2011年01月03日

『GOEMON』

ごえもんまたつまらぬ映画を見てしまった。
どうやったらこんな俳優の頑張りまでダメにしてしまう駄作が作れるのかが不思議でならない、斬鉄剣で粉々に切り裂いてしまいたい思いでいっぱいになる映画でした。もう最初から最後まで紀里谷監督の趣味嗜好だけでしか構成されていない、完全なるマスターベーション映画。ワーナーや松竹もよくこんな企画に資金を出したなと思いましたよ。

史実を一切無視し、紀里谷監督の妄想世界によって再構築された豊臣秀吉の時代。
まず全編CGで描かれた映像にとにかく重量感が全くないこと。もちろんこれだけの映像を作る技術は凄いものであると分かりますが、でもある程度映像から重みを感じさせないと群集や巨大建造物から迫力を感じることができないんですよね。

加えてこの映画は一応アクション映画です。なのに戦闘シーンはCG中心でカット割りもイマイチと基本適当な描き方ばかり。重量感も迫力も格好良さも全くなしで、それよりも紀里谷監督が「俺はこの映像が格好いいと思ってるねんけど、みんなもそう思うやろ?」と言っているかのような、まるで「ハイスクール奇面組」に出てきそうなスクーターに乗って女の子をナンパしにいく、今のこのご時世では時代遅れでKYすぎるあのナルシストさんの匂いがぷんぷんするんです。

しかもアクションの代わりに頑張って描いているのがゴエモンがノミのようにピョンピョン跳ぶシーンばかり。限度も重力も一切無視して跳びます!跳びます!とばかりに、どこでも跳ぶ跳ぶ。
仮にこれがTVゲームなどの映像ならまだマシなのですが、悲しいかなこれは映画なんですよね。本当に紀里谷監督はゲーム映像と映画映像の違いをきちんと理解されているのか不思議でなりませんでしたよ。

また映像に見応えがない以上にストーリーも破綻しまくり。
織田信長の「強くなれば何も奪われない」というのも説教臭すぎますし、始めはお付な感じだった猿飛佐助がクライマックスで忍として急に前へ出だすし、霧隠才蔵にいたっては何ですか、あのラスト。俺がゴエモンだ!?アンタも紀里谷監督やMr.格付と呼ばれているあの俳優と同じナルシストか!

さらに肝心のゴエモンに関しても信長からもらった刀を半分才蔵に分け与えたり、石田光成のワナだとちょっとは考えれば分かることを考えずに見事に才蔵の妻を落命させたり、挙句の果てにはいつの間にかお仕えしていたはずの茶々様にタメ口になってたりなど、もうめちゃくちゃすぎます。

しかもなまじツッコミを入れれるほどのバカさ加減でもないので本当に見ていてしんどいこと。私自身もこんな駄作のレビューなど書きたくなかったのですが、どうしても「またつまらぬものを斬ってしまった」と「またつまらぬ映画を見てしまった」を掛けたかったのでレビューを書いてみましたが、人間頑張れば駄作相手でも結構長い文章を書けるものなんですね。
いやはや驚きでした。

深夜らじお@の映画館は次元やルパンやとっつあんよりも五右衛門派です。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

acideigakan at 16:34│Comments(4)clip!映画レビュー【か行】 

この記事へのトラックバック

1. 「GOEMON」秀吉の秘密を知った先に望んだ平和と運命の戦い  [ オールマイティにコメンテート ]   2011年01月03日 20:57
1日公開の映画「GOEMON」を鑑賞した。 この映画は紀里谷和明監督2作目の映画作品で 1582年に信長が本能寺の変で自害してから 秀吉が天下を獲って一時の平和が訪れた時代に ...
2. GOEMON  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2011年01月03日 21:28
「CASSHERN」でデビューした紀里谷和明監督2作目。主演は江口洋介ですが、大沢たかお、広末涼子、奥田瑛二、伊武雅刀等々、名前を挙げ始めたらきりがないほどの超豪華な出演陣は文句無く見所です。更に、恐らくほぼ全編に渡って加工されたであろう映像とVFXによる映像表...

この記事へのコメント

1. Posted by PGM21   2011年01月03日 21:02
何時もお世話になっております。

まあ好みがあるんでしょうけれど、この映画は確かににゃむばばなさまのように駄作とお気に召さない人も多かった作品なのである意味納得しております。
駄作と判断した場合は私もこれでもかとダメな理由を反論できないほどまで書きますのでそういう作品には出会いたくないとは思っております。
私個人はキャシーンを観ていたのであれから比べたらまだ理解できる範囲内でした。
2. Posted by KLY   2011年01月03日 21:35
あれまダメでしたか。
PGM21さんが仰るように両極端割れるだろうなと私も思ってましたけど。私はかなり評価していましたが、監督のインタビュー聞いてムカついて今ではちょっと落ちてます。あの監督人としてダメです。
3. Posted by にゃむばなな   2011年01月03日 21:40
PGM21さんへ

『CASSHERN』はまだキャシャーンに対する熱いモノがあったのでまだ見れたのですが、こちらは何か愛もへったくれもない感じに思えたんですよね。
まぁこういうのはやっぱり好き嫌いの問題なんですかね?
4. Posted by にゃむばなな   2011年01月03日 21:47
KLYさんへ

ありゃま、紀里谷監督は人としてダメですか。
なるほど、それで宇多田さんに捨てられた訳ですね。
そりゃしゃあないですわね。
でもどんなインタビューだったんでしょ?
また調べてみますよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載