2010年09月11日

『悪人』

悪人まるで夜明けの来ない夜を過ごしているような、一生どこにも行けないような閉塞感。監督の演出で映画はこうも変わるのかと思い知らされる秀作でした。
恐らく第34回モントリオール国際映画祭で深津絵里さんが主演女優賞を受賞したのも、彼女の演技力以上に、この映画に漂うそんな閉塞感を、この映画の象徴的な存在である主演女優で評価した結果なんでしょう。とにかくこれは間違いなく凄い映画です。

深夜に一人車を走らせる清水祐一。そんな彼が車のライトで照らしながら走る夜道は『T2』のラストシーンとは真逆に何の希望もない閉塞感だけが漂う道。
雨の日に一人でケーキを食べる馬込光代。そんな彼女が妹の荒れたベッドを見て羨ましさと悔しさで閉める襖は、ただ彼女の孤独感を強調するだけ。

そんな2人が閉塞感と孤独感から抜け出そうと、暗闇から抜け出すため夜明けの太陽を探すかのように出会い系サイトを利用するというのは、同じく出会い系サイトを利用したことのある人なら誰もが理解できるリアルな感情なんですよね。

その一方で、そんなリアルな感情を描きつつも2人が佐賀駅で出会った時に「ここでやめて引き返せ」と言わんばかりに赤信号をじっくりと見せる冷静な李監督の演出は鳥肌モノでした。
そしてまたこの無言の演出が最後まで心のどこかに妙に引っ掛かってくるのも巧いこと。

特にそれはこの映画で一番の悪人は光代ではないかと考えると、その意味合いが出てくると思うのです。
というのも、もちろんああいう結果を招いた尻軽女の石橋佳乃も、マザコンでボンボンで軽薄な増尾圭吾も悪人ですし、視点を変えれば祐一を片田舎に縛り付けた清水房江も、ああいう娘を育ててしまった石橋佳男も悪人であるかも知れません。

でも世間的には悪人である祐一が自首するのを「彼は私が守る」と言わんばかりに止め、彼のために全てを投げ出そうとしつつも、実はそれらはただ光代が暗闇から抜け出すために探していた夜明けの太陽と赤信号を見間違えて猛進しただけであり、その結果として光代は愛に盲目になった女性に見えますが、愛する祐一をさらに苦しめてしまった一番の悪人。

もしあの時引き返していれば、愛する人にこれ以上悪人になってほしくない、これ以上自分に関わってほしくないという思いから祐一が光代の首を絞めることもなかったのでしょう。
ですから光代は一番の悪人でありながら、他の5人とは明らかに違う悪人。悲しいかな、彼女の愛を求める強さが彼女を一番の悪人にしてしまったような気がしました。

私も経験がありますが、人は閉塞感や孤独感に苛まれると「誰かに助けてほしくて、でも誰も助けてくれなくて。だから新しい誰かと出会いたくて、その誰かに助けてほしくて。」と思ってしまうもの。
そして出会い系サイトや悪徳商法にハマり、さらなる閉塞感や孤独感に苛まれる負のループに沈んでしまうもの。

でもバスの運転手のように自分の信じる正義をもって大声で一喝するだけで、石橋佳男のように大切な人のところに「ただいま」と帰ってくるだけで、どこかで灯台の光が見えるはずと思えてくるもの。夕陽が海に沈んでも灯台の光が見えれば、閉塞感からいつかは抜け出せるはずと思えるもの。

ラスト、海に沈む夕陽を見る祐一と光代にそんな灯台の光は見えたのでしょうか。

深夜らじお@の映画館も閉塞感だらけの人生を過ごしてます。

※お知らせとお願い
【元町映画館】8.21より開館!■【ABCアシッド映画館】の復活を!


