2010年09月01日

『Colorful』

Colorfulあなたの色はあなたが決めればいいこと。ただ自分の色を具体的に特定できる人なんてこの世には誰一人としていないけれど。
直木賞作家・森絵都先生の小説をあの原恵一監督が映画化したこの作品。尾崎豊の時代もアンジェラ・アキの時代も思春期を過ごす子供たちの気持ちは何も変わっていないな〜と素直に感涙できる映画でした。

OPからどこか陰気で、自殺した主人公が小林真という少年の体に「ホームステイ」して生き返ることで多少陽気になりそうなシーンはあれど、それが逆にドス黒いキャンパスに蛍光色を無理に塗ってドブ色になったかのような、全くカラフルな感じがしないこの映画。

特にその主因である成績クラス32位の真が不倫した母親を毛嫌いしたり、父親や兄と話さなかったり、無気力と無責任が同じであることを理解していなかったりと、ガイド役のプラプラが言う通り、せっかくもう一度生きる機会を得たのに全く生きる喜びを見出さないその甘ったるさにはちょっと腹立たしささえも感じるほど。

でもネットで買ったスニーカーがきっかけで知り合った成績クラス31位の早乙女クンと廃線となった玉電の線路跡を歩きながらいろんなことを話すくだりから、少しずつこの映画がカラフルに、そして妙に温かくなっていくのが凄く心地いいんですよね。

ただコンビニ前でチキンを食べ、肉まんを分け合うだけ。ただ一緒に「ごめんそうろう」に靴を買いに行くだけ。ただ登校したら早乙女クンに「よぉ」と挨拶するだけ。ただ友達の早乙女クンと一緒の高校を目指そうと約束するだけ。
たったそれだけのことで人生がカラフルになる。笑顔になれる。毎日が楽しくなる。ウリをしていたひろかのように涙を流すほど空しくなることがなくなる。生きている実感がする。

本当に不思議なことなんですが、でも技術が進歩しカラー写真が当たり前の現代とは違い、白黒写真しかなくても食材がカラフルな鍋を家族みんなで囲むことが当たり前だった時代ではそんなことなどごく日常的で当たり前のこと。
技術が進化したのと反比例するように人の心は退化してしまったのかも知れませんが、それでもまだまだ人の心がカラフルになる機会なんていくらでもあるもの。

でも思春期の中高生って、私も経験がありますが、やはり不安から何か一つの色に染まりたいと思ってしまうものなんですよね。個性色々と言われる時代であっても、みんなと同じ単色でありたいと思うものなんですよね。

しかし大人になった今だから改めて言えることですが、この世では誰一人として自分の色を特定できる人なんていませんよ。
試しに大人に「あなたは何色ですか?」と聞いてみてください。きっと「自分自身」という曖昧な答えか、「酒」「映画」といった大まかな答えしか返ってきませんから。
だって自分の色ってものは自分が笑顔でいる瞬間にしか見えないもの。そしてその笑顔を作る要素って本当に「色々」ありますからね。だから人は単色ではなくカラフルなんですよ。

ただし男子諸君に忠告です。大人の女性に「あなたは何色ですか?」と聞くと問答無用でセクハラになりますので、ちゃんと状況説明をしてから聞きましょう。

深夜らじお@の映画館はどちらかと言うと基本的に薄い色の方が好きです。←だから何が?

※お知らせとお願い
【元町映画館】8.21より開館!■【ABCアシッド映画館】の復活を!



