2011年12月09日

『リアル・スティール』

リアル・スティール『ロッキー』シリーズを近未来のロボットボクシングで再加工したかのような映画でした。安易に名作にオマージュを捧げるのではなく、ロッキー、ミッキー、エイドリアン、アポロ、ドラゴの要素を巧く散りばめ、かつ名シーンの要素だけを再加工する。だからこそ試合に負けれても勝負に勝ったラストも気持ちよく見れるのでしょう。

ロボットボクシングことリアル・スティールの台頭により引退した元プロボクサーのチャーリー。
まず彼が動かすATOM以外のロボットがまぁボクシングに向いていないこと。もちろんどの機体もリアル・スティール用なので戦いに迫力はあるのですが、iPadみたいなもので動かすレベルなので、どこか鉄人28号のようで動きが悪い悪い。

しかも露払いとなったオンボロのアンブッシュや超悪男子・末期・拷問と趣味の悪い漢字を羅列したノイジー・ボーイを始め、マックスが見つけ出したATOMは風貌がとっちゃんぼうや、前座で闘ったツイン・シティズは超人アシュラマン2/3、宿敵ゼウスは元横綱・曙と同じリンゴ飴体型と、どのメカもそのデザインセンスがあまり格好いいとは言い難いものばかり。

でもロッキーのようにやさぐれていたチャーリーがエイドリアンのように自分を励ましてくれるマックスのために、ミッキーのようにATOMのトレーナーとなって闘いの準備を始めていく様を見ていると、逆にとっちゃんぼうや風貌のATOMの活躍が気持ちいいんですよね。G2という1世代前のスパークリング用ロボットで強そうなイメージが全くないATOMだからこそ、少年マックスの希望を叶えてあげたいという優しさが滲み出ているように見えるんですよね。

さらにチャーリーがリング下で解説をしながら実況もするかのようにATOMに指示を出すところもボクシングシーンとしては凄く分かり易いうえに面白いですし、ドラコのような雰囲気を持つアポロのような絶対王者ゼウスに最終ラウンドで音声機能からシャドウ機能に切り替えての勝負も男性なら無条件に興奮してしまうんです。

特にボクサーは言葉ではなく拳で語るものと言わんばかりに音声機能からシャドウ機能に切り替え、ホンモノのボクシングを知るチャーリーとベイリーが好機が来るまで待ちに待ち、ATOMと共に一気に反撃に出るチャーリーの姿にマックスがボクサー時代の父親の雄姿に涙するくだりはたまりませんでしたね。

個人的には観客を抜くシーンが多すぎる!もっとゼウスとATOMの闘う姿を見せてくれ!という不満が残りましたが、それでもロッキーがアポロに試合で負けても勝負には勝った時と同じような気持ち良さがこの映画のラストにもあったのは事実。本当に最後にリング上で誰か「エイドリア〜ン!」と叫んでくれなイカ!と思えるほどでしたよ。

その他にもリング外でもチャーリー親子を応援する仲間が性悪カウボーイハット野郎をシメたり、マックスの叔母夫婦もちゃっかり応援に来て興奮していたりなど、ディズニーらしい優しい演出もたっぷりでしたが、やはり個人的にはディズニーだから仕方ないのですが、もっと破壊力と迫力のあるロボットボクシングシーンを見せてほしかったですね。

