2012年04月14日

『ジョン・カーター』

ジョン・カーター「オタク世代は振り向かないし、家族連れには気味が悪過ぎる。ディズニー・ブランドを冠しておいてランクはPG13。一体誰に見てほしい映画なのか分からない」という酷評通りの映画でした。
決して駄作ではないのですが、北米での興行大失敗によりギネス登録も夢ではない約2億ドルの大赤字になるのもある意味納得。赤字解消には全世界で6億ドルの興収が必要だそうですが、まぁムリでしょうね。

パラマウントでの映画化企画など紆余曲折を経て、ウォルト・ディズニー生誕110周年記念作として作られたこの映画。
『スター・ウォーズ』や『アバター』など数多くのスペース・オペラ作品に多大なる影響を与えたSF小説「火星のプリンセス」の映画化なので、サーク族などの宇宙人の造形や太陽光で動く飛行船に既視感を覚えようが、ウーラという御玉杓子みたいな宇宙犬がジャバ・ザ・ハットに似ていようが、これは映像化された順番の都合上仕方ないことなのですが、ただどれもヲタク世代も家族連れも振り向かないうえにグッズ化もできないような中途半端で気味悪い造形ばかり。

しかも実写映画初挑戦のアンドリュー・スタントン監督がアニメ作品の時と同じ間合いの演出をしているせいで映画全体としてリズムが悪いうえに、老け顔ヒロインの王女デジャーと間抜け主人公ジョン・カーターのラブロマンスにも全く魅力がないので、正直なところこの映画に見所という見所が全く見当たらないんですよね。

特にジョン・カーターの間抜けぶりと映画全体のリズムの悪さが見事にリンクする後半は酷いというよりも退屈。
第9光線とかマタイなどの世界観の説明は中途半端。タルス・タルカスとソラの父娘愛も薄っぺらい。ジョンに大白猿を仕向けた傲慢族長は弱すぎて文字通り話にもなりませんでしたし、デジャーの政略結婚阻止に急いでいる割にジョンは攻め込む場所を間違える間抜けぶり。

さらにそれだけでなく、マタイ・シャンに逃げられ「戦いはまだ終わっていない」と言っていたジョンがデジャーとの初夜に酔いしれて呆気なくマタイ・シャンに地球に送り返されるくだりは、もはやアホ以外に何者でもない情けなさ。

結局バルスームという名の火星に戻りたいがために地球の秘境で転送メダルを探し出し、追手のマタイをおびき寄せるために甥のエドガーを利用するだけ利用して自分の財産は25年間使わせずに自分の身体だけは守るようにと言いつけを残すジョンは、単なる下半身が緩い男であるというだけで何の魅力もないんですよね。
亡くなった妻や娘を想うシーンも短ければ、エドガーに感謝するシーンもなく、ただ早くデジャーのところに戻って腰を振りたいだけ。

悩みもない、魅力もない、リズムもない、見所もない、話題性もない、印象的なシーンもない。だから記憶にも残らない。けれど2億ドルの大赤字という記録だけは残るこの映画。
決して駄作ではないですし、何も考えなければ十分楽しめる要素もたくさんありますが、ただ「オタク世代は振り向かないし、家族連れには気味が悪過ぎる。ディズニー・ブランドを冠しておいてランクはPG13。一体誰に見てほしい映画なのか分からない」という的確な酷評通りの映画でした。

そういえば、ラストで「創造の先駆者スティーブ・ジョブズに捧ぐ」という一文にはこの映画とどんな意味があるのでしょうか?

深夜らじお@の映画館は鑑賞終了後3分でこの映画の記憶が消えかけました。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

