2012年03月06日

『ルルドの泉で』

ルルドの泉で奇蹟を受け入れる優しさがあること自体が奇蹟なのか。
フランス南西部にある奇蹟を起こす泉として有名な聖地ルルドで、一人の女性が多発性硬化症から奇蹟的な回復を遂げたことで垣間見える人間の心の光と闇。
神が起こす奇蹟も人間の強欲の前では最後は無意味に消えていくのかと少し淋しい気持ちになってしまう映画でした。

奇蹟というのはある意味宝くじと同じだと思います。強欲に望んでもその恩恵は受けられず、むしろ逆に無欲でいると不思議と幸運が舞い込んでくる。
でも宝くじの当選者が身近にいても嫉妬心を抱く購入者はいないのに、奇蹟の恩恵を受けた人が身近にいると嫉妬心を抱く巡礼者は多いという不思議な事実。
しかも世界最大の巡礼地の一つとして世界中から毎年多くの人が訪れるも未だ67件しか認定されていない奇蹟は、明らかに宝くじよりも恩恵を受ける確率は低いはずなのに、なぜかこんな感情が心を支配する人間の不思議さ。

この映画でも奇蹟を体験したクリスティーヌは手足が動かせず終始介護付き車椅子生活を半ば諦めて受け入れているような、どう見ても奇蹟に貪欲でない女性。
奇蹟が起きて手足が自由に動かせるようになっても、自分の足で歩くとか、パフェを自分のペースで思う存分食べるとか、密かに恋心を抱く介護ボランティアのクノとダンスを踊るといった、ごく普通のことしか望まない女性。

そんな彼女に奇蹟が起これば周囲はどんな反応を見せるか。
噂好きの中年女性2人は表面上は彼女に優しく、でも裏では「なぜ彼女に?信仰心も厚そうに見えないのに」と嫉妬心を抱く。
車椅子生活を送る病状の子を持つ母親は睨みにも似た羨望の眼差しを向ける。
「どうすれば奇蹟が起こるのか?」と奇蹟に貪欲だった老婦人は、まるで恩恵のおこぼれを待っているかのようにクリスティーヌの介護を買って出る。
介護ボランティアで人生を変えたいと言っていたのに男探しに明け暮れるマリアは、クリスティーヌの介護を途中放棄した自身の行いを恥じたのか、よりクリスティーヌと距離を開けてしまう。

奇蹟が起こるなんて、所詮は宝くじに当選することやボランティアリーダーのセシルが突然倒れてしまったことと似たような、いやそれ以下の確率で起こる事象。
ですから素直に「良かったね」とクリスティーヌに笑顔を向ければいいものを、これが七つの大罪の一つ「強欲」の恐ろしさなのか、それとも巡礼者たちのルルドの泉に託す思いの強さの現われなのか、ダンスの途中で倒れた彼女に対する周囲のあのあまり温かくない反応。

ラストシーンで、まるで奇蹟を受け入れることを諦めたかのように車椅子に腰を下ろすクリスティーヌ。
周囲の人間が奇蹟が起きたことを嫉妬心を抑えて受け入れることも、奇蹟を体験した人間がその奇蹟を受け入れることも、こんなにも難しいことなのか。

「なぜ彼女に?」「なぜ私に?」
これらの疑問は奇蹟の前ではある意味愚問なのかも知れません。

深夜らじお@の映画館には強運の欠片もないので宝くじは基本的に買いません。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