深夜らじお@の映画館は解説もできる実況と聞くとアメフトの季節だけにタージンさんを思い出してしまいます。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 映画「リアル・スティール(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2011年12月09日 18:06
映画『リアル・スティール(字幕版)』(公式)を本日初日第1回目の回で劇場鑑賞。キャパ182名に10名ほど。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。不覚にも?ロボット格...
2. リアル・スティール  [ Akira's VOICE ]   2011年12月09日 18:10
ハートウォーミングアクション!  
3. 「リアル・スティール」安定した感動  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2011年12月09日 18:40
このところ低迷しているスピルバーグだけに、予告から見ても親子愛を描いた感動作に仕上げようとしたかんじが、正直ちょっと気になっていた。 ところが!そんな心配は全くなし。 やっぱり大御所。 飽きずに展開するストーリー、見せ場も感動もわざとらしくなく・・・・
4. 劇場鑑賞「リアル・スティール」  [ 日々“是”精進! ]   2011年12月09日 19:48
「リアル・スティール」を鑑賞してきました人間に代わってロボット同士が死闘を繰り広げるロボット格闘技の世界を舞台に、全てを失ったひとりの男が最愛の息子との絆を取り戻してい...
5. リアル・スティール  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2011年12月09日 22:23
2020年、ロボット・ボクシングが全盛の時代。元プロボクサーの父親と幼い頃に捨てられた息子が、廃棄されていた旧型ロボットATOMを通じて親子の絆を取り戻してゆく感動の物語だ。主演は『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のヒュー・ジャックマンと子役のエヴァンジェリン・
6. リアル・スティール  [ 心のままに映画の風景 ]   2011年12月10日 00:08
2020年。 リモコンで遠隔操作されたロボット同士が戦う“ロボット格闘技”が大流行。 かつて優秀なボクサーだったチャーリー・ケントン(ヒュー・ジャックマン)は、ロボット格闘技の世界に身を転じていた...
7. リアル・スティール  [ ハリウッド映画 LOVE ]   2011年12月10日 20:11
8. リアル・スティール  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2011年12月10日 21:30
評価:★★★★☆【4,5点】(10) 超悪男子って、これどうみてもチャイナ系フレーズでしょ(苦笑)
9. リアル・スティール(試写会)  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2011年12月10日 21:34
製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ&ロバート・ゼメキス×ショーン・レヴィ監督(「ナイトミュージアム2」)によるSFアクション。ロボット同士の格闘技が人気を集める世界で、 ...
10. リアル・スティール  [ 新・映画鑑賞★日記・・・ ]   2011年12月10日 21:35
【REAL STEEL】 2011/12/09公開 アメリカ 128分監督:ショーン・レヴィ出演:ヒュー・ジャックマン、ダコタ・ゴヨ、エヴァンジェリン・リリー、アンソニー・マッキー、ケヴィン・デュランド、カール・ユーン、オルガ・フォンダ、ホープ・デイヴィス 「リアル・スティー...
11. No.287 リアル・スティール  [ 気ままな映画生活 ]   2011年12月10日 21:38
【ストーリー】 ヒュー・ジャックマン主演、「ナイトミュージアム」のショーン・レビ監督で、ロボット格闘技を通じて父子が絆を取り戻していく姿を描く。2020年、リモコンで遠隔操 ...
12. リアル・スティール・・・・・評価額1600円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2011年12月10日 21:43
鋼鉄のリングに挑む親子鷹! 「ナイト・ミュージアム」シリーズで知られるショーン・レビ監督の最新作は、近未来のロボット格闘技の世界を舞台に、戦う場所を奪われた元ボクサーと、長年離れて暮らしていた...
13. 映画「リアル・スティール」感想  [ タナウツネット雑記ブログ ]   2011年12月10日 22:02
映画「リアル・スティール」観に行ってきました。 人間に変わり、ロボットがボクシングの試合を担うようになった近未来を舞台に、1体のロボットとの出会いから変わっていく父と子の絆を描く作品。 物語の舞台は2020年。 かつてはボクシングのプロボクサーとしてそれ
14. 「リアル・スティール」TOHOシネマズ梅田  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2011年12月11日 00:45
2020年リングの上で戦っているのは人間ではなくロボットです。チャーリー・ケントン(ヒュー・ジャックマン)は元ボクサーだが、ロボット・ボクシングのトレーナーとして細々と生計 ...
15. 「リアル・スティール」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2011年12月11日 01:10
ロボットもの&ヒュー様なら絶対初日〜[E:heart04]ってむちゃくちゃ楽しみにしていた作品。んでもって、私にはズバっとど真ん中のストライクで大満足。ロボットバトルでは燃えるわ泣けるわで、子役を使っ
16. リアル・スティール  [ だらだら無気力ブログ! ]   2011年12月11日 01:19
