2012年03月07日

『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』

ブラック会社こんなブラック会社が実在しているのかとこの映画の前半を見て思う人は幸せ者です。こんな風にブラック会社でもみんなで頑張れるんだとこの映画の後半を見て思う人も幸せ者です。なぜなら現実のブラック会社の職場環境はこんなものではないから。
2ちゃんねるの書き込みから派生した作品ということで、ほぼ現実にあった話と捉えていいのでしょうが、でも世の中ってこんなに巧くいくのはごく稀な事例でしょう。

後輩をイビる無能な先輩、権力者に媚を売る小物、文句も言えなくなるほど虐げられた社員、自分の都合で同僚の経費さえボツにするオバハン、下克上を狙う新人。
私も以前勤めていた会社でこのような人たちに出会ったことがありますが、正直あの当時は毎日息が詰まる思いで出社してました。
仕事をしていないので時間があるのかと思って仕事を教えてもらいにいけばなぜか怒られ、仕方なく自分でやろうとすればまた別の社員から怒られる。いったい誰の指図に従えばいいのか分からないくらい、全員が別々の方向を見ているんですよね。

恐らくこういった人たちって、職場での閉鎖的な人間関係でしか自分の居場所を築けない、凄く可哀想な人たちなんだと思います。こういうパワハラを労働基準局やマスコミなど白日の下に晒されると何も出来ない小心者ちゃんだと思います。
だからこそ自分の肩書きや立場を利用して「自分が確実に勝てる相手」を作ろうとするのでしょう。
ですからこういうヤツは学校でイジメを行っているガキと同じ。この世から抹殺するべきだと思うんですよ。だってパワハラを受けた方は鬱病になったり、自殺を考えたり、マトモな生活ができなくなるほど精神的にボロボロになってしまうのですから。

またこういう小心者ちゃんたちは、これまでの人生で人間的に目標となる憧れの存在と出逢ったこともないのでしょうね。
人は誰しも人生において頼りがいある同性の先輩に出会い、憧れるものだと思います。だからこそ男は頼られる兄貴に、女は頼られる姉貴になることが人生で一番大事なことだと思うのですよね。
後輩が苦しそうに見えたら「仕事を俺に回せ!」と言える兄貴分、後輩が悩んでいたら「ちょっと息抜きしてみたら?」と言える姉貴分。そんな先輩たちに少しでも近づけるように日々後輩に頼られる存在へと成長していく。それが人として当たり前のことではないでしょうか。

世間の常識が一切通用しないのがこの会社の常識とか平気で言っている人はもはや職場にとって病原菌以外の何物でもないです。そしてそんな人たちが心を入れ換えるなんて、世間では凄く稀な話です。
ついでに言うと藤田さんみたいに良心的な方がブラック会社にいること自体も凄く稀です。実際は良心的に見えて一番の悪人だったりすることが多いですからね。

この映画は2ちゃんねるへの書き込みから派生した作品ということですが、それでもブラック会社の実態を知らない方が作られたからでしょうか、息が詰まる雰囲気もなければ、マ男クンがヤツれていくメイクもあまりなく、映画として見易いようにコミカルに描かれていますが、世の中はそんなに甘いもんじゃない!

劇中のセリフで「あんたらは他では使い物にならないんだよ!」というのがありましたが、あれはウソです。あれは小心者が自分の奴隷を逃がさないための脅し文句。実際は探せば必ず自分を使ってくれる会社はいくらでも見つかるものですからね。

てな訳で映画としてはそこそこ面白かったのですが、ただそれはあくまでもこの映画をコメディ作品として見た場合のお話。現実味のある話かどうかで見ると、稀に幸せな話でしたねで終わってしまう映画でした。

深夜らじお@の映画館はニートも低学歴も接し方一つでいくらでも化けると信じています。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!


acideigakan at 21:20│Comments(4)clip!映画レビュー【は行】 

この記事へのトラックバック

1. ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2012年03月07日 21:35
巨大掲示板2ちゃんねるに書き込まれた実話を映画化。“ブラック会社”と呼ばれる問題企業で働く元ニートの青年が成長していく様子を描いた作品だ。主演は『ホームレス中学生』の小池徹平。共演に『カフーを待ちわびて』のマイコ、『激情版 エリートヤンキー三郎』の池田鉄
21日公開の映画「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」 を鑑賞した。この映画は黒井勇人原作の映画で2ちゃんねるの書き込みから 生まれた実話に基づ ...
3. 「ブラック会社に勤めてるんだが、僕はもう限界かもしれない」涙 キターッ!  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2012年03月10日 10:20
久しぶりの再会を喜んで、りょうたと映画を観に行こうと思った。 「2012」と「クリスマスキャロル」とどっちがいい?と聞いたら、現在公開中の映画をしばらく検索して・・・・・ 「ブラック会社に勤めてるんだが、僕はもう限界かもしれない」が観たいとのたもうた。
4. No.226 ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない  [ 気ままな映画生活 ]   2012年03月11日 21:22
2ちゃんねるの書き込みから生まれた黒井勇人のスレッド文学を、「キサラギ」の佐藤祐市が映画化。主演は小池徹平。高校中退のニート・マ男は、母の死をきっかけにプログラマーとな ...

この記事へのコメント

1. Posted by KLY   2012年03月07日 22:37
そう、いますよね、こういうパワハラする小心者が。私も未だに「お前誰に向かって口利いてんだ、俺はお前の先輩だぞ!」などという、今時小学生も言わないようなセリフを吐く可哀想な人とお仕事しております(苦笑)
にゃむばななさんの言う通りで、この程度でブラック会社なら私の業界はどうしたら良いのか解りません。
2. Posted by にゃむばなな   2012年03月08日 09:59
KLYさんへ

うわぁ〜、そんな幼稚な発言をする人との仕事ってストレスが溜まりますよね。
どんだけ井の中の蛙やねん!って。
3. Posted by ノルウェーまだ〜む   2012年03月10日 10:18
にゃむばななさん☆
私の知り合いでも大手電機メーカーの開発部門にいた女性がやはり精神的に体調を崩してましたが、実際のところはこんな甘くないわけですよね。
へー!?と言いながら観ている私は幸せ者だったと改めて思いました。
4. Posted by にゃむばなな   2012年03月10日 10:35
ノルウェーまだ〜むさんへ

こんな状況はまだ精神的には甘いもんですよ。
体力的にはそりゃしんどいでしょうけど、社内に頼れる人がいるだけ幸せ。
そんな人もいない会社で働くことがどれだけ辛くしんどいことか。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載