2010年09月25日

『十三人の刺客』

十三人の刺客斬って、斬って、斬りまくれっ!
これぞ日本映画史に残る息抜き知らずの壮絶なる死闘を描いた傑作。もうラスト50分に興奮しまくりでしたよ。
活劇時代劇の傑作と謳われたオリジナルに「これぞ三池!」色を見事に融合させてこの映画。やはりこの作品を高く評価したQTの映画を見る目は本物だと改めて確信しましたね。

まず将軍の腹違いの弟でもある明石藩主・松平斉韶公の暴君ぶり、いや人間としての残虐ぶりが本当にハンパでないこと。
尾張藩牧野氏御子息の件といい、明石藩百姓一揆首謀者の娘の件といい、切腹した藩家老・間宮氏遺族の件といい、暴君の我侭で下郎を手打ちにするというよりも、色欲と血に飢えた絶対権力者がただひたすら野獣と化していくようで、全く以って更正の余地など微塵もなし。なので、その事実を見せられる観客も島田新左衛門と一緒に怒りのボルテージを一瞬にして急上昇させてしまうんですよね。

そしてそんな暴君を次期老中にせぬため、現老中・土井大炊頭がやむを得ず下した政治的【裏】判断こそが島田新左衛門たちによる松平斉韶暗公殺計画なんですが、この「遅くとも盆には帰る」の覚悟を持って「預かったお主たちの命、使い捨てに致す」で集められた12人の熱き志士と1人の山男がムチャクチャ格好いいこと。

特に『七人の侍』の如く宿場を戦場に変え、爆破や火牛で敵を混乱させることを「小細工はここまで」と言ってのける器の大きさや、名もなき娘が血の涙を流しながら書いた「みなごろし」の書を広げ、「斬って、斬って、斬りまくれっ!」と叫んでしまう不退転の覚悟は鳥肌モノ。
もはや生きて帰ることなど微塵も考えておらず。侍として死に場所も求めておらず。ただ目指すは天下安寧のため松平斉韶公の御首を取ることのみに徹した13人の志士たちの鬼神の如し奮闘ぶりに、もう武者震いが止まりませんでした。

また時代劇での会得した殺陣が見事な松方弘樹さんの立ち回り、刀の地に敵を誘い込んでの伊原剛志さんの二刀流、「三匹が斬る!」よりも迫力ある役所広司さんの宿敵との「道場では互角だったな」と言った後での「でもここは戦場だ」と言わんばかりの戦術と太刀捌きなど、随所に三池崇史監督の「時代劇の殺陣」ではない「本気の殺陣」を描いたシーンにも体だけでなく魂までも震えること。

さらに敵方にも鬼頭半兵衛という、主君がいくら暴君であっても「迷わず愚かな道を選べ」と言われた以上、不退転の覚悟で主君の御命を守る真の侍を配したり、前半でも主君や島田新左衛門に迷惑を掛けることを良しとせずに通行止めの橋で切腹した牧野靭負をしっかりと見せてくれるところなど、「侍として生まれた以上、侍として生きるしかない」という男たちを尽く格好よく見せるのもこの作品ならではの魅力。

ただ三池監督の悪乗りだと思われる山男・木賀小弥太と落合宿の三州屋徳兵衛の「惚れ惚れするほどご立派」「ウパシ〜!」「おぉ〜!」のくだりは面白いけれど不要だったと思いますが、それでも最後に一人落合宿に残った島田新六郎が「好き勝手に生きる」と言いながらも結局は手から刀を振り落とせなかったシーンでも、「侍として生まれた以上、侍として生きるしかない」切なさを描いているような気がしました。
そしてそれは同時に落合宿で散った11人の仲間だけでなく、鬼頭半兵衛や牧野靭負も含めた全ての「真の侍」に対する鎮魂でもあったのでしょうね。

あとこの映画を見て思ったのですが、稲垣吾郎さんって本当にこういう悪役が凄く似合いますよね。しかも顔がきれいな分、最後の最後で泥塗れになることで松平斉韶公の「脆弱な人間性を隠すかのように残虐な暴君になった」という部分が強調されるあたりも、見事な配役だったと思いましたよ。

深夜らじお@の映画館は槍の使い手が金髪でもブタ野郎でもなくて安心しました。

※お知らせとお願い
【元町映画館】8.21より開館!■【ABCアシッド映画館】の復活を!


