2012年06月10日

『ソウル・サーファー』

ソウル・サーファーベサニー・ハミルトン。恵まれた環境、生まれついた天才サーファー、そして誰よりもサーフィンを愛する少女。
片腕をサメに食いちぎられるもプロサーファーとして活躍している実在女性をこの映画で初めて知りましたが、いやはやこの作品は普通の不屈モノや青春モノとは一味違う、涙が流れるほどの感動はなくても、素直に「凄い人がおるもんやな〜」と思える良き映画でした。

予告編を見た時はガールズムービーになっているのかと思いきや、劇場に10〜20代の女性は皆無。代わりにおネエちゃんの水着姿でも拝みに来たのかと言わんばかりに初老男性陣や若い娘の水着姿を見たいがために「感動作らしいで」と理由をつけて奥さんを誘ってきたような中年夫婦がちらほら。どの劇場でも観客動員で苦戦しているみたいですが、私が見た上映回でもたったの9人だけでしたね。

ただ映画の中身はヘレン・ハントの意外な豊満さに驚く以上に、ガールズムービーとはかけ離れた素直に感動できるサクセスストーリー。お約束通りの展開しかないんですけど、この映画を見た方がたくさんの人に見てほしいと思われるのも納得の素直にいい映画と思える作品なんですが、普通の不屈モノ・感動モノとして見るとちょっと違和感を感じる映画でもあるんですよね。

例えばこのベサニー・ハミルトンさん、サメに襲われた直後から病院に運ばれても無事に退院してからも特に取り乱すことがないんです。正確には感情を表情に出さない「負けず嫌い」だと思われるのですが、彼女が逆にどよ〜んとしている周りに気を遣っているようにも見えるシーンも多々あること。普通は逆なんですけどね。

また彼女はもう一度波に乗りたいと片腕でになってから初めて挑戦したサーフィンで見事に波に乗ってしまう天才肌。普通は初回で大惨敗し徐々に元の感覚を目指して何度も挑戦した末に波に乗れてからプロを目指すものなんですけど、彼女の場合は両親も2人の兄もみんなサーファーという恵まれた環境もあってか、復活展開が早い早い。

さらに彼女の失敗続きでも諦めない姿を見て世界中からファンレターが来たのかと思えば、この初回の復活サーフィンからたくさんの人を勇気づけていたという事実に加え、ボランティアとはいえスマトラ沖地震による津波被害に遭ったタイ・プーケット島に連れて行ってくれる友人がいるなど環境も凄く恵まれていること。

ですから正直なところ、この映画ではベサニーさんが深く悩み苦しむシーンは全くと言っていいほど描かれていません。普通の不屈モノを期待した人にとっては「環境が恵まれている」「生まれついた天才肌」といった要素が悩み苦しむシーンがないことで目立つ分、感動を阻害している一因になっているかも知れません。

それでもこの映画が素直にいい映画だと思えるのは、やはりベサニーさんのどこまでもサーフィンが好きだという純粋な思いがラストのハワイ地区予選決勝戦で、サーフィンをする彼女の姿という形でしっかりと描かれているからでしょう。
特に時間切れで採点外だったとはいえ、長い波のトンネルを潜り抜けてきた彼女の姿はこの予選に参加したどの選手よりもサーフィンを愛していることが最もよく分かる感動シーンだったと思いましたよ。

