2011年01月15日

『ソーシャル・ネットワーク』

ソーシャル・ネットワーク2010年だけでなく、21世紀最初の10年を代表する顔、マーク・ザッカーバーグ。
facebookの創始者にして親友に6億ドルの訴訟を起こされた学生企業家。ハーバード大学に在籍する天才プログラマーにしてマトモな人間関係を構築できない裏切り者ハッカー。そして世界で最も若い億万長者にして世界で最も孤独な男。
この映画はそんな彼の半生を見事に描いた新たなる青春映画の名作です。

ノンフィクションの原作が完成する前から脚本の製作が始まっていたというこの映画ですが、まずマークの天才ぶりと孤独を恋人エリカとの会話だけで見せ切るOPが秀逸すぎます。
一般に天才と呼ばれる人たちに共通する、言葉に発する頃には頭の中で既に完結している頭の回転の速さが「話が飛んでいる」と誤解され、議題に不必要な要素を会話から取り除こうとする作業が「人の気持ちを考えない性格」と捉えられる悲しき現実。
加えて常人には理解してもらえない、いや天才から見れば常人が理解しようとしないその淋しさから逃げるように学生寮へと帰っていくマークの小さく見える背中。そう、いつの時代も「天才は孤独」なんです。

そんな彼がエリカにフラれた腹いせにたった数時間で女子学生人気投票サイトを立ち上げ、2万2000アクセスも記録するというのは本当に驚き。そしてウィンクルボス兄弟のアイデアを拝借し数十日でfacebookの原型を完成させてしまうというのも本当に驚きだったのですが、それ以上に驚いたのは彼のfacebook以外のことに関しては全くと言っていいほど何も考えていない、その「人としての無能」ぶり。

特に胡散臭いショーン・パーカーの口車に乗せられすぎの挙句に、親友エドゥアルドの株を30%から0.03%にまで希薄化させる「人の気持ちを考えない性格」はもはや不必要な要素を省こうとする作業ではなく、単に「人として無能」なだけ。
訴訟の話し合いの席でも一人カジュアルスタイルでいたのもショーンの影響なのか分かりませんが、フジテレビとホリエモンのあの記者会見の時と同じように、この天才の周囲には彼に忠告してくれる人間がいないという孤独も同時に表現しているようでしたよ。

ただ一般的には屈強で高学歴で紳士なウィンクルボス兄弟や思いやりがあって努力家のエドゥアルドも天才と呼ばれてもいい部類でも、マークという一点において飛び抜けた才能を持った「真の天才」から見ればやはり彼らは所詮「有能止まり」。逆に実績のあるショーンこそが自分と同類に見えてしまうマークの気持ちもどこか理解できてしまうんですよね。
でも社会に出ると自己顕示欲などから何も考えずに天才のおこぼれに群がるハイエナたちと付き合いすぎて、いつの間にか「真の天才」からランク落ちした天才もたくさんいるのも事実。そしてそれが嫌なら常に孤独でいるしかないのも事実。

ラストでマークが陪審員選びを専門とする2年目の女性弁護士との会話の後にfacebookにアクセスしたのも、多分彼が初めて自分の分野以外でのエキスパート(天才)に触れたことで自分自身を見つめ直したからではないでしょうか。