王道な展開ながらもとても良い作品。
17. 【リアル・スティール】アルティメット大会の未来?  [ ジョニー暴れん坊デップの部屋 ]   2011年12月11日 01:27
eiga.com 作品情報 『リアル・スティール』 ...
18. 『リアル・スティール』・・・繰り出せ三連コンボ!  [ SOARのパストラーレ♪ ]   2011年12月11日 01:49
往年の名作『ロッキー』の興奮と感動を思い起こさずにはいられない情感あふれる人間ドラマと劇的なクライマックス。 それぞれに生きる気力を少しずつ見失っていたチャーリーとマックスが、廃工場で見つけたロボットATOMとの出会いを通して活気を取り戻し、同時に互いの絆を
19. 『リアル・スティール』 共感を集める悲しい理由  [ 映画のブログ ]   2011年12月11日 04:21
 【ネタバレ注意】  面白い映画を作りたい。多くの映画制作者がそう思っているだろう。  面白くするにはこうすべき、という鉄則はあるものの、それを踏襲したから必ず面白くなるとは限らない。  しか...
20. リアル・スティール/ヒュー・ジャックマン  [ カノンな日々 ]   2011年12月11日 10:05
ひょっとしてこれは近未来SF版『チャンプ』?というのが予告編の第一印象でしたけど、とにかく絶対観たいなとその瞬間に一目惚れしちゃいました。近未来SFロボットものでスポーツも ...
21. 映画『リアル・スティール』 観てきたよ〜(^_^)b  [ よくばりアンテナ ]   2011年12月11日 14:13
予告編でもう泣きそうになってたんで、ハンカチ持ってスタンバイ♪ もう、ね、最高でしたよ〜!! 諦めないことで、希望が見えてくる。 胸が熱くなる、親子の感動のストーリーです!! 映画『リアル・スティール』 - シネマトゥデイ にほんブログ村
22. 【映画】リアル・スティール  [ 映画鑑賞&洋ドラマ&スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記 ]   2011年12月12日 12:52
JUGEMテーマ:洋画 期待値はそんなに高くない状態で見に行きました。 最近は子供向けや邦画でもおっとりした作品が多くて見たいのは地元近くの映画館ではやっていない。 そんな時期だったから、かもしれないですね さて本作品ですが、 優秀なボクサーであったチャーリーは戦
23. リアルスティール  [ みすずりんりん放送局 ]   2011年12月14日 09:40
 『リアルスティール』を観た。  【あらすじ】  リングの上で、人間が拳を交える時代は終わり、彼らに代わって死闘を繰り広げるのは、高性能なロボットたち。  そんなロボット格闘技の時代に到来に...
24. 真の絆〜『リアル・スティール』  [ 真紅のthinkingdays ]   2011年12月14日 12:11
 REAL STEEL  2020年のアメリカ。ロボット同士が闘う格闘技「ロボット・ボクシング」が隆盛 を極める近未来。元ボクサーのチャーリー(ヒュー・ジャックマン)は、10年以上 会っていなかっ...
25. リアル・スティール (Real Steel)  [ Subterranean サブタレイニアン ]   2011年12月14日 13:57
監督 ショーン・レヴィ 主演 ヒュー・ジャックマン 2011年 アメリカ/インド映画 127分 ドラマ 採点★★★★ 捨てられてる子猫や子犬って、なんであんなにも愛くるしく見えるんでしょうねぇ。同じのがペットショップのケージに入ってても、多分あそこまでの愛らし…
26. リアル・スティール  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2011年12月15日 12:40
2011年12月14日(水) 19:15〜 TOHOシネマズ六本木ヒルズ7 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 『リアル・スティール』公式サイト 色々な映画の良いところ採りな感じの安心の娯楽作品。例えるならBOSTONのDON'T LOOK BACK。映画ではないけど。 個
27. リアル・スティール いきなりどっかーんっと感情移入っ!o(T◇T)oオオオン  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2011年12月16日 11:36
【=64 -11-】 ゴルフはそうとう向いていないようだ、俺・・・つるやカントリークラブ西宮北コース、ワースト更新┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ〜・・・147(6回目・平均141.3・Best131・Worst149)  2020年、ボクシングは、生身の人間ではなく高性能のロボットたちが闘う競技になっていた。..
28. 「リアル・スティール」感想  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2011年12月16日 13:11
面白かったです。冬休みに安心して子供からご老人まで楽しめる映画です。4つ★〜4つ★半
29. 『リアル・スティール』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2011年12月17日 09:19
□作品オフィシャルサイト 「リアル・スティール」 □監督 ショーン・レビ □脚本 ジョン・ゲイティンズ□原作 リチャード・マシスン □キャスト ヒュー・ジャックマン、エバンジェリン・リリー、ダコタ・ゴヨ、アンソニー・マッキー、      ケビン・デュラン
30. 『リアル・スティール』  [ cinema-days 映画な日々 ]   2011年12月19日 00:13
2020年、ボクシングはロボットが行う時代。 プロモーターとして生計を立てる元ボクサーが 母親の死で、11年間、生き別れになっていた息子を ひと夏預かる事になる... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞) 原題:Real Steel 原作:リチャード・マシスン 短編小