てな訳でデニス・クエイドは娘がいる父親役を演じると凄く輝くなぁ〜、そろそろメグ・ライアンと別れたことも忘れてあげないといかんなぁ〜と思えた映画でした。

深夜らじお@の映画館はジャック・ニコルソンの娘が意外と普通の顔立ち、もとい父親似でなくて良かったと思いました。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ソウル・サーファー  [ 新・映画鑑賞★日記・・・ ]   2012年06月10日 15:07
【SOUL SURFER】 2012/06/09公開 アメリカ 106分監督:ショーン・マクナマラ出演:アナソフィア・ロブ、ヘレン・ハント、デニス・クエイド、ロレイン・ニコルソン、キャリー・アンダーウッド サメに片腕を奪われた13歳の天才サーファー、ベサニー。勇気と感動の実話を...
2. 劇場鑑賞「ソウル・サーファー」  [ 日々“是”精進! ]   2012年06月10日 15:24
「ソウル・サーファー」を鑑賞してきました天才少女サーファー、ベサニー・ハミルトンの奇跡の実話を基に、サーフィン中にサメに襲われ片腕を失った13歳の少女が様々な葛藤を乗り...
3. ソウル・サーファー  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2012年06月10日 19:20
Soul Surfer: Music From the Motion Pictureクチコミを見るサメに片腕を奪われた13歳の少女が再びサーフィンに向き合う実話「ソウル・サーファー」。勇気と家族愛を描くストレートな感動作。ハ ...
4. ソウル・サーファー/SOUL SURFER  [ いい加減社長の映画日記 ]   2012年06月10日 19:49
「ホタルノヒカリ」と迷ったんだけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 13歳のベサニー・ハミルトンは、ハワイのカウアイ島で両親と二人の兄と海辺の家で仲良く暮らしていた。 サーファーの両親のもとに生まれたベサニーの夢は、もちろんプロサーファー。...
5. 『ソウル・サーファー』・・・腕を失った価値  [ SOARのパストラーレ♪ ]   2012年06月11日 00:08
練習中サメに襲われ片腕を失った少女サーファーの、勇気と希望の物語。現在プロサーファーとして活躍中の、ベサニー・ハミルトンの自伝に基づくトゥルー・ストーリーに序盤から引き込まれた。
6. ソウル・サーファー  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2012年06月11日 22:46
評価:★★★★【4点】(13) こちらも家族愛に満ちた良作でした。
7. ソウル・サーファー/Soul Surfer  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2012年06月12日 00:22
サメに襲われ左腕を失った天才少女サーファー、ベサニー・ハミルトンを描いた感動の物語。突然の悲劇に絶望した少女が家族や友人の支えを得て再び立ち上がる。主演は『ウィッチマウンテン 地図から消された山』のアナソフィア・ロブ。共演に『いとしい人』のヘレン・ハント
8. ソウル・サーファー  [ 心のままに映画の風景 ]   2012年06月15日 01:18
プロサーファーを夢見て練習に明け暮れる13歳のベサニー・ハミルトン(アナソフィア・ロブ)は、カウアイ島で両親と2人の兄と幸せな日々を送っていた。 そんな矢先、サーフィン中にサメに襲われ、一命は取...
9. ソウル・サーファー 全身の水分がすべてお目々から出てしまうかと思ってしまった!  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2012年06月15日 11:09
【=25 -1-】 Bethany Hamiltonは今年のASP(The Association of Surfing Professionals)のWQC(World Qualifying Series)では31位、ちなみに親友のAlana Blanchardは15位、このWQCで1年間戦った結果上位にランキングされると、プロサーファーの最高峰であるWomen’s Wo..
10. 「ソウル・サーファー」感想  [ 流浪の狂人ブログ 〜旅路より〜 ]   2012年06月16日 13:50
 13歳で鮫に襲われ、左腕を失うも、不屈の精神でプロを目指したサーファー・ベサニー・ハミルトンの自伝を、「チャーリーとチョコレート工場」「ウィッチマウンテン/地図から消された山」のアナソフィア・ロブ主演で映画化。
11. 「ソウル・サーファー」  [ NAOのピアノレッスン日記 ]   2012年06月16日 18:34
〜あきらめない〜 2011年  アメリカ映画   (2012.06.09公開)配給:ディズニー      上映時間:106分監督:ショーン・マクナマラ脚本:ショーン・マクナマラ、デボラ・シュワルツ、ダグラス・シュワルツ、マイケル・パーク原作:ベサニー・ハミルト...
12. ソウル・サーファー  [ Said the one winning ]   2012年06月17日 10:00
監督・・・ショーン・マクナマラ 原作・・・ベサニー・ハミルトン/ シェリル・バーク/ リック・バンシュー 出演・・・アナソフィア・ロブ、デニス・クエイド、ヘレン・ハント、ロレイン・ニコルソン、キャリー・アンダーウッド 他 ストーリー:透き通るような美しいハ...
13. 『ソウル・サーファー』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2012年06月21日 12:05
□作品オフィシャルサイト 「ソウル・サーファー」□監督・脚本 ショーン・マクナマラ □脚本 デボラ・シュワルツ□原作 ベサニー・ハミルトン、シェリル・バーク、リック・バンシュー□キャスト アナソフィア・ロブ、デニス・クエイド、ヘレン・ハント、ロレイン・
14. ソウル・サーファー  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2012年06月22日 23:51
将来有望な技量を持つサーファーの少女がある日サメに襲われ左腕を失う。少女は失意に陥り一時はサーフィンを諦めかけるものの、家族の支えや友人からの励まし、不屈の精神で再び ...
15. ソウル・サーファー : ハンデを個性に変えることの凄さ  [ こんな映画観たよ!-あらすじと感想- ]   2012年12月04日 13:22
 今日の広島は、風が強かったですなぁ。こんな日は、普段波のない瀬戸内でも、サーフィンが出来たりして。てなわけで、本日紹介する作品は、こちらになります。 【題名】 ソウ
16. ソウル・サーファー  [ いやいやえん ]   2012年12月09日 10:24
アナソフィア・ロブちゃん主演。デニス・クエイド、ヘレン・ハントさんらが両親役。 何があっても、前向きに、そして、あきらめない。実話に基づいた素晴らしい作品でした。 ベサニーは13歳でサーフィン練習中に片腕をサメに奪われる。 彼女の諦めない心は周囲の人や
17. 『ソウル・サーファー』  [ La.La.La ]   2013年01月15日 23:28
JUGEMテーマ:映画 制作年:2011年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:106分  原題:SOUL SURFER  配給:ディズニー  監督:ショーン・マクナマラ  主演:アナソフィア・ロブ      ヘレン・ハント      デニス・クエ

