2012年04月21日

『ももへの手紙』

ももへの手紙こうなったらヤケクソでござる!の見守り組がいいんだなぁ〜。
あの大傑作『人狼 JIN-ROU』以来となる沖浦啓之監督の最新作は、まさにProductionI.G.版『となりのトトロ』なんですけど、これがTVアニメ「たまゆら〜hitotose〜」と同じく瀬戸内を舞台にしていることもあってか、瀬戸内ならではの温かな雰囲気が心をほんわかさせてくれる映画でした。

まずこの映画を見て思うのは個性豊かな妖怪イワ・カワ・マメを演じる3人の役者の掛け合いの巧さでしょう。どんな役でもこなすリズム感ばっちりの西田敏之局長、万の声を持つと言われる山寺宏一さん、そしてベテラン声優チョーさん。この3人が時に漫才のように、時にただ駄弁るように会話を重ねるだけでも十分に面白いこと。

しかも人情に弱いイワ、ツンデレのカワ、マイペースなマメのキャラクターと泣きの局長、アンチディズニーの過去を持つ山ちゃん、ラッキィ池田の6番弟子チョーさんが持つ雰囲気と何となくリンクしているのも面白いんですよね。ある意味この映画は、この3人の役者さんで成功していると言っても過言ではないと思います。

まぁお話的には本当に『となりのトトロ』と同じ流れなので、ぜんそくの発作で苦しむ母親のために今治まで未開通の橋を渡るももを妖怪総出で移動トンネルを作って助けるシーンはあのネコバスのシーンと同じように感動します。

多少汐島の妖怪たちがみな動いてくれた理由をもっと描くべきだとか、郵便局員の幸市は結局活躍出来なかったなぁ〜とか、医者を連れて帰るくだりも見せてくれとかといった不満はあれど、1年後には中学生になる11歳の少女が精神的に大人になるためのこの小さな、でももも本人にとっては大きな冒険を見ていると何だか心がほんわかするんですよね。

そう、いつの時代も必死のパッチで頑張っている人の周りには自然と手を差し伸べてくれる仲間が集まってくるというもの。
イワが飛び込む勇気を文字通り背中を押して与えてくれたのも、カワが強烈な屁をイノシシに喰らわしたのも、マメが子供のような泣き顔で送り舞に誘ってくれたのも全てももが、自分では気付いていないですけれど、一生懸命頑張っていたから。
そんなももの頑張りを瀬戸内の温かな情景も優しく包み込んでくれているのも心地いいんですよね。

仲直りもできぬまま亡くなった父親が遺した「ももへ」とだけ書かれた手紙の続き。それはきっとももが成長していくたびに「今伝えたいこと」が追記されていくのでしょうね。

勇気を出して海に飛び込んだももが水面へと上がっていく様を空に昇るかのように見せるあのラストシーンも、ももが父親や母親だけでなくイワ・カワ・マメも大切な存在だと感じているように思えましたよ。

