2012年03月16日

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』

マーガレット・サッチャーメリル・ストリープ、アカデミー賞ノミネート17回を誇る女優の演技。
英国史上初の女性首相となったマーガレット・サッチャーの伝記映画としては全く深みも面白味もありませんが、オスカーを受賞した主演女優とメイクアップだけは見応えのある、退屈はしないけれど感動もしない、メリル・ストリープによるメリル・ストリープの映画でした。

認知症を患ってからの晩年のマーガレット・サッチャーが亡き夫デニスを想いながら、時折過去を振り返るという形で描かれていることもあって、ドラマとして全く盛り上がりがないどころか、一つ一つのエピソードも短いので感動もないこの映画。
要は若き日のマーガレット・サッチャーが政治家を志してから11年に及ぶ首相生活を終えるまでを、彼女の人生的にではなく歴史的に重要な部分だけ抜き取って描いているだけなんですよね。

ですから初の女性首相になる高揚感もなければ、フォークランド紛争を勝利に導いた際の苦悩もない。ただ労働党に変革を期待した女性議員が首相になり、あれこれやっただけの、酷い言い方をすれば、マーガレット・サッチャーに何の興味もない人間が撮った出来の悪い伝記モノ。
せめて彼女を美化するか批判するか、もしくはその判断を観客に委ねるかしてくれればいいものを、この女性監督が「鉄の女」になりきれなかったせいか、最後まで何が言いたいのか分からない映画になっていましたね。

ただ3体目のオスカーを手にしたメリル・ストリープの演技と、彼女を別人の老女優に見せるメイクアップは素晴らしいの一言。
特にメリル・ストリープの演技は誰の文句もつけようがないくらいに凄いです。アカデミーノミネート回数最多を誇る彼女ですから、まぁいつもの巧い演技ぐらいと思っていたら大間違い。マーガレット・サッチャーにもメリル・ストリープにも似た別の女優さんが演じているかのようでした。

しかし改めてマーガレット・サッチャー元首相の歴史的インパクトを考えると、やっぱり彼女は凄いと思いましたね。
古代日本における卑弥呼女王もそうでしたが、国家が危機的状況下にあるにも関わらず決断もできずにピーチクパーチク五月蝿く女々しい男共を一喝し、自分が正しいと思ったことを貫く女性ならではの意志の強さ。
昨今、女性が社会進出を果たし重要ポストを担う象徴でもあり、同時に男性よりも男らしく潔い女性の象徴でもあると思うのですよね。

でもその意志の強さが危機的状況下以外では裏目に出るのもある意味女性ならでは。
議長を罵倒したあの会議を見てもそうですが、成功すると自己満足に浸る男性とは違い、女性は成功すると周りに自分と同じ能力を求めてしまうところがそのまま出てしまっているんですよね。
鉄は新鮮な空気を入れて打ち直すたびに強くなりますが、新鮮な空気を拒絶し始めるとただの冷たい塊になってしまう。ソ連が皮肉を込めた「鉄の女」という表現は、良くも悪くもマーガレット・サッチャーという女性を巧く表現していたんですね。

てな訳で「ティーカップを洗うだけの人生を送りたくない」と言っていたマーガレット・サッチャーが亡き夫を想いティーカップを洗う彼女の複雑な女性心理をなぜにもっと描かなかったのかと思えた映画でした。

