2012年07月13日

『BRAVE HEARTS 海猿』

BRAVE HEARTS 海猿希望がある限り、絶対に諦めない。
予告編を見た時から結末も分かってます。東京湾に海上着水したジャンボ機から乗客乗員346名全員を救助することに現実味がないことも分かってます。でも誰も死なないのがフジテレビ映画じゃないですか。そして誰も死なせないのが『海猿』シリーズじゃないですか。
このシリーズのファンとして思う存分感涙できるだけで十分な映画でした。

冷静に見るとこの映画には全くと言っていいほど新鮮味はありません。大阪湾タンカー事故で要救助者1名を救助できず、上官の嶋から根拠のない自信よりも「冷静な判断力とスキル」が大事だと指摘される仙崎がさほど苦悩していないうえに、迎える展開はお約束通り。
それでも海猿たちの絆などファンが待っていたものが全て佐藤直紀先生の音楽と共にナイスタイミングで描かれているだけで、ファンとしては十分感涙できるんですよね。

ですから平坦なドラマをほぼカットし、メインとなる救助シーンをダラダラと見せないためにジャンボ機事故から東京湾に着水するまでをじっくりと見せてくれる羽住監督の演出が涙腺をしっかりと緩めてくれるなら、この演出に期待を膨らませ、胸を熱くするのがファンというもの。
村松機長の機内スピーチ、東京湾に海上滑走路を作る過程、分かっていても東京湾の漁船が救助協力を申し出るくだり。このどれもに自然と胸が熱くなるんですよね。

また海猿たちの成長を描いてきたシリーズだけに仙崎に助けられた服部が成長し動かぬ漁船をみんなで動かしたり、機材に挟まれ動けなくなった吉岡に頼まれ美香を救出したりなど要所要所で地味に活躍しているのも嬉しい一方で、それ以上に仙崎の執念に動かされ「全員を助けるだろう」と檄と飛ばした嶋が吉岡救出のため潜水準備をする仙崎の隣で同じく潜水準備をするくだりに涙腺崩壊ですよ。
これがまた伊原剛志さんの渋い演技のおかげもあってか、海猿の絆というものをより強く感じさせてくれること。そして特殊救難隊や機動救難隊など関係なく全ての海猿が吉岡救出のために海へと飛び込むシーンに、あの1作目の感動が見事に蘇ってくること。

水深60mまで沈んだ大破した機内に呼吸器マスクが散乱している時点で吉岡の生存が容易に読めても、美香が結婚を渋った理由がバツイチだったという散々引っ張った割にはいいネタが思い浮かばなかったのねと思えるオチでも、ファンは待ちに待った吉岡が仙崎の手を握り返すシーンと、無事に帰ってきた仙崎に環菜が涙するシーンで胸を熱くさせ、涙が頬を伝われば、それで満足なんです。

東日本大震災を機に作られたこの映画は、先に助かった乗客が救助される他の乗客を引き上げるのを手伝うなど見ず知らずでも困った時は互いに助け合う日本人の美徳が描かれた作品。
びしょ濡れになったCA姿の仲里依紗さんが「吉岡ク〜ン!」と泣き叫ぶ度に何か背徳的なものを感じようとも、海猿たちの成長と絆はこれからも吉岡や服部だけでなく、仙崎Jr.の代まで見続けていきたい。そう思わせるほどファンにはたまらない映画でした。