この記事へのコメント

1. Posted by yukarin   2012年06月10日 15:13
こんにちは♪
私は泣いちゃいましたよー(笑)
あまり宣伝してないのが残念。

そうなんです〜ベサニーは本当にサーフィンが好きなんですよね。
ラストの決勝戦ではしっかり描かれていて本当に感動的でした。
2. Posted by BROOK   2012年06月10日 15:27
かなり感動しました。
サメに腕を食い千切られるシーンから、
胸が苦しくなり…
その苦しさから徐々に解放されていく展開が良かったです♪

たしかに観客動員は苦戦してそうですね。
もっとテレビでCMを流して欲しいところですが…。
3. Posted by にゃむばなな   2012年06月10日 20:18
yukarinさんへ

号泣しましたか〜。なら尚更この映画の宣伝の少なさにはご不満でしょう。

それにしてもこんな凄い人がいらっしゃったんですね〜。
4. Posted by にゃむばなな   2012年06月10日 20:20
BROOKさんへ

ほんと、どこの映画館でも苦戦しているみたいですね。
やっぱりあの予告編がガールズムービーっぽいのがダメだったのかなぁ〜。
5. Posted by KLY   2012年06月12日 16:56
多分主演の彼女に知名度が全くないこと、サーフィンは日本ではやっぱり一部の人のものであること、この辺が苦戦の理由でしょうね。
それにしてもべサニーの芯の強さといったら!いやもちろん人知れず苦しみ悩んだとは思うのですけど、実話として彼女は立派にプロサーファーとして復活してるんですもん。もうここは映画的にどうこうではなく、素直にリスペクトするしかないです。
デニス・クエイドが久しぶりに良かったです。
6. Posted by にゃむばなな   2012年06月12日 20:24
KLYさんへ

