやシリーズ最高傑作という評価よりも、名作として語り継ぐべき作品。そして改めてジョン・ラセターのお子さんに感謝したくなる映画でしたよ。

前作から早10年。おそらくジョン・ラセターのお子さんもおもちゃで遊ぶことがなくなった年齢になったのでしょう。そういうこともあってか、今回のテーマは17歳になったアンディとおもちゃとの「別れ」。ただアンディの立場から言えば「別れ」でも、ウッディやバズたちおもちゃの立場から言えば「不要になった」や「捨てられる」という悲しき運命なんですよね。
もちろんそれはどのおもちゃもいつかは通るべき道ですし、我々もアンディの立場で経験してきた道。それゆえにどうしてもウッディやバズたちを見ていると、私の場合は昔大事にしていたクマのぬいぐるみを思い出してしまって、後半になればなるほど涙腺が決壊しまくりでした。

特にイチゴの匂いのするクマのロッツォの悲しい過去が明らかになるくだりからは大変。
そもそもおもちゃを失くすという経験は誰にでもあるものですが、それをおもちゃの立場から見せられるとなんと悲しいことか!あれは『トイ・ストーリー2』のジェシーのくだりを思い出させるほどで、だからこそロッツォの言い分も分かる部分はあるんです。

でも焼却炉で燃やされる直前まで持ち主のアンディを信じ、そして仲間を信じてみんなで手を繋いで輪になるウッディたちを見ていると、やっぱり涙でスクリーンが見えなくなってもウッディたちを最後まで応援し続けたくなるんです。
ロッツォの悲しい過去は確かに辛いことですが、それでもジェシーのように悲しい過去があってもおもちゃを大切にしてくれるアンディに出会って楽しく生きているおもちゃだっているんです。おもちゃは自分を大事に遊んでくれる人に出会える限り、永遠に幸せに生きることができるはずなんです。

ですからアンディが最後におもちゃを大事にしてくれる女の子にバズ、レックス、ハム、スリンキー・ドッグ、ミスター&ミス・ポテトヘッド、ジェシー、ブルズアイ、そしてウッディを託す選択が、奇しくもウッディがアンディよりもバズたち仲間と一緒にいることを選んだ意志を尊重するかのようで泣けること。
しかもおもちゃ一人一人との思い出を語り、その後にその女の子と一緒に、ウッディたちやバズたちと一緒に遊ぶ姿にもう号泣以外の何ができましょうか。

そしてウッディやバズたちが優しく見守るアンディの車の後ろ姿。そこにはアンディがいつかまたウッディたちに会いに来てくれるという、セリフにはないものの、このシリーズを見てきた観客の心にはある確信がしっかりと見えるんですよね。まさに「ありがとう」と「さようなら」が見事に凝縮された最高のラストでしたよ。

その他にもサニーサイド託児所での若かりし頃のアントニオ・バンデラスを思い出させるようなスパニッシュ・バズ・ライトイヤーの「セニョリ〜タ!」や愛しのバービーの気を惹こうとしてファッションショーを繰り広げるケンの面白さ、ミスター・ポテトチップスになったミスター・ポテトヘッド、ウッディとスリンキーとでの監視サル捕獲作戦など、どのキャラにも見せ場を作ってくれるあたりはさすがこのシリーズとキャラたちに深い愛情を持っているジョン・ラセターならではの描き方。

やはり彼がこういう名作を作ることが出来たのは全て記念品としてジョン・ラセター宅に飾ってあったウッディやバズで遊んでくれた彼のお子さんのおかげ。その影の功労者にも改めて深い感謝の念を送りたくなる、素晴らしい映画でした。

ちなみにこの映画をTOHOシネマズ西宮OSで鑑賞後、劇場入口でアンパンマンの大きな人形が倒れていたので起こして、きちんと座らせてから映画館を去りましたが、ふと私の背中からアンパンマンが「ありがとう」と言ってくれたような気がしましたよ。何か完全にこの映画にハマっている私がここにいますが、ただ聞こえてきたアンパンマンの声はなぜか戸田恵子さんの声ではありませんでした。なんでやろ?

