2011年02月05日

『ザ・タウン』

ザ・タウン荒削りだけど、面白い。
かつて離婚したら自身の財産の半分を渡すという婚前契約をジェニファー・ロペスと交わした男と同一人物とは思えないほど、ベン・アフレックが渋く格好いい映画でした。
これはボストン出身のベン・アフレックが一人の男として自分の人生の一区切り付けるために作った骨太な男のドラマであり、クライム映画の秀作だと思います。

全米屈指の銀行強盗多発地域でもあるボストンのチャールズタウンでのダグたちによる銀行強盗シーンから始まるこの映画。
まず手ブレカメラによる映像もなければ、スピード感を重視した映像もない、事前に綿密な計画を立てるシーンを描いていないのに、この銀行強盗シーンが妙に面白いんですよね。

多分それは綿密に描けばいくらでも描けるところを、荒削りでも男らしく描きたいところだけを描き無駄なシーンを省いた結果だと思うのですが、それがベン・アフレックが好きな映画でもある『ヒート』と同様に骨太な男のドラマとしての面白さとして巧く醸し出しているんです。

ただ荒削りな分、襲った銀行の支店長でもあったクレアとダグが恋に落ちていく様子やジェムの妹でヤク漬けのクリスタがフローリー捜査官に身売りをするくだりはもう少し緻密な描き方をと望んでしまいましたが、それでも狂った役で再びオスカー候補になったジェレミー・レナー演じるジェムの存在感のおかげか、それともシスターに扮装した姿でのカーチェイスシーンの面白さのおかげか、この映画に飽きることは一切ありませんでした。

それどころかダグが最後と決めた現金輸送車襲撃での銃撃戦の面白さと、そこで見せるジェムの最後に落ちていたジュースを一口飲む姿に男の骨太さを感じる一方で、先日お亡くなりになられたピート・ポスルスウェイト演じる黒幕ファーギーを暗殺しにいくシーンにはこれから逃亡する男というよりも、親友の死を悲しみつつも心のどこかで人生に一区切りつけ、やり直せるチャンスを得た男の覚悟を感じましたよ。

ですからクレアに会いたい気持ちを抑え、でも愛するチャールズタウンとこれからも想い続けるクレアのために現金とフロリダを意味するオレンジを残すダグの男としての哀愁にちょっと心が痺れましたよ。

かつてこの映画と同じくボストンを舞台にした『グッド・ウィル・ハンティング~旅立ち~』で親友マット・デイモンとオスカーを受賞したベン・アフレックも、これまでグウィネス・パルトロウと恋仲になったり、ジェニファー・ロペスに振り回されたりしながら、ようやくジェニファー・ガーナーとの結婚により一人の男として立ち直った人生を歩んできた男。
それを思うとこの映画は恐らく彼にとって「一人の男として自分の人生に一区切りつける」を「故郷ボストンを出る」に置き換えた、男としての哀愁と覚悟を込めた作品なのでしょう。

ベン・アフレックが今後ますます男として格好良くなっていく姿にも注目したいと思います。

深夜らじお@の映画館はベン・アフレックに代わり、この映画をジェニファー・ロペスに見せ付けてやりたいです。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