深夜らじお@の映画館も結構周囲から理解してもらえない部類の人間です。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「ソーシャル・ネットワーク」  [ 日々“是”精進! ]   2011年01月15日 15:31
「ソーシャル・ネットワーク」を鑑賞してきました観客が自分を含め4人って・・・。ベン・メズリックのベストセラー・ノンフィクションを基に、誕生からわずか数年で世界最大のSN...
2. ソーシャル・ネットワーク  [ 悠雅的生活 ]   2011年01月15日 16:53
窓ガラスのアルゴリズム。ネットワークの構築。唯一の友達。
3. ソーシャル・ネットワーク  [ ハリウッド映画 LOVE ]   2011年01月15日 17:06
JUGEMテーマ:映画館でみました!天才ゆえの孤独・・・
4. ソーシャル・ネットワーク  [ Akira's VOICE ]   2011年01月15日 17:13
成功と孤独は表裏一体。  
5. 『ソーシャル・ネットワーク』(2010)/アメリカ  [ NiceOne!! ]   2011年01月15日 18:04
原題:THESOCIALNETWORK監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハマー、マックス...
6. ソーシャル・ネットワーク/ The Social Network  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2011年01月15日 18:39
ランキングクリックしてね ←please click ゴールデン・グローブ賞6部門ノミネート他、各映画祭などで高評価 デヴィッド・フィンチャー監督最新作! プロデューサーに、ケヴィン・スペイシー。 全米で秋に公開、東京国際映画祭でも上映されて話題の作品、いよいよ日本.....
7. ソーシャル・ネットワーク  [ 5125年映画の旅 ]   2011年01月15日 19:11
ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグが立ち上げたウェブサイト。「ザ・フェイスブック」と名付けられたそのサイトは急成長を遂げ、今や世界最大のSNSとなった。マーク自身 ...
8. 『ソーシャル・ネットワーク』・・・きっかけは“右か左か”  [ SOARのパストラーレ♪ ]   2011年01月15日 20:00
世界最大のSNS、“フェイスブック”の創設者マーク・ザッカーバーグ。ハーバード大の天才だった彼が“フェイスブック”を立ち上げたきっかけからその成功と挫折の波乱に満ちた顛末を、その後の調停の場に集まった三者(四者?)の証言で見せていく人間ドラマ。
9. ソーシャル・ネットワーク  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2011年01月15日 20:46
公式サイト。原題:THE SOCIAL NETWORK。デヴィッド・フィンチャー監督、ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、ブレンダ・ソング、 ...
10. 「ソーシャル・ネットワーク」  [ のんびり。 ]   2011年01月15日 21:14
〔2010年/アメリカ〕 この間の、「相棒 劇場版??」に続いて、 なぜかまた、今度は「ソーシャル・ネットワーク」の試写会が当たった。 一体どうしちゃったんだ?と言いながら、顔が笑ってしまう。 すごく得した気分。 現在、世界最大のSNSである「フェイスブック」。 そ...
11. 「ソーシャル・ネットワーク」世界一バカな世界一の天才  [ ノルウェー暮らし・イン・London ]   2011年01月15日 21:43
世界で最も若い億万長者。 そんな人には、凡人では到底なれないのは解っている。 でもこの映画でよぉく解った。 人は天才なだけでは、「世界一若い億万長者」にはなれない。 世界一天才で、世界一バカでなくてはいけないのだ・・・・・
12. 「ソーシャル・ネットワーク」巨大SNSを創った、孤独な男の物語。  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   2011年01月15日 22:36
[ソーシャル・ネットワーク] ブログ村キーワード  世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)“フェイスブック”の創設者、マーク・ザッカーバーグの半生を描いた本作「ソーシャル・ネットワーク」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。半...
13. ソーシャル・ネットワーク  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2011年01月15日 22:43
世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)「Facebook」誕生から登録者100万人を越えるまで、創始者のマーク・ザッカーバーグと彼を取り巻く若者たちの悲喜こもごもを描き出した伝記ドラマ。監督は『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のデヴィッド・フィ...
14. 『ソーシャル・ネットワーク』(東京国際映画祭オープニング作品)  [ ラムの大通り ]   2011年01月16日 00:50
(原題:social network) ----これって、いま全米でスゴく話題になっている映画だよね。 東京国際映画祭でもオープニングを飾るんでしょ。 いったい、どんなお話ニャの? 「いわゆる実話系。 主人公は“フェイスブック”の創始者マーク・ザッカーバーグ。 彼は、インター....
15. ソーシャル・ネットワーク  [ Memoirs_of_dai ]   2011年01月16日 11:14
大きな代償 【Story】 2003年、ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、学内で友人を増やすためのサイトを親友のエドゥアルド・サヴェリン(アンドリュー・ガーフ...
16. 「ソーシャル・ネットワーク」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2011年01月16日 14:52
”フェイスブック”創設の裏にあった実話に基づき、創作を加えて制作された映画とのとこ。でも、ひとが語る証言の85%は誇張で出来ていて、残りの15%は虚偽であると作中でも言われているとこからも、決して真実
1月15日公開の映画「ソーシャル・ネットワーク」を鑑賞した。 この映画は世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス) のFacebookの創設者マーク・ザッカーバーグ氏が Fa ...
18. ソーシャル・ネットワーク  [ 心のままに映画の風景 ]   2011年01月16日 15:42
  2003年、秋。 ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、恋人にフラれた腹いせに、学内のデータベースをハッキングして、女子学生の顔写真を使った人気投票サイ...
19. [映画『ソーシャル・ネットワーク』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2011年01月16日 19:51
☆う〜む、面白い!  が、非常に不愉快な作品でもある。  冒頭の主人公マークの、女の子とのデートでの会話の不安定さから、物語に非常に引き込まれる。  頭は良いのだが、思考回路が高スピードで、しかも拡散していて、妙なプライドももっているマークは、会話相手...
20. ソーシャル・ネットワーク / The Social Network  [ 勝手に映画評 ]   2011年01月16日 20:19
全世界で5億人ものユーザが登録しているFacebookの創業にまつわる物語。しかしながら、制作に際してFacebook側の協力は得られず、どこまでが事実で、どこからが創作なのかが不明である。 この手の物語には、仲間内での衝突が数多く繰り広げられるものですが、Facebookの...
21. 映画:ソーシャルネットワーク Just Brilliant! 2010年はズッカーバーグ & この映画の年!  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2011年01月16日 20:20
先日発表された、TIME誌の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」。 その人物は、マーク・ズッカーバーグ。 この「パーソン・オブ・ザ・イヤー」を、デビット・フィンチャーが料理するとどう仕上がるか。 それは一言で説明できる(そんな映画は珍しい) = Just Brilliant!! ...
