2010年11月17日

『海洋天堂』

海洋天堂ジェット・リーでもない、李連杰でもない、新たな俳優がこの映画にいる。そう感じるほど、アクションを封印したジェット・リーの演技派開眼並みの演技力に見入ってしまう映画でした。
21歳の自閉症の息子を抱えた、余命幾ばくもない父親の哀愁と悲壮感を描いたこの映画は日本での公開がまだ決まっていないそうですが、これは是非日本で公開してほしい、いや公開すべき映画だと思いましたよ。

先日中国へ向かう全日空の機内で高所恐怖症から逃れるために必死になって見たこの映画。

まず余命幾ばくもない父親を演じるジェット・リーが、まるでアクションができなくなって仕事がなくなったかのように、物凄い哀愁と悲壮感を漂わせているんです。
特に彼が息子・大福の服に迷子になった時用の伝言を刺繍するシーンは思わず涙腺が緩みそうになるほど。あの5回連続で中国武術大会にて総合優勝したジェット・リーが夜なべをして縫い物ですよ。『ワンス・アポン・アタイム・イン・チャイナ』シリーズを見ていた時には想像もしなかった彼の姿に、ただでさえ小柄な彼がより小さく見えましたよ。

そしてそんな哀愁と悲壮感をさらに感じたのは、商店を営む女性にさりげなく求愛されても戸惑うほど実直な姿を見せるシーンではなく、ようやく見つけた施設に大福を預かってもらって一人で帰宅した時のシーン。
何度注意しても大福がTVの上にイヌのぬぐるみを置いていたのを思い出すようにぬいぐるみをTVの上に置いたり、今度はそのぬいぐるみをいつも大福がいる場所から見てみたりするなど、一人になった父親の姿には本当に涙腺が決壊しそうでした。

ただ父と息子が離れて暮らすのは一晩も持たず、結局施設で父子一緒に暮らすことになるのですが、ここからは前半ほどの哀愁と悲壮感がなかったのがちょっと残念。

でも息子が一人でも生きていけるように卵料理やバスの降り方を教える彼の姿は息子のことを考えていながらも、まるで残りの人生を「息子のため」という大義で「自分のために」楽しんでいるかのようにも見えるんです。
つまり後半には「息子のために何とかしなければ」という悲壮感よりも「息子と一緒に過ごせる時間を大事にしたい」という、一人の親としての責任はあっても、自閉症の子供を持つ親として感じてしまう重荷がないんですよね。もう大福を「自閉症の息子」ではなく「一人の息子」として接している姿が本当にステキなんです。

なので亀の甲羅を背負い、自分はウミガメだと息子に言い聞かせるシーンも死期が迫った彼からすればしんどいはずなのに、逆に楽しささえ感じるほど。
そして最後に勤務先の水族館の館長に話す、大福の母親が子供が自閉症だということを受け入れられずに自殺したと話すくだりも恨み節などは一切感じず、むしろその妻の分まで大福と一緒の時間を楽しもうとしているように見えてくるんです。

個人的には女性大道芸人の鈴にもう少し大福の近くで彼を支えてあげてほしかったかなと思いつつも、それでも父親が意図せぬ形で彼の人柄によって大福を支えてくれる人たちがたくさんいるというラストのお葬式のシーンも、最後の「全ての父親と母親に送る」というメッセージも、これまでのジェット・リー作品とは違う何かを感じましたよ。

あとこれは私の勝手な予想なのですが、発展する中国経済の影で未熟な福祉政策によって苦しむ人たちを描いたこの作品は恐らく企画段階から資金の集まりがあまりよくなかったのではないかと思います。
それでも内容の良さでジェット・リーが出演を決めたことで製作・公開されるだけの資金が集まったのではないかと思うと、演技派開眼並みの哀愁漂う演技力を見せてくれたこと以上にジェット・リーに対する印象がさらによくなりましたよ。

同じく自閉症の息子がいる親の姿を描いた『マラソン』とはまた少し違ったこの作品ですが、無事に日本で劇場公開されることを心から応援したいと思います。

深夜らじお@の映画館は俳優ジェット・リーを見直しました。

※お知らせとお願い
【元町映画館】8.21より開館!■【ABCアシッド映画館】の復活を!