この記事へのトラックバック

1. ザ・タウン  [ あーうぃ だにぇっと ]   2011年02月05日 15:22
1月24日(月)@新宿明治安田生命ホール。 大活躍(笑)の1日の締めくくりは “ザ・タウン”。 開場時間過ぎに会場到着。 まだ会場のシャッターが下りていた。 到着と同時にシャッターが上がり、しばらくして入場が始まる。 が、ホール内には入れず、ロビーに並...
2. ザ・タウン/ THE TOWN  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2011年02月05日 18:54
ランキングクリックしてね ←please click ベン・アフレック監督第二作目。東京国際映画祭クロージング作品。 ロンドンで、まだ〜むと「
3. 「ザ タウン」逃れられない宿命  [ ノルウェー暮らし・イン・London ]   2011年02月05日 19:08
秋にロンドンで公開されていた映画。 途中まで見ていたので、続きを見たかった??と思っていたら、運よく機内映画で見ることが出来た。 冒頭から見せる迫力の銀行強盗シーン。 ジョン・デリンジャーの強盗と違って、それは確かにトラウマとして残る恐怖体験なのだけど・...
4. ザ・タウン  [ 悠雅的生活 ]   2011年02月05日 19:20
人質。ダイヤのネックレス。お天気のいい日。
5. 映画:ザ・タウン The Town 意外にクラシカルな仕上がりにニンマリ。  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2011年02月05日 20:35
ベン・アフレックの監督第2作。 橋一つを隔てただけで、生活レベルが全く違う環境のもと、犯罪発生率が高い都市、ボストン・チャールズタウンが舞台。 チャールズタウンからアップタウンに銀行強盗を行う犯罪団のリーダーをアフレックが演じる。 彼に、強烈な個性がたく...
6. 『ザ・タウン』・・・きょうは晴れた日だから  [ SOARのパストラーレ♪ ]   2011年02月05日 20:58
クライムアクションとしての見応え、そしてこの手のジャンルらしからぬ温かな余韻を残すラスト。どちらも私の好みにピタリとはまった。 銀行や現金輸送車を襲った犯人たちが繰り広げるド派手な銃撃戦やらカーチェイスをこれでもかと見せておいて、最後は観客の想像に委ね...
7. ザ・タウン  [ ハリウッド映画 LOVE ]   2011年02月05日 21:01
JUGEMテーマ:映画館でみました!
8. ザ・タウン  [ 映画と旅行、にゃんぱらりんな日々 ]   2011年02月05日 22:18
冒頭からの銀行強盗シーン。犯罪ドラマかと思いきや、この街とここで生きるひとりの男の生き様、再生への険しい道を描いた見ごたえある作品だった。さまざまな武器を使っての強盗シーンや、警官との派手な銃撃戦、そして狭い路地を猛スピードで駆け抜けるカーチェイス。...
9. 『ザ・タウン』(ベン・アフレック監督・主演)  [ ラムの大通り ]   2011年02月05日 23:17
(原題:The Town) 「う〜む。 噂には聞いていたけど、ここまでオモシロい映画とは…」 ----えっ、珍しいニャ。 “オモシロい”という言葉を使うのって…。 「うん。とにかくよくできているんだ。 お話としては、犯罪の温床のような“町”に生まれ育った男が、 ある女...
10. ザ・タウン  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2011年02月06日 00:35
『ゴーン・ベイビー・ゴーン』で監督として高い評価を受けたベン・アフレックの送る第2作。強盗団のリーダーと人質となった女性の恋愛模様や、仲間との絆を描いたクライムアクションだ。主演は監督のベン・アフレック。共演に『それでも恋するバルセロナ』のレベッカ・ホ...
11. ザ・タウン  [ Memoirs_of_dai ]   2011年02月06日 10:18
監督は永久に不滅です 【Story】 綿密な計画を立て、ある銀行を襲撃したプロの銀行強盗一味のリーダー、ダグ(ベン・アフレック)は、思わぬ事態から支店長のクレア(レベッカ・ホール)を人質に。そ...
12. 劇場鑑賞「ザ・タウン」  [ 日々“是”精進! ]   2011年02月06日 15:15
「ザ・タウン」を鑑賞してきましたチャック・ホーガンのハメット賞受賞のミステリー『強盗こそ、われらが宿命』を、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に続いてこれが監督2作目となるベ...
13. ザ・タウン  [ 心のままに映画の風景 ]   2011年02月06日 19:08
全米屈指の強盗多発地区、ボストンのチャールズタウン。 完璧に仕事をやり遂げてきたプロの強盗一味は、ある銀行を襲った時に、支店長のクレア(レベッカ・ホール)を人質にする。 クレアは無事解放され...
14. ザ・タウン  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2011年02月06日 22:02