この記事へのトラックバック

1. カラフル  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2010年09月01日 22:30
直木賞作家・森絵都のベストセラー小説のアニメ化。罪を犯した魂が抽選に当たり、自殺した少年の体を借りて現世にホームステイするというファンタジードラマ。監督は『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』の原恵一。声の出演は宮崎あおい、麻生久美子、高橋克...
2. 「Colorfulカラフル」TOHOシネマズ梅田  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2010年09月02日 08:01
「河童のクゥと夏休み」の原恵一監督の新作。直木賞作家の森絵都の原作です。罪を犯して輪廻できない魂がプラプラという天使のような少年の力で、自殺した小林真の身体でよみがえります。プラプラに半年の期間に自分の罪の実態を探り反省するという課題を与えられます。しか....
3. カラフル  [ Akira's VOICE ]   2010年09月02日 11:13
十人十色の輝き。  
4. カラフル  [ 悠雅的生活 ]   2010年09月02日 18:45
ぼくがぼくであるために。
5. 劇場鑑賞「カラフル」  [ 日々“是”精進! ]   2010年09月02日 19:37
「Colorfulカラフル」を鑑賞してきました森絵都の名作児童文学を「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」「河童のクゥと夏休み」の原恵一監督でアニメ映画化した...
6. Colorful カラフル/冨澤風斗、宮崎あおい  [ カノンな日々 ]   2010年09月02日 21:46
先日感想をアップした森絵都さんの同名小説「カラフル」をあの傑作アニメ『河童のクゥと夏休み』の原恵一監督が映画化したアニメーション作品です。劇場予告編もとても好印象で楽しみにしていましたが、この物語の結末を知った上での鑑賞がどうなるのかがちょっと気がかりだ....
7. 『カラフル』・・・“生きてる?”from P  [ SOARのパストラーレ♪ ]   2010年09月03日 00:55
待望の原恵一監督最新作! なんだかんだ言ってこの夏私が一番楽しみにしていたのが本作『カラフル』である。温かさに優しさ、そして時には残酷さをも容赦なく描きあげる原テイストは今回も如何なく発揮されていた。 あ??やっぱり原監督の世界はいいなあ。今のところ私にと...
8. カラフル  [ 象のロケット ]   2010年09月03日 03:39
天上界と下界の狭間で、死んだ<ぼく>の魂は漂っていた。 するとプラプラという天使(?)が、「おめでとうございます。 あなたは大きな過ちを犯して死んだ罪な魂ですが、もう一度下界に戻って再挑戦するチャンスが与えられました。」と告げる。 <ぼく>の魂は自殺した...
9. 「カラフル」感想  [ 狂人ブログ 〜旅立ち〜 ]   2010年09月03日 22:07
 直木賞作家・森絵都原作小説を、「河童のクゥと夏休み」の原恵一監督、サンライズ制作でアニメ映画化。 「地獄は一定」 本作を鑑賞中、歎異抄の中にある有名な一節が、小生の脳...
10. 『カラフル』(2010年・原恵一監督版)  [ ラムの大通り ]   2010年09月04日 00:43
----これと同じタイトルの映画って、以前にもなかった? 確か、そのときは実写だったような…。 「うん。中原俊監督版だね。 それを、その年のぼくのベストワンでもある『河童のクゥと夏休み』を監督した原恵一が 手掛けるというんだから、 これは期待するなという方が無理」...
11. カラフル・・・・・評価額1750円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2010年09月04日 22:45
原恵一監督の最新作「カラフル」は、ファンタジーの形で魂の再生を描いたホームドラマ。 制作は「ガンダム」などで知られるサンライズで、同...
12. 『カラフル』 行き先はどこでもいいのか?  [ 映画のブログ ]   2010年09月13日 00:35
 【ネタバレ注意】  『カラフル』のエンディングで、THE BLUE HEARTS の名曲『青空』のカバーが流れる。  その歌詞には、こんな一節がある。 ...
13. カラフル  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2010年09月14日 10:18
一度死んだ魂が別の人間の体に入り込んで新たに生きるというポジティブな再生ドラマ。直木賞作家・森絵都の同名小説を『クレヨンしんちゃん アッパレ!戦国大合戦』、『河童のクゥと夏休み』の原恵一監督が映画化したアニメ作品。物語:ある罪を犯して彷徨っていたひとつの....
14. カラフル  [ 5125年映画の旅 ]   2010年09月17日 08:30
大きな罪を犯して命を落とした一つの魂。犯した罪を浄化して輪廻の枠に戻るために、その魂は試練を受けることになった。その試練とは、自殺した少年・小林真の身体を借りて現世に戻り、別の人生をやり直すことだった。しかし小林真の人生には、多くの困難が待っていた。 &nb...
15. 『カラフル』'10・日  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2010年09月23日 22:23
あらすじ突然現れて当選を告げる天使の計らいで死んだはずの“ぼく”の魂は、自殺してしまった少年真の体に“ホームステイ”をすることに・・・。感想KAT-TUNの田中聖主演で、ひっそ...
16. カラフル  [ 単館系 ]   2010年09月25日 00:21
直木賞作家の森絵都のベストセラー小説を、「クレヨンしんちゃん」シリーズや「河童のクゥと夏休み」などで知られる原惠一監督がアニメ映画??..
17. カラフル  [ メルブロ ]   2010年10月02日 22:54
カラフル 329本目 2010-33 上映時間 2時間7分 監督 原恵一 出演(声) 冨澤風斗(小林真) 、  宮崎あおい(佐野唱子)       南明奈(桑原ひろか) 、  まいける(プラプラ)       入江甚儀(早乙女) 、 藤原啓治(沢田先生)        麻生久...
18. 「カラフル」Colorful (2010 サンライズ)  [ 事務職員へのこの1冊 ]   2010年11月23日 20:10
鶴岡まちなかキネマで鑑賞。  仕事は忙しいし体調最悪。でも、ここで観とかないとま
19. カラフル  [ 銀幕大帝α ]   2011年04月22日 01:56
10年/日本/127分/ファンタジー・ドラマ/劇場公開 監督:原恵一 エンディングテーマ:miwa『青空』 声の出演:冨澤風斗、宮崎あおい、南明奈、まいける、藤原啓治、麻生久美子、高橋克実 <ストーリー> プラプラという天使によって中学生・小林真として人生を...
20. カラフル  [ Memoirs_of_dai ]   2011年05月05日 15:37
ただ、君を愛してる 【Story】 突然現れて当選を告げる天使の計らいで、死んだはずの“ぼく”の魂は、自殺してしまった少年・真の体に“ホームステイ”することになり、現世に戻る再挑戦のため、真として...
21. から揚げと肉まんだけでも世界の色は変わる ─ Colorful(カラフル) ─  [ Prototypeシネマレビュー ]   2011年06月23日 07:23
─ Colorful(カラフル) ─ 直木賞作家・森絵都の同名小説を映画化したアニメ作品「colorful(カラフル)」をレンタルで鑑賞。さてその内容ですが、一度死んだ魂が人間界で新しい身体 ...
22. 「借りぐらしのアリエッティ」「カラフル」感想  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2011年08月04日 10:31
夏休み子供と一緒に見れそうなアニメ映画2つ  
23. カラフル  [ のほほん便り ]   2011年09月15日 09:52
森絵都のベストセラー小説のアニメ化で、クレヨンしんちゃんシリーズで高い評価を得た、原恵一監督の作品、という興味から見てみました 最初は「でも、暗かったり、重かったりするとヤダな…」と、やや腰が引け気味、だったのですが、想像以上に丁寧に作られた作風は、な