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 十三人の刺客  [ Akira's VOICE ]   2010年09月25日 16:40
痛快と興奮と切なさに満ちた男たちの生き様!  
2. 劇場鑑賞「十三人の刺客」  [ 日々“是”精進! ]   2010年09月25日 16:40
「十三人の刺客」を鑑賞してきました1963年の傑作時代劇を「クローズZERO」「ヤッターマン」の三池崇史監督が豪華キャストでリメイクした時代劇エンタテインメント大作。権...
3. 十三人の刺客  [ うろうろ日記 ]   2010年09月25日 16:43
試写会で見ました。今ポスター見て気づきました。六角さんてドコにいたんだろう・・・
4. 十三人の刺客  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2010年09月25日 16:53
1963年に公開された工藤栄一監督の『十三人の刺客』を『クローズZERO』、『ヤッターマン』の三池崇史監督がリメイク。悪逆非道な暴君を天下万民の為に討つべく集まった十三人の刺客の命がけの戦いを描く。主演は役所浩司だが、共演にも稲垣吾郎、松方弘樹、市村正親...
5. 『十三人の刺客』(2010)/日本  [ NiceOne!! ]   2010年09月25日 20:32
監督:三池崇史出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、六角精児、波岡一喜、近藤公園、石垣佑磨、窪田正孝、伊原剛志、松方弘樹、松本幸四郎、稲垣...
6. 十三人の刺客  [ 悠雅的生活 ]   2010年09月25日 21:55
み な ご ろ し
7. 「十三人の刺客」 戦の虚無感  [ ももたろうサブライ ]   2010年09月25日 22:12
監督 三池崇史少しあらすじ将軍の弟として次の老中就任が内定している明石藩主・松平斉韶(稲垣吾郎)は、民衆に不条理な殺りくを繰り返す暴君だった。明石藩の家老・間宮の命を懸...
8. 十三人の刺客  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2010年09月25日 22:15
2010/09/25公開 日本 PG12 141分監督:三池崇史出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、六角精児、松本幸四郎、稲垣吾郎、市村正親命を、燃やせ。幕府の権力をわが物にするため、罪なき民衆に不条理な殺りくを繰り返す暴君・松平斉韶(稲垣吾....
9. 『十三人の刺客』(2010年・三池崇史監督版)  [ ラムの大通り ]   2010年09月25日 22:16
「実はこの映画、 もう少し経ってからじっくりと喋りたかったんだけど、 今日のうちに話すことこそ意味があると思って…」 ----ん、どういうこと? 今日は、確か広島に原爆が落とされた日。 「そう。そこなんだ。 これは全くの偶然なんだけど、 そんな日にこの映画を観てしま...
10. [何かしら無理矢理に話す(7:十三人の刺客)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2010年09月25日 23:18
☆工藤栄一の傑作『十三人の刺客』がリメイクされるそうだ。    ◇  私は『必殺』シリーズが好きで、特に、中学時代(四半世紀前)の夕方に再放送されていた『必殺仕業人』や『新・必殺仕置人』には猛烈に夢中になった。  シリーズの中でも、この二作は、非の打ちど...
11. 映画『十三人の刺客』試写会鑑賞  [ 続・蛇足帳〜blogばん〜 ]   2010年09月25日 23:22
 19日は有楽町朝日ホールで映画『十三人の刺客』の試写会を観て来ました。25日から劇場公開されますが、一足早く観られて嬉しかったぁ♪  ...
12. 十三人の刺客  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2010年09月26日 00:26
刀を使うことを忘れた侍が、主君のためと体制維持のために戦うことになる。泥にまみれて命を掛けた戦いの壮絶さを実感するほどに、なんという愚かなことかと思う。究極の反戦映画であり、一級の娯楽作品にもなっている。傑作だ。
13. 『十三人の刺客』・・・殺陣それぞれの魅力  [ SOARのパストラーレ♪ ]   2010年09月26日 09:15
片や正義のために暴君を斬らんと命を賭して戦う男たち。片やその暗殺集団から主君を守るべく命を賭して忠義を尽くす男たち。 泰平の世にあって人を斬ったことのない侍たちが、要塞と化した宿場を敵味方入り乱れながら駆け抜ける。 返り血を浴び、自らも血を流し、汗にまみ...