深夜らじお@の映画館は字幕版で見るためだけに明石からわざわざ西宮まで出向いてきました。

※お知らせとお願い
■8.21【元町映画館】いざ開館!■【ABCアシッド映画館】の復活を!


この記事へのトラックバック

1. トイ・ストーリー3  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2010年07月23日 06:17
 『さよならなんて、言えないよ…』  コチラの「トイ・ストーリー3」は、今年2月に本作の公開を控え3D版でリニューアルされた「トイ・ストーリー 3D/トイ・ストーリー2 3D」の続編となる7/10公開のディズニー・ピクサーのCGアニメーション・シリーズ第3弾なのですが、観....
2. トイ・ストーリー3 IMAX-3D吹替版/唐沢寿明、所ジョージ  [ カノンな日々 ]   2010年07月23日 06:42
成長したアンディがウッディたちとの別れを告げる。どことなく『ホッタラケの島 遥と魔法の鏡』にも通ずるような劇場予告編のあの1シーンだけですっかり心掴まれてしまいました。第1作第2作とTV鑑賞だったのでこのシリーズ初めての劇場鑑賞です。 声の出演はその他に、日....
3. 君はともだち〜『トイ・ストーリー3』 【2D・吹き替え版】  [ 真紅のthinkingdays ]   2010年07月23日 08:43
 TOY STORY 3  おもちゃのウッディ、バズ、ジェシーたちの持ち主アンディも17歳になり、大学 入学のために引っ越すことになった。大好の..
4. 『トイ・ストーリー3 3D(吹替版)』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2010年07月23日 08:46
       □作品オフィシャルサイト 「トイ・ストーリー3」□監督 リー・アンクリッチ □脚本 マイケル・アーント □キャスト(声の出演) 唐沢寿明、所ジョージ、小野賢章、小宮和枝、日下由美、辻萬長、三ツ矢雄二、大塚周夫、永井一郎、松...
5. トイ・ストーリー3  [ Akira's VOICE ]   2010年07月23日 10:05
泣いてまうやろ〜。。  
6. トイ・ストーリー3 (Toy Story 3)  [ yanajun ]   2010年07月23日 10:52
『トイ・ストーリー3』は、ピクサー・アニメーション・スタジオが製作したフルCGの長編アニメーション映画で、大ヒットを記録した前2作に続くシリーズ第3作目です。前2作で監督を務めたジョン・ラセターは製作総指揮に就き、リー・アンクリッチが単独で監督を務めています。...
7. トイ・ストーリー3 /TOY STORY3 2D吹替え版  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2010年07月23日 11:16
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click この夏イチオシ、親子で楽しめる傑作がまた誕生{/kirakira/} 初の全編CGの長編アニメーション映画として アカデミー賞3部門にノミネートされた「トイ・ストーリ...
8. トイ・ストーリー3  [ 心のままに映画の風景 ]   2010年07月23日 11:31
17歳になったアンディは、大学へ進学するため引っ越しの準備をしていた。 すでにおもちゃで遊ぶこともなくなり、ウッディ以外は屋根裏部屋の..
9. トイ・ストーリー3  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2010年07月23日 12:35
ディズニー・ピクサーの今日の隆盛を築き上げた作品と言っても過言ではない、大人気CGアニメシリーズの第3弾。今回は大学入学を控えたアンディとの別れを前に、おもちゃたちに襲い掛かる絶体絶命の危機や、新たな出会いを情緒豊かに描き出す。英語版ウッディは引き続きト...
10. トイ・ストーリー3、3D日本語吹き替え版  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2010年07月23日 14:27