この記事へのコメント

1. Posted by KLY   2010年09月01日 23:35
実に良かったです。
個人的には真が母親を泣かせてしまうところが堪らなく胸に来ました。自分にも経験があったので。母親を泣かせるって、本当にどうしようもなくバツが悪くて自己嫌悪に陥ります。真はそれに気付いてくれたと思うのですが。
色んな色がありますけど、表に出してはいけない色ってのもありますよね。
2. Posted by kajio   2010年09月02日 01:21
明日があるっていいことですね。
3. Posted by YUKKO   2010年09月02日 07:59
思春期の少年の心の揺れが実に丁寧に描かれてましたね。前半の僕の行動は「カツ!」を入れたくなりましたよ。早乙女という友達と仲良くなるあたりから、かわりだす場面なんか、物凄く気持ちが解りました。希望にあふれた作品でしたよ。
4. Posted by AKIRA   2010年09月02日 11:17
色は色があるから映える。
つまり,人が要るから人が要る!

カラフル万歳!

ええ話でした。^^
5. Posted by にゃむばなな   2010年09月02日 12:03
KLYさんへ

兄が受験を一年延長してまでも医学部を受けるというのも、ある意味表に出てこなかっただけの色なのかも知れませんね。
本当に人間ってカラフルですわ。
6. Posted by にゃむばなな   2010年09月02日 12:05
kajioさんへ

ほんと、当たり前すぎて忘れがちですが、明日があるって本当に素敵ですよね。
7. Posted by にゃむばなな   2010年09月02日 12:07
YUKKOさんへ

優等生でも何でもない早乙女クンとの出会いで、この映画と真が一気にカラフルに、そして温かくなる様は本当によかったですよ。
やっぱり友達はいいものですね。
8. Posted by にゃむばなな   2010年09月02日 12:09
AKIRAさんへ

そうそう、単色でないからこそ素敵なのが世の中ってもの。
人がいる。色がある。だから世の中はカラフルなんですよね。
9. Posted by 悠雅   2010年09月02日 18:44
こんばんは。
こういう作品は、自分の中高生時代ではなく、どうしても母親目線で観てしまいます。
特に、単色でいようとする世代の中で、良くも悪くもカラフルであった息子が
故に孤立していた時代を昨日のように覚えている母には
作品を超えたところで感じるものが多かったです。