31. ■映画『リアル・スティール』  [ Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> ]   2011年12月19日 03:55
最初、この映画の情報を見た時は「ロボット・ボクシング? 何それ面白いの?」と、あんまり期待していなかった私。 でも、映画を観ている最中から「おお、超悪男子、カッコいい! 子ども、生意気で可愛い!! ヒュー・ジャックマン、やっぱりカッコいい!!!」と、かなり興
32. リアル・スティール / REAL STEEL  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2011年12月20日 10:09
ランキングクリックしてね ←please click リチャード・マシスンの同名の短編小説「四角い墓場」をもとに、s.スピルバーグ&R.ゼメキス製作 「ナイトミュージアム」のショーン・レヴィがメガホンのSF。 この監督のアシュトン×ブリタニー・...
33. リアル・スティール  [ to Heart ]   2011年12月20日 21:14
「リアル・スティール」――。 それは、親子の絆が生み出す、“本当の強さ”。 原題 REAL STEEL 製作年度 2011年 上映時間 128分 脚本 ジョン・ゲイティンズ 監督 ショーン・レヴィ 音楽 ダニー・エルフマン 出演 ヒュー・ジャックマン/ダコタ・ゴヨ/エヴァンジェリン・リ
34. リアル・スティール  [ 晴れたらいいね〜 ]   2011年12月24日 00:18
たぶん、今年の映画館で観る映画はこれが最後かな?おばさんは、忙しいからねぇ。これも期待を外すことなく、うるり〜んと泣いてしまいました。ロボット同士がボクシングていうの ...
35. リアル・スティール  [ Said the one winning ]   2011年12月26日 20:34
監督:ショーン・レヴィ出演:ヒュー・ジャックマン、ダコタ・ゴヨ、エヴァンジェリン・リリー、アンソニー・マッキー、ケヴィン・デュランド、カール・ユーン、オルガ・フォンダ、ホープ・デイヴィス スティーヴン・スピルバーグ率いるドリームワークスが、『ウルヴァリ...
36. シネトーク92『リアル・スティール』●熱くて泣ける映画、久しぶりかもね  [ ブルーレイ&シネマ一直線 ]   2011年12月28日 04:21
三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「ネタバレしてるのに“ネタバレ注意”と書いてない映画記事がムカツく」 シネトーク92 『リアル・スティール』 REAL STEEL
37. 『リアル・スティール』  [ ラムの大通り ]   2012年01月01日 20:41
※ネタバレもありますが、もう公開から3週間経っているので…。 (原題:Real Steel) ----これって、今年のラスト・ピクチャー・ショーって 決めていた映画だよね。 だから、ギリギリになって…。 フォーンも一緒に行ったけど、泣けたよね。 「巧い映画だよね。 よどみ
38. 「リアル・スティール」  [ 或る日の出来事 ]   2012年01月15日 20:09
今年一発目の映画。 今年は映画感想は簡単にする。見た映画をすべてメモするとなると、簡単にしないと時間がかかって、しょうがないからだ。
39. リアル・スティール  [ 虎猫の気まぐれシネマ日記 ]   2012年01月17日 00:05
2012年の初鑑賞映画はこれ!すっごくエキサイティングで感動的で,そして前向きにもなれる素晴らしい作品だった!昨年観てたら絶対ベストに入れてたなぁ。・・・・まぁいいか,来年のベストに入れるのはすでに私の中で決定。 何がいいかってこれね,世代や性別や嗜好を越
40. 映画『リアル・スティール』を観て  [ kintyre's Diary 新館 ]   2012年01月28日 16:58
11-84.リアル・スティール■原題:Real Steel■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:128分■字幕:松浦美奈■料金:1,000円■鑑賞日:12月14日、TOHOシネマズ渋谷□監督・製作:ショーン・レヴィ□脚本:ジョン・ゲイティンズ□原案:リチャード・
41. 映画:リアル・スティール  [ よしなしごと ]   2012年02月11日 08:26
 原作はアイ・アム・レジェンドのリチャード・マシスン、監督はナイトミュージアムシリーズのショーン・レヴィ。さらに製作総指揮にロバート・ゼメキスとスティーヴン・スピルバーグらが参加。こんなメンバーがタッグを組んだらどうなるか?  予告編を見るとそんな
42. リアル・スティール  [ 銀幕大帝α ]   2012年05月25日 03:14
REAL STEEL/11年/米/128分/ロボットアクション・ドラマ/劇場公開(2011/12/09) −監督− ショーン・レヴィ 過去監督作:『デート&ナイト』 −製作総指揮− ◆ロバート・ゼメキス ◆スティーヴン・スピルバーグ −原作− リチャード・マシスン −出演− ◆ヒュー
43. リアル・スティール  [ いやいやえん ]   2012年05月31日 09:32
ボクシング映画に間違いはないという言葉がありますが、これもそれにあたるかな。話そのものには目新しい事は特にありません。 ハリウッドらしい娯楽作、多少の突っ込みどころはあるにせよ、迫力ある映像とディズニー仕様という事で安心してみられる作品になっていたと
映画「リアル・スティール」のブルーレイを見たのでレビュー記事を書いてみたいと思い
45. 『リアル・スティール』  [ La.La.La ]   2015年11月22日 10:25
JUGEMテーマ:映画 制作年:2011年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:128分  原題:REAL STEEL  配給:ディズニー  監督:ショーン・レヴィ  主演:ヒュー・ジャックマン      ダコタ・ゴヨ      エヴァンジェ