14. 「十三人の刺客」万民のため殺された者たちの無念を晴らすため暴君と戦った刺客たち  [ オールマイティにコメンテート ]   2010年09月26日 22:10
9月25日公開の映画「十三人の刺客」を鑑賞した。 この映画は1963年に公開された 「十三人の刺客」を再び映画化した作品で、 暴君により殺された人々のために命を懸けて 暴君を討とうと13人の刺客を集めて 暴君を討とうとする仇討ストーリーである。 映画に登....
15. 映画「十三人の刺客」感想  [ タナウツネット雑記ブログ ]   2010年09月27日 02:01
映画「十三人の刺客」観に行ってきました。 1963年に公開された同名の時代劇映画のリメイク作品。 作中に切腹シーンがあったり、手足を切り落とされた裸の女性が映し出されるシーンがあったりすることもあり、この作品
16. 「十三人の刺客(2010)」レビュー  [ 映画レビュー トラックバックセンター ]   2010年09月27日 04:53
映画「十三人の刺客」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *2010年、東宝 *出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、六角精児、波岡一喜、近藤公園、石垣佑磨、窪田正孝、伊原剛志、松方弘樹、吹石一恵、谷村美月、斎藤工、....
17. 十三人の刺客 だいわはうちゅ〜o( ̄ー ̄;)ゞううむ  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2010年09月27日 09:22
【{/m_0167/}=42 -13-】 試写会、三池監督と役所広司が舞台挨拶で、お客さんを巻き込んで写真撮影があった。 おはよう朝日(関西ローカルの朝の番組)とかスポーツ新聞に取り上げられるかと思ったけど扱い小さめ、スポーツ報知は文字だけやし、日刊スポーツは2人だけしか写...
18. 十三人の刺客  [ 象のロケット ]   2010年09月27日 13:09
江戸時代末期。 将軍の弟で、翌年には老中への就任が決定している明石藩主・松平斉韶(なりつぐ)は、残虐な性質で不条理な殺戮を繰り返していた。 幕府老中・土井は斉韶暗殺を決断し、御目付役・島田新左衛門に密命を下す。 新左衛門は刺客を集め準備を進めるが、明石藩...
19. 侍の道〜『十三人の刺客』  [ 真紅のthinkingdays ]   2010年09月27日 19:38
 江戸時代末期。時の将軍の弟で、明石藩主である松平斉韶(稲垣吾郎)は極悪 非道な暴君。しかし、年明けには老中への就任が決まっている??.
20. 『十三人の刺客』は世界を目指す!  [ 映画のブログ ]   2010年09月27日 20:12
 トドーン!と迫るぶっとい毛筆のタイトル。黒澤映画もかくやと思わせる迫力に、三池崇史監督の覚悟と意気込みのほどが知れよう。  これぞ...
21. 13人の刺客  [ シネマ大好き ]   2010年09月27日 21:20
将軍の腹違いの弟であるため、 残忍な非道な行いにもお咎めのない明石藩主・松平斉韶(稲垣吾郎)。そればかりか彼には次の老中職が待っている。彼が幕府で権力をふるうのを阻止するため、お目付け役の島田新左衛門(役所広司)に斉韶暗殺の密命が降り、新左衛門は集まった....
22. 十三人の刺客(2010)  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2010年09月27日 21:32
公式サイト。池宮彰一郎原作、三池崇史監督。役所広司、山田孝之、稲垣吾郎、市村正親、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、六角精児、石垣佑磨、高岡蒼甫、波岡一喜、近藤公園、窪田正孝、伊原剛志、松方弘樹、吹石一恵、谷村美月、石垣佑磨、斎藤工、阿部進之介、内野聖陽、....
23. 庄内映画事情PART16〜「十三人の刺客」その1  [ 事務職員へのこの1冊 ]   2010年09月27日 22:12
庄内映画事情PART15「鶴岡まちなかキネマその2」はこちら。  開巻、その居住
24. 試写会「十三人の刺客」@よみうりホール  [ 流れ流れて八丈島 ]   2010年09月27日 22:42
今年1番の傑作娯楽時代劇だと思います名作との呼び声も高い1963年公開の工藤栄一監督の『十三人の刺客』のリメイクです十三人の刺客価格:4,253円(税込、送料別)とにかくこの新しい...