【THE TOWN】 2011/02/05公開 アメリカ PG12 125分監督:ベン・アフレック出演:ベン・アフレック、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー・レナー、タイタス ...
15. ザ・タウン  [ 晴れたらいいね〜 ]   2011年02月07日 00:32
2月上旬上映開始もんでは、これがいっちゃん観たかった!隙あらば、ベン・アフレックは顔が嫌いだの、しゃべり方が嫌だとか、散々ほざいてしまってますが、初監督作「ゴーン・ベイ ...
16. ザ・タウン  [ Akira's VOICE ]   2011年02月07日 16:27
犯罪を甘く描いたらダメだ!   
17. ザ・タウン  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2011年02月07日 17:34
アイルランド系移民で強盗という稼業から抜け出そうとする主人公の葛藤を、激しいアクションとリアルな脚本やロケで見せる濃い内容の作品になった。すべてを捨てないと街を出ることができない現実を証明している。こういう実在する土地で現代を舞台にして映画が作れてしまう
18. 『ザ・タウン』(2010)/アメリカ  [ NiceOne!! ]   2011年02月07日 20:45
原題:THETOWN監督・出演: ベン・アフレック出演:ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ブレイク・ライブリー、ジェレミー・レナー公式サイトはこちら。東京国際映画祭クロージング作...
19. ザ・タウン  [ 象のロケット ]   2011年02月08日 02:36
ボストンの一角、チャールズタウンは“タウン”と呼ばれ、アメリカで強盗犯罪が一番多い街。 銀行強盗グループのリーダー、ダグは、銀行襲撃の際に人質に取った女性支店長クレアが、どこまで自分たちのことを記憶しているか探るため、事件後さりげなくクレアに近づく。 ...
20. 映画 「ザ・タウン」の感想です。  [ MOVIE レビュー ]   2011年02月08日 15:37
映画「ザ・タウン」を観てきました。ベン・アフレックが主演・脚本・監督の一人3役を務めています。ベン・アフレックの脚本と言えば、過去に、まだハーバード大学に在学中だった幼なじみで親友のマット・デイモンと共同執筆した「グッド・ウィル・ハンティング(1997...
21. ザ・タウン  [ 5125年映画の旅 ]   2011年02月08日 18:21
全米一銀行強盗が多発する、ボストンのチャールスタウン。ここで生まれ育ったダグもまた、仲間と共に強盗を生業としていた。ダグは地元で暮らすクレアと恋に落ちる。しかしクレア ...
22. 『ザ・タウン』 | 大傑作です。  [ 23:30の雑記帳 ]   2011年02月08日 21:24
アメリカでは 「数十年に一本のクライム・ドラマの傑作」 とまで評価する向きもあるようですね。 全面的に同意します。 クライム・ドラマって、見終わった後は どんなに面白 ...
23. 映画「ザ・タウン」感想  [ タナウツネット雑記ブログ ]   2011年02月08日 23:43
映画「ザ・タウン」観に行ってきました。 年間300件以上もの銀行強盗事件が発生するマサチューセッツ州ボストンのチャールズタウン(略称「タウン」)を舞台に繰り広げられるクライム・アクションドラマ。 作中では暴力が振るわれたり銃撃で頭を貫かれたりする描写や...
24. 厄介な絆の形。『ザ・タウン』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2011年02月09日 12:55
強盗団の一員として現金強奪を繰り返して生き抜いている犯罪の町に生まれ育った宿命を背負った男の物語です。
25. ザ・タウン・・・・・評価額1650円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2011年02月10日 22:17
ベン・アフレック監督・主演によるクライム・サスペンス。 全米一の犯罪多発地帯、強盗こそが住人の“ビジネス”となっている街、それが「ザ・タウン」だ。 生まれ育った街の呪縛から逃れ、新しい人生を歩みだ...
26. その街の男〜『ザ・タウン』  [ 真紅のthinkingdays ]   2011年02月11日 10:14
 THE TOWN  ボストンのチャールズタウン。犯罪の多発するこの街で生まれ育ち、幼馴染と 銀行強盗を繰り返すダグ(ベン・アフレック)。彼は人質として拉致した銀行の支 店長クレア(レベッカ・...
27. ザ・タウン  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2011年02月12日 16:06
監督第1作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」が好評を博した俳優ベン・アフレック(「消されたヘッドライン」)が主演も兼ねた監督第2作。ボストン北東部の犯罪多発地帯を舞台に、犯罪 ...