22. ソーシャル・ネットワーク  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2011年01月16日 21:33
【THE SOCIAL NETWORK】 2011/01/15公開 アメリカ PG12 120分監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク ...
23. 『ソーシャル・ネットワーク』 友達いる?  [ 映画のブログ ]   2011年01月16日 23:42
 『ソーシャル・ネットワーク』というタイトルは、とうぜんFacebookそのものが代表するSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のことだと思った。  しかし、それでは映画の題材にならないだろう。デ...
24. ソーシャル・ネットワーク 今年はこれか!  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2011年01月17日 10:20
【=4 -1-】 長女、再就職が内定した、今勤めている再建中の会社は、新しい経営者に業務がもうすぐ引き継がれるが、彼女は当初の予定通り辞職するために現在年休を消化中だ。 会社都合の退職にして貰うことに話は付いていたが、結果的に、失業給付は受けずに新しい仕事に...
25. ソーシャル・ネットワーク  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2011年01月17日 17:17
世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)“フェイスブック"創設の裏側を「セブン」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のデヴィッド・フィンチャー監督 ...
26. ソーシャル・ネットワーク #4  [ レザボアCATs ]   2011年01月17日 20:41
’10年、アメリカ 監督:デヴィッド・フィンチャー 脚本:アーロン・ソーキン(『ザ・ホワイトハウス』(監督)、『マネーボール』、『ア・フュー・グッドメン』、『冷たい月を抱く女』、『アメリカン・プレジデント』、『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』) 製作:スコッ...
27. ソーシャル・ネットワーク・・・・・評価額1750円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2011年01月17日 21:00
全世界に5億人の会員を持つ、世界最大のソーシャルネットワークサービス“フェイスブック(FACEBOOK)”の誕生を描くノンフィクション。 鬼才デヴィッド・フィンチャーは、ハーバードの学生だったマーク・ザッカ...
28. ソーシャル・ネットワーク/ジェシー・アイゼンバーグ  [ カノンな日々 ]   2011年01月17日 22:09
劇場予告編で流れるあの音楽にやられてしまいした。好きなんですよねああいう曲調って。もちろん物語も興味深くて、世界最大と言われるソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS ...
29. ソーシャル・ネットワーク  [ 象のロケット ]   2011年01月17日 22:38
2003年、ハーバード大学に通う19歳の学生マークは、親友エドゥアルドと、学内の出来事を自由に語りあえるサイトを立ち上げる。 それは瞬く間に広がり、巨大サイトへと一気に成長を遂げた。 しかし、それだけでは収益は上がらない。 彼らにIT企業2社を振り回した“実績”の...
30. 「ソーシャル・ネットワーク」  [ ★ Shaberiba  ]   2011年01月17日 23:08
ついてくのに必死〜(笑)
31. 譲れなかった想い。『ソーシャル・ネットワーク』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2011年01月17日 23:30
世界最大のSNS「Facebook」誕生の裏側を実話に基づき描いた作品です。
32. ソーシャル・ネットワーク  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2011年01月18日 00:44
開設から数年後、仲間から訴訟を起こされて弁護士と同席した主人公達の会話から、若い頃の友情とビジネスマンとしての葛藤が痛いほど伝わってきた。誰が正しいわけでもないし、誰の味方をするわけでもない。あるのは、新しいものを生み出そうとする情熱だ。Facebookを理解す
33. ソーシャル・ネットワーク  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2011年01月18日 23:18
ソーシャル・ネットワーク '10:米◆原題:THE SOCIAL NETWORK ◆監督:デヴィッド・フィンチャー「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」「ファイト・クラブ」 ◆主演:ジェシー・アイゼン ...
34. ソーシャル・ネットワーク(2010)☆THE SOCIAL NETWORK  [ 銅版画制作の日々 ]   2011年01月18日 23:25
東宝シネマズ二条にて鑑賞。今回はポイントでの鑑賞。まもなく6000ポイント、さていつ頃フリーパスポートをゲットしようか?と思案中です。出来れば、観たい作品がたくさん続く時期にと考えているんですが、、、、。タイミングが難しいわ。 話題作、「ソーシャル・...
35. 映画「ソーシャル・ネットワーク」感想  [ タナウツネット雑記ブログ ]   2011年01月19日 00:48
映画「ソーシャル・ネットワーク」観に行ってきました。 世界最大のSNSに成長したFacebook(フェイスブック)の創設者で、天才肌ながら奇矯な人物として描かれているマーク・ザッカーバーグと、彼の親友だったエドゥアルド・サベリンの2人を軸に展開する、ノンフィクシ...
36. 映画「ソーシャル・ネットワーク」の感想です。  [ MOVIE レビュー ]   2011年01月19日 22:57
「ソーシャル・ネットワーク」を観ました。この映画は、2004年にマーク・ザッカーバーグが創設したSNS「Facebook」の誕生の瞬間を描いた作品です。実話をベースに作られたそうですが、当のザッカーバーグの全面協力とはいかなかったらしいですから、どこまで真実に...
37. 「ソーシャル・ネットワーク」感想  [ 狂人ブログ ~旅立ち~ ]   2011年01月20日 19:13
 鬼才・デヴィッド・フィンチャー監督最新作は、若くしてSNSサイト「Facebook」を創設した天才・マーク・ザッカーバーグの成功と、その裏に隠された孤独を描いたノンフ...
38. ソーシャル・ネットワーク  [ みすずりんりん放送局 ]   2011年01月20日 22:09
 『ソーシャル・ネットワーク』を観た。  【ストーリー】  2003年、ハーバード大学に通うマーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ )は、親友のエドゥアルド・サベリン(アンドリュー...
39. 映画「ソーシャル・ネットワーク」  [ FREE TIME ]   2011年01月20日 22:44
話題の映画「ソーシャル・ネットワーク」を鑑賞しました。
40. ソーシャル・ネットワーク  [ 映画と旅行、にゃんぱらりんな日々 ]   2011年01月20日 23:25
フェイスブック。まず私には縁がない。実名と写真。絶対に登録することはない。現在5億人ともいえる登録者数を誇る世界最大のSNS。創業者はマーク・ザッカーバーグとフェイスブック誕生秘話。約2時間の上映時間内にギッシリ詰まった内容の濃さにビックリだ。ほんの少...
41. ★「ソーシャル・ネットワーク」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2011年01月21日 03:37
今週の平日休みはTOHOシネマズららぽーと横浜で2本。 その1本目。 最近話題のフェイスブック創業者のドラマ。
42. 孤高の天才〜『ソーシャル・ネットワーク』  [ 真紅のthinkingdays ]   2011年01月22日 18:47
 THE SOCIAL NETWORK  2003年、ハーバード大学。天才ハッカー、マーク・ザッカーバーグ(ジェシ ー・アイゼンバーグ)は、親友エドゥアルド(アンドリュー・ガーフィールド)と共 に学内限定のソ...
43. ソーシャル・ネットワーク  [ to Heart ]   2011年01月22日 20:52
原題 THE SOCIAL NETWORK 製作年度 2010年 上映時間 120分 原作 ベン・メズリック 脚本 アーロン・ソーキン 監督 デヴィッド・フィンチャー 音楽 トレント・レズナー/アッティカス・ロス 出演 ジェシー・アイゼンバーグ/アンドリュー・ガーフィールド/ジャスティン...