アメリカの子供が大学に進学する際、親元を離れて勉強道具だけを持っていく。それまで遊んでいたおもちゃとは別れるのが普通だ。おもちゃが子供と遊んでもらうことに喜びを感じるなら、こういう感動的な映画が成立する。傑作だ。
11. [映画『トイ・ストーリー3:3D』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2010年07月23日 20:09
☆素晴らしいですね。  しっかりと傑作でした。  思えば、このシリーズは、繰り返し「必衰の理」を表現し続けている。  少年アンディのおもちゃ達、その中心として、保安官の人形ウッディがいる。  シリーズ通して、ずっとリーダーではあったが、そのリーダーシップ...
12. 『トイ・ストーリー3』・・・やっぱり君たちは最高だよっ!  [ SOARのパストラーレ♪ ]   2010年07月24日 00:47
良作の多いピクサーアニメ。近年の『ウォーリー』や『カールじいさん??』もなかなかの作品だった。でも私のお気に入りは断然『トイ・ストーリー』と『トイ・ストーリー2』。どちらも笑いと涙で胸をいっぱいにしてくれるピクサーきっての名作である。 そして今日、待ちに待っ...
13. トイ・ストーリー3 3D<日本語吹替版>  [ そーれりぽーと ]   2010年07月24日 02:38
楽しみにしてたのに、最高環境のIMAX3D版では字幕版が無い残念な状況。 しぶしぶ『トイ・ストーリー3 3D』の日本語吹き替え版をIMAXで観てきました。 ★★★★★ 前二作からかなり時間が経ってるので、今更まさかの続編でしたが、中身もかなり時間が経ってアンディーが大学...
14. 映画:トイストーリー3 Toy Story 3 3部作の映画で、もしかして史上最高レベル?!の傑作。  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2010年07月24日 04:18
これほどの最上級の表現するのに(躊躇しそうで)実はしない。 この映画は、史上最高レベルの「3部作」だと。 あのゴットファーザー・シリーズを引き合いに出したくなる(えっ?) かつ、あの傑作3部作でさえ、「2」→「3」への伸びはあったかどうか、微妙なところだ。 ...
15. トイ・ストーリー3☆★通常吹き替え版 TOY STORY 3  [ 銅版画制作の日々 ]   2010年07月24日 05:27
 「さよならなんて、言えないよ…」 東宝シネマズ二条にて鑑賞。レディスディということで、1000円。3Dで鑑賞せず通常版での鑑賞。さすがに若いお客さんが多い。夏休みですからね。 このシリーズはまったく未見でした。だけど意外に未見でもOK。改めてピクサーア...
監督、リー=アンクリッチ(『トイ・ストーリー2』『ファインディング・ニモ』共同監
17. トイ・ストーリー3 IMAX 3D【吹き替え版】  [ 小部屋日記 ]   2010年07月24日 10:31
Toy Story 3(2010/アメリカ)【劇場公開】 製作総指揮:ジョン・ラセター 監督:リー・アンクリッチ 声の出演:トム・ハンクス(唐沢寿明)/ティム・アレン(所ジョージ)/ジョーン・キューザック(日下由美)/ネッド・ビーティ(勝部演之) 「さよならなんて、言えな...
18. トイ・ストーリー3  [ Lovely Cinema ]   2010年07月24日 17:37
JUGEMテーマ:映画館でみました!「さよならなんて、言えないよ・・・」
19. トイ・ストーリー3・・・・・評価額1750円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2010年07月24日 23:54
映画史上初のフル3DCGアニメーション「トイ・ストーリー」が、ピクサー・アニメーション・スタジオで誕生したのは15年前の1995年。 満を持して癮..
20. トイストーリー3  [ 5125年映画の旅 ]   2010年07月25日 21:16
アンディのお気に入りのオモチャだったバズやウッディたち。しかしアンディは17歳になり、もうオモチャで遊ぶ事がなくなった。バズたちは保育園へ寄付される事を望むが、ウッディだけはアンディの元に残る決意をする。バズたちは寄付された保育園で子供達と遊べる事を嬉し....