この記事へのトラックバック

1. ジョン・カーター/John Carter  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2012年04月14日 22:03
エドガー・ライス・バローズの小説「火星」シリーズの「火星のプリンセス」を映画化。地球から火星へと転送された主人公が、現地で恋した女性のために戦う姿を描いたファンtナジーアドベンチャーだ。主演は『バトルシップ』のテイラー・キッチュ。日本では本作と2作同時に
2. ジョン・カーター IMAX-3D 字幕版/テイラー・キッチュ  [ カノンな日々 ]   2012年04月14日 22:23
エドガー・ライス・バローズのSF小説『火星のプリンセス』を原案に『ファインディング・ニモ』『ウォーリー』のアンドリュー・スタントン監督が自身初の実写作品として映画化した ...
3. ジョン・カーター  [ あーうぃ だにぇっと ]   2012年04月14日 23:01
ジョン・カーター (C) 2011 Disney. JOHN CARTER TM ERB, Inc.
4. 映画「ジョン・カーター(3D版)」感想  [ タナウツネット雑記ブログ ]   2012年04月15日 00:05
映画「ジョン・カーター(3D版)」観に行ってきました。 ジョージ・ルーカス監督の「スターウォーズ」シリーズや、ジェームズ・キャメロン監督の「アバター」の原点になったとされる、エドガー・ライス・バローズの小説「火星」シリーズの最初の作品「火星のプリンセス」
5. 劇場鑑賞「ジョン・カーター」  [ 日々“是”精進! ]   2012年04月15日 06:51
「ジョン・カーター」を鑑賞してきました3D吹き替え版を。「スター・ウォーズ」などに代表される“スペース・オペラ”の原点とも呼ばれるエドガー・ライス・バローズの古典的傑作...
6. 『ジョン・カーター』 原作に反するピクサーの流儀  [ 映画のブログ ]   2012年04月15日 21:25
 トム・クルーズが主演する!  大好きな小説の映画化には懐疑的な私が、『火星のプリンセス』の映画を観てみたいと思ったのは、『ダイ・ハード』のジョン・マクティアナンが監督し、主人公ジョン・カーター...
7. ジョン・カーター  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2012年04月15日 22:40
評価:★★☆【2,5点】(10) たぶん5分に1回は寝てた(苦笑)
8. ジョン・カーター  [ Akira's VOICE ]   2012年04月16日 19:20
全然ワクワクしなかった・・・  
9. ジョン・カーター  [ 象のロケット ]   2012年04月16日 21:03
1881年、ニューヨークの大富豪ジョン・カーターが亡くなった。 甥のエドガー・ライス・バローズに残した日記には、想像を絶する彼の“体験談”が書かれていた。 …13年前、ジョンは洞窟から瞬間移動し未知なる惑星“バルスーム”に迷い込む。 そこには身長約3mの緑色人サ
10. ジョン・カーター  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2012年04月17日 14:29
3Dで観たら、主人公のジャンプするように自分も飛んでいた。犬みたいになつくナマズちゃんが可愛く思えてきた。火星と地球を行き来出来たらと思った。火星の世界観が大変よく出来ていた。面白かった。
11. 「ジョン・カーター」  [ NAOのピアノレッスン日記 ]   2012年04月17日 23:20
〜愛する家族を失い、地球から姿を消した男〜2012年   アメリカ映画     (2012.04.13公開)配給:ディズニー           上映時間:133分監督:アンドリュー・スタントン原作:エドガー・ライス・バローズ 『火星のプリンセス』(創元SF文庫...
12. 「ジョン・カーター」  [ 大吉! ]   2012年04月18日 01:45
<火曜日> (4月16日・ユナイテッドシネマ・ポイント鑑賞・2D吹替版・15時15分〜) 1881年、エドガー・ライス・バローズは叔父ジョン・カーターから急を知らせる電報を受け取り駆けつけるが、すでに叔父は帰らぬ人となっていた。莫大な遺産と共にエドガーに遺された...
13. ジョン・カーター3D 評価★★★65点  [ パピとママ映画のblog ]   2012年04月21日 18:59