25. 十三人の刺客・・・・・評価額1700円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2010年09月27日 23:16
「十三人の刺客」と言えば、1963年に工藤栄一監督、片岡千恵蔵主演で封切られた、所謂東映集団時代劇の傑作。 リメイクしたのが全く作家性の??..
26. 十三人の刺客  [ うふふ・映画三昧。 ]   2010年09月28日 23:12
徳川家慶の弟・斉韶が権力を手にすることになる。 この人が、とんでもなく悪い奴で、こんな人が偉くなっちゃたまらん! 密かにやっつけちゃおう! と、参勤交代で移動中の斉韶様ご一行を、十三人の刺客が狙い打つ物語。 ざっくばらん。 冒頭、内野聖陽さん渾...
27. 十三人の刺客 リアルチャンバラに圧倒された!  [ ぱるぷんて海の家 ]   2010年10月02日 22:42
いやあぁ 面白かった! 久しぶりにチャンバラらしいチャンバラを見た気分です。 それも 昔懐かしい様式美のチャンバラでなく 云ってみれば リアルチャンバラ 落合宿でのラスト50分の死闘 まさしく死闘と云うに相応しい。 実に見応えありました。 若い頃....
28. 十三人の刺客  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2010年10月04日 13:53
『悪人』を観ようか、コチラにしようか迷ったんだけど・・・【story】罪なき民衆に不条理な殺戮を繰り返す暴君、松平斉韶(稲垣吾郎)を暗殺するため、島田新左衛門(役所広司)の下に13人の刺客が集結する。斉韶のもとには新左衛門のかつての同門・鬼頭半兵衛(市村正親)ら...
29. 十三人の刺客  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2010年10月05日 11:00
池宮彰一郎によって書かれた脚本「十三人の刺客」。その傑作が47年の時を経て再構築され、圧倒的なスケールとリアリティを追及したアクションエンターテインメントに仕上がった。共同プロデュースするのは、『おくりびと』など数々の作品を手がけた中沢敏明と、『戦場のメリ....
30. 十三人の刺客  [ to Heart ]   2010年10月05日 20:20
命を、燃やせ。 製作年度 2010年 上映時間 141分 原作 池宮彰一郎 脚本 天願大介 監督 三池崇史 出演 役所広司/山田孝之/伊勢谷友介/沢村一樹/古田新太/六角精児/石垣佑磨/...
31. 「十三人の刺客」  [ 大吉! ]   2010年10月08日 23:28
<水曜日> (TOHOシネマズ・10時45分〜・フリーパス使用) 「生来の残虐な性質で、罪なき民衆に不条理な殺戮を繰り返す...
32. 十三人の刺客  [ ゴリラも寄り道 ]   2010年10月09日 00:14
<<ストーリー>>幕府の権力をわが物にするため、罪なき民衆に不条理な殺りくを繰り返す暴君・松平斉韶(稲垣吾郎)を暗殺するため、島田...
33. 「十三人の刺客」TOHOシネマズ梅田  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2010年10月10日 22:35
東映の同名映画の(63年)のリメーク。「クローズZERO」「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ゙」の三池崇史監督が作りました。江戸末期将軍の弟の明石藩主松平斉韶(稲垣吾郎)の暴君ぶりは目に余っていました。次期老中になるはずだが、危機感をつのらせた老中は御目付新....
34. 『十三人の刺客』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2010年10月12日 12:30
  □作品オフィシャルサイト 「十三人の刺客」□監督 三池崇史 □脚本 天願大介□原作 池宮彰一郎 □キャスト 役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、      六角精児、波岡一喜、石垣佑磨、近藤公園、窪田正孝、伊原剛志、  ...
35. 十三人の刺客  [ 5125年映画の旅 ]   2010年10月12日 23:08
弘化元年。明石藩主・松平斉韶の暴虐な振る舞いに、民や家臣は苦悩していた。大炊頭は、斉韶が江戸に上がる前に暗殺する事を決意。御目付役の島田新左衛門に斉韶の暗殺を指示する。島田は自分を含めた十三人の刺客を集め、参勤交代の途中に立ち寄る宿場町で斉韶を急襲する。 ...
36. 「十三人の刺客」斬って、斬って、斬りまくれ??!  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   2010年10月13日 22:27