21. 「トイ・ストーリー3」大感動傑作!  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   2010年07月26日 12:58
[トイ・ストーリー3] ブログ村キーワード  あの、ウッディやバズたちが帰ってきた!「トイ・ストーリー3」(ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ・ジャパン)。前作「2」から約10年(そんなに経ったの!?)。スゴイよ!スゴイ映画にな...
22. トイ・ストーリー3 3D・吹替  [ 晴れたらいいね〜 ]   2010年07月27日 01:06
トイ・ストーリーは、VHSビデオがあったなぁ。そのせいか、吹替バージョンのほうが、馴染んでたりします。巷の評判通り、期待以上のよくできた映画でした。これは、オトナだとほろりとくるよね。うん。3Dメガネをかけて泣くのは、不便だと思いましたねぇ。トイ・ストーリー3...
23. トイ・ストーリー3 3D<日本語吹替版>  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2010年07月28日 16:11
トイ・ストーリー3 3D<日本語吹替版>’10:米◆原題:TOY STORY 3◆監督: リー・アンクリッチ「ファインディング・ニモ」(共同監督) ◆声の出演:唐沢寿明、所ジョージ、日下由美、勝部演之◆STORY◆おもちゃのウッディやバズと楽しく遊んでくれたアンディも、いま...
24. トイ・ストーリー3  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2010年07月28日 16:44
大好きな大好きな『トイ・ストーリー』1も2も数え切れない程観ています。こんなに時間が経って、また続きが観られるとは思ってもいませんでした。でも、、、予告を観る度に涙が滲んで仕方なかった。アンディが大人になってしまって、、、3D吹き替え版で鑑賞です―【story】...
25. 『トイ・ストーリー3』 これは現実だ!  [ 映画のブログ ]   2010年07月28日 20:23
 『トイ・ストーリー3』は、顧みられなくなったオモチャたちの、悩みと哀しみを主題とした作品である。  そこで描かれるのは、こんなことの..
26. ★「トイ・ストーリー3」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2010年07月29日 01:35
シリーズ3作目にして初の劇場鑑賞。 なにせ、1・2の公開時には、あまり映画に興味が無かったので・・・。
27. 『トイ・ストーリー3』〜オモチャたちのプリズンブレイク!!  [ 子育てパパBookTrek(P-8823) ]   2010年07月29日 15:12
 吹き替え版『トイ・ストーリー3』を、息子(中1)、娘(小4)、家人と小生で鑑賞。  ずいぶん久しぶりの続編ですが、中身の濃い作品に...
28. 『トイ・ストーリー3』'10・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2010年07月29日 21:37
あらすじアンディは大学に入学する年齢になり、カウボーイ人形のウッディたちおもちゃは託児施設に寄付されてしまう。しかし、そこに待っていたのは・・・。感想1000円の日に行...
29. トイ・ストーリー3  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2010年07月30日 12:49
いつかやってくるおもちゃとの“さよなら”__涙の別れと最後の冒険を描くシリーズの集大成! 物語:おもちゃのウッディやバズと楽しく遊んでくれたアンディも、いまや17歳。大学に進学するため、家を出ることになった。だが屋根裏部屋にしまわれるはずだったおもちゃた...
30. トイ・ストーリー3/Toy Story 3(映画/3D日本語吹き替え版)  [ 映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評 ]   2010年07月30日 14:10