この記事へのトラックバック

1. 『海洋天堂』  [ ラムの大通り ]   2011年03月25日 22:56
(英題:Ocean Heaven) ----えっ。この人、 ジェット・リー! ナイナイの岡村かと思った。 「(笑)。そうだよね。 とても、あの“武の達人”とは思えない。 ここで彼が演じているのは、 妻に先立たれ、 男手ひとつで自閉症の息子を育てている 普通の市井の父親」 ----それ.
2. 海洋天堂  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2011年07月13日 23:48
『HERO』や『エクスペンダブルズ』といったアクション映画で知られるジェット・リーのヒューマンドラマ。アクションを封印し自閉症の子を持つ父親の役を真摯に演じている。共演にウェン・ジャン。監督のシュエ・シャオルーは本作がデビュー作。自らが行ってきた自閉症施
3. 映画:海洋天堂  [ よしなしごと ]   2011年08月07日 04:15
 脚本に惚れ込み、世界的なアクションスター・ジェット・リーがノーアクション、ノーギャラで出演した海洋天堂です。音楽は久石譲が担当しているにもかかわらず、日本公開が長い間未定だった作品。日本でも配給されることになり、良かったですね。
4. 海洋天堂  [ to Heart ]   2011年08月09日 02:58
            平凡にして偉大なるすべての父と母へ――。 原題 海洋天堂/OCEAN HEAVEN 製作年度 2010年 上映時間 98分 製作国・地域 中国 脚本・監督 シュエ・シャオルー 撮影 クリストファー・ドイル 音楽 久石譲 出演 ジェット・リー/ウェン・ジャン/グイ・.
5. 海洋天堂/ジェット・リー、ウェン・ジャン  [ カノンな日々 ]   2011年09月08日 21:03
ハリウッドでも活躍するアクション映画の大スター、ジェット・リーが脚本に惚れ込みアクション無しで自閉症の息子を持つ余命わずかな父親を演じたことで話題になった父子の再生の ...
6. 海洋天堂  [ だらだら無気力ブログ! ]   2011年10月22日 23:35
危うく見逃すとこだった・・・。
7. 海洋天堂  [ 新・映画鑑賞★日記・・・ ]   2012年06月04日 00:02
【OCEAN HEAVEN】 2011/07/09公開 中国 98分監督:シュエ・シャオルー出演:ジェット・リー、ウェン・ジャン、グイ・ルンメイ、ジュー・ユアンユアン、カオ・ユアンユアン、ドン・ヨン 平凡にして偉大なるすべての父と母へ――。 中国、チンタオ。水族館で働くシンチョ..
8. 海洋天堂  [ いやいやえん ]   2012年06月29日 09:02
脚本に感銘を受けノーギャラでの出演を申し出たというジェット・リーが、アクションを封印して、自閉症を抱える子を思う父親の心情を包容力たっぷりに演じています。 しかし癌だとわかった父親は、一度は心中を図るものの、息子にひとりでも生きていけるように生活手段
9. 『海洋天堂』'10・中  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2012年08月05日 20:40
あらすじ水族館で働くシンチョンは、妻を亡くして以来自閉症を抱えた息子ターフーを男手ひとつで育ててきたが・・・。解説『ロミオ・マスト・ダイ』のジェット・リーがノーギャラで...
10. 海洋天堂  [ Akira's VOICE ]   2012年09月22日 12:00
泣かせに走っていなくて良い。
11. 「海洋天堂」感想  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2015年11月05日 09:57
ジェット・リーは、アクション無しでも演技上手でした。3つ★半

この記事へのコメント

1. Posted by KLY   2010年11月17日 22:34
ああ、いいなぁ。
実は凄く見たくて、日本公開運動に協力してます。予告編をみただけで何となく筋道は解りましたが、それでも涙でてきそうだったし。
やってくれないかなぁ。
2. Posted by にゃむばなな   2010年11月18日 18:16
KLYさんへ