acideigakan at 18:00│Comments(6)clip!映画レビュー【ら行】 

この記事へのトラックバック

1. *『ルルドの泉で』* ※ネタバレ有  [ 〜青いそよ風が吹く街角〜 ]   2012年03月06日 22:00
2009年:オーストリア+フランス+ドイツ合作映画、ジェシカ・ハウスナー監督、シルヴィー・テステュー、レア・セドゥー、ブリュノ・トデスキーニ、エリナ・レーヴェンソン 出演。
2. ルルドの泉で/Lourdes  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2012年03月06日 22:11
奇蹟を起す泉があることで名高い聖地ルルドを舞台に描かれるヒューマンドラマ。手足の麻痺した主人公に起こる奇蹟と、それを目の当たりにした周囲の人間の心情をあぶりだす。主演は『サガン -悲しみよ こんにちは-』のシルヴィー・テステュー。共演に『ミッション・インポッ
3. ルルドの泉で・・・・・評価額1650円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2012年03月07日 17:37
奇跡を目の当たりにした時、人の心に去来するのは羨望、それとも戸惑いだろうか。 「ルルドの泉で」は、ダウナー系映画の巨匠ミヒャエル・ハネケに師事し、2001年に「Lovely Rita ラブリー・リタ」で長編デ...
4. 病いも奇蹟もなぜ私に!?『ルルドの泉で』  [ Healing ]   2012年04月11日 00:57
ルルドの泉で ★★★★4.2 なぜ、私が? そこに意味はあるのか? ようやく観てきました。年末からの念願でした。 すっかり観光地と化している、フランス南西部の巡礼の地ルルド。 聖母マリアの出現の地、聖なる泉として 病いの治癒と回復を求め、心身の安らぎを求める人たち
5. 『ルルドの泉で』 (2009) / フランス・ドイツ・オーストリア  [ Nice One!! @goo ]   2012年06月29日 09:12
原題: LOURDES 監督: ジェシカ・ハウスナー 出演: シルヴィ・テステュー 、レア・セドゥー 、ブリュノ・トデスキーニ 観賞劇場: アップリンクX 公式サイトはこちら。 昨年暮れに公開されていたのは知っていたのですが、年末年始がどうにも多忙で時間が取れず...
6. ルルドの泉で  [ いやいやえん ]   2013年06月24日 10:12
一応、宗教サスペンスとなっていますが…。 万病を治すとされる奇跡の地ルルドの巡礼ツアーに参加した多発性硬化症のクリスティーヌ。奇跡を願ったというよりは、観光気分。この巡礼にきた団体客の様子を淡々と描いている作品ですが、細かい色々な意味深さと静謐さがど

この記事へのコメント

1. Posted by KLY   2012年03月06日 22:15
あのおしゃべりばーさまたちはともかく、息子連れのお母さんなどは必死になっても無理は無いと思うし、何で私たちじゃないの?って思っても当然だと思うんですね。嫉妬に駆られるのも当然普通の人間だから。
結局神父様が言っていた「歩ける人が無条件であなたより幸せだと思うのですか?」これが真理なんだろうなと思ったりもします。
2. Posted by にゃむばなな   2012年03月07日 12:44
KLYさんへ

あの母子の切実さは分かるんですけど、結局「なぜ自分じゃないのか?」という疑問を抱いてもその答えなんてどこにも存在しないんですよね。
ここらの宗教的な意味合いに関してはどこか『ツリー・オブ・ライフ』にも通ずるところがあると思いましたよ。
3. Posted by ノラネコ   2012年03月07日 20:04
選ばれた者は「何故私?」と思い、選ばれなかった者は「何故私でないのか?」と思う。
奇跡という宗教的現象から浮かび上がるのは、人間性そのものという構造、なかなか見事でした。
4. Posted by にゃむばなな   2012年03月07日 20:33
ノラネコさんへ

人間の本質を宗教というファクターを通じて見せる巧さ。
本当に人間ってこんなもんなんだなぁ〜と思いましたよ。
5. Posted by rose_chocolat   2012年06月29日 09:14
こんにちは。TBさせていただきました。お忙しそうですね。
ちょっとTwitterも見て下さいね!
6. Posted by にゃむばなな   2012年06月29日 20:27
rose_chocolatさんへ

最近Twitterも頻繁に使うことがなくなっているので、また使う機会を増やすことにします。

それにしてもこの映画を見ると、奇蹟って何なんでしょうね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載