44. 【ソーシャル・ネットワーク】D・フィンチャー監督最新作!  [ ジョニー暴れん坊デップの部屋 ]   2011年01月23日 03:01
今から頑張って観に行くゾォ〜〜〜〜〜〜ユウネン! eiga.com 作品情報 『ソーシャル・ネットワーク』 ★ストーリー:世界最大のソーシャルネットワーキングサイト「Facebook」創設者マーク・ザッカーバーグの半生を、鬼才デビッド・フィンチャーが映...
45. 「ソーシャル・ネットワーク」TOHOシネマズ梅田  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2011年01月23日 07:51
昨年米タイム誌の「今年の人」に選ばれた「フェイスブック」の創始者マーク・ザッカーバーグ。2003年、ハーバード大学のマークはガールフレンドのエリカに振られてしまいます。そこ ...
46. ソーシャル・ネットワーク  [ 小部屋日記 ]   2011年01月24日 22:03
The Social Network(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ジェシー・アイゼンバーグ/アンドリュー・ガーフィールド/ジャスティン・ティンバーレイク/ブレンダ・ソング 天才 裏切者 危ない奴 億万長者 世界最大のSNSサイト「フェ...
47. ソーシャル・ネットワーク  [ 晴れたらいいね〜 ]   2011年01月25日 00:57
今年お初な映画館です。これで、ちょっと弾みが付くといいんだけどな。前々から興味のあった映画ですが、ここにきて賞取りレースの激化で、俄然close-upされている作品ではあると思 ...
48. 映画 ■■ソーシャル・ネットワーク■■  [ Playing the Piano is ME. ]   2011年01月26日 08:52
ゴールデン・グローブ賞の ドラマ部門作品賞を受賞して アカデミー賞の有力候補にもなった 「ソーシャル・ネットワーク」 これは見逃せません! ああ、アカデミー賞前後は、名作が多くて嬉しい!
世界で5億人以上が登録しているSNS(交流サイト) 「Facebook(フェイスブック)」の誕生物語。 自分は未登録。→登録しました。 ソーシャル・ネットワークを略してSNS。 日本でのSNSといえばmixi。 ...
50. ソーシャル・ネットワーク  [ 青いblog ]   2011年02月05日 13:11
ソーシャル・ネットワーク (デビッド・フィンチャー 監督) [DVD] 解説(amazonよ
51. ソーシャル・ネットワーク  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2011年02月06日 06:59
 すでにグラミー賞の4冠を獲得していて、さらにアカデミー賞の最有力候補ともされていますから、早目に見ておこうと、『ソーシャル・ネットワーク』を吉祥寺のバウス・シアターで見てきました。 (1)この映画はFacebookの創始者であるマーク・ザッカーバッグ氏のことを中...
52. 「ソーシャル・ネットワーク」感想  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2011年02月06日 14:02
映画には、旬がある映画と、見る時期時代が関係ないのとがあるけれど、これはまさに前者タイプ。
53. 【映画】ソーシャル・ネットワーク  [ 新!やさぐれ日記 ]   2011年02月07日 22:02
▼動機 「Facebook」のお話だから ▼感想 ありふれたお話 ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 2003年、ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、学内で友人を増やすためのサイトを親友のエドゥアルド・サヴェリン...
54. 映画:ソーシャル・ネットワーク  [ よしなしごと ]   2011年02月09日 03:08
 世界最大SNS・Facebookの創設者マーク・ザッカーバーグがFacebookを作る過程を描いた作品ソーシャル・ネットワーク、観た人に「フェースブック」を知らなくても楽しめるかを確認した後、観てきました。
55. No.236 ソーシャル・ネットワーク  [ 気ままな映画生活 ]   2011年02月11日 18:51
【評価ポイント】 ☆をクリックしてこの映画の評価をお願いします(5段階評価) var OutbrainPermaLink='http://blog.livedoor.jp/z844tsco/archives/51862469.html';var OB_demoMode = false;var OBITm = "1221446538656";var OB_lang ...
56. ソーシャル・ネットワーク  [ メルブロ ]   2011年02月13日 18:25
ソーシャル・ネットワーク(原題: THE SOCIAL NETWORK) 343本目 2011-03 上映時間 2時間 監督 デビッド・フィンチャー 出演 ジェシー・アイゼンバーグ(マーク・ザッカーバーグ) 、 ...
57. ソーシャル・ネットワーク  [ スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 ]   2011年02月26日 17:36
★★★★★ ソーシャル(じゃない男が作った)ネットワーク Facebook誕生に関わった若者達の情熱やスピード感を、その時代の空気も合わせて丸ごと切り取った、デビッド・フィンチャーの傑作。 他人...
58. ソーシャル・ネットワーク  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2011年02月27日 18:16
 『天才 裏切者 危ない奴 億万長者』  コチラの「ソーシャルネットワーク」は、いよいよ2日後に迫ったアカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、録音 ...
59. 『ソーシャル・ネットワーク』 映画レビュー  [ さも観たかのような映画レビュー ]   2011年05月19日 19:36
『 ソーシャル・ネットワーク 』 (2010)  監  督 :デヴィッド・フィンチャーキャスト :ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハ...
60. ソーシャル・ネットワーク  [ 銀幕大帝α ]   2011年05月27日 21:48
THE SOCIAL NETWORK/10年/米/120分/青春ドラマ/PG12/劇場公開 監督:デヴィッド・フィンチャー 製作総指揮:ケヴィン・スペイシー 出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハマー <スト...
61. ソーシャル・ネットワーク  [ いやいやえん ]   2011年06月04日 15:30
世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)「Facebook」誕生の裏側を描いたお話…なんですが、私の場合まずFacebookってなに?から入るので、なんの知識もなく見ることができました。 会話のスピード、テンポが良い。ある意味でついていけるかなと心配にもなっ
62. ソーシャル・ネットワーク  アー・ユー・ト・コーユー  [ as soon as ]   2011年06月08日 01:24
ヤ・キュージョー 無線のつぶやき ソーシャルネットワークを鑑賞 これ、怖い話だね 共感できない方がいい 男と女に必要なのは体の連帯 マークは男にしろ女にしろ肌の連帯がない 相手がああ...
63. 映画『ソーシャル・ネットワーク』を観て〜アカデミー賞受賞作品  [ kintyre's Diary 新館 ]   2011年06月11日 11:10
11-10.ソーシャル・ネットワーク■原題:The Social Network■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:120分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月1日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,000円スタッフ・キャスト(役名)□監督:デヴィッド・フィン
64. 映画・ソーシャル・ネットワーク  [ 読書と映画とガーデニング ]   2016年05月05日 14:52
原題 THE SOCIAL NETWORK2010年 アメリカ 世界最大のSNS「Facebook」誕生の生みの親、マーク・ザッカーバーグの伝記物語 名門ハーバード大学の学生マーク(ジェシー・アイゼンバーグ)はガールフレンドに振られた腹いせに女子の品定めサークルを立ち上げます...

