2011年11月09日

『インクレディブル・ハルク』

インクレディブル・ハルクアン・リー監督、エリック・バナ主演の『ハルク』を無かったことにして、出演者及びスタッフを総入替して作り上げた割には全体的に微妙なこの映画。リメイクでも続編でもなく、前作の記憶を完全に抹消した1本の独立した映画として作るのなら、もっと細部まで丁寧に描く作品にしてほしかったですね。

アンガー・マネジメントにより緑色の巨人が暴れる原作のはずなのに、アクションよりも主人公ブルース・バナーの苦悩ばかり描いて、さほど高い評価を得ることができなかったアン・リー監督版の記憶をよっぽど消したかったのか、公開当時からまるで「超人ハルク」を映画化するのはこれが初めてと言わんばかりの雰囲気だったこの映画。
なので、アクションの少ないアン・リー監督版とは違い、今回のルイ・レテリエ監督版はアクションたっぷりで十分楽しめると思います。

ただアクションが多めになった分、多少大雑把になっている部分も多々あるのも事実。
いくら伸縮性が優れているからといって、ブルースが履いていたズボンがハルクに変身した時も破れないというのはちょっとムリがあるやろ!とか、ブロンスキーの暴走理由も単に強くなりたいだけというのもちょっとキツいやろ!とか、挙句超人ブロンスキーとの対決でいきなり「ハルクスマッシュ!」って命名した技をキメられても!とか、まぁとにかく細かいことは気にせず勢いを楽しんでください的なくだりが実に多いこと。

加えてアクションが増えた分、ブルースの苦悩する時間も減ってしまったのも事実。エリック・バナは悩みすぎなくらいに悩んでましたので、エドワード・ノートンの悩み具合がちょうどいい感じだと思うのですが、何分悩みすぎたエリック・バナの後ですから、エドワード・ノートンの悩みが少なく感じてしまうんですよね。

あとベティの恋人だった精神科医さんの出番はあれで終わりですか?とか、ハルク解毒剤を打つシーンは『インビジブル』を意識しすぎていませんか?とか、ブロードウェイで暴れるくだりは『GODDZILLA』を意識してませんか?など、ツッコミどころもたっぷり。
いくらアン・リー監督版を無かったことにしたいとはいえ、個人的には他の映画を意識するよりもエリック・バナ主演版を意識した内容にしてほしかったのですが、ただとある映画評論家がアン・リー監督版を見てアン・リー監督ゲイ説を導き出したことを思い出せば、そんな前作を無かったことにしたい気持ちも分からんでもないんですけどね。

てな訳で『アベンジャーズ』への布石としてラストでトニー・スタークがノンクレジット出演してましたが、その肝心の『アベンジャーズ』にはエドワード・ノートンは出演せず、マーク・ラファロが代役に決定したとか。
できればエリック・バナ再登板を希望したいのですが、無かったことにされた映画に出演していた俳優はハナからリスト外だったのでしょうか。ちょっと残念です。

深夜らじお@の映画館はエドワード・ノートンを見るたびに海遊館を思い出します。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

acideigakan at 16:09│Comments(2)clip!映画レビュー【あ行】 

この記事へのトラックバック

1. 『インクレディブル・ハルク』 ”アベンジャーズ”への道  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2011年11月09日 23:54
<マーベル・シネマティック・ユニバース>の第2弾。日本では第1弾の『アイアンマン』よりこちらが先に公開されたが、これは両者の知名度の違いが原因だったのかな。 しかしその結果、多くの伏線が意味不明に羅列されてしまい、かえって日本のファンには不親切になったん
2. インクレディブル・ハルク  [ いやいやえん ]   2011年11月10日 15:49
以前もハルクって映画化していましたよね。エドワード・ノートンさん主演です。ハルクは他のアメコミヒーローと違ってとにかく怪力で力任せにぶっ倒すといったアクションなので、斬新さはないけれど、迫力がありました! 科学者が事故でアドレナリンが高くなると怪物ハル
3. インクレディブル・ハルク  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2011年11月10日 18:31
悲哀あふれるハルクの豪腕が、名優たちのハートもわしづかみ!これまでに何度も映像化されてきた人気ヒーロー、超人ハルク。怒りで緑の姿に豹変し、悪を倒すことでお馴染みの彼が ...

この記事へのコメント

1. Posted by ポメラニアン   2011年11月09日 23:28
こんばんわ。


監督がルイ・レテリエなので細かい部分は全く気にならなかったですね。
心の機微を描くなんて監督には出来ないでしょうから、出来ないことを無理に描かずに得意分野で勝負したのは好印象でした。


ただ、ラストバトルのCG対決はガッカリでした。
これ実写映画なはずなのに、CGを見所にするってどゆこと?
個人的には、中盤のハルクvsティム・ロスの方が面白かったです。
ちょっとしか無かったですけど。
2. Posted by にゃむばなな   2011年11月10日 21:04
ポメラニアンさんへ

なるほど、ルイ・レテリエ監督だからこそ期待はしないなんですね♪

そうそう、ハルク同士の対決よりもハルクvs.スーパーソルジャーの方が面白かったのは私も同じです。
そこを見所にしてほしかったですよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載