2010年10月09日

『樺太1945年夏 氷雪の門』

氷雪の門36年前にソ連の圧力により、わずか1週間しか全国公開されなかった幻の名作。
これは樺太・眞岡郵便局で最後まで電話交換手を務めた9人の女性たちの「もっと生きたかった」という想いを丁寧に描いた日本の名作と断言できる映画です。そして日本人として絶対に見るべき、見て知るべき、見て怒るべき映画です。

製作費に5億円も掛け、陸上自衛隊の協力も得て撮影されたこの大作。1974年の公開時の世界情勢を考えるまでもなく、まずこの映画を見ると日本人としてソ連が大嫌いになると思います。

というのも8月15日の玉音放送により日本が白旗を揚げ、一切の戦闘行為を取らないと約束しているのも関わらず、ソ連は「負けた国に国際法はない」と鈴木参謀長を追い返し、白旗を掲げ交渉にきた10名の日本軍人を問答無用で銃殺し、逃げ惑う一般市民の背中を銃撃し、眞岡を始めとする樺太の町を破壊したんですよ。そんな卑怯者国家に怒りを覚えない日本人なんていますか?

ただその一方で、この映画を見るまで沖縄以外で戦場になった日本の町があったというこの樺太の史実を知らなかったことに対しても、日本人として恥ずかしいと思うよりも申し訳なく思う気持ちでいっぱいになったのも事実。
しかもこの映画がこの電話交換手を務めた女性たちを美化することなく、その「もっと生きたかった。けれど樺太のみんなのため、家族や友人のため、できることは最後まで果たそう」という彼女たちの想いを凄く丁寧に描いているので、余計に申し訳ない気持ちになるんですよね。

多分ソ連との陸続きの国境がある樺太で、電話交換手というあの時代では最新の情報を得れる立場にいた彼女たちの不安や苦悩というのは計り知れないものだったと思います。
だって父親と娘が「生き延びろ」ということで怒鳴り合い・殴り合いの喧嘩をするなんて、電話の向こうから銃声が響く中から病気の母親や機関士である婚約者の最後の言葉を聞かなければならないなんて、つい先週まで空襲なんてなかった眞岡の町が火の海と化す中で「みなさん、これが最後です。さようなら、さようなら」と言わなければならないなんて、あまりにも辛すぎますよ。

彼女たち9人が青酸カリで自決したのは1945年8月20日。きっと「戦争は終わったはずなのに、どうして」という気持ちと「もっともっと生きたかった」という気持ちでいっぱいだったことでしょう。
その気持ちを思えば思うほど、最後に眞岡郵便局から電話を受けた大泊郵便局長のように悔しい気持ちでいっぱいになりましたよ。

恵須取から逃げ惑う途中で2人の幼い息子を失った母親、発狂した母親を失った姉弟、敵を取りたいと出て行った16歳の息子を庇って銃撃された父親、電話交換手の女性たちを娘のように心配してくれた眞岡郵便局長など、様々な樺太で生きた人たちの苦悩を描きつつ、決して安易にソ連批判をすることなく、生前に村山三男監督が仰っていたように史実を伝えるレポートとして作られたこの映画。

36年前の古さなんて感じない、本当に36年経っても色褪せない魅力のある映画です。是非36年分の怨念と共に、「日本人として」一人でも多くの方に見ていただきたいと心から願います。

深夜らじお@の映画館が元町映画館で見た上映回はほぼ満席でした。

※お知らせとお願い
【元町映画館】8.21より開館!■【ABCアシッド映画館】の復活を!

acideigakan at 21:27│Comments(4)clip!映画レビュー【か行】 

この記事へのトラックバック

1. 『樺太1945年夏 氷雪の門』 生と死を分かつのは?  [ 映画のブログ ]   2010年10月09日 21:45
 【ネタバレ注意】  「原爆は是か非か、戦争は是か非か、軍事力は是か非か──。白か黒かの二分法の論理だけに議論が支配されている。」 ...
2. 樺太1945年夏 氷雪の門  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2010年10月09日 22:29
金子俊男の『樺太一九四五年夏・樺太終戦記録』を映画化した1974年の作品。しかし当時はソ連の圧力により極短期間に僅かな劇場で公開されたのみで幻の名作と言われていた。終戦後に樺太に侵攻したソ連軍の前に、最後まで電話交換業務を続けた9人の乙女たちが自ら命を絶つ瞬...
3. 【樺太1945年夏 氷雪の門】★二木てるみ  [ 猫とHidamariで ]   2010年10月17日 01:31
樺太1945年夏 氷雪の門36年前ソ連の圧力によって封印された幻の名作1945年8月20日樺太で失われた9人の電話交換手の乙女たちの命これは時代に圧殺された真実の物語=...

この記事へのコメント

1. Posted by KLY   2010年10月09日 22:31
にゃむばななさんと同じです。ソ連に対してもさることながら、全くその事実を知らなかった自分が恥ずかしいです。
自分の国の歴史です。それも知らずに北方領土と騒いでも説得力がありません。
願わくば多くの人の目に触れて欲しい。今回はソ連の圧力はないのですから。
2. Posted by にゃむばなな   2010年10月10日 14:56
KLYさんへ

沖縄で犠牲となって散っていった方々だけでなく、北方の地でも「もっと生きたかった」という想いで犠牲となった方々もいる。
それを知らないのはまさに自国の歴史に無頓着であるのと同じ。
本当に多くの方々に見ていただきたい映画でしたよ。
3. Posted by にくきゅ〜う★   2010年10月17日 01:58
こんばんは〜♪
先日はコメントありがとうございました。

私はこの作品を、トクダネの小倉さんが紹介してるのをみて知りました。
そして2008年にTVで放送したドラマがあった事を思い出しました。

何よりも悔しいのは終戦を迎えているのに日本に対してのソ連軍がした事!!
観ていて怒りが沸々とわいてきました。

彼女達は生きていたかったに違いありません!!
戦争が終わってるのに死を選ばなければならなかった彼女達の気持ちを考えると辛くって悲しくって悔しくってなりません。

戦争で犠牲になった人たちの事は、まだまだ知らない事が沢山あると思います。
戦争の恐ろしさを教えてくれる人が少なくなってきてる現代、戦争の愚かさを知らせる為にも上映館を増やせば良いのにと思いました。
4. Posted by にゃむばなな   2010年10月17日 13:42
にくきゅ〜う★さんへ

北方領土問題とか本当に世間では感心がないみたいですが、こういう映画を見ると絶対にロシアには渡さないという風潮になると思うんですよね。
生きたかったのに生きれなかった彼女たちの想い。しかも戦争が終わってたのに。
それをもっと日本人は知るべきですし、こういう映画こそ上映館を増やすべきですよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載