2011年01月10日

『アマルフィ 女神の報酬』

アマルフィ無駄遣いは悪しき日本映画界の特権です。
フジテレビ開局50周年記念作品として製作された割には完全に気合が空回りしているこの映画。やっぱりいくら豪華キャストで全編イタリアロケをしても肝心の脚本がスター中心主義とご都合主義では面白い映画は作れませんよ。

外交官・黒田が偶然関わった邦人旅行者の幼い娘が誘拐されるという事件が実はG8外相会議での要人暗殺計画にまで拡大していくという社会派ストーリーから、重厚な展開が繰り広げられるのかと淡い期待をしていたのですが、前半から天海さん演じる矢上紗江子がまぁアホなヒロインとしてスクリーンで活躍してくれること。

例えばイタリアでは民間人が身代金受け渡しをするのはマフィアに資金が流れる恐れがあるため違法になるといくら説明されてもひたすら喚くばかり。普通は自分が娘から目を離したことを後悔すべきなのに、「郷に入れば郷に従え」という諺もここがイタリアであることも忘れて喚く喚く。あれはもう日本人の恥ですよ。

さらに防犯ビデオの映像が改竄されていたことを黒田が突き止める中盤はそこそこ面白かったものの、そこから唐突に藤井という男をイタリアに登場させたりと脚本の粗が目立ちだす後半は緩いの一言。
そもそも藤井も矢上の隣に外交官の黒田がいるのに「ロンドンから飛んできた」と嘘をつくなんてアホですよ。そんなことはすぐに調べられてバレるのは子供でも分かる話。ついでにそんな藤井に唆される矢上も矢上ですし、矢上が拳銃を持っていたのを調べずにセキュリティ室に入れたイタリア警察とセキュリティ会社もあり得ないほどのアホですわ。

とまぁ脚本がとにかくご都合主義で緩いうえに、クライマックスではそれまで「振り返ればヤツがいる」の頃を思い出させる、やっぱり冷徹な男を演じている時だけは格好いい織田裕二がいつもの青島クン風な暑苦しいパッションを持った織田裕二になってしまう始末。
結局サスペンスとしての展開よりも織田裕二というスターを輝かせる方を重視した脚本にもなっているため、本当にこんな豪華キャストで全編イタリアロケで撮るほどの映画か?って思えてくるんですよね。別にこんな展開なら国内で済ます展開にも出来るはず。これぞ無駄遣い映画の代表例ですよ。

その他にも藤井がこのような行為に走った要因もありきたりですし、サラ・ブライトマンも大塚寧々・伊藤淳史といった脇役陣も特に何の活躍なければ存在意味もなし。
挙句の果てにはローマで発生した誘拐事件が最終的にローマでの日本外相襲撃事件として終わってしまっているんですから、タイトルにもなった街アマルフィもこれといった意味もなし。
いったい何が「女神の報酬」なの?製作陣やキャスト陣が撮影のついでにイタリア観光できたことが「女神の報酬」って言いたいんか?としか思えない映画でした。

あと黒田は外交官として何か仕事してたのでしょうか?結局誘拐事件に関わりっ放しで本来の仕事は特に何もしていないような気がするんですけど。

深夜らじお@の映画館は最近無駄遣いを減らす努力をしています。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

この記事へのトラックバック

1. アマルフィ 女神の報酬  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2011年01月10日 14:31
 『日本人少女が失踪。誘拐か、テロの序章か?』  コチラの「アマルフィ 女神の序章」は、同じ日に鑑賞した「HACHI 約束の犬」同様、「フジテレビ開局50周年記念作品」の7/18公開と ...
18日公開の映画「アマルフィ 女神の報酬」を鑑賞した。 この映画はイタリアアマルフィなどを舞台に誘拐された 少女を救うために外交官が救出作業に協力するが、 その先には外交 ...
3. アマルフィ 女神の報酬  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2011年01月10日 19:36
フジテレビ開局50周年記念作品でオールイタリアロケという熱の入れよう。外交官・黒田を中心に展開するサスペンス・ミステリー。主演は織田裕二、共演に天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市とフジテレビに馴染みの出演者。監督は『容疑者Xの献身』の西谷弘。エグゼクティブプ...

この記事へのコメント

1. Posted by miyu   2011年01月10日 14:31
そういやこれドラマ化されるんですよね^^
それで、TV放映されたんだと思いますが、
まぁ映画でこのクオリティでしたから、
ドラマもあまり期待は出来ないでしょうね(;・∀・)
2. Posted by PGM21   2011年01月10日 18:41
何時もお世話になっております。

酷評したい気持ち良く解ります。

この映画ってイタリアを舞台にしながら日本的に描いてしまった事が大きな失敗だと私は鑑賞後感じた作品でしたけれど、オールイタリアロケについては一定の評価はしております。このロケで普段撮影さえ許可されない場所で許可が下りて撮影できたという点ではかなり評価しております。
と言いながら私は今クールのドラマレビューをする事を決めてしまいました。なんやかんや言って観てしまうんですよね・・・ダメなら視聴率に現れるのでドラマの失敗は映画の失敗になりますから時間が多く取れるドラマではそれなりに描いてくれるでしょう。
3. Posted by にゃむばなな   2011年01月10日 19:45
miyuさんへ

ドラマも柴咲コウや香川照之といった豪華キャストですって。
ほんと、どこまでも無駄遣いしてはりますよね。
4. Posted by KLY   2011年01月10日 19:46
こんにちは。
コレやってた当時は、「踊る大捜査線」がいかりやさんがお亡くなりになってもう作れないから、織田裕二主演のシリーズを作らなきゃということで出来たと、まことしやかに言われてました。

いずれにしても私もドラマの方が時間をかけられる分ましかなぁって思います。
5. Posted by にゃむばなな   2011年01月10日 19:47
PGM21さんへ

普段撮影を許されない場所での撮影は確かに一定の評価をすべきなんでしょうけど、それも金にモノを言わせる無駄遣いなのかも?と思うと、よりこの作品の評価は下がるばかりですよ。
ドラマの方もどないなるんでしょうね。
6. Posted by にゃむばなな   2011年01月10日 19:51
KLYさんへ

あぁ~、その噂は私も聞いたことがあります。
そしてその噂が実現されるように今冬にドラマ化ですからね。
織田裕二もあざといですなぁ~。
7. Posted by kajio   2011年01月10日 23:31
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090717-OYT1T00896.htm

そーいう内容に加えて、脚本家のクレジット表記で一悶着があったのに、続編製作決定!って、フジの映画部門もTBSと大差なしって事でしょうか…
8. Posted by にゃむばなな   2011年01月11日 17:00
kajioさんへ

もうこの記事が削除されていたのでウキペディアで調べましたが、西谷監督も原作者の真保さんもいい加減ですよね。
何か自分たちの面子ばっかり気にしている感じで・・・。
9. Posted by かつかつ   2011年06月26日 21:20
こんばんは
この作品の続編今日観に行って来ましたよ〜私はそこそこ楽しめましたが、無理矢理作った感じが歪めなかったです・・・。
10. Posted by にゃむばなな   2011年06月27日 20:07
かつかつさんへ

続編も多分この作品を見た感想とほとんど変わらないと思っているので、劇場へは見に行く予定なしです。
無理矢理作ったように感じるのも、多分その程度の映画だからではないでしょうか?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載