深夜らじお@の映画館は沖浦監督がまさか11歳の少女のパンチラシーンを入れてくるとは思いもしませんでした。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ももへの手紙  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2012年04月21日 21:42
父を亡くした母と娘が瀬戸内海の島へと移り住む。そこで少女は不思議な妖怪3人組と出逢うのだった…。『人狼 JIN-ROH』の沖浦啓之監督が7年の歳月をかけて完成させた長編アニメーション。作画監督に『千と千尋の神隠し』の安藤雅司、作画を『AKIRA』の井上俊之や『猫の恩返
2. 映画「ももへの手紙」感想  [ タナウツネット雑記ブログ ]   2012年04月21日 23:23
映画「ももへの手紙」観に行ってきました。沖浦啓之監督が7年の製作期間をかけて完成させた、120分長編アニメーション作品。今作は本来、2012年4月21日に劇場公開される...
3. "もも"とオジサン“妖怪3人組” 沖浦啓之監督『ももへの手紙』  [ 映画雑記・COLOR of CINEMA ]   2012年04月22日 00:07
注・内容、台詞に触れています。沖浦啓之監督が約12年ぶりに手掛けた劇場用長編第2作『ももへの手紙』(製作はプロダクションI.G)。声の 出演は美山加恋、優香、西田敏行、山寺 宏一、チョー。主題歌はサザ
4. 試写会「ももへの手紙」  [ 日々“是”精進! ]   2012年04月22日 06:59
「ももへの手紙」の試写会に行ってきました「人狼JIN-ROH」で世界の注目を集めた沖浦啓之監督が、7年の製作期間をかけて完成させた感動の長編アニメーション。父から遺された一通の...
5. 『ももへの手紙』 (2011) / 日本  [ Nice One!! @goo ]   2012年04月22日 07:46
監督: 沖浦啓之 出演(声): 美山加恋 、優香 、西田敏行 、山寺宏一 、チョー 試写会場: 角川映画試写室 公式サイトはこちら。 映画レビューサイト・cocoさんのご招待で行ってきました。 当日はピンクのものを身に着けると特典があるということでピンクの...
6. 『ももへの手紙』・・・父の想いと父への想い  [ SOARのパストラーレ♪ ]   2012年04月22日 14:28
興味はあったものの劇場観賞は躊躇していた本作を結局初日鑑賞。その感想を一言で表すならずばり、「観てよかった!」である。
7. ももへの手紙・・・・・評価額1650円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2012年04月22日 18:05
天から届いた、愛おしき想い。 「ももへの手紙」は、「人狼 JIN-ROH」の沖浦啓之監督が、長年の構想を実らせたノスタルジックな和風ファンタジー。 瀬戸内の美しい風景の中、父を亡くした少女が、一夏の不...
(ネタバレあります!) 観終わったとき、温かな感動がこみあげてきました。 瀬戸内海の小島に、母親(優香)と共に移り住んできた少女もも(美山加恋)と、 島の人たちとの交流 ...
9. 映画『ももへの手紙』観てきたよ〜〜  [ よくばりアンテナ ]   2012年04月23日 18:17
予告編を見て、あの妖怪たちがなんとも愛嬌があって面白そうだと思って みたくなっちゃったのでした。ジブリっぽい気がしたんだもんね。 劇場にひとりぼっちかと思ったら、男性2人組が入ってきたので...
10. 空へ〜『ももへの手紙』  [ 真紅のthinkingdays ]   2012年04月26日 08:23
 父を亡くした小学6年生のもも(美山加恋)は、母(優香)と二人で瀬戸内の小島 「汐島」 へと越してきた。  「ももへ」 とだけ書かれた父からの手紙。仲違いしたまま亡くなった父を思うもも、 亡...
11. ももへの手紙/美山加恋、優香  [ カノンな日々 ]   2012年04月27日 22:22
『人狼 JIN-ROH』で世界の注目を集めたという沖浦啓之監督が7年の製作期間をかけて完成させたおよそ12年ぶりになる劇場用長編第2作です。父を亡くし母と二人で東京から瀬戸内の小さな ...
12. 「ももへの手紙」  [ みんなシネマいいのに! ]   2012年04月29日 08:05
 父を亡くし、母と2人で東京から瀬戸内の小さな島へとやって来た11歳のもも。 彼
13. 「ももへの手紙」  [ みんなシネマいいのに! ]   2012年04月30日 08:03
 父を亡くし、母と2人で東京から瀬戸内の小さな島へとやって来た11歳のもも。 彼
14. 「ももへの手紙」  [ みんなシネマいいのに! ]   2012年05月01日 07:07
 父を亡くし、母と2人で東京から瀬戸内の小さな島へとやって来た11歳のもも。 彼
15. 「ももへの手紙」  [ お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 ]   2012年05月02日 22:44
2012年・日本/配給:角川映画 監督:沖浦啓之 原案:沖浦啓之 脚本:沖浦啓之 脚本協力:藤咲淳一、長谷川菜穂子 キャラクターデザイン:安藤雅司、沖浦啓之 作画監督:安藤雅司 企画:石川光久、池田宏
16. ももへの手紙 評価★★★65点  [ パピとママ映画のblog ]   2012年05月03日 13:03
父から遺された一通の手紙を胸に、瀬戸内海の島へと移り住んだ少女の不思議な日々を描くアニメーション。監督は「人狼 JIN-ROH」の沖浦啓之。声の出演は「いま、会いにゆきます」の美山加恋、「女たちは二度遊ぶ」の優香、「はやぶさ HAYABUSA」の西田敏行、「マジック...
17. ももへの手紙  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2012年05月05日 04:20
2012年5月4日(金) 16:00〜 丸の内ルーブル 料金:1200円(新橋の金券屋で109シネマズ共通鑑賞券を購入) パンフレット:未確認 『ももへの手紙』公式サイト まるでジブリな角川映画のアニメーション。 監督が「人狼」の奴なので、なんか違うかなとも思ったが、あれは
18. 「ももへの手紙」  [ NAOのピアノレッスン日記 ]   2012年05月08日 21:15
〜気がつけば、私、ひとりじゃなかった。〜2012年  日本映画   (2012.04.21公開)配給:角川映画        上映時間:120分監督:沖浦啓之原案&脚本:沖浦啓之作画監督:安藤雅司音楽:窪田ミナ主題歌:原 由子  『ウルワシマホロバ 〜美しき場所...
19. ももへの手紙  [ 銀幕大帝α ]   2012年10月27日 00:29
12年/日本/120分/ファンタジー・ドラマ/劇場公開(2012/04/21) −監督− 沖浦啓之 −絵コンテ− 沖浦啓之 −原案− 沖浦啓之 −脚本− 沖浦啓之 −主題歌− 原由子『ウルワシマホロバ 〜美しき場所〜』 −制作− プロダクション I.G −声の出演− *美山加恋・・
20. ももへの手紙  [ いやいやえん ]   2012年11月24日 09:32
「ももへ」とだけ書かれ遺された父からの手紙。その真意はついにわからずじまいだった小学6年生のももは、瀬戸内海の田舎へと越してくる。ももは田舎に来た事を不満に思っていて、田舎との交流にも消極的。そんな中、三人組の妖怪たちと出会う…。 突如現れた奇妙な三
21. ももへの手紙 : ももへの手紙 : THE.瀬戸内海ムービー  [ こんな映画観たよ!-あらすじと感想- ]   2012年12月15日 00:28
 今日は、幾分寒さも和らぎ瀬戸内の冬っぽい一日でした。こんな日は、こんな瀬戸内が舞台のこちらになります。 【題名】 ももへの手紙 【製作年】 2012年 【製作国】 日本
22. 【ももへの手紙】  [ ジョニー暴れん坊デップの部屋 ]   2012年12月23日 03:17
eiga.com 作品情報 『ももへの手紙』 アニメ!アニメ!チェコのAniFestでグランプリ獲得 日本作品3部門で最優秀賞 ●予告編 ※ストーリーは、後半が特に素晴らしい出来栄えだったッスわー。キャラクターグッズはきっと売れそうに ない
23. ももへの手紙  [ のほほん便り ]   2015年03月23日 08:20
ちょっと地味だけど、背景となった瀬戸内の風景が美しい、とても丁寧に描かれた佳作アニメーションでした。強いていえば、ちょっと「となりのトトロ」と「千と千尋の神隠し」を混ぜたようなオハナシだなぁ、と感じましたが、もののけ、というか妖怪達が、食いしん坊で、結構