この記事へのコメント

1. Posted by AKIRA   2011年12月09日 18:11
ハイテクなのにアナログっぽいのが良かったと思います。

ただ,おっしゃる通り興奮が足りなかった。
「ファイトクラブ」みたいにずしりとくるアクションにしてほしかったなぁ。
配給会社を変えて・・・
2. Posted by ノルウェーまだ〜む   2011年12月09日 18:39
にゃむばななさん、こんばんは☆
スピルバーグのディズニーものでは・・・と斜に構えて見ていた自分を恥ずかしくなるような、ストレートに感動できる映画でしたね。
やはり男の人には、格別に夢中になれる要素が満載だったですか?
ロボットに末期ってあったなんて、気が付きませんでした〜
3. Posted by BROOK   2011年12月09日 19:54
勝負に負けても、観客にとっては勝利…
ディズニーらしいラストではありましたが、それでも感動的な結末だったと思います。

リッキーのことや叔母夫婦の“伏線”も綺麗に回収してくれたのは良かったです。
4. Posted by にゃむばなな   2011年12月09日 19:57
AKIRAさんへ

多分今後製作されるこの手の映画は基本ハイテクなのにアナログっぽいものばかりになるんでしょうね。
だからこそ、ずしりとくるアクションがほしいんですよね。
5. Posted by にゃむばなな   2011年12月09日 19:58
ノルウェーまだ〜むさんへ

