2011年10月01日

『とある飛空士への追憶』

とある飛行士への追憶とある名もなき飛空士さんへ。姫はあなたへの想いを忘れずに生きています。
待ちに待ったマッドハウスの新作は、今年一番のアニメ映画という評価も納得のシンプルで静かな秀作でした。たった3日間の姫と名もなき飛空士の12000kmの飛行。この先に叶わぬ恋を経て本当の自由を得た2人の笑顔が待っていたことに心に温かいものを感じましたよ。

マッドハウスといえば、シンプルな演出に人の複雑な想いなどを奥深さを込めて描くのが凄く巧いアニメーションスタジオ。それゆえに描かれる全てのシーンに、映画では時間を掛けて描かれない主人公たちの想いが散りばめられているんですよね。

例えば幼少期だけでなく飛空士になってからもその身分を理由にイジメに遭いながらも抵抗せずに、ただ空を見上げるシャルル。そこには誰かに勝ちたいという想いはなく、ただ何にも束縛されずに自由でいたい。誰かの役に立ちたいという自分の意思に対しても自由でいたい。そういった想いがあるだけ。

一方、婚約時もサンタ・クルスに搭乗する時も言葉少ないファナ姫。その言葉少ない彼女の表情には、常に自分も誰かの役に立ちたい。誰かに利用されるのではなく、自分の意思で誰かを助けたいという想いを抱き続けながらも、姫という身分がそれをジャマし続けてきた。そんな自分自身に悔しさを滲ませ、自分の無力さを感じてきたことが巧く描かれているんですよね。

そんな2人がファナ姫を護衛機なしの単機敵中突破でカルロ皇子の下へ送り届けるという極秘任務で出会い、サンタ・クルスという狭い機内で過ごす3日間。
その3日間はシャルルにとっては誰かを殺すのではなく誰かを守る仕事を完遂する3日間であり、ファナにとっては初めて誰かから「頼りにしてます」と、姫ではなくファナ本人を必要としてもらえた3日間。
つまり2人にとっては誰にもジャマされずに自分の望んだことが叶う3日間であり、それは同時に己が己の望みをジャマせずに過ごせるかを自分自身に問う3日間でもあるんですよね。

ですからシャルルにとっては襲撃を受けて瀕死状態になろうが、絶対に姫を守らなければならない。だから必死に操縦桿を握る。
ファナにとっては誰も頼る人間がいない状況下、シャルルを助けられるのは自分しかいない。だから必死にシャルルの看病をする。

恐らくこの小島でのシャルルの看病を経て、ファナは「何もできない姫」という檻から出て「少しは誰かの役に立てるファナ」になれたと確信したのでしょう。髪を短く切り、開放的な服装になり、花畑で笑顔で舞い、酒をラッパ飲みしたのも全てその心の現れ。
彼女にとっては「誰かの役に立ちたい」という想いが状況的に「シャルルの役に立ちたい」という想いになったことで、彼にほのかな恋心を抱いただけ。
それは恐らく「とある泥棒さんへの追憶」こと『カリオストロの城』のクラリスがルパンに抱いた想いと同じものなんでしょうね。

そしてそんな2人が最後の飛行で挑む、敵エースパイロットとのドッグファイト。CGを巧く使った空中戦の迫力と共に、ここでも「何がなんでも姫を守る」というシャルルの強い想いと「絶対にシャルルの役に立つ」というファナの強い想いが背中合わせに交錯しているのが素晴らしいこと。2人でならきっと乗り越えられる。それを証明した瞬間に心に温かいものを感じましたよ。

また姫を母艦に引き渡した後の2人の別れ方もいいですよね。名もなき飛空士は姫に砂金が舞う空を見せて自由がもたらす美しさを伝え、姫は名もなき飛空士に笑顔で本当の自由を自分が姫としてもたらすことを約束する。
きっと姫は名もなき飛空士を想いながらシャルルのような人が報われる国家作りのために働き、名もなき飛空士は姫を想いながらファナの想いが叶うようにどこかの空で戦っているはず。
そんな2人の想いが静かに心に残るラスト。文字だけの解説にも2人の想いを強く感じましたよ。