この記事へのコメント

1. Posted by KLY   2012年04月21日 22:35
プロ声優は山さんだけですけど、今回は西田さんや美山さん始めみんなよかったですねぇ。考えてみると皆ご本人がどことなく穏やかというか、瀬戸内の雰囲気に合うかたがたのような気がします。狙ったキャスティングなのかな。
2. Posted by kajio   2012年04月22日 00:22
先日コンビニで買った某カフェオレにこの映画の200円割引券が付いてたんですけど、ももや妖怪がカフェオレをガブ飲みするシーンとかはあるのでしょうか(・∀・)
3. Posted by BROOK   2012年04月22日 07:06
まさにI.G版「トトロ」といった感じでしょうか♪
あの風景と心温まるストーリー展開…
どちらも素敵だと思いました。

ちょっとツッコミどころがありつつも、
最後はホロッとさせてくれて、
主人公の成長も見られて良かったです。
4. Posted by にゃむばなな   2012年04月22日 14:11
KLYさんへ

チョーさんもプロ声優ですよ。山寺さん並みに様々な役をこなしていらっしゃいますからね。
まぁ映画を観終わって思うのは、本当に当て書きしたようなキャラばかりだったというところでしょうね。
特にイワは局長のイメージそのまんまでしたもん。
5. Posted by にゃむばなな   2012年04月22日 14:24
kajioさんへ