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2011年01月15日 15:38
限りなくノンフィクションに近い作品なのでしょうね。
会話劇からなる今作がとてもリアルに見えました。
これもフィンチャー監督のなせる業かもしれません。

冒頭から一気に惹き付けられ、あっという間にラストを迎えていました。
2. Posted by にゃむばなな   2011年01月15日 16:15
BROOKさんへ

存命する人の7年前の話ですからね。どこまでがリアルな話かは分かりませんが、でも仰るとおり限りなくリアルなんでしょう。
でもそれを一本の映画として見せきった監督の素晴らしさ。
オスカーはもう決まりでしょう。
3. Posted by えふ   2011年01月15日 17:06
冒頭のエリカとの会話で、
マークがどういう人物か解るのは秀逸でしたよね。
この冒頭のシーンで一気に惹き付けられてしまいました。
4. Posted by 悠雅   2011年01月15日 17:08
何か1つに傑出している人というのは、得てして一般大衆には馴染めないのだけれど、
いい方向に浮世離れしてると微笑ましいところ、
人の気持ちを斟酌しないとなると、嫌われても仕方ない。
そんな彼だからこそ、普通の感覚を持った人が傍にいてやってほしいと願うのだけれど
それがそう簡単にはいかないのもわかってることで…
最終的には、彼に向かって「まず、ちゃんと食べて、しっかり寝なさい」と
母目線で語りかけてしまったワタクシでした。
5. Posted by にゃむばなな   2011年01月15日 17:57
えふさんへ

あのOPは秀逸すぎますよね。
マークの人物像をあんな短時間で描ききった監督の力量が凝縮されてましたよ。
6. Posted by にゃむばなな   2011年01月15日 17:59
悠雅さんへ

マークに彼のことを親身になって心配してくれる人がエドゥアルド以外にも一人だけでもいれば、もっと状況は変わっていたのかも知れませんね。
母目線で語る悠雅さんのような存在はやっぱり必要ですね。
7. Posted by rose_chocolat   2011年01月15日 18:12
>facebook以外のことに関しては全くと言っていいほど何も考えていない、その「人としての無能」ぶり

思うに、IT関係ってこのような方は
少なからず存在しているように感じます。
専門分野だけに興味があって、対人関係に希薄と言うか。
ムキになったり、子どもっぽいところとかも、マークにもあったような。

私はほんと、ふつーでいいです(笑)
8. Posted by ノルウェーまだ〜む   2011年01月15日 18:48
にゃむばななさん、こんにちは☆
もしやにゃむばななさんって、マーク?
きっと天才ゆえのご苦労もあったのでしょうね。
冒頭のシーンは本当に素晴らしいです。二人の演技に拍手!
99テイク撮ったというだけのことはありますね。
「人としての無能ぶり」がこの映画のテーマなのでしょう。
ラストで女性弁護士の卵さんからのアドバイスで初めて人間を取り戻したところは、感動でした。
きっとそれまでマークが誰からも注意してもらえなかった・・・というより、させなかったのが、初めて本当に大事な事を教えてもらえた瞬間だったのでしょうね。
9. Posted by えめきん   2011年01月15日 19:19
こんばんは。

ただのサクセスストーリーでなく、親友との友情と絆の物語だったことがとても良かったです。マークとエドゥアルドの友情が少しずつ崩れていく姿には涙がこぼれました。

フェイスブックで世界を繋げた男の孤独という皮肉が、物語をより悲しく深いものにしていましたね。
10. Posted by にゃむばなな   2011年01月15日 20:04
rose_chocolatさんへ

堀江貴文さんなどを見ていると、そういう風に思いますよね。
まぁITのみならず難しい分野のエキスパートはそういう性格の人が多いのでしょうね。
11. Posted by SOAR   2011年01月15日 20:05
女性弁護士に指摘された2点、それまでうつろだった彼の表情が一瞬変わるんですよね。
我に返った彼がすがるように見た画面。ここはほんとに印象的でした。
12. Posted by にゃむばなな   2011年01月15日 20:08
ノルウェーまだ~むさんへ

まぁ私も学生時代はどちらかと有能組でしたので、結構マークの気持ちって理解できちゃいました。
でも私には注意してくれる人間も、私なぞ足元にも及ばないほど賢い人間がたくさんいたので、マークみたいにはならなかったのが改めて幸せだったと思いましたよ。
13. Posted by にゃむばなな   2011年01月15日 20:10
えめきんさんへ

事実は小説より奇なりとはよく言いますが、世界をfacebookで繋げた人間がリアルな友情を失ったという皮肉が本当によく効いてましたよね。
これぞ現代の青春映画なのかもですね。
14. Posted by にゃむばなな   2011年01月15日 20:15
SOARさんへ

マークを天才プログラマーとしてではなく、一人の依頼人として見ていたからこそ、あの女性弁護士はああいう指摘をしてくれたんでしょうね。
天才という生き物はやはり狭い世界にいるもの。その狭い世界でも孤独を味わうもの。
何とも悲しいことなんでしょうか・・・。
15. Posted by mig   2011年01月15日 22:19
こんばんは。
うまくFacebookというネタを料理していましたよね。
ハデな演出もなく、トークが面白くて惹き込まれた二時間でした〜