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 悪人  [ 勝手に映画評 ]   2010年09月11日 16:41
2010年のモントリオール世界映画祭で、深津絵里が最優秀女優賞を授賞した作品。監督は、『フラガール』の李相日。また、美術監督を種田陽平、音楽は久石譲と錚々たるメンバーがスタッフに名を連ねています。 実は正直、見る行く予定は予定は無い作品でした。ですが、深津絵...
2. 悪人  [ Akira's VOICE ]   2010年09月11日 17:19
善くもあり悪くもある。それが人間。  
3. 『悪人』 大切な人はおるね?  [ 映画のブログ ]   2010年09月11日 18:47
 上手いなぁ。  『悪人』で、深津絵里さんが畦道を自転車で走るシーンを見ながら、そう思った。  片手で傘を差し、片手でハンドルを握り??.
4. 悪人  [ 花ごよみ ]   2010年09月11日 20:53
試写会で見てきました。 原作は吉田修一の同名小説。 監督は李相日。 出会ってしまった孤独な男と女。 その二人を、妻夫木聡と深津絵里が演じます。 福岡・佐賀・長崎 が舞台。 保険外交員、佳乃(満島ひかり)が何者かに 命を奪われる事件が発生。 まず最初に大学...
5. 「悪人」試写会 御堂会館  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2010年09月11日 21:59
吉田修一の小説「悪人」の映画化です。この小説は朝日新聞に2006年3月から、2007年1月まで連載され、第34回大佛次郎賞と第61回毎日出版文化賞を受賞しています。監督は「フラガール」の李相日です。保険外交員石橋佳乃(満島ひかり)が殺されます。最初裕福な大学生増尾(岡....
6. *悪人*  [ Cartouche ]   2010年09月11日 22:51
[[attached(0,class=popup_img_450_330 width=450 height=330)]] 長崎在住の清水祐一は、博多で働く石橋佳乃と待ち合わせをしていた。しかし、待ち合わせ場所で佳乃は他の男の車に乗って行ってしまった。佳乃を追いかけた祐一は、福岡県の三瀬峠で彼女を殺してしまう...
7. 映画「悪人」@朝日ホール  [ masalaの辛口映画館 ]   2010年09月12日 00:38
 今回はyahoo!映画ユーザーレビュアーとして試写会に招かれました。客入りは女性客を中心に9割くらい。   【送料無料】久石譲/悪人【CD】 映画の話 若い女性保険外交員...
8. 悪人  [ 悪人: LOVE Cinemas 調布 ]   2010年09月12日 01:59
芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラー小説の映画化。九州で起きた殺人事件、その犯人の男と、男が出会い系サイトで知り合った女が愛し合い出口の無い逃避行を繰り広げる。主演は『ノーボーイズ、ノークライ』の妻夫木聡と『女の子ものがたり』の深津絵里。共演に岡田将生...
9. 『悪人』・・・真の悪人は誰なのか  [ SOARのパストラーレ♪ ]   2010年09月12日 07:58
原作は未読ながら、ボリュームある小説を一本の映画にするための省略や圧縮の苦労(工夫)が随所に感じられた。登場人物一人一人の描写、さらにはそれぞれの係わり合いの描写がより掘り下げて描かれていればもっとインパクトある作品になったのではないだろうか。またこの手...
10. 真実が潜む場所。『悪人』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2010年09月12日 08:43
モントリオール世界映画祭で最優秀女優賞受賞した作品。九州で起きた殺人事件の被害者と加害者を取り巻く人たちの物語です。
11. 悪人  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2010年09月12日 16:03
2010年9月11日(土) 21:30?? TOHOシネマズ川崎6 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『悪人』公式サイト 深津絵里が賞を取ったからか、TOHOシネマズで延々と予告編を流していたからか、初日とは言えレイトショーの終映が12時だというのに妙に混...
12. 悪人  [ to Heart ]   2010年09月12日 20:31
なぜ、殺したのか。 なぜ、愛したのか。 ひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の“悪人”なのか? 製作年度 2010年 映倫 PG12 原作 吉田修一 脚本 吉田修一/李相...
13. 悪人  [ 象のロケット ]   2010年09月12日 20:36
恋人も友人もなく、長崎の漁村で祖父母の面倒をみながら暮らしていた土木作業員の祐一と、妹と2人で暮らすアパートと、勤務先である佐賀の紳士服量販店を往復するだけの毎日を送っていた光代。 偶然出会った二人の恋は始まったばかりだが、祐一は数日前に起こったOL殺人事件...
14. 悪人  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2010年09月12日 23:18
2010/09/11公開 日本 PG12 140分監督:李相日出演:妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、宮崎美子、樹木希林、柄本明なぜ、殺したのか。なぜ、愛したのか。ひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の“悪人”なのか?若い女性保険外交員の殺人事件。....