深夜らじお@の映画館はかつて土井たか子首相誕生を望んでいた一人です。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/The Iron Lady  [ マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/The Iron Lady: LOVE Cinemas 調布 ]   2012年03月16日 15:14
第84回アカデミー賞で主演のメリル・ストリープが3度目のオスカーを獲得した作品。
2. 劇場鑑賞「マーガレット・サッチャー鉄の女...  [ 日々“是”精進! ]   2012年03月16日 15:33
「マーガレット・サッチャー鉄の女の涙」を鑑賞してきました主演のメリル・ストリープがみごとアカデミー主演女優賞を獲得した伝記ドラマ。男勝りの決断力とリーダーシップで“鉄の...
3. 映画:マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 The Iron Lady 認知症に苦しむ元首相が回想する1980年代。  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2012年03月16日 16:05
11年もの間(1979〜1990年)イギリス初の女性首相を務めた マギー・サッチャーを描く。 まずユニークなのが、あくまでも「現在」を中心に、彼女を描いていること。 認知症に苦しむ日々がベースになっており、「回想」という形で彼女の栄光・挫折が挟み込まれる。 生存...
4. マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙  [ 悠雅的生活 ]   2012年03月16日 17:05
今は昔。真珠の首飾り。Shall we dance?
5. マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙  [ Akira's VOICE ]   2012年03月16日 17:17
切なさしか残らない!  
6. マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙  [ 象のロケット ]   2012年03月16日 17:29
ひとり静かに余生を過ごすマーガレット・サッチャー。 8年前に他界した夫デニスは今もまだ彼女の側におり、食卓に現れたり、ビデオを一緒に見たりしている。 彼女は両親と暮らしていた娘時代や夫との出会い、結婚生活、そして“鉄の女”として世界中にその名をとどろかせた
7. マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙  [ 心のままに映画の風景 ]   2012年03月16日 22:00
英国初の女性首相となったマーガレット・サッチャー(メリル・ストリープ)は、80歳を過ぎ静かに晩年を送っていた。 夫デニス(ジム・ブロードベント)は既に他界したが、今もまだマーガレットの幻想の中...
8. マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/ THE IRON LADY  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2012年03月16日 22:18
ランキングクリックしてね ←please click 主演のメリル・ストリープが英国女首相、マーガレット・サッチャーをそっくりに演じ アカデミー賞主演女優で3度目のオスカーをとった事でも話題。  おめでとー 監督は、ミュージカル映画「マンマ・ミー...
9. マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2012年03月16日 22:48
政治家になった1959年(34歳)からほぼ現在までをメリル・ストリープが演じている。政治家だった現役時代は本人そっくりだし、老けメイキャップをしてからの演技はまさに気迫が溢れている。鉄の女としての戦いを主題にすれば、もっとダイナミックな映画になっていた。
10. マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙  [ うろうろ日記 ]   2012年03月16日 23:23
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】サッチャーさんの首相になるまでの道の
注・内容、台詞に触れています。英国史上初の女性首相の生涯(ある一面)を描いた『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』監督はフィリダ・ロイド。出演は本作によってアカデミー主演女優賞を受賞したメリル・スト
12. マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙  [ ハリウッド映画 LOVE ]   2012年03月17日 21:18
原題:The Iron Lady監督:フィリダ・ロイド出演:メリル・ストリープ、ハリー・ロイド、ジム・ブロードベント、アンソニー・ヘッド・・・「鉄の女」を見たかったのよ!
13. マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙  [ 新・映画鑑賞★日記・・・ ]   2012年03月17日 23:10
【THE IRON LADY】 2012/03/16公開 イギリス 105分監督:フィリダ・ロイド出演:メリル・ストリープ、ジム・ブロードベント、オリヴィア・コールマン、ロジャー・アラム、スーザン・ブラウン、ニック・ダニング、ニコラス・ファレル、イアン・グレン、リチャード・E・...
(英題:The Iron Lady) ----ニャんだか難しい顔をしているニャあ。 「うん。 どこから話そうか。 この映画、題材からしてちょっと不思議だったんだ。 マーガレット・サッチャーという いまも存命中の女性政治家を描くことの意味が まずよく分からなくて…。 それ以前に..
15. 映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」感想  [ タナウツネット雑記ブログ ]   2012年03月18日 00:03
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」観に行ってきました。 イギリス初の女性首相であるマーガレット・サッチャーの豪腕政治と知られざる素顔にスポットを当てた、メリル・ストリープ主演の人間ドラマ作品。 2008年に長女のキャロル・サッチャーにより認知症を
16. マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2012年03月18日 02:26
評価:★★★☆【3,5点】(10) ドラマよりもメリルの老けメイクに唸ってしまう。
17. 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2012年03月18日 09:36
3つ目のオスカー像を手にしたメリル・ストリープ。マーガレット・サッチャーの孤独の闘いを見事に演じており、納得の受賞と感じる。かなり強引なところもあるけれど、優柔不断な今の日本に欲しいと感じるリーダーの
18. 現代社会のパイオニア。『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2012年03月18日 18:12
イギリス初の女性首相として強力なリーダーシップを発揮したマーガレット・サッチャーの物語です。
19. 映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」  [ FREE TIME ]   2012年03月18日 22:29
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」を鑑賞しました。
20. マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/THE IRON LADY  [ いい加減社長の映画日記 ]   2012年03月19日 06:50