[トイ・ストーリー3] ブログ村キーワードトイ・ストーリー3(原題:Toy Story 3)キャッチコピー:「さよならなんて、言えないよ…」製作国:アメリカ製作年:2010年配給:ウォルト・デギ..
31. トイストーリー3 3D <ネタバレあり>  [ HAPPYMANIA ]   2010年08月03日 01:32
3Dの吹替え版を観に行ってきた  3連休の最終日、めちゃめちゃ混んでて完売表示出てて チケット前もって買っといて良かった??って思った予想通り、子供連れが多くて 場内がう...
32. 【映画】トイ・ストーリー3…感涙!しかしトラウマ!?  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2010年08月07日 23:54
本日は快晴の土曜日{/kaeru_fine/}ですが、今からお仕事に行くピロEKです{/face_acha/} やっぱ土曜日とかは働きたくないですね{/face_ase2/}…平日に働きたいかと言われれば、やはり働きたくない訳ですけど{/face_ase2/} 今日の今までの行動は、ちょっと行きそびれていた...
33. トイ・ストーリー3  [ みすずりんりん放送局 ]   2010年08月10日 21:49
 『トイ・ストーリー3』を観た。  【ストーリー】  カウボーイ人形のウッディは、ご主人様のアンディの一番のお気に入り。  しかの..
34. 「トイ・ストーリー3」感想    [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2010年08月20日 15:10
久しぶりに復活です。が、腱鞘炎のため、しばらくの間、なるべく短文でまとめるようにします。 こんな素晴らしい作品を見れる今時の子供達が...
35. トイ・ストーリー3  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2010年08月21日 11:24
 大評判の映画は、なんだか巨額の宣伝費に踊らされた感じがして敬遠していたところ、最近の『借りぐらしのアリエッティ』も『告白』も実際に見てみるとなかなか良くできていて、それならと『トイ・ストーリー3』を見に、近くの吉祥寺プラザに出かけてみました。  この映画...
36. 映画:トイ・ストーリー3 (3D)  [ よしなしごと ]   2010年09月05日 07:24
 夏休みも終わってしまいましたが、夏休み映画の本命映画の1つトイ・ストーリー3を3D字幕版で観てきました。
37. ◆映画・トイストーリー3  [ 映画大好き☆ ]   2010年09月06日 22:34
9/1(水)映画の日&レディースデイは トイストーリー3を観て来ました。 映画館でチケットを買うときに、ソルトと悩みましたが、 実は朝から 録画してたトイストーリー2を観てたし、 アバターでの3D鑑賞を見逃してたので 3D体験をしてみたいと、子供向け...
38. 映画『トイ・ストーリー3』  [ 〜yatsufusa〜 ]   2010年11月09日 19:27
『トイ・ストーリー3』 2010年7月(日本)公開作品 ピクサー・アニメーション・スタジオが製作するフルCGの長編アニメーション映画。 大ヒットを記録した前2作に続くシリーズ第3作目です。 トイ・ストーリー3といえば日本語吹替え版が良く出来ているので 日本語吹替え...
39. トイ・ストーリー3  [ FG映画批評 100点満点 記憶で採点 ]   2011年10月01日 03:12
トイ・ストーリー3 ☆☆☆☆☆ 95点
40. 別館の予備(感想215作目 トイ・ストーリー3)  [ スポーツ瓦版 ]   2012年04月12日 20:20
4月12日 トイ・ストーリー3 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11219108776/30a153f9
41. トイ・ストーリー3  [ いやいやえん ]   2012年07月15日 12:54
子供はいつか大人になるもの。大好きなアンディももう大学生になったんですね。当然おもちゃとはもう遊ばないけれど、ずっと大切にしてくれていた。 でもある日、手違いで保育園に寄付されてしまい、また子供達と遊べると喜ぶおもちゃたちだけど、実はそこはおもちゃを破