[十三人の刺客] ブログ村キーワード  三池崇史 監督が、真面目に遊ばず(?)に撮った時代劇エンタテインメント大作。1963年に製作された、工藤栄一 監督作のリメイク。「十三人の刺客」(東宝)。迫力満点!ちょこちょこユーモアもありますが、エグいシーンもテンコ盛り。三池...
37. 十三人の刺客  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2010年10月30日 09:00
 ヴェネチュア国際映画祭では評判が高かったと聞こえてきたこともあり、『十三人の刺客』を有楽町のTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)
38. ■41. 十三人の刺客  [ レザボアCATs ]   2010年11月12日 09:57
'10年、日本監督:三池崇史製作総指揮:ジェレミー・トーマス、中沢敏明、平城隆司原作:池上金男(池宮彰一郎)脚本:天願大介音楽:遠藤浩二撮影:北信康役所広司  島田新左衛門山田孝之  新六(新左衛門の甥)伊勢谷友介  木賀小弥太市村正規  鬼頭半兵衛伊原剛志  ....
39. 十三人の刺客  [ いやいやえん ]   2011年05月13日 18:53
密命を受けた御目付たちが参勤交代の大名行列を襲うというシンプルなストーリー性が、この作品を面白くしていますね。脚本がお上手です。これ、リメイクなんですね。オリジナルも観たくなりました。 稲垣吾郎さん演じる松平斉韶は、いわゆる悪役なのですがこれが意外とは
40. 十三人の刺客  [ 銀幕大帝α ]   2011年05月13日 21:32
10年/日本/141分/時代劇アクション/PG12/劇場公開 監督:三池崇史 原作:池宮彰一郎「十三人の刺客」 出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、六角精児、伊原剛志、松方弘樹、吹石一恵、谷村美月、斎藤工、神楽坂恵、岸部一徳、松本幸四郎...
41. 十三人の刺客(2010)  [ 晴れたらいいね〜 ]   2011年05月20日 00:27
やっと観た♪あわよくば、映画館でとも思ってたのだ。やっぱし、チャンバラですぜ。稲垣吾郎ちゃんの悪役ぶりが、凄くイイと聞いていたので楽しみでした。うん、いい。ちょっとし ...
42. 『十三人の刺客』 映画レビュー  [ さも観たかのような映画レビュー ]   2011年05月20日 01:49
『 十三人の刺客 』 (2010)  監  督 :三池崇史キャスト :役所広司、市村正親、山田孝之、沢村一樹、吹石一恵、高岡蒼甫、松方弘樹、松本幸四郎、稲垣吾郎、古田新太 1963年に公開された工藤栄一...
43. 三池崇史監督 「十三人の刺客」  [ 映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。 ]   2011年09月10日 11:33
工藤栄一監督が1968年に撮った名作「十三人の刺客」を、「ヤッターマン」や「クローズ・ZERO」そして「忍たま乱太郎」等を撮った三池崇史監督がリメイクした2010年の作品 SMAPの稲垣吾郎が残虐な殿さま役だった事で話題に DVDで観ました。 http://1...
44. 命を、燃やせ。「十三人の刺客」  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2011年11月23日 06:12
45. ■映画『十三人の刺客』  [ Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> ]   2011年12月09日 12:38
いやいや、これはすごい…。まさに“手に汗握る”衝撃作でした。 前半は“いかにも時代劇”なカット割りやカメラワークで静かに物語を説明していき、後半は怒涛の大アクション・ムービーに変身するこの映画『十三人の刺客』。 堪能させていただきました。 ここのとこ
46. 映画「13人の刺客」のDVDを見ました(お盆には帰ります)   [ 翼のインサイト競馬予想 ]   2013年11月09日 10:02
映画「13人の刺客」のDVDを見たので、レビュー記事を書いてみたいと思います。
47. 十三人の刺客  [ E'S STREAM ]   2015年08月12日 20:31
江戸時代。将軍の弟、松平斉韶は、その残虐な振る舞いから、悪逆非道として知られており、明石藩の重臣が切腹をして、身を以て諌めるも、幕府には、その誅罰は下されず、来年には老中になる事が決まっていた。老中とは、執政官の最上位であり、将軍に注進し、または、国策を