ノイジー・ボーイの腕の電子文字盤に「末期」とか「拷問」って出てましたよ。
あの趣味の悪さはどないかならんかったんですかね〜。
6. Posted by にゃむばなな   2011年12月09日 20:00
BROOKさんへ

ディズニーらしく悪いヤツはきちんと始末するのは嬉しい演出ですよね。
そこらへんの回収の巧さはスティーブン・スピルバーグらしいのかも。
7. Posted by KLY   2011年12月09日 22:28
ノイジー・ボーイのシーンなんて日本人には超お得ですよ。日本語でないと動かないなんて、私たちにしたら笑えますけどアメリカはともかくヨーロッパなんて別になんでもない演出でしょうし。
シャドウ機能がまたいいですよねぇ。「まだだ」とガードして耐えるチャーリーを見ながら我々もドキドキしつつ、いつ必殺の一撃を見せてくれるのかともう堪りませでした。
8. Posted by オリーブリー   2011年12月10日 02:14
ラストのファイトシーンは、スクリーンの中に飛んでった感じでした(笑)
一緒にカウントしたわたし…(爆)

主人公親子の再生を手伝ったのが、旧式のオンボロ君ってとこがまた良いんですよね。
物言わぬATOMに胸キュンでした(笑)
9. Posted by えふ   2011年12月10日 20:11
もろ「ロッキー」とかぶりましたね。
でもついつい涙腺が緩みましたわ〜。
私も父親の雄姿を見てマックスが涙するシーンがたまりませんでした!
10. Posted by にゃむばなな   2011年12月10日 21:31
KLYさんへ

そうそう、あの耐えるシーンがいいんですよね。あれぞプロボクサーの戦術。
ボクシングのプロの魅力を最後に持ってくるあたりが粋ですよ。
11. Posted by にゃむばなな   2011年12月10日 21:33
オリーブリーさんへ

あれが最新鋭でないところがいいですよね。
見た目はまんまロボットなのに、あのとっちゃんぼうやな風貌に愛嬌があって、本当にあの父子を繋ぐいい存在になってましたよね。
12. Posted by にゃむばなな   2011年12月10日 21:34
えふさんへ

『ロッキー』シリーズともろ被りでも、やっぱり感動する時は感動しちゃうんですよね〜。
最後に見せるマックスの涙はたまりませんでしたわ。
13. Posted by yukarin   2011年12月10日 22:55
こんばんは♪
あのラストはロッキーを観た時の感動と同じでしたね。
テンション上がりました。
14. Posted by YUKkO   2011年12月11日 00:44
ロボットのATOMに胸がキュンとしました。でも、ちょっとボクシングをジムで習っているので、ボクシングシーンがもっと見たかったなと思います。ドコダ・ゴヨ君の青い目を見たら、またまた胸がキュンとしました。西洋人の子供ってずるいくらい可愛い!
15. Posted by ジョニーA   2011年12月11日 00:52
親権は渡しても、本当の父親はチャーリー。
判定では負けても、真のチャンピオンはアトム。
すっきりする脚本でした♪
吹き替えで観ましたが、「日本語入力しかできない」という
シーンは、「ゲーム用語じゃないと反応しない」という訳に
変わっていましたヨーーゥ
16. Posted by たいむ   2011年12月11日 00:56
今、ロボットは20センチジャンプするのがやっとだというのに、ロープを軽々超えたゼウスって凄い。
筋肉風にみせた背中の外殻も魅力的なデザインでした。
それに比べてノイジーの趣味の悪い事。けど、ああいう漢字のTシャツってホントに人気あるんですよね(^^;;;
17. Posted by SOAR   2011年12月11日 03:12
ロボットたちの造形、たしかにセンスがいいとはお世辞にも言えませんねぇ(苦笑)
ただ、アンブッシュにしろATOMにしろ妙なレトロ感が不思議と違和感ありませんでした。