この記事へのコメント

1. Posted by AKIRA   2010年07月23日 10:27
感情豊かで素晴らしい3作目でしたね。

終盤の感動の連続は思い出し泣きする。。

ロッツォへのフォローも巧いし,
すべてのキャラに愛情が注がれていて嬉しかったぁ
2. Posted by かのん   2010年07月23日 11:08
同じ「別れ」であっても屋根裏に片付けられてしまうのとボニーに引き継がれるのは大きな違いがありますね。こんな素敵な結末を用意してくれたピクサーにとっても感謝です。
3. Posted by オリーブリー   2010年07月23日 15:09
こんにちは。

ああもうダメですよ〜にゃむばななさんの記事読みながら、また涙が溢れてきました。

本当に映画史上、アニメ史上に残る名作だと思いますが、特にラストシーンの別れ場面は、近年まれに見る素晴らしいものでしたね。
別れのベストシーンでも選べと言われたら、間違いなくコレですわ(笑)
おもちゃもアンディも立派に巣立って行ったんですよね(号泣)
4. Posted by にゃむばなな   2010年07月23日 17:00
AKIRAさんへ

そうそう、主役脇役と分けるのではなく、おもちゃ全てに魅力があるように見せる。ここがジョン・ラセターの素晴らしさですよね。
5. Posted by にゃむばなな   2010年07月23日 17:04
かのんさんへ

こんなステキな「別れ」を用意してくれたなんて、さすがジョン・ラセターは素晴らしい!
これはピクサーの素晴らしさを永遠に語り継ぐに相応しい作品ですよ。
6. Posted by にゃむばなな   2010年07月23日 17:08
オリーブリーさんへ

あのラストシ−ンは仰るとおり、映画史に残る名シーンですよね。
これは是非続編を作らないで、このままで終わらせてほしいくらいの素晴らしさでしたよ。
7. Posted by KLY   2010年07月23日 23:36
間違いなく傑作です。
それにしても1作目の時に小学1年生だった子がいまじゃ成人しているんですから、最初から観ているとアンディの想いに自分の気持ちがシンクロするようです。
ラストシーンは映画史に残る名シーンですよ。それこそテレビでよくやる、感動の名シーンで30年先でも出てくるぐらい。(ってたとえが変ですが。。。)忘れられないです。
8. Posted by にゃむばなな   2010年07月23日 23:44
KLYさんへ

いえいえ、その例えはこの映画の素晴らしさを言い表わすのに十二分な例えですよ。
きっとこのシリーズを自分の成長に合わせて見てきたかつての子供たちが数十年後かには、そんな企画でこの映画を再評価してくれますよ!
9. Posted by SOAR   2010年07月24日 00:48
アンディのことが大好きで一緒に行きたかったはずのウッディが最後には違う決断をしますが、このときのウッディの心に未練はあっても悔いはなかったと思いたいですね。

またひとつ、傑作アニメが誕生しました。
10. Posted by アイマック   2010年07月24日 10:37
こんにちは!

>私の場合は昔大事にしていたクマのぬいぐるみを思い出してしまって

私も子供時代に遊んだ人形を思い出しました。
人形に心があったら、このおもちゃたちのように悲しんだろうなってね。
すてきな映画でした!
11. Posted by にゃむばなな   2010年07月24日 14:00
SOARさんへ

そうですね。ウッディに悔いはなかったでしょうね。
だって彼の選択を尊重するかのように、アンディも立派な決断をしてくれたんですからね。
12. Posted by にゃむばなな   2010年07月24日 14:03
アイマックさんへ

多分この映画を見たほとんどの人が、自分がかつて大事にしていた人形やらぬいぐるみやらを思い出したはず。
逆に言うと、そういうふうなものを観客に感じさせたジョン・ラセターは本当にステキな映画を作ってくれた映画人ですよ。
13. Posted by えふ   2010年07月24日 17:36
今回、初めて見たのですが、
それでも作り手のおもちゃに対する愛情がたっぷりとつたわってきました!
もちろん、アンディとおもちゃたちとの絆も。
最後のお別れのシーンはとても良かったです!
14. Posted by にゃむばなな   2010年07月24日 19:54
えふさんへ

このシリーズはジョン・ラセターのおもちゃに対する真摯な思いがきちんと反映されているのがいいんですよね。
是非過去2作も見てみてください。
15. Posted by mezzotint   2010年07月24日 21:50
にゃむばななさん
今晩は☆彡
ラセター氏のお子さんがウッディや
バズと遊んでいたのですか!
なるほどね。ひとえにこの作品には
そういうエピソードもあって、誕生
したわけですね。ぜひ1も2も観ない
といけませんね。
16. Posted by にゃむばなな   2010年07月24日 21:55
mezzotintさんへ