試写だったのでまたちゃんと劇場で観たいな☆
16. Posted by KLY   2011年01月15日 22:51
人として無能、確かにそうかも。でもだからこそ補佐役が必要なんでしょうねぇ。ショーンは天才の気持ちが理解できる、ある意味彼もまた天才。でも天才2人揃えちゃだめなんですよね。つまり「人として無能」なのが2人になるだけだから。
しかし余計な部分を一切省いた論理構築とはいえ、アイディアをパクっておきながら、君らの考えていたものとFacebookを一緒にするなってのは凄いですよ。アメリカ人とかそこまで言っちゃう?みたいな。日本人ってそう思っててもそこまでは言えないです。^^;
17. Posted by mori2   2011年01月15日 23:19
なるほど〜、『人として無能』だったからこそ、あんなトンでもない思考と、結果が生まれたのかも知れませんね。
“天才”とか“億万長者”ってのは、やはり“普通の人”では、なかなかなれるもんじゃないんでしょうな。うん、特に吾輩なんか縁がないわ(^^;。
18. Posted by dai   2011年01月16日 11:25
こんにちは。

マークにしてみたら周りは”有能”程度なんでしょうね。まあ演出もあるでしょうが、それが顕著に描かれており、facebookというものの創造を巧く描いていたと思います。
19. Posted by にゃむばなな   2011年01月16日 14:42
migさんへ

facebookについてあれこれ映画で語るのではなく、巧く彼らの成功欲と友情を中心にした作品に仕上がってましたよね。
20. Posted by にゃむばなな   2011年01月16日 14:50
KLYさんへ

そう、ずば抜けた天才が2人集まるということは同じタイプの人間が2人集まるということ。
同じタイプばかりの集団ほど脆弱な集団はありませんからね。
そういう意味でもマークとショーンだけではダメ、補佐役が必要ってことなんですよね。
21. Posted by にゃむばなな   2011年01月16日 14:52
mori2さんへ

人間の能力って「人として」や「才能」など様々な分野を総合すると誰も同じ力量になると思うのです。
でも人によってバランスが違う訳で、「才能」分野に特化した者は「人として」の分野で劣る。マークやショーンはそういうタイプだったんでしょうね。
22. Posted by たいむ   2011年01月16日 14:55
天才を理解できなくても、分析できるのは凡人だけかもしれませんねー。真偽はともかく。
凡人には凡人の役目がちゃんとある気がしてきましたよ(^^;
23. Posted by にゃむばなな   2011年01月16日 14:55
daiさんへ

どんな世界でもそうですが、トップクラスにいてもその中ではさらに上位にいるヤツが必ずいて、そんな彼らを人は天才と呼ぶんでしょうね。
雲上人だからと言って自分には関係ないと見てしまってはいけない。監督のそんなメッセージも感じる映画でしたよ。
24. Posted by にゃむばなな   2011年01月16日 14:59
たいむさんへ

確かに天才を理解するのは難しいですが、分析するのは誰にでもできることなんですよね。
天才であろうと凡人であろうと、誰もが役目を持っている。
天才だけに頼るのもダメ、凡人を無碍にするのもダメってことですね。
25. Posted by PGM21   2011年01月16日 16:18
何時もお世話になっております。

なんかその言葉を読むと私は時々文章下手というコメントを頂くのでそういう人は文章が上手のでしょうねと切り返すんですよね。
でもそういう下手な人が新聞記事に掲載されたりネットで取り上げられる事が現実にあるのですから、下手だから読まれない事はないというだけで上手いから読まれるものでもないという認識ではいます。
要する日読む人に理解力次第という事になるでしょうね。
天才ってねアインシュタインなどもそうですが簡単には理解できない人が多いものです。だからと言って全てに優れている訳じゃない。
マーク・ザッカーバーグ氏は人づきあいが得意じゃないだけでそこに彼を確り理解する人が現れてこそ彼の力が発揮されるという事です。
そういうコンテンツを使っているのが私たちなのですからね・・・
26. Posted by にゃむばなな   2011年01月16日 17:44
PGM21さんへ

そうなんですよね。ブログでもそうですが、映画に詳しい人のブログよりもミーハーな記事を書く人のブログの方がヒット数やコメント数が多いのと同じ。
いくら天才がそこに存在していても、それを理解できる人は少ないもの。
要は天才と凡才の間を繋ぐ人がいないと、天才はその存在感を正当に発揮できないんでしょうね。
27. Posted by オリーブリー   2011年01月16日 19:27
こんばんは。

>人として無能

ネットのコミュニケーションは不可欠な時代だし、自分らしく生きるのが一番ですが、生身で人と付き合う中で新たな自分を発見することが多々あるのですものね。
人としてどうありたいか考えました。
28. Posted by にゃむばなな   2011年01月16日 20:04
オリーブリーさんへ

いくらネット社会が発達したとしても生身の人間関係というのは絶対になくならないもの。
それを改めて考えるにはいい映画だったのかも知れませんね。
29. Posted by えい   2011年01月16日 23:41
あのオープニングには驚きました。
このシーンで、
主人公の性格を早くも見せきっている。
会話会話会話。
それがあの無言のラストへとつながる構成も憎いです。
30. Posted by にゃむばなな   2011年01月17日 16:39
えいさんへ