15. 「悪人」、深津絵里の傷だらけの演技  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2010年09月13日 23:39
善悪よりも、人間の弱さや醜さが主な登場人物それぞれにある。この映画を見終わると、自分がいつこういう立場になるかわからないと共感できる。楽しい映画ではないが、問題意識の確認のために見ることをお勧めする。おそらくハリウッドがリメイクして、少し上映時間を短くし
16. 「悪人」 (2010 東宝)  [ 事務職員へのこの1冊 ]   2010年09月14日 23:20
監督:李相日 原作:吉田修一 脚本:吉田修一、李相日 音楽:久石譲 出演:妻夫木
17. 悪人  [ ゴリラも寄り道 ]   2010年09月15日 01:07
<<ストーリー>>若い女性保険外交員の殺人事件。ある金持ちの大学生に疑いがかけられるが、捜査を進めるうちに土木作業員、清水祐一(妻...
18. 【悪人】 映画  [ じゅずじの旦那 ]   2010年09月15日 09:56
ひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の“悪人”なのか?  まずは深津絵里さん、モントリオール国際映画祭主演女優賞・・・  受賞おめでとうの、ポチッ  人気blogランキング【あらすじ】長崎在住の清水祐一は、博多で働く石橋佳乃と待ち合わせをしていた。し...
19. 悪人/妻夫木聡、深津絵里、岡田将生  [ カノンな日々 ]   2010年09月15日 21:48
日本での公開直前に開催されたカナダはモントリオール映画祭で主演の深津絵里さんが見事に最優秀女優賞を獲得した作品です(ふかっちゃん、おめでとォ!)。かなり期待していた作品でしたのでこのニュースを知ってさらに期待度が増してしまいました。「作品自体も良かったから....
20. 『悪人』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2010年09月16日 08:37
  □作品オフィシャルサイト 「悪人」□監督 李 相日□脚本 李 相日、吉田修一□原作 吉田修一□キャスト 妻夫木 聡、深津絵里、樹木希林、柄本 明、岡田将生、宮崎美子■鑑賞日 9月12日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0...
21. 淋しい人間が多過ぎる〜『悪人』  [ 真紅のthinkingdays ]   2010年09月16日 22:32
 長崎の寂れた漁村に祖父母と暮らす祐一(妻夫木聡)は、解体作業員として働く 孤独な青年。彼は出会い系サイトで知り合った保険外交員の??.
22. 悪人 やっぱ役者ってすごいわ〜!  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2010年09月17日 14:31
【{/m_0167/}=41 -12-】 モントリオール世界映画祭で深津絵里が最優秀女優賞を受賞したり、初日舞台あいさつで妻夫木くんが感極まって号泣しちゃったり、と話題は満載。 予告編の流し方も良かったからか、前評判はさておき、自分も是非観たいなと思っていた。  長崎在住の...
23. 映画「悪人」  [ FREE TIME ]   2010年09月18日 08:51
注目の映画「悪人」を鑑賞しました。
24. 悪人  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2010年09月18日 22:04
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 受賞の深津絵里だけじゃなく、キャスト全員が素晴らしい{/hikari_blue/} 芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラーを妻夫木聡&深津絵里主演で映画化。 blogger...
25. 悪人  [ えいがの感想文 ]   2010年09月20日 19:39
2010年 監督:李相日 出演:妻夫木聡    深津絵里    岡田将生    満島ひかり 九州を舞台にしたこの作品、田舎の人間の現実を痛いほどリアルに描いていて、 切なかった。 解体業をしながら祖父母の面倒を見ている祐一。 紳士服店に勤め閉塞感と孤...
26. 悪人  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2010年09月21日 13:37
悪人'10日本◆監督:李相日「フラガール」「69 sixty nine」◆出演: 妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、樹木希林、 柄本明◆STORY◆長崎在住の清水祐一は、博多で働く石橋佳乃と待ち合わせをしていた。しかし、待ち合わせ場所で佳乃は他の男の車に乗って行ってしまっ...
27. 悪人とは?  [ 笑う学生の生活 ]   2010年09月24日 22:55
16日のことですが、映画「悪人」を鑑賞しました。 殺人を犯してしまった男、出会い系サイトで出会った女 惹かれ合う2人の逃避行・・・ 骨太の人間ドラマ 悪人とは何なのか 考えさせられます 加害者の母、被害者の父も重要となってき...
28. 悪人  [ 5125年映画の旅 ]   2010年09月25日 09:51
解体業者の清水祐一は、出会い系サイトで知り合いメールのやり取りをしていた女性・馬込光代と会う。孤独な光代は、いきなり身体を求めてくる祐一に態度に戸惑うがそれを受け入れる。そんな光代の健気さに惹かれた祐一だったが、その後「俺は人を殺した」と光代に告白する。 ...
29. 「悪人」運命の人と逃避行した先にみた運命の人への愛情と加害者にした死人に口なしの悪人  [ オールマイティにコメンテート ]   2010年09月27日 01:19