28. ザ・タウン  [ 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing ]   2011年02月13日 14:46
 アメリカ  犯罪&ドラマ&アクション  監督:ベン・アフレック  出演:ベン・アフレック      ジョン・ハム       レベッカ・ホール       ピート・ポスルスウェイ ...
29. ザ・タウン 地元のしがらみが今は懐かしい  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2011年02月14日 16:19
【=11 -3-】 この三連休は仕事だった、だから今日も仕事の隙間に映画に行ってみた。 仕事になって、波乗り行かずに大阪に居たら、映画を観て、トレーニングもみっちり時間をかけて出来て、買い物とかの野暮用も消化でき、そして仕事も出来て、久しぶりの友人にも会えた...
30. ザ・タウン  [ みすずりんりん放送局 ]   2011年02月18日 09:54
 『ザ・タウン』を観た。  【ストーリー】  広大なアメリカのどこよりも、銀行強盗が多発している小さな街がある。  ボストンの北東部に位置するチャールズ・タウン。  そこに暮らす者たちは、愛情...
31. 『ザ・タウン』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2011年02月18日 12:15
  □作品オフィシャルサイト 「ザ・タウン」□監督・脚本 ベン・アフレック □脚本 ピーター・クレイグ、アーロン・ストッカード□原作 チャック・ホーガン □キャスト ベン・アフレック、レベッカ・ホール、ジョン・ハム、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー・レナ
32. [遅ればせながら、映画『ザ・タウン』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2011年03月04日 07:06
☆すまんね、今、風邪か花粉症かわからない状態で、体調が悪い。  本日は2本観る予定だったが、この『ザ・タウン』を観て、いったん外に出たら、もの凄い寒気に襲われ、帰宅を決めた。  だから、短信です。  でも、映画を観る前も体調は万全じゃなかったが、映画を観..
33. ザ・タウン  [ メルブロ ]   2011年03月06日 17:26
ザ・タウン(原題:THE TOWN) 348本目 2011-08 上映時間 2時間5分 監督 ベン・アフレック 出演 ベン・アフレック(ダグ) 、 ジョン・ハム(フローリー)      レベッカ・ホ ...
34. ザ・タウン  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2011年03月09日 18:41
 『ザ・タウン』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)この映画の前に見た『ジーン・ワルツ』は、出産を扱っていることから当然のことながら、女性中心の作品になっていましたが、本作品は強盗団一味を描く犯罪物ですから、登場する主な女性はたったの二人です。  いずれも...
35. 映画『ザ・タウン』を観て  [ kintyre's Diary 新館 ]   2011年05月05日 23:57
11-13.ザ・タウン■原題:The Town■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:125分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月13日、新宿ミラノ(歌舞伎町)■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名)□監督・脚本:ベン・アフレック□脚本:ピーター・クレイグ□撮影
36. ザ・タウン  [ 銀幕大帝α ]   2011年07月31日 21:50
THE TOWN/10年/米/125分/犯罪ドラマ・アクション/PG12/劇場公開 監督:ベン・アフレック 原作:チャック・ホーガン『強盗こそ、われらが宿命』 脚本:ベン・アフレック 出演:ベン・アフレック、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ピート・ポスルスウェイト ...
37. ザ・タウン  [ いやいやえん ]   2011年08月01日 09:17
ベン・アフレックってちょっと苦手。でも監督としての手腕はなかなか良いと思います。前作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」も素晴らしかった。 たくさんのしがらみと因縁が、ダグをこの土地に縛り付けている。銀行強盗のリーダー格でブレインであるダグが人質として関わった
38. ザ・タウン  [ RISING STEEL ]   2012年02月07日 19:41
ザ・タウン / THE TOWN 2010年 アメリカ映画  ワーナー・ブラザーズ製作 監督:ベン・アフレック 製作:グラハム・キング  バシル・イワニク 脚本:ベン・アフレック  ピーター・クレイグ ...