深夜らじお@の映画館は村松機長や下川課長だけでなく神保悟志さん演じる角倉隊長の渋さも結構好きです。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. BRAVE HEARTS 海猿  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2012年07月13日 22:31
海上保安庁の機動救難隊に所属する潜水士・仙崎大輔を主人公として海上保安官たちの奮闘を描いた人気シリーズ劇場版の第4弾。今回は346名を載せたジャンボ機が東京湾に海上着水し、その乗客乗員の救助に挑む。出演は伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太らレギュラー陣に加え、
2. 「BRAVE HEARTS 海猿」シリーズ最高傑作!起死回生の1本!  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   2012年07月13日 22:32
[海猿] ブログ村キーワード  そんなわけで、すっかり放置プレイ状態だった当ブログ、久々の復活!で、復活つながりってわけではないですが、こちらもシリーズ復活の最新作「BRAVE HEARTS 海猿」(東宝)。う〜ん、やっぱり前作で終わりやなかったんやね〜(^^;。  
3. 劇場鑑賞「BRAVEHEARTS海猿」  [ 日々“是”精進! ]   2012年07月14日 06:12
「BRAVEHEARTS海猿」を鑑賞してきました原作「海猿」最終話で描かれた「ジャンボジェット機の海上着水」を映像化したシリーズ最新作。シリーズは前作「THELASTMESSAGE海猿」で完結していた...
「BRAVE HEARTS 海猿」は海猿シリーズの映画第4弾作品で、海上保安庁の中でも精鋭部隊である特殊救難隊に配属された仙崎と吉岡は過酷な救難現場へ救助に向かい、ジャンボ機墜落事故 ...
5. BRAVE HEARTS 海猿  [ ハリウッド映画 LOVE ]   2012年07月14日 17:34
監督:羽住英一郎出演:伊藤英明、佐藤隆太、加藤あい、仲里依紗、三浦翔平、伊原剛志、時任三郎・・・吉岡くーんッ!!
6. BRAVE HEARTS 海猿  [ 勝手に映画評 ]   2012年07月14日 17:54
仙崎が特殊救難隊に異動になって、海猿が帰って来ました。今回の舞台は、航空機事故。東京湾上で、必死の救難活動に当たります。 実はねぇ、わたし的には、前回の『THE LAST MESSAGE 海猿』は、若干ユルくて微妙な感じもあったんですが、今回の『BRAVE HEARTS 海猿』は...
7. BRAVE HEARTS 海猿/伊藤英明  [ カノンな日々 ]   2012年07月14日 21:46
「アレ?このシリーズって完結したんじゃなかったの?」と思ったのはたぶん私だけではないのでないかと。ファンたちの熱い要望に応えて実現したこの劇場版第4弾の新たなる舞台は東 ...
8. 「BRAVE HEARTS 海猿」お約束映画  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2012年07月14日 21:50
きっちりお約束通りの展開だけど、お約束通りに胸が熱くなり涙する。 なんだかお正月寅さん映画の様相を呈しているこの映画。 だけどこの「これぞ海猿」的なお約束がうれしいのだ♪ しかし前回「ラストメッセージ」と銘打ったので、てっきり打ち止めと思いきや、いつのま
9. BRAVE HEARTS 海猿  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2012年07月14日 23:59
2012年7月13日(金) 17:40〜 TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(フリーパスポート) 『BRAVE HEARTS 海猿』公式サイト フリーパスポート10本目。 息子に「親を超えて世界一になれ。合衆国大統領だ!」と、何をかいわんやな馬鹿なことは言うし、 吉岡とプロポーズの言葉で
10. 映画「BRAVE HEARTS/ブレイブハーツ 海猿」感想  [ タナウツネット雑記ブログ ]   2012年07月15日 00:03
映画「BRAVE HEARTS/ブレイブハーツ 海猿」観に行ってきました。 海難事故の救助に奮闘する海上保安官達の姿を描く、同名漫画原作の人気シリーズ劇場版第4弾。 劇場版の「海猿」シリーズは、前作「THE LAST MESSAGE/ザ・ラストメッセージ 海猿」および前々作「LIMIT OF
11. 『BRAVE HEARTS 海猿』・・・ここにも最後の砦があった  [ SOARのパストラーレ♪ ]   2012年07月15日 23:25
見応えあり! よかった! 熱い心と冷静な判断力を併せ持つ海保特救隊の物語を存分に堪能した。レスキュー隊を題材とした作品はいくつか知られた物があり、それらは私の大好きなジャンルでもあるわけだが、これまでの海猿シリーズも含めこのジャンルにおいてこれほど興奮と
12. 「BRAVE HEART 海猿」TOHOシネマズ梅田  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2012年07月16日 01:40
「海猿」シリーズは結末は解っています。予告編から大体の想像はつきます。だけど、ベタな展開にやはり感動して泣いてしまった。フジテレビの策略に乗せられたなあ。ジャンボジェ ...
13. BRAVE HEARTS 海猿  [ Akira's VOICE ]   2012年07月16日 17:20