9月12日公開の映画「悪人」を鑑賞した。 この映画は吉田修一原作「悪人」を映画化した作品で 先ほどのモントリオール世界映画祭ワールドコンペティション部門で 深津絵里さんが最優秀女優賞受賞した。 出会い系サイトで出会った女を誤って殺してしまった男が これま....
30. ◆映画・悪人  [ 映画大好き☆ ]   2010年09月30日 22:30
悪人 観てきました。 モントリオール世界映画祭で 深津絵里が最優秀女優賞をとった作品。 ストーリーは大体皆さんもおわかりでしょうし、書きませんが・・・ まだズシーンと重い気持ちから抜け出せません。 ネタバレアリなので注意デ...
31. 『悪人』  [ ナナシ的エンタメすたいるNetプラス ]   2010年10月02日 10:06
WMC市川妙典にて先月公開された『悪人』を観てきました。毎日出版文化賞と大佛次郎賞を受賞した吉田修一のベストセラー小説を映画化。九州のとある峠で起きた殺人事件をきっかけに、ネ...
32. 悪人  [ 幕張コーポ前 ]   2010年10月16日 09:38
「悪人」観てきました。灯台。悪人は誰だ。深津絵里の首を締めて、けじめをつけようとしたけど、それは彼女を救うためのものであって、2人を大切に思う人たちに対してのけじめではない。自分の弱さに勝てない妻夫木くんは悪人。「本気で誰かに出会いたかった…。ダサいよね。
33. 悪人  [ にき☆ろぐ ]   2010年10月18日 23:30
さて、深津さんが賞をもらったことで注目された作品です。私自身みてみたいな??と思っていたんですがやっとみることが出来ました。監督はフラガールの李相日さんですね。あらすじ若...
34. 映画『悪人』  [ 闘争と逃走の道程 ]   2010年10月19日 18:32
 深津絵里がモントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を受賞した話題作。原作のほうもたいそう売れているようで、本屋に行けば必ず目立つとの..
35. 『悪人』'10・日  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2010年10月20日 09:21
あらすじ若い女性保険外交員の殺人事件。ある金持ちの大学生に疑いがかけられるが捜査を進めるうちに土木作業員、清水祐一が真犯人として浮上してくるが・・・。感想芥川賞作家の吉...
36. 悪人  [ 単館系 ]   2010年11月05日 00:13
芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラー小説の映画化。 九州で起きた殺人事件、その犯人の男と、男が出会い系サイトで知り合った女が愛し合い 出口の無い逃避行を繰り広げる。 深津絵里さんモントリオ...
37. 映画「悪人」  [ itchy1976の日記 ]   2010年11月05日 20:21
映画「悪人」(映画.com) 「悪人」オフィシャルサイト ...
38. ■54. 悪人  [ レザボアCATs ]   2010年12月30日 01:27
'10年、日本監督:李相日原作:吉田修一脚本:吉田修一、李相日撮影:笠松則道美術:種田陽平音楽:久石譲妻夫木聡  祐一深津絵里  光代岡田将生  増尾満島ひかり  佳乃樹木希林 ...
39. 「悪人」善人ではない人  [ ノルウェー暮らし・イン・London ]   2011年01月03日 16:19
昨年のうちにこの映画は見ておかないと・・・・と思っていた。 深津絵里が最優秀女優賞を取った作品だし。 でも、私は昨年のベスト10には、入れなかった。 確かに彼女の寂しげな表情、ふと見せるやさしい笑顔????どれも巧いとは思うのだけど・・・・・
40. 『悪人』 映画レビュー  [ さも観たかのような映画レビュー ]   2011年05月10日 17:23
『 悪人 』 (2010)監  督 :李相日キャスト :妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、塩見三省 吉田修一のベストセラー小説を『フラガール』の李相日監督が映画化。原作者の吉田修一は李相日と共同...
41. 悪人  [ サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村 ]   2011年06月03日 00:07
   『悪人』  (2010) 若い女性保険外交員の殺人事件。 ある金持ちの大学生に疑いがかけられるが、捜査を進めるうちに、土木作業員の清水祐一(妻夫木聡)が真犯人として浮上してくる。 しかし、祐一は出会い系サイトで知り合った光代(深津絵里)を車
42. なぜ、殺したのか。 なぜ、愛したのか。「悪人」  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2011年09月15日 00:24
43. 完成! 「悪人」  [ ポータブルDVDによる 車内鑑賞レビュー ]   2011年10月16日 12:53
            今作は     【 老練な演出手腕 】  と  【 フレッシュな演出手法 】。         この2つの、相反するテイストが共存する...
44. 【DVD】悪人  [ 映画鑑賞&洋ドラマ&スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記 ]   2011年12月18日 23:29
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ この映画は深津絵里さんが賞をとった作品ですね 見に行った日は空いていて妙なストレスを感じることなく見れました 簡単にストーリーを説明してしまうと犯罪者の逃亡劇と愛ってとこかな。 確かに鬼気迫る演技なのだけど消化不良に終わるのよね