そうですね〜、日本ではサーフィンはまだまだメジャースポーツではありませんからね。
でもこれだけ芯の強い方の実話はもっと注目されてもいいんですけどね。
もったいないですわ。
7. Posted by SOAR   2012年06月12日 23:52
>普通の不屈モノ・感動モノとして見るとちょっと違和感

言わんとすることわかります。ギターをじっと見つめたりキッチンであれこれうまくいかなかったりの場面でもっと感情をあらわにするのかと思いきや、泣き叫んだり暴れたりがないんですよね彼女。
ただ私としてはそういう定番な描写がないことにむしろ新鮮さを覚えましたし、それでいてしっかり感動をもたらす見せ方はウマいと思いました。
8. Posted by にゃむばなな   2012年06月13日 13:00
SOARさんへ

普通の映画ならベサニーさんが泣き叫ぶシーンをもっと入れてくると思うのですが、この映画はそういうシーンを極力排していたところは、ちょっと新鮮味を感じましたね。
これからはこういう作りの映画が増えるのでしょうかね。
9. Posted by オリーブリー   2012年06月16日 11:47
こんにちは〜。

本当にスゴイ人がいるもんだな〜と思いました。
自分の日々が恥ずかしくなるくらい(苦笑)
べサニーさんの生き方は素晴らしいです。
感動と言うよりは、感服しました。
10. Posted by にゃむばなな   2012年06月16日 20:24
オリーブリーさんへ

確かに感動というよりは感服ですね。
諦めない強さもそうですが、サーフィンへの深い愛。
これが彼女の原動力なのでしょう。
11. Posted by q従弟はサーファー   2012年06月17日 10:09
従兄弟はサーファーで学生チャンピオンにもなったから
よく一緒に海に行ったよー
この作品。家族の愛って強い!
自分が折れちゃって彷徨う
親の鉄壁コンクリートの愛で包まれ
でも。決して「甘」だけじゃない
パパみたいに厳しさもある
そして親友という同性の頼もしさ
まったくもぉこの女性の素敵さ
美しさというのは素敵な笑顔に出でにけり♪
人生は挫折するのって大切だー!
12. Posted by にゃむばなな   2012年06月17日 15:44
qさんへ

挫折のない人生ほどつまらんもんはないですからね。
人生において挫折は大切なんだ〜!
13. Posted by なな   2012年07月06日 01:20
私が行った劇場なんざわたし一人で貸切り状態でしたよ^〜
ベサニーの存在は私は数年前にどこかで目にしたことがあるんです。どこでだったか忘れたけど…世の中には凄い人がいるんだなぁとその時思いましたが映画化されたので観にいってきました。というか,ベサニー一家がクリスチャンなのでキリスト教界でもこの映画はちょっと話題になっていて牧師の従兄弟に「観に行ってきて」と頼まれたのもあるんですが・・・・。
14. Posted by にゃむばなな   2012年07月07日 20:26
ななさんへ

やっぱりこの映画は観客動員で苦しんでますね〜。
いい映画なんですけど、どうしてなんでしょう。

それにしてもクリスチャンの方々の間ではそんなにも話題になっているんですね。
15. Posted by せつら   2013年01月20日 23:21
にゃむばななさん今晩は

この作品は実話ベースということで興味深く鑑賞
しました。
ベサニーの強さをポジティブに表現してるのはいいですね
ベサニー役のアナソフィアちゃんも切れに育ってますね
ベサニーの強さもさることながらライバルのマリーナ
の変わらぬ攻めのサーフィンなど見所満載でした
16. Posted by にゃむばなな   2013年01月21日 21:32
せつらさんへ

ハンディを負っているからと言って勝負を放棄しない。
それがサーフィンを愛する全ての人に共通しているところがいいですよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載