SF作家エドガー・ライス・バローズが生んだ主人公ジョン・カーターは、その後のSFヒーローの原点となったアイコン的存在だ。『アバター』や『スター・ウォーズ』誕生に大きな影響を与えた1912年発表の傑作「火星のプリンセス」を原作に、『ファインディング・ニモ』『ウォ...
14. ジョン・カーター  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2012年04月25日 00:28
2012年4月21日(土) 18:20〜 TOHOシネマズ川崎7 料金:300円(シネマイレージカード ポイント利用+3D料金メガネ持参) パンフレット:未確認 『ジョン・カーター』公式サイト エドガー・ライス・バローズの火星シリーズが原作。これは超古典なのだが、何故にこれな
15. ジョン・カーター  [ だらだら無気力ブログ! ]   2012年04月28日 22:35
タイトルは原作のままで行ったほうが良かったんじゃない?
16. ジョン・カーター (3D吹替版)  [ 新・映画鑑賞★日記・・・ ]   2012年05月01日 23:22
【JOHN CARTER】 2012/04/13公開 アメリカ 133分監督:アンドリュー・スタントン出演:テイラー・キッチュ、リン・コリンズ、サマンサ・モートン、マーク・ストロング、キアラン・ハインズ、ドミニク・ウェスト、ジェームズ・ピュアフォイ、ダリル・サバラ、ポリー・ウ...
17. 『ジョン・カーター』(2012)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2012年05月02日 00:31
<ウォルト・ディズニー生誕110周年記念作品>でありながら、映画史上最大の赤字映画などという不名誉な記録を打ち立てそうだということで、どれだけつまらない作品なのだろうと戦々恐々としていたのですが、なんだ、普通に面白いじゃないの。 原作は<地底世界(ペル
18. 映画『ジョン・カーター』 観てきた(*^。^*)  [ よくばりアンテナ ]   2012年05月03日 18:34
やっと観てきました(^^)V なかなか面白かったですよ〜〜 ジョージ・ルーカスの『スター・ウォーズ』シリーズ、 ジェームズ・キャメロンの『アバター』に影響を与えたという エドガー・ライス・バロ...
19. ジョン・カーター  [ みすずりんりん放送局 ]   2012年05月12日 13:05
 『ジョン・カーター』を観た。  【あらすじ】  1881年のニューヨーク−ジョン・カーター(テイラー・キッチュ)という名の大富豪が謎の死を遂げる。  愛する妻と娘を失って以来、他人とのつきあいを絶ってきた彼は、甥のエドガー・ライス・バローズ(ダリル・サ...
20. 『ジョン・カーター』3D 2012年32本目 チネ・ラヴィータ  [ 映画とJ-POPの日々 ]   2012年07月23日 21:53
『ジョン・カーター』 100年前に書かれた古典SFの名作『火星のプリンセス』を、100周年のディズニーが映画化。 バルスームこと火星を舞台にした、SFと云うよりも、異世界(異星だけ ...
21. ジョン・カーター  [ いやいやえん ]   2012年08月28日 09:53
主人公に華がない。バルスームもバスルームにしか見えないし(私が頭悪いのか)。伝説的SF小説「火星のプリンセス」を原作とした王道なヒーローアクションもので、しかしぼろくそに言われてた割には結構面白かったなー。こういった王道ものは私嫌いではないのです。 古
22. 『ジョン・カーター』’12・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2012年09月09日 22:07
あらすじ1881年、ニューヨーク。エドガー・ライス・バローズは叔父ジョン・カーターから多額の遺産と一冊の日記を遺される・・・。解説ウォルト・ディズニー生誕110周年記念作品...
23. 『ジョン・カーター』’12・米  [ 虎団Jr. 虎ックバック専用機 ]   2012年09月09日 22:09
あらすじ1881年、ニューヨーク。エドガー・ライス・バローズは叔父ジョン・カータ
24. ジョン・カーター  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2013年02月10日 08:11
【解説】 SF作家エドガー・ライス・バローズが生んだ主人公ジョン・カーターは、その後のSFヒーローの原点となったアイコン的存在だ。『アバター』や『スター・ウォーズ』誕生に大きな影響を与えた1912年発表の傑作「火星のプリンセス」を原作に、『ファインディング・ニ...