メリル・ストリープが、「鉄の女」を、どう表現するのかに、興味があって・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 夫デニスを亡くして8年、ようやく始めた遺品整理の手を止めてマーガレットは遙か昔を振り返る。 勤勉で雄弁な父を尊敬して育った小さな雑貨商の娘...
21. 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 日英の大きなギャップ  [ 映画のブログ ]   2012年03月20日 10:12
 うまいオープニングだ。映画はあり得ないようなシチュエーションではじまり、観客をギョッとさせる。  なんと老いたマーガレット・サッチャーがスーパーのレジに並び、ミルクを買っているのだ。首相経験者...
22. マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2012年03月21日 10:13
【=15 -0-】 昨日、無事に当労組の春闘が妥結した、賃金制度維持が精一杯だったが、委員からはよくやったと褒めて貰えている、でも・・・。 で、この映画、メリル・ストリープがアカデミー賞で主演女優賞を受賞したことで見たくなった。 しかしサッチャーという人に関して...
23. 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」女は強し!  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   2012年03月23日 12:07
[マーガレット・サッチャー鉄の女の涙] ブログ村キーワード  "第84回アカデミー賞・主演女優賞受賞”「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」(GAGA★)。英国史上初の女性宰相にして“鉄の女”と称された辣腕政治家の半生を、名女優メリル・ストリープが熱演しております。
24. 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2012年03月24日 08:42
□作品オフィシャルサイト 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」□監督 フィリダ・ロイド□脚本 アビ・モーガン□キャスト メリル・ストリープ、ジム・ブロードベント、オリヴィア・コールマン、ロジャー・アラム、       スーザン・ブラウン、ニック・ダ
25. マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙   評価★★★65点  [ パピとママ映画のblog ]   2012年03月24日 19:52
その強い信念により強力なリーダーシップを発揮した英国史上初の女性首相“鉄の女”マーガレット・サッチャーの姿を描く「マンマ・ミーア!」のフィリダ・ロイド監督作。出演は「恋するベーカリー」のメリル・ストリープ、「家族の庭」のジム・ブロードベント。 あらすじ:.
26. マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙  [ だらだら無気力ブログ! ]   2012年03月25日 00:33
メリル・ストリープの演技が全て。
強いリーダーシップで国を率いた、イギリス初女性首相の半生。 と、思ってたら。 なんていうのかな〜。 コレサッチャーじゃなくてもよかったんじゃね?(いきなり暴言) ゴーストになってしまったダーリンが 愛する妻を見守っているおはなし。 はたからは認知症といわ...
28. [映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』を観たけど、寝た^^;(超短信)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2012年03月26日 06:22
☆ここ最近では珍しい「一週間振り」の映画鑑賞であった。  あまり、『マーガレット・サッチャー』にはドラマチックな展開を期待していなかったが、それでも作り手が無難に、そして、ベタに盛り上げてくれることは期待しつつ、母親と映画館に赴いた。  最初、老境に入...
29. マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙  [ 映画とライトノベルな日常自販機 ]   2012年03月27日 09:10
★★★★”闘いのトラウマと亡き夫の幻に翻弄される老女の物語”この物語の主人公は、首相時代のマーガレット・サッチャーではなく、政界から引退し年老いて認知症を患っているマーガレット・サッチャーだと自分は思っています。 冒頭のストアのシーンでは、単に牛乳を買うと
30. 壮烈かつ無常な人生〜『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』  [ 真紅のthinkingdays ]   2012年03月30日 19:21
 THE IRON LADY  ロンドン。雑貨店でミルクを買い求める一人の老女がいた。彼女の名はマーガ レット・サッチャー(メリル・ストリープ)。帰宅した彼女が朝食の席で話しかける のは、亡...
31. マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/THE IRON LADY  [ ゴリラも寄り道 ]   2012年03月31日 00:10
<<ストーリー>> 1979年、父の教えである質素倹約を掲げる保守党の マーガレット・サッチャー(メリル・ストリープ)が女性初のイギリス首相となる。 “鉄の女”の異名を取るサッチャーは、財政赤字を解...
32. マーガレット・サッチャー  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2012年03月31日 18:35
 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)クマネズミは、元来、伝記物は嫌いですが(取り上げる人物を美化するだけに終わってしまいますから)、この作品は、長年見続けてきているメリル・ストリープ(注1)がアカデミー賞主演女優...
33. マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙  [ 映画 K'z films 2 ]   2012年04月01日 22:06
Data 原題 THE IRON LADY 監督 フィリダ・ロイド 出演 メリル・ストリープ  ジム・ブロードベント  オリヴィア・コールマン  ロジャー・アラム  スーザン・ブラウン 公開 2012年 3月
34. マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2012年04月15日 12:55
2012年4月14日(土) 16:35〜 TOHOシネマズ日劇3 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』公式サイト メリル・ストリープが、あまり好きでないので観るのを躊躇していたが、結局メリル・ストリープに尽きる作
35. マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙  [ C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜 ]   2012年06月17日 23:15
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 11:イギリス ◆原題:THE IRON LADY ◆監督:フィリダ・ロイド「マンマ・ミーア!」 ◆出演:メリル・ストリープ、ハリー・ロイド、ジム・ブロードベント ◆STORY◆夫デニスを亡くして8年、ようやく始めた遺品整理の手を止めてマーガ
36. マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙  [ いやいやえん ]   2013年05月18日 10:04
「教えて。あなたは幸せだった?」 政治に疎い私なので、当たり前ながら「しまったこれは調べてから観るんだった」と後悔。色々な世情が全くわからないです、ともすれば、主人公であるマーガレット・サッチャーって誰?からはじまってしまいます^;(英国初の女性首相