この記事へのコメント

1. Posted by ノルウェーまだ〜む   2011年02月05日 19:21
にゃむばななさん、こんにちは☆
確かに骨太な男のドラマでしたねぇ〜
こんなかっちょえー男のドラマは、骨太な分、ちょっと繊細さに欠けちゃうのかなぁ・・・
男のクライム映画としては、とにかく格好良かったです♪
2. Posted by 悠雅   2011年02月05日 19:33
ジェレミー・レナーは前作で見せた狂気がまたこちらでも垣間見えて、
何かに憑かれたような表情が巧い人なんだなぁと改めて感じました。

オレンジといい、「お天気のいい日」といい、巧い具合に作用する台詞や演出も好きでした。
ファーギー@ピート・ポスルスウェイト、これが最期の作品なんだろうけれど、映画の中では穏やかな最期じゃないよね…と思ったら…
映画ファンにとって、英国俳優ファンにとって、
印象深く見送る作品になりました。
3. Posted by えふ   2011年02月05日 21:01
ジェレミー・レナーが最後にジュースを飲み干すシーンがすごく印象に残りました!

これからのベンには期待大ですね。
4. Posted by SOAR   2011年02月05日 21:01
本作ではダグがまさに人生の区切りをひとつ付けるわけですが、あーなるほど!
ベン・アフレック本人がボストン出身なんですか!?
そう考えて見ると、これはなかなか意味深ですね。ダグの影にベンの決意が見えてくるようです。
5. Posted by にゃむばなな   2011年02月05日 21:02
ノルウェーまだ~むさんへ

骨太なドラマになると繊細さに欠けてしまうのはある意味仕方ないことなのかも知れませんね。
でもまぁ監督2作目としてはいい出来だったのではないでしょうか?
6. Posted by にゃむばなな   2011年02月05日 21:07
悠雅さんへ

ピート・ポスルスウェイトに関しては、彼の演技の幅を物語るという意味においてはあの役が最後でも良かったのかも知れませんね。
同じ役ばかりでは名優として語り継がれることもないでしょうし。
ですから映画ファンとしては、ジェレミー・レナーにもそろそろ別の役で評価されることを期待しちゃうんですよね。
7. Posted by にゃむばなな   2011年02月05日 21:17
えふさんへ

あのジェムが最後にジュースを飲むシーンは、彼の人間味を一瞬で表すシーンでしたよね。
あの演出には参りましたよ。
8. Posted by にゃむばなな   2011年02月05日 21:22
SOARさんへ

マット・デイモンとの共同脚本の『グッド・ウィル・ハンティング~旅立ち~』も故郷ボストンへの愛で作り上げたものでしたからね。
自分の故郷への愛も詰まっているからこそ、作品の質も上がってくるんでしょうね。
9. Posted by にいな   2011年02月05日 22:17
銀行強盗のあのチームワークのよさは、やはりあのタウンに育ち幼馴染だから、あれほど上手く成功してきたのでしょうね。だからこそ、あのタウンを出ることが難しく、殺しだけはやらなかったダグが結局それをやるしかタウンを出る方法がなかったことが犯罪から抜け出すことの困難さを表していました。

ピーター・ポスルイウェイトさんの極悪な花屋。最高にイカしてました。
10. Posted by にゃむばなな   2011年02月05日 22:29
にいなさんへ

古くからの付き合いだからこそのチームワークと、そこから抜け出ることの困難さ。
ピート・ポスルスウェイトがクリス・クーパーを従えるほどの黒幕というのも彼ならではの演技力で見せ付けてくれましたね。
ほんと、最高にイカしてましたよ。
11. Posted by えい   2011年02月05日 23:19
細かい伏線の回収、
そして大胆なカッティング。
緩急自在なこの映画にしびれました。
この監督、将来が楽しみです。
12. Posted by mig   2011年02月06日 00:10
こんばんは、
ベンは昔からファンなんですが
監督としてこんなに評価されるとは☆
1作目も好きですし。

ジェレミーレナーもワル、良かったですよね♥
13. Posted by KLY   2011年02月06日 00:39
私は作品自体はそう大したものではないと思っていますが、やっぱりダグ・ジェムそして敵役のフローリー、この3人の格好良さには痺れました。そもそものキャスティングの上手さはあると思いますけど。^^
14. Posted by dai   2011年02月06日 10:23
こんにちは。

ベンはこういう役が似合いますね。
ストーリー自体というよりは、
キャストの巧さが上手く絡み合って
いた作品だと思いました。

15. Posted by にゃむばなな   2011年02月06日 12:44
えいさんへ

演出が骨太な男らしさがありますよね。
これに繊細な演出が加われれば、鬼に金棒になるかもですね。
16. Posted by にゃむばなな   2011年02月06日 12:47
migさんへ

この映画でベン・アフレックのファンは確実に増えますよね。
今後ますますいい俳優兼監督になってほしいですね。
17. Posted by にゃむばなな   2011年02月06日 12:49
KLYさんへ

どうしてもダグとジェムが目立ちがちですが、フローリー捜査官も格好よかったですよね。
やっぱり骨太な男が集まると映画も渋くなりますよね。
18. Posted by にゃむばなな   2011年02月06日 12:50
daiさんへ