そうそう、会話だらけのOPと無言のEDという対比も見事でしたよね。
デヴィッド・フィンチャー監督の力量が凝縮されていたシーンだと思いましたよ。
31. Posted by とらねこ   2011年01月17日 20:47
にゃむばななさん、こんばんは。
本当あのオープニングは素晴らしかったですね。
あの話の飛びっぷり、自分も正直時々やってしまいます(もちろん天才だからではなく、相手の気持ちを考えないだけ)
天才の才能のきらめきの眩しさと、孤独とを同時に描いたところが素晴らしかったですよね。
32. Posted by ノラネコ   2011年01月17日 21:07
フィンチャーがどんな風にネット世界の天才を描くのか、興味津々でしたが、王道の人間ドラマでした。
まあ正直なところ、マークの友達にはなりたくないし、天才じゃなくてよかった・・・と思ってしまいました。
たぶん、その時点で凡人確定なんでしょうね(笑
33. Posted by にゃむばなな   2011年01月17日 21:26
とらねこさんへ

マークの人柄だけでなく、その天才ぶりも会話劇だけで見せてしまうあのOPの素晴らしさ。
この映画の全てがあのOPに詰まっているような気がしましたよ。
34. Posted by にゃむばなな   2011年01月17日 21:29
ノラネコさんへ

マークのような人間は扱い方によっては凄くいい友人に化ける可能性も大きいと思いますよ。
要は相手が天才だからと言って特別視して彼の話を理解しようとしない行動だけを慎めばいいだけなんですよね。
でもそれは同時にあの言い草にある程度耐えないといけない訳でもあって・・・。
まぁ一筋縄にはいかないことだけは間違いないでしょうね。
35. Posted by かのん   2011年01月17日 23:19
同じ天才でも芸術系と理系ではだいぶ種類が違うのかもしれませんね。良くも悪くも変人や唯我独尊タイプは多かったですけど「人として無能」というほどの人はいなかったです。イメージとしては例えば『ハチミツとクローバー』のはぐちゃんや森田くんです(笑)。
36. Posted by くろねこ   2011年01月18日 01:21
彼って「裏切った」自覚もなかったように感じましたわ。
発端も「エリカを知りたい」って気持ちだったんだと思うけど、
ソレさえわからなかったのかも。
要は夢中になると何も見えなくなるんでしょうねー。
その力は才能と同時に悲劇なのかもですねー。
37. Posted by にゃむばなな   2011年01月18日 16:39
かのんさんへ

そうですね。理数系の天才は芸術系とはまた違いますもんね。
やはり芸術は人間が母体になることが多いですから、その辺りで違いが出てくるのかも知れませんね。
38. Posted by にゃむばなな   2011年01月18日 16:41
くろねこさんへ

マークは自分が思うがままに進んでいただけなんでしょうね。
だから「裏切った」という自覚がない。結果として親友を「裏切っていた」だけ。
本当にそれだけなんでしょうね。
39. Posted by mezzotint   2011年01月18日 23:38
にゃむばななさん
遅まきながら、今年も宜しくお願い致します。おっしゃるようにホリエモンを思いだしました。私の知り合いにもエリート公務員の人がいますが、、、。完全に人を見下すような卑劣な奴で。本作を観ながら、その人のことを思いだしました。
40. Posted by にゃむばなな   2011年01月19日 16:46
mezzotintさんへ

こちらこそ今年もよろしくお願いします。
さてこの映画で描かれるマークという天才は決して卑劣ではないと私は思うんですよね。
結果として人を見下してますが、それは自分がエリートだからという理由ではなく、一点において天才だからという理由だけのような気がしましたよ。
41. Posted by kajio   2011年01月20日 10:25
“ザ”はとれ、シンプルに…
42. Posted by にゃむばなな   2011年01月20日 10:34
kajioさんへ

では「ざ・ぼんち」も「ざ」を取ってしまいましょう。
そうすれば「ぼんち揚げ」からCMオファーが来るかも。
ショーン、ナイスアドバイス!←なんでやねん!
43. Posted by みすず   2011年01月20日 22:13
こんばんはー^^

面白かったけど、マークとショーンはお近づきになりたいくないタイプでした。
偉業を成したけど、孤独なのが切ないですねー^^;
44. Posted by にいな   2011年01月20日 23:29
作品内容にはかなり引き込まれました。マークは常にイケてるとか、クールとかそれを目指してたような。だから最初は頑なに広告を入れるのを拒否したり。損得勘定ナシで自分の思うとおりに突き進むのはやっぱり天才だからでしょうか?私なら絶対取らぬ狸の皮算用しますから。
45. Posted by にゃむばなな   2011年01月21日 16:44
みすずさんへ

あら、そうですか?
ショーンはともかく、マークのような天才に関しては彼の考え方を理解するように動けば、害はないと思いますけどね。
まぁいくら天才でも所詮は人間ですから。
46. Posted by にゃむばなな   2011年01月21日 16:49
にいなさんへ

確かに天才であればあるほど純粋ですもんね。
我々のように皮算用しちゃう人間はマークのようにクールには生きれないのかもです。
47. Posted by FREE TIME   2011年01月22日 21:12
こんばんは。
マークは確かにプログラム技術に関しては天才的な能力を持っていましたが、人としては未熟でしたね。
人付き合いが下手なばかりに、敵を作り、恋人や友人を失ってしまったのだから、おっしゃる通り「天才は孤独」なのかもしれません。
48. Posted by YUKKO   2011年01月22日 22:01
TOHOシネマズ無料パスがあるため、今日2回目の鑑賞をしました。最初見たときはマークととてもお付き合いしたいとは思えなかったのです。ところが今日はマークがいとおしくなりました。最後肩を抱き締めながら、大丈夫よって言いたくなりました。天才は孤独なんです。マークより、かなりお姉さんだから、慰めたいって思ったけど、迷惑ですね。
49. Posted by にゃむばなな   2011年01月22日 22:14
FREE TIMEさんへ

天才は孤独だからこそ、周囲が理解しようと動かなければならないのに動けていない現実。
天才を別人種として見ている限り、彼らに人並みの生活は来ないのでしょうね。
50. Posted by にゃむばなな   2011年01月22日 22:17
YUKKOさんへ

天才であっても所詮は我々と同じ人間。どこかに長けているところがあれば、どこかで劣っているところもある。
それを受け入れてあげることが優しさですよね。
51. Posted by ジョニーA   2011年01月23日 01:49
ショーンの胡散臭さが鼻につきました。
いるんだろな〜、ああいう口から出まかせ
で人をその気にさせる達人が。
エリカは気がキツそうな美人でしたね。
エリカ様って名前にはそういう人が多い
のかしらん?