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2010年09月25日 16:43
ここまで圧倒される作品だとは思ってもみませんでした。
ほんとラスト50分は壮絶でしたね。
刺客たちの生き様と死に様が交錯し、大興奮でした。

ジャニの稲垣さん・・・良くこんな役を引き受けたなぁ・・・と感心してしまいました。
事務所も良く許しましたよね。
2. Posted by AKIRA   2010年09月25日 16:44
骨太な芯がある
見事な時代劇アクションでしたね。

鳥肌と興奮いっぱい。

三池監督さすが!

重い余韻を残す締めが良い!
3. Posted by にゃむばなな   2010年09月25日 16:48
BROOKさんへ

ほんと、圧倒される50分でしたよね。
私も途中で体がこわばり過ぎたせいか、左肩が痛くなるハプニングがあったりと大変でしたが、それもこの映画の持つ迫力なんでしょうね。
4. Posted by にゃむばなな   2010年09月25日 16:49
AKIRAさんへ

やはり三池監督作品はこうでないと!
アクションに突っ切る時の三池作品に、細かいことなんて言っちゃダメ。
監督の思いと一緒に突っ切るのがいいんですよね。
5. Posted by 悠雅   2010年09月25日 22:06
やっぱり斬り合いの場面は苦手だから、
もし、お気に入り俳優が出てなかったら、きっと観るのを躊躇したと思うんですけど、
よくぞ、観たい俳優が出ててくれたこと(笑)
それでも苦手なところは多々あったけど、
熱くて巧くてカッコいい男たちが次々に登場する日本映画を見逃さずに済みました。

噂には聞いてたけど、ホント、吾郎ちゃん、これほどの役を巧く見せてましたねぇ。
TVのインタビューで、「これでボクのこと嫌いになる人がいるだろうなぁ」なんて言ってましたが、
嫌いになる人がいるかどうかは別にして、それほど巧く演じてたと思います。
6. Posted by yukarin   2010年09月25日 22:20
こんばんは♪
完全吾郎ちゃん目当てで観てきました。
かなりハマってて腹立つ役だったなー。
いい人の時はわざとらしさがあったんですが、悪役はとことん悪で惚れ惚れ?しましたー。
後半の斬りまくり〜は圧巻でしたね。
7. Posted by ななんぼ   2010年09月25日 23:30
こんばんは。TBありがとうございました。

吾郎ファンでもあり、市村ファンでもあり、チャンバラ時代劇好きとしてはパラダイスのような映画でした♪
今まで三池作品とは余り相性が良くなかったので不安もあったんですが、もう別格の面白さでした。あのラスト50分の死闘には見入ってしまいます。

しかし、あんな最後の最期まで腹立たしい暴君は今まで見たころがありませんでした。凄かった…。
8. Posted by KLY   2010年09月26日 01:23
そうそう政治的【裏】判断でしたよね。だから実は「殺せ」とは一言も言ってないという…。
BROOKさんじゃないですが、私も余りにはまってる吾郎ちゃんがジャニーズ的にいいのかこれ?とか思っちゃいましたよ。
松方さんはもはや芸術的殺陣でした。市村さんや役所さんといった名優すら唸らせるあの場面、震えが来ましたです。
9. Posted by rose_chocolat   2010年09月26日 08:19
松本幸四郎さんが私は結構よかったんですよね。
ああいう責任の取り方って、今の日本人が忘れてしまったことのような。
もっとも武士の厳しい掟だからなのですけどね。
吾郎ちゃんにしろ、島田にしろ、鬼頭にしろ、武士は哀しい生き物だなとも思いました。
10. Posted by SOAR   2010年09月26日 09:15
>「時代劇の殺陣」ではない「本気の殺陣」
まさにこれですね。これに尽きます。
かっちりと組まれた殺陣なんですけど、単にショー的に見せる殺陣ではないリアリティにゾクゾクしました。
11. Posted by にゃむばなな   2010年09月26日 13:15
悠雅さんへ

やっぱり斬り合いはあれくらいやってくれないと迫力がないぞ!ということを、よくぞ三池監督は証明してくれたと思いましたよ。

それにしても稲垣吾郎さんのこの演技を見て彼を嫌いになる人はミーハーなジャニーズファンだけでしょう。
少なくとも映画ファンは彼のことがより気に入ったこと間違いなしだと思いますもん。
12. Posted by にゃむばなな   2010年09月26日 13:20
yukarinさんへ

稲垣吾郎さんの悪役ぶりにハンパさは一切ありませんでしたね。
最後まで冷血で自分勝手なままというのが、本当にいい!
新たな路線開眼ですね。
13. Posted by にゃむばなな   2010年09月26日 13:38
ななんぼさんへ