ワンパターンの貫き方が潔い!  
14. BRAVE HEARTS 海猿  [ 花ごよみ ]   2012年07月16日 19:11
伊藤英明主演。仙崎大輔 を演じます。 共演は加藤あい、 佐藤隆太 、 三浦翔平、時任三郎等… 今回は新たに仲里依紗、伊原剛志が加わります。 監督は羽住英一郎 海猿といわれる海上保安官の、 命がけで活躍する姿を描いています。 シリーズの劇場版第4作目。 本作で..
15. BRAVE HEARTS 海猿  [ 新・映画鑑賞★日記・・・ ]   2012年07月16日 22:57
2012/07/13公開 日本 116分監督:羽住英一郎出演:伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、仲里依紗、三浦翔平、平山浩行、伊原剛志、時任三郎 最高レベルのレスキュー能力を誇る海上保安官特殊救難隊のメンバーとなった仙崎と吉岡。そんなある日、ジャンボジェット機のエンジ...
16. 映画「BRAVE HEARTS 海猿」  [ FREE TIME ]   2012年07月16日 23:27
話題の映画、映画「BRAVE HEARTS 海猿」を鑑賞しました。
17. BRAVE HEARTS 海猿 いろいろと反省した結果なのかすっきりとまとまっていたよww  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2012年07月17日 15:32
【=32 -3-】 海猿、漫画の原作は読んだことなかったけど一番最初に見たのは映画版やったね、感動した! で次にテレビでドラマ化されて夢中になって見た(録画して全話DVDに焼いてある)。 しかし、ドラマ後の映画、「LIMIT OF LOVE 海猿」、「THE LAST MESSAGE 海猿」...
18. No.319 BRAVE HEARTS 海猿  [ 気ままな映画生活 ]   2012年07月17日 21:21
伊藤英明主演で海上保安庁の若き潜水士たちの活躍を描く人気シリーズ第4作。巨大天然ガスプラント「レガリア」の爆発事故から2年、仙崎と吉岡は救難のスペシャリスト集団「特殊救 ...
19.  BRAVE HEARTS 海猿  [ ★ Shaberiba  ]   2012年07月19日 21:30
奇跡を起こすのは「信じる力----!」今回も海猿は熱かった〜(涙)
20. 『BRAVE HEARTS 海猿』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2012年07月20日 08:55
□作品オフィシャルサイト 「BRAVE HEARTS 海猿」□監督 羽住英一郎 □脚本 福田靖□原作 佐藤秀峰 □キャスト 伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、仲里依紗、      三浦翔平、平山浩行、伊原剛志、時任三郎■鑑賞日 7月14日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの
21. BRAVE HEARTS 海猿  [ だらだら無気力ブログ! ]   2012年07月21日 02:38
迫力あったし、思ってた以上に面白かったなぁ。
22. BRAVE HEARTS 海猿 評価★★★★★98点  [ パピとママ映画のblog ]   2012年07月25日 12:21
伊藤英明(「アンダルシア 女神の報復」)主演で海上保安庁の潜水士たちの活躍を描いた大ヒット海洋アクション劇場版第4弾。特殊救難隊に配属された仙崎たちが、火災事故によって東京湾沖に着水した旅客機の救助に挑む。共演はNHK大河ドラマ『平清盛』の加藤あい、「天地...
23. 『海猿3 LIMIT OF LOVE』3D 2010年83本目 仙台コロナ 2010年10月27日  [ 映画とJ-POPの日々 ]   2012年08月19日 15:43
映画 TVドラマ 映画2 と続いた「海猿シリーズ」もついに完結です。 シリーズを全て観てきた者としては、非常に感慨深いものがあります。 アホな仙崎も成長して、一人前の潜 ...
24. 『海猿 BRAVE HEARTS』 2012年55本目 フォーラム仙台  [ 映画とJ-POPの日々 ]   2012年08月19日 15:59
『海猿 BRAVE HEARTS』 「海猿シリーズ」もとうとう4作目。 シリーズ1作目から観ている者としては感慨深いものがあります。 1作目で潜水士になって、仙崎と環菜が出会い、TVドラマへ ...
25. 映画:BRAVE HEARTS 海猿  [ よしなしごと ]   2012年09月27日 20:56
 海猿に外れなし!と言うわけで今回も楽しみにしていた作品、BRAVE HEARTS 海猿の記事です。
26. 映画『BRAVE HEARTS 海猿』を観て  [ kintyre's Diary 新館 ]   2012年11月17日 18:47
12-61.Brave Hearts 海猿■配給:東宝■製作国・年:2012年、日本■上映時間:116分■観賞日:7月26日、TOHOシネマズ渋谷 □監督:羽住英一郎◆伊藤英明(仙崎大輔)◆加藤あい(仙崎環菜)◆佐藤隆太(吉岡哲也)◆伊原剛志(嶋一彦)◆時任三郎(下川?)◆蛍雪
27. BRAVE HEARTS 海猿 : あれ、終わりじゃなかったの?  [ こんな映画観たよ!-あらすじと感想- ]   2012年12月10日 19:42
 海の日だというのに、梅雨は明けませんねぇ。本日紹介する作品は、海つながりのこちらになります。 【題名】 BRAVE HEARTS 海猿 【製作年】 2012年 【製作国】 日本 【鑑賞手