あれー?全然本編と違うところでしか楽し
めてないやーん!w
52. Posted by にゃむばなな   2011年01月23日 13:52
ジョニーAさんへ

ほんと、古今東西「エリカ様」はそういう人が多いのかも知れませんね。
これからの人生で出会う「エリカ様」にも気をつけねば。
53. Posted by アイマック   2011年01月24日 22:23
こんばんは!
そうそうウィンクルボス兄弟やエドゥアルドも天才と呼ばれてもいいのに、マークはその上をいってますよね。ウィンクルボス兄弟はオリンピックでも入賞って驚きでした。^^;
レベルの高い人たちのお話で、上には上がいるもんです。
54. Posted by にゃむばなな   2011年01月25日 17:39
アイマックさんへ

ほんと、富士山の上にはエベレストがあるように、上には上がいるんですよね。
マークがいかに凄い天才なのかがよく分かる映画でもありましたね。
55. Posted by vic   2011年01月26日 08:42
天才的な人は、くだらない日常会話なんて交わす意味が分からないのだろうな〜と思いました。
ちょっと愚痴言うと、もう、どうすれば解決するか、答がはじき出されているわけだから。
でも、凡人の相手は、答が欲しい訳じゃなくて、ただ、聞いて欲しいだけなんですよね。
それが天才には理解できないんだろうな〜。

天才ゆえの孤独、今まであまり考えたことありませんでした。
56. Posted by にゃむばなな   2011年01月26日 17:09
vicさんへ

まぁ一般に普通の人が話すくだらない話の中にも有用な情報はたくさんあるものですが、同時にくだらない内容しか話さない人もいるのも確かなんですよね。
特に「聞いて欲しいだけ」というのはちょっとそういう意味で危険かも。
あくまでも助言ほしさに「聞いてほしい」ということを明言してからの方が、こういう天才さんを巧く活用する術だと思いますよ。
この映画にはそういう人は出てきませんでしたけど。
57. Posted by ちゃぴちゃぴ   2011年01月27日 01:03
あのオープニングは、うまいですね。
感情の昇華のしかたが、違う人なんでしょうねぇ。
エンディングも、うまいですね。
話的には、割と実のところドラマティックでないし、マークのキャラは感情が読みにくいですが、テンポがよかったのかな、ひきこまれて一気に観た感じがします。
58. Posted by にゃむばなな   2011年01月27日 16:51
ちゃぴちゃぴさんへ

この映画はマークの天才ぶりよ人柄を同時に、かつ短時間で見せ切ってますよね。
その辺りがアカデミーでもどう評価されるのか。非常に楽しみです。
59. Posted by 三日月   2011年02月01日 01:08
にゃむばななさん

こんばんは♪

人間関係におけるスキルの低さをこれでもかと描くことで、マークという天才の孤独を際立たせていましたね。
ヒリヒリするような怒りと憧れにシビレましたよ。
60. Posted by にゃむばなな   2011年02月01日 17:06
三日月さんへ

天才をそのまま描くのではなく、人としての無能さを描くことでその天才ぶりを描く。
デビッド・フィンチャー監督はこういう演出って本当に巧いですよね。
61. Posted by latifa   2011年02月06日 14:12
にゃむばななさん、こんにちは!
>結構周囲から理解してもらえない部類の人間です。
そうなんですか?
にゃむばななさんって、ハッキリ自分の思った事を発言するという芯のある方で、意志の強さを感じる反面、もの言いがとても柔らかで、そのバランスがとても良いと私は思っていましたよ^^

私の回りにも、マークとか、周囲から浮いてしまう系の人がなぜか多いです^^
私はオバカなので、そういう人たちとは逆のタイプなのが幸いしてか、結構仲良く出来る様です(^^ゞ
62. Posted by にゃむばなな   2011年02月06日 15:29
latifaさんへ

文章で伝えるのと、発する言葉で伝えるのとではやっぱり違ってしまうみたいなんです。
まぁいつも記事を書くときは分かりやすくと心掛けていますが、しゃべる時にはそこまで心掛けていないというのもあるのですが。

でもしゃべる時にこそ、そういう心掛けをするように最近は心掛けてます。
心掛けを心掛けるってちょっとおかしなことですけどね。
63. Posted by シムウナ   2011年02月12日 17:42
TB有難うございました。
映画冒頭5分の会話シーンに引き込まれました。
あまり好きになれないなぁ〜友達としては
どうかなぁ〜と最初の印象でしたが、
フェイスブックに登録された元彼女にメールを
送った後の行動を見ていると…
最初の印象と大きく変わりました。
孤高の天才ですね。
64. Posted by にゃむばなな   2011年02月12日 20:10
シムウナさんへ

彼女に対する思いがこういう形になったというのは皮肉というか何というか。
天才と呼ばれる人たちの孤独と苦悩はいつの時代も周囲には理解してもらえないものなんですね。
65. Posted by miyu   2011年02月27日 18:17
人の気持ちが分からないようで、
あれほどまでに人の気持ちを逆なでするような
ことを平然とやってのけてしまうマークは
案外、人の気持ちがよく分かってるのかも
しれませんねぇ〜(-ω- )o< フムフム
66. Posted by にゃむばなな   2011年02月27日 20:19
miyuさんへ

マークは真の天才ですから、廻り回ってそうだったのかも知れませんね。
本当に天才と呼ばれる人たちの頭の回転速度は凄いですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載