友達と約束ができる、ということがどれだけ有難く嬉しいことか…
一見、簡単に見えることを改めて思い直した作品でした。
10. Posted by BROOK   2010年09月02日 19:55
人間は多種多様・・・
まさに十人十色だからこそ“人間”だと思いました。
この作品を観ると、そんな当たり前のことを気付かせてくれるような感じがします。
11. Posted by にゃむばなな   2010年09月02日 20:02
悠雅さんへ

なるほど、母親の視点で見るとそうなるんですね。
それはそれで勉強になりますよ。
やっぱり単色でいようとする中でカラフルでい続ける子供を親の立場から見ると、そんなにも辛いものなんですね。
12. Posted by にゃむばなな   2010年09月02日 20:04
BROOKさんへ

本当に日本語って色鮮やかですよね。
この作品を見ていて「色々」や「十人十色」という言葉の素晴らしさを思う存分感じましたよ。
13. Posted by かのん   2010年09月02日 21:58
人の色は一色じゃないし、この世の中にいろんな色があるってことに気付ける心を持つことが大切で、それが成長するってことなのかもしれませんね。

家族の存在、友達の存在をあらためて考えさせてくれる素敵な作品でした。
14. Posted by SOAR   2010年09月03日 00:55
前半の無気力さがいろんな意味で実によくできている思います。
おっしゃるように作品が徐々に色付き始める描写に一役買ってるし、そして終わってみればこれしかないというオチに最後まで気付かせないのもまた、この無気力さが効いてると思うんですよね。

いわゆる“見応え”とは一味違うインパクトを感じました。
いやあ、よかった!
15. Posted by にゃむばなな   2010年09月03日 10:45
かのんさんへ

人と人が交わること、それは色と色が混ざることと同じなんでしょうね。
ほんと、家族や友人の存在の大切さを教えてくれる素敵な作品でしたよ。
16. Posted by にゃむばなな   2010年09月03日 10:57
SOARさんへ

ほんと、改めてこの映画を振り返って見ると前半の色のなさがあるからこそ、後半のカラフルさがより際立っていたんですよね。
やはり原恵一監督の演出力は素晴らしいですわ。
17. Posted by ノラネコ   2010年09月04日 23:02
何というか、日本映画のよさを確認できる作品でした。
日常に潜むほんの小さな美しさというものを、これほど実感をもって描写してくれた作品は久々だったと思います。
18. Posted by えい   2010年09月04日 23:47
思い出しました。
まだ高校生の頃、
どの自分が本当の自分か
悩んでいたことを。
ある友人が言いました。
「みんな自分なんだよ」。
そう、人はカラフル。
19. Posted by にゃむばなな   2010年09月05日 14:23
ノラネコさんへ

何気ない日常の中から感動モノを引き出すのは日本映画の良さですよね。
特にジャパニメーションはそういう点においては抜きん出ていると思いますよ。
20. Posted by にゃむばなな   2010年09月05日 14:25
えいさんへ

> 「みんな自分なんだよ」

えぇ〜言葉ですね〜。本当にいいことを仰るご友人ですよ。
ほんと、みんな自分なんですよね。みんな人それぞれなんですよね。
21. Posted by たいむ   2010年09月05日 21:32
>みんなと同じ単色でありたいと思う
ですねー。
子供の時ってとにかくみんなと同じモノが欲しかったし、親にねだる常とう句が「みんな持ってるもん」だったりしますよね。とはいえ、実は「みんな」って何人でもなかったりするんだけどw
そこはみんな同じかな?(爆)
22. Posted by にゃむばなな   2010年09月05日 21:40
たいむさんへ

昔、取引先の初老の方から「1人、2人、みんな。つまり3人から「みんな」と言い出すものだ」ということを教えてもらいましたが、まさにそうですよね。
ほんと、「みんな」ってたかが知れている人数なんですよね。
だからみんなと同じ色になっても仕方ないですよね。
23. Posted by タラーク   2010年09月15日 10:56
また観たいですね。
もう3回観に行きましたけど。
人はカラフル、そして魂は前世から現世へ。
そして来世へと繋がって行く。
だからこの人生を大事に大切に一生懸命生きなくてはいけない。
やっぱり人生って修行なんだよね。
喜び悲しみすべてが人生の糧となって魂が成長していくんだと思うよ。
自分はどうやら前世で罪深い事をしでかして来たような気がするんだけど(^^;。
それと、人を赦すってそんなに簡単じゃないよね。
でも、それが出来たから真も赦されてまた真として生きて行けるようになったんだと思うな。
24. Posted by にゃむばなな   2010年09月15日 15:33
タラークさんへ