判定負けの彼らに対し、真の勝者は君たちだとすべての観衆が称えるラスト。ありがちだけどやっぱりいいですよね!
18. Posted by かのん   2011年12月11日 10:20
これはこれでいいんですけど私の好みで言えばもっとマックスに軸足をおいたストーリーでも良かったのになと思いました。

例えば『ベストキッド』みたいにいじめられっ子のマックスがATOMと出会って父とともにミヤギさんやミッキーみたいな師匠のもとで成長していくとか。ヒューはほっといても勝手に存在感を放ってくれるでしょうから(笑)。
19. Posted by にゃむばなな   2011年12月11日 18:11
yukarinさんへ

だからこそ、最後に「エイドリア〜ン!」って叫びたくなるんですよね〜。
20. Posted by にゃむばなな   2011年12月11日 18:13
YUKKOさんへ

おぉ〜、YUKKOさんはボクサーへの道を歩まれているのですか?
それならなおのことボクシングシーンはもう少し多めにしてほしいと思われたのでは?
ジムに通っていない私でもその少なさは少し不満でしたからね。
21. Posted by にゃむばなな   2011年12月11日 18:14
ジョニーAさんへ

吹替版になるとそんな変更になっているんですね。
「ゲーム用語じゃないと」って…。
22. Posted by にゃむばなな   2011年12月11日 18:16
たいむさんへ

欧米人の漢字の趣味って本当によく分かりませんよね。
「超悪男子」ってどんだけ趣味悪いねん!って。
どうせなら「夜露死苦」ぐらいにしとけや!って思いますよ。
23. Posted by にゃむばなな   2011年12月11日 18:17
SOARさんへ

ATOMのレトロ感はまだ許せるとしてもアンブッシュのレトロ感はどうもねぇ〜でしたよ。
何か鉄のロボットというよりもブリキのロボットって感じでしたわ。
24. Posted by にゃむばなな   2011年12月11日 18:19
かのんさんへ

確かにマックスのバックグラウンドをもっと深く掘り下げる設定にしてくれたら、もっとハマれる映画になっていたかも知れませんよね。
ありがちだけど、それがいい。王道の脚本だけに王道を突っ切ってほしい気持ち、分かります。
25. Posted by ノラネコ   2011年12月11日 22:39
いや〜何かセオリーどおりにキッチリ作ったら、セオリーどおりに面白くなっちゃった映画ですね。
意外とこれやると凡作にしかならないのですけど、本作が成功したのはきちんとキャラクターを作りこんで、丁寧に物語を紡いだからでしょう。
王道の物語のポテンシャルを久々に実感した作品でした。
1/2サイズくらいのラジコン出たら欲しいなあ。
26. Posted by にゃむばなな   2011年12月12日 20:37
ノラネコさんへ

あぁ〜、分かります。ラジコンだったらATOMだけでなくノイジー・ボーイも欲しくなるかも。
本当に王道ストーリーなのに飽きの来ない巧さはさすがでしたね。
27. Posted by kajio   2011年12月14日 00:26
昨日観てきました〜

『エイドリア〜ン!』が無かったのは まぁしゃあないかな、と割りきれたのですが、

だったらせめて、試合が終わってからのラストシーンで、ATOMと笑顔のマックスが顔を見合って、首を横に傾け合うシーンはあってほしかったですね…
28. Posted by みすず   2011年12月14日 09:42
こんにちはー^^

すっごく良かった!
最高だった〜♪

アトムも良かったし、ヒュー様もかっこいいし、なんと言ってもダコタくんの可愛らしいこと^^
闘いのシーンはドキドキワクワクしたし、親子の姿には涙がとまりませんでした!
今年一番かな、わたし^^
29. Posted by にゃむばなな   2011年12月14日 17:55
kajioさんへ

あぁ〜なるほど。親子だけでなく、ATOMとマックスの友情の部分ですよね。
それは確かに必要ですわね。それがあるともっといい映画になっていたかも。
30. Posted by にゃむばなな   2011年12月14日 17:57
みすずさんへ