この記事へのコメント

1. Posted by KLY   2012年04月14日 23:24
色んな要素はあるんですよね。でも全部ちょっとづつ齧るだけ。それの羅列だからこの映画はこれだ!ってのが何も無い。テイラーじゃなくてこれがサム・ワーシントン辺りなら、筋肉バカアクションとしても楽しめるのでしょうけど、別にそういうわけでもないですしね。
確かに映像観てたら金はかかってるなと思います。でもそれをもう少し脚本家に振り向けた方がよかったかな。
2. Posted by BROOK   2012年04月15日 07:06
たしかに駄作ではないですし、まずまずの面白さがあるとは思うのですが…
それでも、赤字になるのは納得の作品でした。

いろいろな設定を出したものの、
あまり回収しきれていない印象があります。
全3部作を予定していたようで、これから描かれるはずだったのかもしれません。
3. Posted by にゃむばなな   2012年04月15日 10:08
KLYさんへ

確かにサム・ワーシントン辺りなら「これだ!」という筋肉バカアクションシーンは撮れそうですね。
その点、テイラー・キッチュはインパクトがあまりありませんからね〜。
だからこそ脚本で何とかカバーしてほしかったですよ。
4. Posted by にゃむばなな   2012年04月15日 10:10
BROOKさんへ

シリーズ化はできるんでしょうかね〜。
過去に『ライラの冒険』が北米での興行不振で続編製作がなくなりましたからね。
2作目はワーキング・タイトルが作るって言ってますけど、本当かな〜。
5. Posted by AKIRA   2012年04月16日 19:20
見どころがこれといって見当たらない映画でしたね・・・

これほどワクワクしないSFものは久しぶりです。w
6. Posted by にゃむばなな   2012年04月16日 20:22
AKIRAさんへ

本当に誰に見てもらいたいのか分からない映画でした。
ディズニーはマーケティングリサーチとかしないのかな〜。
7. Posted by kut   2012年05月01日 21:17
ピクサー社初の実写映画。トイストーリーで有名なジョブズの会社だけど、ジョンカーターでは実写とCGをシームレスに融合した技術が素晴らしく、SFの世界に違和感なくのめりこめるところが凄い。スティーブ・ジョブズのもう一つの遺作と評価できる作品。
8. Posted by にゃむばなな   2012年05月01日 21:43
kutさんへ

映像としては無問題なんですけど、映画としては問題ありって感じでしたよ。
9. Posted by yukarin   2012年05月01日 23:26
こんばんは♪
今さらですが観てきました。
全くわくわく感がなかったですし普通でした。
映像はキレイなのですがお話がいまいち盛り上がりに欠けました^^;
好きな設定なんですけどね...キャストに魅力がない???
10. Posted by にゃむばなな   2012年05月02日 16:25
yukarinさんへ

一番の敗因はやっぱりキャストの魅力じゃないですかね?
映像の凄さは言わずもがなですし、お話も様々なスペースオペラの原点ですから、それを差っ引いてもと考えると、そうなるのかな〜。
11. Posted by きさ   2012年05月02日 16:40
史上最大の赤字作になる可能性があるという事もあってか評判悪いですが、私は面白く見ました。
原作はうん十年位前に読みましたが、かなり古めかしいハナシなので映画では相当改変してますね。
そこは色々工夫したなという感じ。
ただ、改変して面白くなった所と矛盾した所がありますね。
個人的にはやはりデジャー・ソリスは絶世の美女なのでちょっとイメージが違うかな。
昔の創元文庫版の武部本一郎さんのイラストの印象が強いので、あのイメージ生かして欲しかったです。
とはいえさすがにお金がかかっていて特に美術の豪華な世界観を楽しみました。
原作と同じく、原作者のバローズが登場するのも楽しかったです。
12. Posted by にゃむばなな   2012年05月02日 16:48
きささんへ

なるほど、原作から改変している部分の評価がちと厳しい訳ですな。
まぁデジャー・ソリス役に絶世の美女を探し出すのも、製作側としては難しかったのかも知れませんね。
なんせ予算は限られてますから、有名女優には出てもらえないでしょうし。
13. Posted by dddansan   2012年05月03日 23:35
面白かったですね。原作のゆったりした空気が感じられ、懐かしかったです。真摯に作られた作品で好感が持てました。続編を観たいのですが、そんなに評判良くないんですね(^^;;
14. Posted by にゃむばなな   2012年05月04日 09:27
dddansanさんへ

そっか〜。原作を読んでいらっしゃる方だとまた感じ方が違ってくるんですね。
私はアメリカでの興行失敗ノニュース先行で見てしまったのですが、なるほど「懐かしかった」という感想は私には凄く新鮮でした。
15. Posted by みすず   2012年05月12日 13:06
こんにちは!

面白くないと聞いてみたせいか、思ったよりは楽しめたかな。
とにかく、小さなジャバ似のわんこ風なのが可愛くて、お気に入りです^^
彼が元気で良かった♪
16. Posted by にゃむばなな   2012年05月12日 14:47
みすずさんへ

前評判の悪さを聞いていたほどではなかったのですが、まぁ予算云々を考えるとどうなのかな?という映画でしたね。
でもまぁあのワンコが元気であったのは私も良かったと思いましたよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載