この記事へのコメント

1. Posted by KLY   2012年03月16日 15:19
お見事な演技としか言いようが無いですね。ただこれだけの演技で主演女優賞を獲っているのに作品賞はノミネートすらないのですから、いかに作品全体としては微妙だったのかが覗われます。
サッチャー現役時代の知られざる姿のホンの一部は描かれていましたが、私としては認知症のシーンなど最初と最後だけでいいので、鉄の女バリバリの時代をずっと見たかったですよ。
2. Posted by BROOK   2012年03月16日 15:39
アカデミー主演女優賞を獲得しただけはある作品でしたね。
メリルの演技は凄過ぎ。

私はサッチャーをあまり知らない世代なので、
結構興味深く観ることが出来ました。
3. Posted by にゃむばなな   2012年03月16日 17:03
KLYさんへ

ほんま、役者だけが頑張っていた映画でしたね。
私もサッチャー時代を知る者として、やはり鉄の女バリバリ時代をもっと見たかったです。
4. Posted by にゃむばなな   2012年03月16日 17:04
BROOKさんへ

私はサッチャー時代を知る世代なので、やはりこの映画で描かれる姿はあまりにもほんの一部すぎましたね。
もっと彼女のあれやこれやを知りたかったですよ。
5. Posted by 悠雅   2012年03月16日 17:10
予告のイメージでは、穏やかな晩年の回想による、現役時代の再現と思っていたのですが、
全くテーマが違っていましたね。
主演女優賞やメイクアップ以外に目立ったノミネートがなかったことや、上映時間が短いのも気になってたんですが。
ただ、彼女は自分の人生は幸福だったと思えるのだろうか、とばかり思ってしまいました。
6. Posted by にゃむばなな   2012年03月16日 17:20
悠雅さんへ

彼女の人生が幸せだったかどうかだけは、彼女が人生を終える瞬間にしか出せない答えですからね。
でもイギリス史を振り返ると夫に支えられ国家を立て直そうとしたヴィクトリア女王は幸せな人生を送られたと思うので、個人的にはサッチャー元首相も基本的には幸せだったと思いたいですね。
7. Posted by AKIRA   2012年03月16日 17:21
メリル・ストリープの自己アピール映画でしたね。w

それだけしか感想が出てこない。。
8. Posted by にゃむばなな   2012年03月16日 17:22
AKIRAさんへ

オスカーを受賞した主演女優とメイクアップだけを堪能する映画。
一言で言うとそんな感じですね。
9. Posted by kajio   2012年03月16日 17:56
どーやら、昨年最優秀主演女優賞を獲得した『ブラック・スワン』とはかなり趣が違う作品みたいですね(^_^;

まだヒューゴ〜の感想も書いてないし、こちらは後回しかなぁ…

10. Posted by にゃむばなな   2012年03月16日 19:18
kajioさんへ

『ブラック・スワン』とは真逆の映画でしたね。
主演女優の凄さと作品の凄さが釣り合ってませんでしたわ。
11. Posted by オリーブリー   2012年03月17日 00:15
世界中に知れ渡っている政治家サッチャーの映画なんだから、仰るように、その辺での高揚感がある作品は期待しますよね。
良いも悪いも二分した人だと思うので、その苦悩とかね、、、
それはまだ映画にはできないのかな。

まあでも、メリルの成り切りのお芝居でおまけの帳消しです^^笑。
12. Posted by にゃむばなな   2012年03月17日 20:19
オリーブリーさんへ

やはりご存命の方を描くのは難しいということなんでしょうかね。
もっと彼女の評価について描いても良かったと思うのですが。
メリル・ストリープの好演がちょっともったいないなぁ〜。
13. Posted by えふ   2012年03月17日 21:17
サッチャーの伝記として楽しみにしていたのですが、
晩年の彼女が軸になっていて、
一番見たかった“鉄の女”の姿が薄くて残念でした。
なんか、中途半端な作品でしたね。
14. Posted by yukarin   2012年03月17日 23:17
こんばんは♪
これメリル・ストリープだから良かったものの、映画としての面白さはいまひとつでした。
現役時代がもっと見たかったです。
15. Posted by にゃむばなな   2012年03月18日 09:11
えふさんへ