この記事へのコメント

1. Posted by AKIRA   2010年09月11日 18:10
孤独と閉塞感のしんどい世界を見せながらも,
愛の強さと人のあたたかさを伝え,
役者陣の熱演とともに,
見事な見応えでしたね。

今年の上位に入りそうです。
2. Posted by えい   2010年09月11日 18:17
こんにちは。

これ、名文ですね。
>夜明けの太陽と赤信号を見間違えて猛進しただけ
なるほどと思いました。
ほんとうの悪人が光代とすれば、
あの首絞めの意味も分かるというもの。
彼は自首しようとしていた…。
3. Posted by たいむ   2010年09月11日 19:31
いろいろなものが凝縮されていた作品でしたね。
実はみんながみんな自分勝手な悪人。
バスの運ちゃんがカッコ良くて泣けたけど、彼自身が同じ立場になったらどうだろう?なんてうがったことも考えたりして、結局自己満足で生きているのが人間なのかなーっておもって凹んだり。

「告白」とはまた別の感じに凄い作品でしたw
4. Posted by にゃむばなな   2010年09月11日 19:40
AKIRAさんへ

絶望的な展開だけに終始することなく、要所要所で人の温かさを見せる。
しかも名優たちの熱演で。

本当にこの映画を見逃していたら、今年は語れないと思えるほどでしたよ。
5. Posted by にゃむばなな   2010年09月11日 19:47
えいさんへ

いやはや、あの赤信号をじっくりと見せるシーンが凄く印象的だっただけに、それがまさか光代にああいう風に影響してくるとは思いもしませんでしたよ。
今思えば、本当に閉塞感に苛まれていたのはもしかしたら祐一以上に光代の方だったのかも知れませんね。
6. Posted by にゃむばなな   2010年09月11日 19:50
たいむさんへ

確かにバスの運転手さんにしても立場が違っていたら、また違うことを言ったのかもと考えると、世の中みんな自分勝手な悪人なのかも知れませんね。

ほんと、みなさんが仰るように『告白』とはまた違った凄い映画でした。
7. Posted by YUKKO   2010年09月11日 21:58
試写会を一緒に見に行った女性が39歳独身。彼女が映画を見終わって「光代の気持ちが解る。光代のようにならないように気をつける」って言ってました。私は光代の事を悪人として考えた事がなかったので、こういう見方もあるのだなあと、チョット意外でした。みんながどこかに少しずつ持っている悪の部分を、見せ付けられた気がしました。凄い映画を又見た!気がしました。
8. Posted by にゃむばなな   2010年09月11日 22:20
YUKKOさんへ