深夜らじお@の映画館はファナ姫の「飛空士さん!」のセリフが大好きです。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

この記事へのトラックバック

1. とある飛空士への追憶  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2011年10月01日 22:11
ラジオドラマ化や漫画化もされた犬村小六の同名長編小説を映画化。2つの大国が戦争を繰り広げる中、一方の皇子の婚約者をとある傭兵飛空士が皇子の本国まで送り届ける道中を描いた物語だ。『時をかける少女』、『サマーウォーズ』の奥寺佐渡子が脚本、同じくアニメ制作をマ
2. とある飛行士への追憶  [ 象のロケット ]   2011年10月02日 01:20
二国間戦争のさなか、一等飛空士・狩乃シャルルは類まれな操縦技術をみこまれ、次期皇妃ファナ・デル・モラルを婚約者カルロ皇子のもとに水上偵察機で送り届ける極秘任務を命じられた。 それは護衛を付けず一機で敵中を突破する危険な任務。 次々と襲ってくる敵空中艦隊と
3. とある飛空士への追憶  [ だらだら無気力ブログ! ]   2011年10月02日 02:54
震電もどきとの空戦は見応えあった。
4. 「とある飛空士への追憶 」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2011年10月02日 15:36
初日に勇んでいくほどの作品ではないとは思っていたのだけど、映画の日だし、マッドハウスだし、奥寺脚本だし、と観に行った次第。原作は未読。でもガガガ文庫のライトノベルと知って納得。同じく飛行機乗りの話を映
5. 釣られて残念。【映画】とある飛空士への追憶  [ B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら ]   2011年10月03日 20:41
【映画】とある飛空士への追憶 犬村小六の長編小説をアニメ映画化。 アニメーション制作はマッドハウス。 【あらすじ】 中央海という海を挟み、神聖レヴァーム皇国と帝政天ツ上の両国は、常に激しい戦闘を展開していた。そんな中、レヴァーム皇国の飛空士シャルル
6. 劇場鑑賞「とある飛空士への追憶」  [ 日々“是”精進! ver.A ]   2011年10月04日 15:27
青空が、見たくなった・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110040001/ とある飛空士への追憶 1000ピース とある飛空士への追憶 1000-179 posted with amazlet at 11.09.27 エンスカイ (2011-09-24)
7. とある飛空士への追憶/神木隆之介  [ カノンな日々 ]   2011年10月04日 22:50
犬村小六さんの同名小説を日本が誇るアニメスタジオのマッドハウスが宍戸淳監督にて映画化した作品です。マッドハウス作品というだけでも楽しみなんですが、脚本は『時をかける少 ...
8. 「とある飛空士への追憶」  [ NAOのピアノレッスン日記 ]   2011年10月06日 23:15
〜そこに 自由はあるか〜2011年  日本映画   PG-12指定 (11.10.1公開)配給:東京テアトル              上映時間:99分監督:宍戸淳原作:犬村小六   『とある飛空士への追憶』 (小学館、ガガガ文庫)制作:トムス・エンターテメント...
9. とある飛空士への追憶☆独り言  [ 黒猫のうたた寝 ]   2011年10月06日 23:48
つい最近、予告で観ての印象は観たい♪っという感覚。第一印象で決めましたってことでの鑑賞です。マッドハウスのアニメは最近自分の中ではヒットしているのも背中押してくれたんですけどね(笑)未来の皇妃と一介の飛空士の数日の空の旅・・・何も知らなかった少女は一緒に苦難
10. 「とある飛空士への追憶」感想  [ 新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜 ]   2011年10月09日 09:58
 犬村小六原作のライトノベルを、「彩雲国物語」の宍戸淳監督、神木隆之介主演でアニメ映画化。  一国の未来を担う姫君と、彼女を敵軍の防衛網をかいくぐり、皇国まで送り届ける極秘任務を与えられた貧民階級出身の飛空士との、身分を越えて心通わせていく様子を描く。
11. とある飛空士への追憶  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2011年10月10日 03:12
2011年10月9日(日) 16:55〜 TOHOシネマズ川崎6 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『とある飛空士への追憶』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。20本目。 「サマーウォーズ」など傑作の多いマッドハウスのアニメ。 架空の世界での階級制
12. 「とある飛空士への追憶」  [ お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 ]   2011年10月10日 23:15
2011年・日本/配給: 東京テアトル 監督: 宍戸淳 原作: 犬村小六 脚本: 奥寺佐渡子 アニメーション制作: マッドハウス 原作が発表されるや、評判を呼んでラジオドラマや漫画にもなった犬村小六原
13. イマドキ問う「ローマの休日」〜「とある飛空士への追憶」〜  [ ペパーミントの魔術師 ]   2011年10月17日 12:38
マッドハウス、「サマーウォーズ」と単語が並べば、 どうしたってハードルは高くなる。 ホントは見に行くつもりはなかったんだけど こういうところでつられてしまうのは ワタシも映画ファンてことか(笑) ぶっちゃけいうけど、 個人的に好きだったのはラストシーンだけ...