そうですよね。最も期待していた現役時代の描写が少なすぎますよね。
中途半端に感じるのもよく分かりますわ。
16. Posted by にゃむばなな   2012年03月18日 09:12
yukarinさんへ

これで主演女優が普通だったら、何にも見所のない映画になっていたでしょうね。
良くも悪くもメリル・ストリープに助けてもらったって感じですわ。
17. Posted by たいむ   2012年03月18日 09:34
なんでしょうね?
私も作り手のサッチャーに対する愛が感じられない映画に感じました。
もはや本音を聞き出すことも不可能なわけで、遠慮するくらいならば思いっきり装飾するくらいが良かったかも??
18. Posted by にゃむばなな   2012年03月18日 15:47
たいむさんへ

サッチャー元首相に対する何らかの評価を下さぬまま映画を作ってしまっているのがダメでしたよね。
ほんま、遠慮するくらいなら思いっきり自分の意見を投影させたらいいのに!って思いますよ。
19. Posted by FREE TIME   2012年03月18日 22:50
こんばんは。
私も鑑賞して来ました。
メリル・ストリープは本物のサッチャーになりきっていましたね。
ただ、ストーリーは本人のイギリス首相としての約11年を淡々とつづっているようでした。
今の日本の首相は1年すらもたないので、10年以上もイギリス首相を務めていたなんて、ある意味凄いです。
20. Posted by にゃむばなな   2012年03月19日 09:20
FREE TIMEさんへ

そうそう、11年間もあのイギリスを率いてきた「鉄の女」の部分をもっと見たかったですよね。
夫との愛を描くのも大切ですが、観客がこのタイトルから求めていたものは違ってましたからね。
21. Posted by mori2   2012年03月23日 12:12
確かに映画としては、かなり平板で正直退屈な作りとなってましたね。吾輩も、何度かトリップしそうになっちゃいましたわ(^^;。

とにかくメリルの存在感が、とてつもなかったと言うことだけは、間違いなかったですね。
22. Posted by にゃむばなな   2012年03月23日 14:37
mori2さんへ

このタイトルから観客が求めるものと監督が描きたいものとの差があまりにも大きすぎましたね。
鉄の女の部分があまりにも少なかっただけに本当に眠い映画でしたわ。
23. Posted by えい   2012年04月03日 19:12
エピソードの一つ一つがぶっちぎれていた感じ。
もしかして、これも後年、認知症に悩む彼女の
切れ切れの回想ということからでしょうか?
元夫の言葉が切ない、
人間、最後はみんな同じと言われているような、
あまり楽しくはない映画ではありました。
24. Posted by にゃむばなな   2012年04月03日 20:23
えいさんへ

マーガレット・サッチャーを描くからこその映画になっていないのが残念でしたね。
人間、最後はみな同じなのは分かりますが、でもこの鉄の女をそういう風には描いてほしくなかったですね。
25. Posted by zebra   2013年02月15日 20:55
サッチャーの政治家としての実績は すばらしいが あくまで それは 彼女の"光"の面

 孤独な面は彼女の"影"の面。あまり知られない部分 あるいは知られたくない、知る価値がない部分だってあるから・・・

ストリープ演技は さすが女性版デニーロと言われるほど役のリサーチ振り。彼女の演技にデニーロも認めるのも 当然だなと 思いました。

 とある偉大な親を持つ七光り子ども特集で
サッチャーは 双子の息子と娘で 息子"マーク"を溺愛して "娘"キャロルは そっちのけのえこひいき愛情だったそうです。

息子のマークは甘やかし放題が災いしたのか
アフリカ大陸の 「パリ・ダカール レース」で行方不明になった際 サッチャー首相は あわてふためき、国家予算の日本円で2億円つぎこんで捜索したら レースを勝手にリタイヤして  砂漠の中 テント張って のほほんと待ってたそうです。 そして 母マーガレットに対し、

 「SORRY、MOMMY」 (ママ、ごめんな〜) と新聞の見出しになっちゃいました・・・・
アホ・・・・(><)

 この騒動が きっかけで、イギリス中が マークのろくでなしぶりが表面化し、サッチャー首相にイギリス国内中から非難を浴びたんです。
 
 育て方を間違えた サッチャーの汚点・・・
でも、そういうのも ひっくるめて "サッチャー"なんです。
26. Posted by にゃむばなな   2013年02月15日 22:28
zebraさんへ

国費を使ってまでアホ息子を迎えに行く。それを実行するのもある意味鉄の女にしか出来ない所業かも知れませんね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載