この記事へのコメント

1. Posted by KLY   2012年07月13日 22:34
そう、はっきり行っちゃうとリミ猿の焼き直しなんですが、それだってかまやしないんです。だって最初からそれが観たくて、感動したくて行くんですから。バカじゃねーの?と言わば言え。ずっと海猿を観て来たファンとして満足ならそれでいい!!
2. Posted by mori2   2012年07月13日 22:34
そうですな、結末が読めていても、ドキドキするのがこの映画の醍醐味、正に王道ですね。
ただそのパワーも前作辺りで、少々ヘタってきたかな〜と思ってたのですが、今回は持ち直しましたね。
さあ、この先どこまで続くことやら…(^^;。
3. Posted by BROOK   2012年07月14日 06:14
酸素マスクがやけにクローズアップされていると思っていたら、
案の定最後に…
それでも吉岡が生きていたのは嬉しい限りですね。

全員救助で現実味が無いにしろ、
大団円に向かい見事に引っ張って行く演出は素晴らしかったと思います。
4. Posted by えふ   2012年07月14日 17:39
毎回同じパターンとわかっていても・・・
毎回涙腺が緩んでしまうのがこの作品のいいところですね。
服部くんが海保続けてたのも感動したわ(笑
5. Posted by にゃむばなな   2012年07月14日 17:45
KLYさんへ

海猿映画の公式にそのまま則っただけの映画なんですが、ファンが求めているものがそれですからね。
まさにファンのための映画。それで満足ですよ。
6. Posted by にゃむばなな   2012年07月14日 17:46
mori2さんへ

個人的には仙崎Jr.までと願っているのですが、そうはいかないでしょうね。
でもこの王道なんですけどそれがいい!はやっぱりたまりませんね。
7. Posted by にゃむばなな   2012年07月14日 17:50
BROOKさんへ

フジテレビ映画は誰も死にませんからね。それを現実味のない話に見せない羽住監督の演出は素晴らしいものですよ。
8. Posted by にゃむばなな   2012年07月14日 17:52
えふさんへ

服部の成長ぶりは嬉しかったですね。
次こそ彼が主役に!と期待してしまいますよ。
9. Posted by ノルウェーまだ〜む   2012年07月14日 21:50
にゃむばななさん☆
このお約束のように繰り広げられる展開が、ファンにとっては待ってました!というかんじで嬉しいのですよね。
壮大な音楽もいつものように手伝って、漁船や周辺の病院から救助のボランティアが駆けつけるくだりは、本当に涙腺決壊でした。
10. Posted by たいむ   2012年07月14日 22:09
望まれてつくって欲しいという美談をあつめたところがあるので、これまでシリーズとはちょっと違いますね。
けれど、手で語るところが2回、これはファンとしてはぐっと来るところで、それでいいやって感じですねw
11. Posted by にゃむばなな   2012年07月14日 22:18
ノルウェーまだ〜むさんへ

定番の展開かも知れませんが、そのベタさがたまらないんですよね。
私もあのボランティア集結シーンには涙腺が緩みましたよ。
12. Posted by にゃむばなな   2012年07月14日 22:19
たいむさんへ

確かにこれまでのシリーズとは少し違いますね。
でもファンが楽しめる映画に仕立て上げている羽住監督の手腕はやはり素晴らしいものでしたよ。
13. Posted by YUKKO   2012年07月15日 12:08
感動しました。べただなあと思いながら、泣きました。思えば、最初に海猿をテレビで見た後に呉で海猿が訓練した坂に登ったのです。その時、ご近所の人たちが、伊藤くん、熱中症になったって言ってました。なのに、本当に、逞しくなったよねえと、感慨深かったです。
14. Posted by にゃむばなな   2012年07月15日 20:30
YUKKOさんへ