いやはや、あの暴君ぶりはハンパなかったですよね。
人間性のある我侭ではなく、人を本当に虫けらの如く扱う非人間っぷり。
あれが一番効いていたと思いますよ。
14. Posted by にゃむばなな   2010年09月26日 13:48
KLYさんへ

菅内閣と那覇検事局に「これが政治的裏判断だ」と見せてやりたいくらいの映画でしたよ。
今の日本にも13人の刺客が必要なのかな〜。

それにしても松方さんの芸術的殺陣は別格でしたね。
15. Posted by にゃむばなな   2010年09月26日 13:54
rose_chocolatさんへ

あの牧野靭負はこの映画の前半における最重要キーパーソンですよね。
彼の悔しさと、武士として責任を全うする辛さ。
命を賭けて責任を取る男の中の男でしたよ。
16. Posted by にゃむばなな   2010年09月26日 13:57
SOARさんへ

三池監督のことだから、きっと真剣を持たせて斬り合いを撮りたかったのでは?と思えるほど、迫力あるシーンでしたね。
やっぱりさすが三池崇史監督ですよ。
17. Posted by 佐藤秀   2010年09月27日 22:28
>「みなごろし」の書を広げ

これを錦の御旗にするなんてヤッタアと思いましたね。でもそれをやった新左衛門もかなりニヒルに逝っちゃているんですね。
18. Posted by ノラネコ   2010年09月27日 23:23
あれ、ブログタイトル変わってる?
稲垣吾郎の切れっぷりがいいですね。
この手の映画は悪役が命。
これほど倒しがいのある悪役って久々に見たかも。
お腹一杯の大チャンバラ映画でした。
19. Posted by にゃむばなな   2010年09月28日 12:23
佐藤秀さんへ

普通の映画なら島田新左衛門は生き残ってもおかしくないんですけど、それをさせないのが三池監督っぽいって思いましたよ。
20. Posted by にゃむばなな   2010年09月28日 12:26
ノラネコさんへ

2週間前くらいから変更してますので、今後ともよろしくお願いします。

で、この映画はまさにあの暴君という名の悪役あってこその面白さでしたよね。
稲垣吾郎さんもいい仕事してますわ。
21. Posted by ジョニーA   2010年09月29日 23:36
ここのコメントを読んで、観に行こうと決めました〜。いやー、迫力満点でしたね。
50分の死闘は、まさしくリアルタイムで「あんだけ戦ったら疲れて当然」と思わせるに十分な説得力をもたらしてました!
吾郎ちゃんは今度TVでも悪役やるみたいですし・・・新境地見つけちゃったのかもしれませぬな。
22. Posted by にゃむばなな   2010年09月30日 11:55
ジョニーAさんへ

形だけの殺陣ではない、本気の殺陣。
これを50分も見せてくれるのがやっぱり三池監督ですよね。

また今後稲垣吾郎さんがどんな悪役を演じるかも楽しみですよ。
23. Posted by kajio   2010年09月30日 17:04
http://twitter.com/cinprecinpre

シンプレ・ナベちゃんもTwitterで大プッシュしてました。

これぞまさに釣りの極意!(笑)
24. Posted by にゃむばなな   2010年09月30日 17:41
kajioさんへ

やはり三池監督はアシッドやサイキック向きなんでしょうね。
シンプレのナベちゃんも平野センセもプッシュするのも納得ですよ。
25. Posted by えい   2010年10月02日 23:06
なるほど。
「小細工はここまで」にそんな意味が…。
深作だけでなく黒澤もか…。
この映画、けっこう奥が深いですね。
26. Posted by たいむ   2010年10月03日 15:23
>「道場では互角だったな」
これには痺れました。ちゃんと前振りもあるし、忘れたころに最後のトドメで使うなんてね。

監督渾身の一作って感じでしょうか。
27. Posted by にゃむばなな   2010年10月03日 15:38
えいさんへ

こういう時代劇って監督のいろんな思い入れが入っているんでしょうね。
深作監督や黒澤監督だけでなく、もしかしたらもっとたくさんのオマージュが込められているかも知れませんね。
28. Posted by にゃむばなな   2010年10月03日 15:44
たいむさんへ

鬼頭のコンプレックスを逆に島田の立場から最後の最後で語らせるこの巧さ。
本当に痺れましたよ。
29. Posted by 由香   2010年10月04日 13:56
こんにちは〜♫