この記事へのコメント

1. Posted by KLY   2011年10月01日 22:44
映像的な美麗さや、キャラクター造形はさすがだなぁと思ったのですが、どうにも抑揚の無いお話に物足りなさを感じてしまいました。これはこれでありなんでしょうけど、やっぱり『時をかける少女』や『サマーウォーズ』に余りに衝撃を受けたものですから…。
2. Posted by にゃむばなな   2011年10月02日 14:51
KLYさんへ

マッドハウスに期待をどう持っているか、それにより評価も大きく別れるのかも知れませんね。
抑揚のない話というのも分かりますが、私はそこに奥深さを読み取るのがこの作品の魅力のような気がしましたよ。
3. Posted by たいむ   2011年10月02日 15:39
ああ、カリオストロの城」の雰囲気ありますね。だけど、クラリスとファナではちょっと差がある感じ?
もう少しファナが好きになれる作りだったらよかったのになといった感じです。
4. Posted by にゃむばなな   2011年10月02日 15:49
たいむさんへ

確かにクラリスとファナには大きな差がありますよね。
たいむさんもレビューで書かれていらっしゃいましたが、前半でファナがお付きの人に気遣いを見せなかったあのシーン。
あれはちょっといただけませんでしたね。
ですから好きになれる作りだったらというのはよく分かります。
5. Posted by BROOK   2011年10月04日 15:29
良かった・・・としか言いようがありません♪
設定が若干分かり辛いですけど、ストーリー展開とキャラの戦場の変化が絶妙でした。
そこにあの迫力ある空中戦・・・見応えたっぷりでした。

最後は心地良い風が吹きぬけたような感じでした。
6. Posted by にゃむばなな   2011年10月04日 22:26
BROOKさんへ

空中戦の見事さは実写では不可能な領域でしたよね。
個人的にはこういう話が好きなので楽しめましたよ。
やっぱり狭い場所での男女の命を預けあう姿は美しいですわ。
7. Posted by かのん   2011年10月04日 23:03
どこかヨーロッパの古典文学を感じさせるような心地よい物語でした。アニメでありながら実写のような繊細な心理描写で魅せるところも日本アニメの海外で評価の高いところでしたよね(たぶん)。

私も鑑賞中は富沢さんの声には全く気付きませんでした。出演してるのは知っていたのでたぶん敵のエースパイロットだよえね?という感じでした。
8. Posted by にゃむばなな   2011年10月05日 19:54
かのんさんへ

ジャパニメーションの底力というか、奥深さが凄く心地よく感じる映画でしたよね。
シンプルがゆえに奥深さがいい。
サンドウィッチマンの富澤さんに関しても、声優としての巧さを凄く感じましたよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載