このシリーズを見てきたファンはみんなそんな風に仙崎たちの成長を嬉しく思っているでしょうね。
何か見守ってきた青年たちが立派になったみたいな感覚ですよね。
15. Posted by SOAR   2012年07月15日 23:24
>ジャンボ機事故から東京湾に着水するまでをじっくりと見せ

前作までと決定的に違うのがこれだと思います。何気ない機内の様子、トラブル発生、クルーの奮闘と、事故を物語の単なるネタにとどめず描いたことが見応えにつながりましたよね。
16. Posted by PGM21   2012年07月15日 23:32
何時もお世話になっております。

元々この作品での恋愛ストーリーは既に6年前に完結しているだけにその部分を描く必要性はあまりありませんからね。
今回は吉岡と美香の関係で描かれてはいますけれど、それはたまたまその飛行機に美香が登場していたからなのでそれがあるないに関わらずこの作品はトラブル発生からトラブル解決まで描くのがメインで全然かまいません。

今後描くとしたらタイタニックのような豪華客船沈没事故を描いたら120分中110分それで描けてしまうとは思います。
17. Posted by AKIRA   2012年07月16日 17:21
ワンパターンに醒めながらも,
興奮と感動はするという「海猿」ならではの不思議感情が満載!

いや,今回も良かったですね。
18. Posted by にゃむばなな   2012年07月16日 20:44
SOARさんへ

救出シーンが短いため、逆にそれまでをじっくりと見せる。
これが盛り上がりに大きく貢献してましたよね。
19. Posted by にゃむばなな   2012年07月16日 20:45
PGM21さんへ

豪華客船の沈没となると、現役を引退した仙崎が乗っていた客船が沈没事故に遭い、吉岡たちが仙崎と協力して乗客を救出という流れになりそうですね。
20. Posted by にゃむばなな   2012年07月16日 20:46
AKIRAさんへ

ワンパターンでも、それがファンの待っているものに昇華させたのならOKですよ。
これからもこのパターンでお願いします♪ですね。
21. Posted by yukarin   2012年07月16日 23:03
こんばんは♪
全員が救助されても誰も死ななくても海猿だから感動できるんですよね。
ファンとしては満足でした。
22. Posted by FREE TIME   2012年07月17日 00:21
こんばんは。
海猿の魅力満載の作品で、これまで以上の見応えありました。
自分も美香が隠していた過去を聞いた時は、引いてしまいましたよ(汗)
23. Posted by にゃむばなな   2012年07月17日 21:50
yukarinさんへ

そうそう、誰も死ななくても感動できるのはこのシリーズだけでしょうね。
そしてそれが魅力なのもこのシリーズだけでしょう!
24. Posted by にゃむばなな   2012年07月17日 21:54
FREE TIMEさんへ

美香の秘密がアレではねぇ〜。ちょっと引っ張った割には…でしたよ。
でもまぁ映画全体として面白かったです。
25. Posted by くろねこ   2012年07月19日 23:40
私も思いきり感涙してきました〜!
今回は海と陸と空と-皆の心が1つに。
その様子も映像も壮大で素晴らしかったですね〜。音楽もまたまた良かったし。
ベタさも熱さもホントたまりません-!
毎度--心が熱くなりますね〜!!
26. Posted by にゃむばなな   2012年07月20日 19:34
くろねこさんへ

ベタなんですけど、これがいいんですよね。
海・陸・空の連携も泣けましたよね〜。
27. Posted by アンパンマン(べーやん)   2012年07月26日 22:28
こんばんは。

ご無沙汰してます。

今年はまだ映画館で1本も見れていないという情けないアンパンマンです。

タイトルだけ聞いて、メル・ギブソン監督作を思い出したのは僕だけでしょうか。

あっ、ハンドルネームをべーやんに変えました。

堀内孝雄とは無関係です。

ごめんなさい、海猿と無関係で(泣)。

アシッドリスナーとして、ギブソン監督作はほっとけなかったんですよね(苦笑)
28. Posted by にゃむばなな   2012年07月27日 11:25
アンパンマンさん改め、べーやんさんへ

ハイヒールで酒を飲んだメル・ギブソンも懐かしいですね〜。
また彼の監督作品も見たいですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載