この感動はジョン・ラセターのお子さんがウッディやバズで遊んでいなかったら、この世に生まれなかった感動なんですよね。
だからこそ彼のお子さんには心から感謝したいですよ。
17. Posted by ノラネコ   2010年07月25日 00:08
アンパンマンはきっとお礼を言ってますね。
この映画を観ると、おもちゃだけでなく、色々な無生物のキャラクターに愛着を感じます。
日本は本来アミニズムの文化ですから、こういう内容には民族的な心の琴線に触れる部分があるかもしれないですね。
18. Posted by にゃむばなな   2010年07月25日 10:50
ノラネコさんへ

実はこの映画を見ながら思い出したクマのぬいぐるみは確か人形供養に出したことも同時に思い出したんですよね。
人形供養というのもアミニズム文化の日本ならではのこと。
やはり民族的に琴線に触れるものがあるんでしょうね。
19. Posted by えめきん   2010年07月25日 21:19
今年一番の感動作でした。元々『トイストーリー』には愛着が強くあったので、要所要所で感極まって涙を流してました。オモチャのキャラクター達も非常に活き活きしていて、相変わらず楽しい映画に仕上がっていたのも良かったです。

ちなみに今現在、TVでやっている『トイストーリー2』を観てるんですが、20分も経ってないのに何故かしっかり感動してます(笑)。
20. Posted by にゃむばなな   2010年07月25日 21:30
えめきんさんへ

このシリーズは大人が自分の思い出とリンクさせながら見れるというのがいいですよね。
『トイ・ストーリー2』を見ながら開始20分で感動できるのも、そういったことの現われなんでしょう。
21. Posted by mori2   2010年07月26日 13:04
トラコメありがとうございました!
いやあ、これで泣かされるとは、本当に
想定外でした。素晴らしかったです!
でも、本当に終わりなんですかね?
吾輩的には、このシリーズはもっと続けてほしいな〜と思うのですが。
22. Posted by にゃむばなな   2010年07月26日 17:18
mori2さんへ

普通にきれいな形で終わるのではなく、おもちゃに触れ、おもちゃとの別れを経験したことのある大人向けに優しい形で終わっているところがステキですよね。
ただ私はこのまま終わってほしいですよ。
23. Posted by ちゃぴちゃぴ   2010年07月27日 01:10
こんばんは〜♪
やはりみなさんそうですよね。自分のおもちゃを思い出されますね。実は私のブログペットの名前、大事にしていたやはりクマのぬいぐるみの名前です。どこかで忘れないでいたいんでしょうねぇ。
素敵な映画でした。泣けますよぉ。
24. Posted by にゃむばなな   2010年07月27日 15:40
ちゃぴちゃぴさんへ

誰しも子供の頃におもちゃやらぬいぐるみやらを大事にした経験がある分、こういうラストは心に染み入りますよね〜。
25. Posted by 由香   2010年07月28日 16:48
こんにちは〜♪
>ラストでおもちゃ一人一人を優しく紹介するアンディ
ヤバイ・・・今でもこのシーンを思い出すと泣けてきます。
いいシーンでしたよねぇ・まさに優しいさよなら・・・
アニメの3部作でこんなに素晴らしい作品を他に思いつきません。ずっと名作として残ると思うわ〜
26. Posted by にゃむばなな   2010年07月28日 18:30
由香さんへ

あのアンディがおもちゃ一人一人を紹介するシーンは、このシリーズを見てきた者として、そしておもちゃとの別れを経験してきた大人として泣きましたよ。
本当に名作に相応しい映画でしたね。
27. Posted by みすず   2010年08月10日 21:51
こんばんはー♪

良かったですよねー^^
最初から最後まで泣き通しでした!
泣いたり笑ったり・・・
ドキドキワクワクしたり、とスクリーンに釘付けでした!
ラストのアンディとのシーンは涙とまりませんでした。
28. Posted by にゃむばなな   2010年08月10日 22:17
みすずさんへ

ラストのアンディの選択がよかったですよね。
奇しくもバズたちと一緒にいることを選んだウッディの選択を大事にしてくれるような素晴らしい選択。
今年一番泣けた映画かも知れませんよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載