生まれ変わりがあるなし以前に、やはり今を生きる自分自身をもっと見つめていかないといけないんでしょうね。
人はカラフルであることが当たり前。今を生きる自分自身も前世の色とか関係なくカラフルでいいんですよね。
25. Posted by えめきん   2010年09月17日 08:36
こんにちは。TB&コメントありがとうございました。

本作と『河童のクゥと夏休み』、どちらも非常によく出来た映画だと思うんですが、個人的な好みからはちょっと外れていて、十分に映画に入り込むことが出来ませんでした。もう少しコミカルな部分が欲しかったですね。
これが原恵一監督の手法なのはわかるんですが、そんなちょっととっつきにくい作風にコミカルな部分がしっかりミックスされる『クレヨンしんちゃん』が、やっぱり一番好みですね。
26. Posted by にゃむばなな   2010年09月17日 10:46
えめきんさんへ

原監督作品は「クレヨンしんちゃん」シリーズが素晴らしすぎましたからね。
いいものを見るとその後の作品が物足りなくなるのも仕方ないことですよ。
27. Posted by タラーク   2010年09月23日 01:24
また観てきた。
本当にいい作品に出会えてよかったと思っている。
28. Posted by にゃむばなな   2010年09月23日 15:27
タラークさんへ

ということは、今年の上位にランクイン確実ですね。
29. Posted by タラーク   2010年09月23日 15:48
堂々1位です。
過去に四度も観に行った映画なんてなかったですから。
30. Posted by にゃむばなな   2010年09月23日 16:21
タラークさんへ

分かります。私も『猟奇的な彼女』を映画館で6回見て、その年の1位にしましたから。
31. Posted by タラーク   2010年10月07日 20:06
まだ上映している映画館があります。
だけど、上映館はそんなに多くなかったですね。
いい作品なのに残念に思います。
32. Posted by にゃむばなな   2010年10月07日 20:44
タラークさんへ

いい作品でも興行で公開劇場が減ってしまう。
これは日本市場の未熟さがゆえなんでしょうね。
33. Posted by タラーク   2010年12月17日 22:01
早くDVDが発売されて欲しいですね。
34. Posted by にゃむばなな   2010年12月18日 20:50
タラークさんへ

ほんま、楽しみですよね。
35. Posted by タラーク   2010年12月23日 11:32
DVD発売決定〜。
早速アマゾンで予約しました(^^)。
36. Posted by にゃむばなな   2010年12月27日 15:04
タラークさんへ

是非DVDでも楽しんでくださいね。
37. Posted by dai   2011年05月05日 15:40
こんにちは。

大人の女性に「あなたは何色ですか?」は完全に訴えられちゃいますね(笑)

なかなか自分の色を表現するのは難しいですが、その点に対して苦悩する姿がある意味青春なんだなと思わされました。
38. Posted by にゃむばなな   2011年05月05日 15:46
daiさんへ

大人の女性への言葉選びは本当に大変ですよね。

自分というのが何色なのかが分からないこそ、逆に青春は楽しいのかも知れませんね。
人間って本当によく出来てますわ。
39. Posted by latifa   2011年08月04日 10:40
にゃむばななさん、こんにちは!
ちょこっとお久しぶりです。
暑くてばててました。
にゃむばななさんは、お元気ですか?
お盆は、関西でオフ会なんですね☆

ところでこの映画。
なかなか良い映画でしたよね。
後半、結構泣いちゃいました。

>大人の女性に「あなたは何色ですか?」と聞くと問答無用で・・

爆笑!気がつきませんでした。
にゃむばななさんは、何いろのイメージかなぁ・・としばし考えてみました。
ペールブルーって感じかな!
40. Posted by にゃむばなな   2011年08月04日 16:49
latifaさんへ

お気遣いありがとうございます。
こちらは例年通りに夏バテしております。

で、この映画は中学生を経験した人なら誰でも心に響くものがあるんでしょうね。
懐かしくもあり、現代風でもある。
本当にいい映画でした。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載