私は未だに独身男性なんで、やはり祐一の気持ちは結構分かりましたね。
そして同時に光代を悪人にしてしまったことを後悔しながら、彼女の首を絞める辛さも。
本当にこんなにも気持ちが分かる映画は久しぶりでしたよ。
9. Posted by SOAR   2010年09月12日 07:59
光代こそ本作中で一番の悪人なんでしょうね。問題はそこに悪意がないことで、だからこそ一番の“悪”と言える気がします。
警察署に歩みゆく彼を引き止めてしまった瞬間が、本当の悲劇の始まりでしたね。
10. Posted by にゃむばなな   2010年09月12日 13:19
SOARさんへ

悪意のない悪。それこそが一番純粋な悪なんですよね。
他の5人とは違い、本当に悪意がなかったからこそ光代が一番の悪人に見えてしまう悲しさ。
本当にこれは凄い映画でしたよ。
11. Posted by KLY   2010年09月12日 23:01
そう、悪人の定義なんて実にあいまい。法に違反したというなら光代も悪人。でも当然ながら観てるほうはそんな簡単に割り切れないからややこしいわけで…。それはタイミングの問題でも、相対的な問題でもあるでしょうし。
私たちは常に自分がそのとき悪人であるかもしれないことを自覚しながら生きる必要があるのかもしれません。
12. Posted by yukarin   2010年09月12日 23:16
光代が悪人という見方もあるんですね。
私はそう思って観てませんでしたが・・・
とにかく凄い!と思える作品でしたね。
13. Posted by にゃむばなな   2010年09月13日 17:27
KLYさんへ

確かにタイミング一つで人は誰でも悪人になってしまいますよね。
法律的や倫理的に悪いことをしていなくても悪人は生まれるという歪んだ社会に私たちは生きていることを実感しましたよ。
14. Posted by にゃむばなな   2010年09月13日 17:31
yukarinさんへ

光代は愛に盲目であるがゆえに、彼女の悪は純粋すぎたんでしょうね。
それを悪と捉えるかどうかは人それぞれだと思いますが、私はこの映画で一番の悪だと思いましたよ。
15. Posted by かのん   2010年09月15日 22:11
この映画には間違いなく人間の血が流れていてその息遣いが感じられました。登場人物の設定とその配置がとても絶妙でしたし演じた俳優さんたちそれぞれがとても素晴らしかったです。
16. Posted by にゃむばなな   2010年09月16日 17:13
かのんさんへ

ほんと、これぞ血の通った映画ですよね。
温かみも冷たさも全て登場人物たちから感じられる映画でしたよ。
17. Posted by FREE TIME   2010年09月18日 23:27
こんばんは。
TBありがとうございます。
誰が悪人なのかを考えさせられる内容の映画でした。
端的に言えば全ての人間が悪人になってしまうのでしょうが(汗)
18. Posted by にゃむばなな   2010年09月19日 01:59
FREE TIMEさんへ

誰を一番の悪人と考えるかで印象が大きく変わる映画でしたね。
でも悪人をどういう意味で捉えるかも重要な映画でもありましたよ。
19. Posted by えめきん   2010年09月25日 10:07
こんにちは。TB&コメントありがとうございました。

自首する祐一を引き止めた光代も、やはり悪人なんですよね。僕には彼女の行為が「ようやく見出した愛を失う事への恐怖」から来るものだと感じたんですが(「待ってる」と言ったのは強がりで)、そんな感情すら、時として人を悪人にしてしまうのですね。
思えば登場する人物の誰もが、悪人になってしまう動機を持っていました。誰しもが悪人になり得てしまうという真実も、この映画は突きつけてきましたね。
20. Posted by にゃむばなな   2010年09月25日 15:59
えめきんさんへ

そうそう、誰もが悪人になってしまうのが現代という世の中なんでしょうね。
それにより悲劇が起こり、悲劇が悲劇を呼ぶこともある。
何とも悲しい世の中ですよ。
21. Posted by とらねこ   2010年12月30日 01:39
にゃむばななさん、こんばんは。
今年ももう終りですね。
実は今日飲みながら、今年の映画についていろいろと語っていたのですが
この作品は今年を代表する1本だ、なんて話してました。
深津絵里も良かったですが、私は妻夫木の演技がすごく心に残りました。
その他役者陣も本当に良くて。