アメリカのあごが割れた男前さんにはこういうハードボイルドは似合いますよね。
改めてジェニファー・ロペスと別れてよかったですよ。
19. Posted by BROOK   2011年02月06日 15:24
前評判通り、非常に面白かったです。
まさに骨太なクライム映画に仕上がっていました。

会話からの伏線を上手くラストで回収し・・・
思わず唸ってしまいました。
20. Posted by にゃむばなな   2011年02月06日 15:38
BROOKさんへ

荒削りではあれど、骨太さがいいですよね。
オレンジとか晴れた日とかの伏線も巧かったですわ。
21. Posted by yukarin   2011年02月06日 22:27
こんばんは♪
こういう男のドラマは大好きなので楽しめました。
キャストがいいですね。
哀愁ただようベン・アフレックが素敵でしたわ。
22. Posted by オリーブリー   2011年02月06日 23:29
期待した程ではなかったけど、面白く観る事ができました。
シスターのマスクは良いなあ〜あれで強盗に入られたら、小バカにされてるみたい(苦笑)

役者さんたち皆さん良かったけど、ジェム兄妹をもう少し掘り下げても良かったかなと感じました。
23. Posted by ちゃぴちゃぴ   2011年02月07日 00:42
こんばんは〜♪
ベンアフさんが、こんなにカッコよく見えるとは…(笑)
強盗シーンが、実に面白かったですね。伏線のある会話も面白く、エンディングの静かな希望もいい感じ。
ロペスさんは、さげまんでしたね(爆)いつか、ジーリを観ようとは思ってますが…
24. Posted by にゃむばなな   2011年02月07日 17:06
yukarinさんへ

ほんと、男の骨太ドラマを十二分に活かす配役でしたね。
ベン・アフレックの次回作も楽しみです。
25. Posted by にゃむばなな   2011年02月07日 17:13
オリーブリーさんへ

何気に個人的にはOPのドクロマスクも中盤のシスターマスクもほしくなりましたよ。
でも別にあれを被って銀行強盗はしませんよ。

それと確かにジェム兄妹はもう少し掘り下げてもらってもよかったのかも知れませんね。
26. Posted by にゃむばなな   2011年02月07日 17:14
ちゃぴちゃぴさんへ

ほんま、ジェニロペはサゲマンでしたね。
というか、最近映画で彼女の姿を全く見なくなりましたね。
褐色の女神と言われていた頃が懐かしい。
27. Posted by えめきん   2011年02月08日 18:23
こんばんは。TB&コメントありがとうございました。

久しぶりに骨太のクライムサスペンスを見た気がします。主人公ダグを取り巻く様々な人間関係の全てに爆弾が内包されているという状況が、緊迫感を存分に出していました。

ベン・アフレックは近年渋みが増してきて実に格好良くなりましたね。そろそろ新たなジャック・ライアンシリーズを作ってもいいかも。
28. Posted by にゃむばなな   2011年02月08日 19:09
えめきんさんへ

ほんと、ベン・アフレックは渋みが増してきましたよね。
でも確かジャック・ライアンってまた俳優が代わるとか聞いたのですが、その辺りはどうなんでしょうね?
29. Posted by ノラネコ   2011年02月10日 22:20
うん、面白い映画でした。
こういうアウトロー物はハリウッドの伝統ですけど、最近では出色の出来だったのでは。
アフレックはボストンにこだわり続けてもらいたいなあ。
30. Posted by にゃむばなな   2011年02月11日 14:55
ノラネコさんへ

マーティン・スコセッシがNYへのこだわりを捨ててオスカーを受賞してしまいましたが、ベン・アフレックにはボストンにこだわり続けて、いつの日かオスカーを受賞してもらいたいですよ。
31. Posted by みすず   2011年02月18日 09:56
おはようございます〜^^

面白かったですね〜♪
ドキドキハラハラしながら観てました^^
わたしも飽きることなく観れましたわ。
ベン・アフレックがかっこよかった♪
次回作も期待して待ちたいです^^
32. Posted by にゃむばなな   2011年02月18日 20:37
みすずさんへ

ベン・アフレックがここまで格好よくなっているのを見ていると、本当に改めてジェニファー・ロペスと別れてよかったなと思いますよ。
やっぱり男は付き合っている女で大きく変わるものなんですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載