いや〜〜〜どうしても生理的に合わない作品でした。
皆さんの評判はいいですよね〜
また少数派意見になってしまいました。
ミーハー根性が抜けないからかな?(笑)
30. Posted by にゃむばなな   2010年10月04日 17:33
由香さんへ

三池監督やQTのような個性派監督作品にミーハー根性で挑んでは楽しめないことが多いですからね。
監督で映画を見るかどうか決めることは結構大切ですよ。
31. Posted by YUKKO   2010年10月10日 22:32
「クローズZERO」では熱く燃えたのですが、今回は50分の斬りあいに疲れました。ただただ、吾郎ちゃんの悪役非道さに感嘆しただけです。私は少数派ですね。
32. Posted by にゃむばなな   2010年10月11日 14:29
YUKKOさんへ

三池監督が目指したのは「時代劇の殺陣」ではなく「リアルな殺陣」ですからね。
やはりこの映画に関しては「三池監督」というブランドをどこまで意識するかで、評価が分かれているところがあるみたいです。
33. Posted by えめきん   2010年10月12日 23:15
こんばんは。

男気と汗臭さにまみれた正に漢(おとこ)の映画でした。クライマックスがいちいち熱くて、拳を握り締めて見入ってしまいました。

ゴローちゃんは最高でしたね。今年の邦画では癸韻琉役っぷりでした。アイドルとは思えない残虐っぷりにシビレまくりです。
34. Posted by にゃむばなな   2010年10月13日 18:02
えめきんさんへ

稲垣さんも今年の日本アカデミー助演男優賞候補になりますでしょうかね?
でもジャニーズは受賞できないならノミネートを辞退するという前例を作っているだけに、どうなるかも楽しみですね。
35. Posted by mori2   2010年10月14日 21:56
トラコメありがとうございました。
ゴローちゃんのラストは、素晴らしかったですね。吾輩、彼を見直しました。タダのジャニタレとは違いますな(^^;。
36. Posted by にゃむばなな   2010年10月14日 22:15
mori2さんへ

ジャニーズにとって一番の売りでもあるきれいな顔をあれだけ汚す根性は凄いですよね。
映画史に残る悪役俳優としての道を進まれていくのでしょうか。今後の活躍が楽しみです。
37. Posted by とらねこ   2010年11月12日 10:10
にゃむばななさん、おはようございます。

>「侍として生まれた以上、侍として生きるしかない」という男たちを尽く格好よく見せるのもこの作品ならではの魅力

本当に!いつの時代でも、男の生き方として興味深いのが時代モノの良さですよね。
38. Posted by にゃむばなな   2010年11月12日 20:23
とらねこさんへ

やっぱり「侍としての格好よさ」と「男としての格好よさ」をここまで描いてくれるとたまりませんよね。
さすが三池監督でしたよ。
39. Posted by ちゃぴちゃぴ   2011年05月20日 01:09
こんばんは〜♪
面白かったですね〜。
配役の豪華さもさることながら、あの長いクライマックスの死闘が長くは感じなかったですねぇ。
ゴローちゃんは、よかった!死に様も、決していい人に改心してないところが、らしくていい。
ナイスキャスティングとそれに応えてる部分はいいですね。
40. Posted by にゃむばなな   2011年05月20日 21:16
ちゃぴちゃぴさんへ

あの悪役ゴローちゃんが最後まで改心しないのがいいんですよね。
ジャニタレだからといって、最後はきれいになるという甘えたことをしない。
それもまた三池監督ならではだと思いましたよ。
41. Posted by    2015年08月12日 20:32
評価は悪くないと知っていましたが、ここまで面白いとは思いませんでした。

忠実に時代劇をやっていると思いますが、ツボを外さない。アクション映画として、個の肉体の強に決められる決戦は、その背景にある、武士道の融通の利かなさ、幕府の権威の大きさに由来する矛盾でもあると思います。

公儀に叛く事は、大罪でもあって、その苦難を呑んででもやらねばならない時がある、仁義の戦いが観られましたね。なかなかのボリュームでした。
42. Posted by にゃむばなな   2015年08月14日 23:13
隆さんへ

三池崇史監督の「本気の殺陣」が思う存分味わえたのではないでしょうか。
そして稲垣吾郎さんのあの悪役っぷり。
作品の面白さをさらに良くするいいキャラクターでしたね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載