またまとめ記事で伺います。
本年はいろいろとお世話になりました。
どうぞ、良いお年を!
22. Posted by にゃむばなな   2010年12月30日 11:13
とらねこさんへ

そうですね。今年を代表する邦画の一本としてこの作品は挙げられますよね。
監督の演出の巧さ、深津さんの影に隠れがちですが、妻夫木さんの頑張り。
いろんな意味で今年を代表すう映画ですよね。
23. Posted by ノルウェーまだ〜む   2011年01月03日 16:30
にゃむばななさん、こんにちは☆
昨年機内で見たのですが、今年初レビューがこの「悪人」になっちゃいました。
とにかくどの役者さんも素晴らしくて、賞は誰がとってもおかしくないくらいでした。

光代は牢屋に入った祐一を何年でも待つという事も選択できたはずなのに、ちょっとした勢いで踏み外してしまいましたね。
バスの運転手が最高!でした。
24. Posted by にゃむばなな   2011年01月03日 20:24
ノルウェーまだ~むさんへ

この映画における役者陣の頑張りようは素晴らしかったですからね。
でもそれを巧く見せきった李監督の演出が一番素晴らしかったから、モントリオールでも受賞することができたのだと思いますよ。
25. Posted by latifa   2011年03月17日 21:54
にゃむばななさん、こんにちは。
これ、最近見たばっかりですが、とても感動というか・・心に染みる映画でした。。

それにしても、にゃむばななさんは、淋しい人の心を、優しく、そして良く理解して、くみ取ってあげる才覚というかがありますよね〜。このレビューを見て、改めて感心しました・・・。

>私も経験がありますが、人は閉塞感や孤独感に苛まれると「誰かに助けてほしくて、でも誰も助けてくれなくて。だから新しい誰かと出会いたくて、その誰かに助けてほしくて。」と思ってしまうもの。そして出会い系サイトや悪徳商法にハマり、さらなる閉塞感や孤独感に苛まれる負のループに沈んでしまうもの。

しみじみと読んで納得しまくりでした。

赤い信号機のショットなんかは、こちらで初めて意味が解った次第です。

記事書いたら、TBさせてくださいね^^
26. Posted by にゃむばなな   2011年03月18日 16:37
latifaさんへ

私も精神的に苦しかった時期が少々長かったもので、この映画はちょっと心に来ましたね。
そもそも精神的に苦しい時期は誰にでもありますが、その時のことを忘れてしまうと人は優しくなれないと思うのです。
いかに精神的に苦しかった時のことをしっかりと覚えておくか。それが悪人にならずに生きていく術なのかも知れませんね。
27. Posted by ちゃぴちゃぴ   2011年03月28日 21:40
見応えがありました。
どうしても自分自身が、やはり親目線になってしまってるなぁと思いました。彼らの親たちも、実は罪作りではありますね。
光代に関しては、わたしも一番かな。祐一に罪を重ねさせてしまいました。本当に、愛してたのかっていう疑問が最後までつきまとっちゃいました。
とはいえ、自分たちの周りでも、犯罪にはならない「悪」っていっぱいあると思いますし、自分の悪人な部分をおおいに気づいてしまいましたねぇ…。
28. Posted by にゃむばなな   2011年03月28日 22:10
ちゃぴちゃぴさんへ

ほんと、私たちの周りでも法律上は罪にならないけれど、「悪」と呼べるものはたくさんありますもんね。
誰もが悪人であるのが今の世の中なのかも知れません。
29. Posted by マーク・レスター   2011年10月16日 12:50
お邪魔します。

レビューを興味深く拝見しました。

「彼女の愛を求める強さが彼女を一番の悪人にしてしまったような気がしました。」

の一連は自分が感じ切れなかった側面を発見できて、うれしかったです。

ボクも今作のレビューをアップしてますので、何卒、トラックバックさせて下さいませ。 よろしくお願い致します。
30. Posted by にゃむばなな   2011年10月16日 21:37
マーク・レスターさんへ

この映画は誰を一番の悪人で見るかで、その感じ方が大きく違ってくる作品。
一般的には悪人に見えない、一般常識でも悪人ではない光代を悪人と見れるかどうかは、もしかしたら閉塞感を味わった経験があるかないかなのかも知れませんね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載