今年一番とは大きく出ましたね〜。
でもそう言いたくなる気持ちも分からんではないです。
こういう映画って王道ですけど、その王道の良さが存分に出てますもんね。
31. Posted by latifa   2011年12月16日 13:10
にゃむばななさん、こんにちは!
>ATOMと共に一気に反撃に出るチャーリーの姿にマックスがボクサー時代の父親の雄姿に涙するくだり

私もココで涙腺崩壊でしたよ^^

本当は、こういうポケモン的なやつ・・(自分が身を痛めながら戦うんじゃなくて、操作して戦う系の内容)は、好みじゃないんですが、そんなこともう言ってられない時代?になりました。
32. Posted by にゃむばなな   2011年12月16日 13:47
latifaさんへ

私もポケモン的なやつは好きじゃないんです。理由は同じく自分の身を痛めて闘わないから。
でも世間はこの手のものが凄く増えてますよね。
「エヴァンゲリヲン」のように自分も痛みを知るような内容の方が私は好きですわ。
33. Posted by ちゃぴちゃぴ   2011年12月24日 00:24
ずーっと泣ける映画が観たかっただけに満足でした!
泣ける映画といっても「ココで泣け」っていうあざとさのある哀しいのは嫌だったし。
ロボットのボクシングで熱くなれんのかいな?と思ったけれど、のせられましたねぇ。でも、もうちょっとかっこいいロボットにして欲しかったですね(笑)
34. Posted by にゃむばなな   2011年12月24日 09:09
ちゃぴちゃぴさんへ

そうそう、「泣かせよう」という映画ではないのがいいですよね。
素直に感動できる王道ぶりが逆にいい感じの映画でしたよ。
35. Posted by q やられた〜〜   2011年12月26日 20:39
やられた〜〜やられた〜〜
ロボットは「気持ち」が無い
ただのモノ?
こいつら違うのだ〜〜
「人馬一体」ならぬ「人ロボットひとつ」
こいつらにやられた〜〜っ
ヒュー「ダメパパ」も素敵
ボクシング自体、大好きなスポーツだし
ロボットアニメ・・・勿論好きよ
ATOMとゼウスのシーン、燃えたわよっグー握って応援したわよっ
王道ベタも感動よっっ
この気持ち。ガキにゃ〜理解できねぇだろーな
くーっ やられた〜
36. Posted by にゃむばなな   2011年12月26日 20:52
qさんへ

王道の良さが詰まっていた映画でしたね。
こういうのには不思議と毎回素直に泣かせてもらってますよ〜。
37. Posted by えい   2012年01月01日 21:54
あけましておめでとうございます。

こんばんは。

実はぼくは『ロッキー』が苦手で、
なぜ、あんなラストにみんなが感動するのかがよく分からないクチでした。
ラウンドも途中は思いっきりはしょって音楽だけが盛り上がって…。
でも、この映画は違いました。
最終ラウンドは、戦い方を変え、あまつさえ、戦いの意味も変わってきた。
ほんとうに巧い。
あの、シャドーボクシングをしている時の父親の目の輝き、そしてそれを見る息子のまなざし。もう、大好きです。

と、言いたい放題喋りつつ、
今年もよろしくお願いいたします。
38. Posted by にゃむばなな   2012年01月02日 15:21
えいさんへ

こちらこそよろしくお願いします。

何かアクの抜けた『ロッキー』と言いましょうか、いい感じの王道映画なんですよね。
本当に泣けるところをきちんと用意するその王道ぶりに素直に巧いと思っちゃいましたよ。
39. Posted by なな   2012年01月17日 00:04
にゃむばななさん こんばんは!

>『ロッキー』シリーズを近未来のロボットボクシングで再加工したかのような
ほんとですね〜〜
ロッキーシリーズ好きだったのですが
確かに同じ感動を感じたかも・・・・

ロボットのアトムの素朴な風貌もとってもツボでした。
ラストの闘いはほんとにエキサイティングしましたね〜〜。
40. Posted by にゃむばなな   2012年01月17日 09:06
ななさんへ

ATOMの素朴さは良かったですよね。
あれもまた王道なんでしょうけど、それが本当に素直にいいと思える映画でしたよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載