個人的には同じテーマを扱った『マラソン』の方が映画的にも面白いと思いましたが、何と言ってもこの映画はジェット・リーが演技派開眼しているところが映画ファン的には見所。
そこに別の哀愁も凄く感じましたよ。
3. Posted by えい   2011年03月27日 22:21
こんばんは。

『マラソン』は、走りながら手の先に草を感じるシーンが印象に残っています。
この映画も、オープニングで
水を手で感じていて、
そのとき、『マラソン』を思い出しました。
4. Posted by にゃむばなな   2011年03月28日 08:13
えいさんへ

『マラソン』と似ている部分も多々あるんですけど、きちんと『マラソン』とは違うように作っているところに好感が持てますよね。
5. Posted by KLY   2011年07月13日 23:59
いい作品でした。観て良かった。
そう、残された貴重な時間を精一杯大福と共に生きる心誠のなんて素敵なことか。一生懸命教えてもちゃんと解ってくれているか解らなかったのが、心誠亡き後にちゃんと覚えていてくれたのが嬉しくて嬉しくて泣けました。
おっしゃるとおり鈴々がもうちょっと絡んで欲しかったですね。せっかく初めて同年代で彼の心が解る人だったのだから。
6. Posted by にゃむばなな   2011年07月14日 10:30
KLYさんへ

平凡にして偉大な父親像。
その父親の姿を追い求めたばかりに同年代の鈴の存在感が薄れてしまったのかも知れませんね。
あのくだりはちょっと惜しかったです。
7. Posted by kira   2011年08月10日 22:36
こんばんは!

地味ながら役者の演技と
制作スタッフの愛情を感じる作品でしたね〜。
ジェット・リーとは思えぬ可愛いシーンが満載で、
そのどれもがキュ〜ンときました
いろんな世代の方に観てなにかを感じて欲しい作品でした。
8. Posted by にゃむばなな   2011年08月11日 19:41
kiraさんへ

ジェット・リーがジェット・リーでないような感じさえ受ける映画でしたよね。
仰るとおり、この映画は多くの世代に見ていただきたい作品。
もちろん人の親になっている、なっていないを関係なくね。
9. Posted by かのん   2011年09月08日 21:07
障害者モノで難病モノって映画的には王道ネタなんですけど感動の押しつけではなく、喜怒哀楽の豊かな人情劇だったと思います。

>新たな俳優がこの映画にいる

ホントその通りだったと思います。これからもこういう作品でのジェット・リーも観てみたいですね。
10. Posted by にゃむばなな   2011年09月08日 22:18
かのんさんへ

そうそう、お涙頂戴モノにしていないところがいいですよね。
だからこそ、よりジェット・リーの高尚な思いが見えてくるんでしょうね。
11. Posted by yukarin   2012年06月04日 00:17
こんばんは♪
とても良い作品でした。
地元では一切上映がなかったので残念でしたよ。
アクションもいいけれど演技派なジェット・リーもいいですね。
押しつけがましい所がなくて素直に感動しました。
12. Posted by にゃむばなな   2012年06月04日 17:38
yukarinさんへ

そうそう、押し付けがましさがないのがいいですよね。
あのジェット・リーが演技派に転向したのも新鮮でしたよ。
13. Posted by latifa   2015年11月05日 09:59
にゃむばななさん、こんにちは!
飛行機の中で、いち早くご覧になられていたのですね。

日本のファンの方々が公開に向けての活動をされて、みごと公開にこぎつけた作品だったことを、見終わった後に知りました。

良い映画でしたねー。
ジェットリーも息子役の方も、名演でした。
14. Posted by にゃむばなな   2015年11月07日 18:01
latifaさんへ

ジェット・リーがまさかこんな演技も出来るなんて!と驚きましたよ。
やはり彼も色々と経験しているからこそ、こういう味のある演技も出来るのでしょうね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載