カフェオレのガブ飲みシーンは全くなかったですね。
何でこんな協賛をしているのか不思議ですわ〜。
6. Posted by にゃむばなな   2012年04月22日 14:35
BROOKさんへ

心がほんわかする風景とストーリー。
『となりのトトロ』でもそうでしたが、ああいうのが日本人のDNAを刺激するんでしょうね。
7. Posted by ノラネコ   2012年04月22日 18:11
昔話から受け継がれた人間と妖怪の交流物は日本のファンタジーの王道ですね。
細かい部分に不満は残りますが、安心して楽しめる良作でした。
GWウィークに家族で観るのにピッタリですね。
8. Posted by SOAR   2012年04月22日 19:49
いかにも現代っ子っぽいテンション低めのももなんですが、それでも内に外にと一生懸命頑張っていて、それが周囲の人や妖怪たちに伝わったんですね。

見守り組と島の妖怪たちの接点、確かにちょっと描写が弱かったかもしれません。
9. Posted by にゃむばなな   2012年04月22日 21:43
ノラネコさんへ

ほんと、GWに家族で見るにはもってこいの映画ですよね。
こういう作品を見ることで子供が学ぶことはたくさんあるもんですからね。
10. Posted by にゃむばなな   2012年04月22日 21:44
SOARさんへ

もものテンションの低さはまさに『千と千尋の神隠し』の千尋と同じものでしたが、でも中に熱いものを持っているのを巧く引き出していたと思いますよ。
11. Posted by きさ   2012年04月27日 05:20
見ました。面白かったです、
お話は、沖浦監督版「となりのトトロ」という感じでしたね。
さすがの絵作りですが、舞台が瀬戸内海という事でちょっと「ポニョ」に近い感じも。
この作品はジブリ作品ではありませんが、元ジブリのスタッフが参加しているので絵もジブリ的な印象があります。
優香が母親役を好演していました。
それほどうまい俳優さんというイメージはなかったので、やはり監督の手腕かな。
西田敏行も俳優としては時として苦手なんですが、本作では良かったです。
山寺宏一はいつもの様に素晴らしい。
原由子のエンディングテーマも良かったですね。
沖浦啓之監督の初監督作品の前作「人狼 JIN-ROH」は面白く見ました。
かなり暗い話ですが、あちらもお勧めです。
あのひねったハナシをつくった監督がストレートなこういう映画を作ったところが面白いです。
12. Posted by にゃむばなな   2012年04月27日 16:32
きささんへ

あの『人狼-JINROU-』の沖浦監督がこんな優しい作品を作るとは思いもしませんでしたよね。
でも監督いわく、これが監督の好きな世界観だとか。
13. Posted by かのん   2012年04月27日 22:32
観終えたあとの心地よさがたまらなく良かったです。その昔、瀬戸内を訪れたことを思い出しながら観てしまいました。『トトロ』と似ているのはこれが日本の原風景だからでもあるのかもしれませんね。
14. Posted by にゃむばなな   2012年04月28日 20:30
かのんさんへ

『となりのトトロ』はまさに日本の原風景そのものでしたからね。
似ているということはそういうことなのかも知れませんね。
だからこそ見終わったあとに心地よくなるのでしょうね。
15. Posted by きさ   2012年05月02日 16:38
『人狼-JINROU-』は脚本の押井守の世界を押井以上にアニメ化していましたからね。
世界観としてはこちらも私は好きです。
16. Posted by にゃむばなな   2012年05月02日 16:44
きささんへ

押井さんの世界観を描かせても、自分の好きな世界観を描かせても、この沖浦監督は素晴らしい監督だと、この映画を見て思いましたよ。
次の作品も凄く楽しみです。
17. Posted by ジョニーA   2012年12月23日 02:42
DVDで鑑賞しましたー
終盤の盛り上がりは秀逸でした!
宮崎駿のキャラでやっていたら間違いなく
大ヒットでござったろうてー(イワの口調で)
ヒロインにしても、妖怪たちにしても、
萌え要素はゼロでしたナァ〜〜〜
18. Posted by にゃむばなな   2012年12月23日 10:15
ジョニーAさんへ

宮崎ブランドでしたら、間違いなく大ヒットだったでしょうね(笑)
ジャパニメーションの底力をもっと日本人が認識できる時代が来れば、このような映画も大ヒットするんでしょうけどね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載