2012年09月16日

『天地明察』

天地明察算術バカの一代勝負記なのに人間ドラマが薄い。キャラクターがどれも魅力的なのに映画としては全く面白味がない。
第7回本屋大賞を受賞した沖方丁先生の原作を名の通ったスタッフとキャストで映画化したこの作品ですが、正直なところ滝田洋二郎監督と久石譲大先生が手を抜きすぎていて少々退屈な映画でした。

まず安井算哲という囲碁侍が天文学の知識を買われて改暦に挑み、やがては大和暦という日本初の暦を作るという史実を知るには凄く分かりやすい映画だと思います。ただこの内容なら、NHKの「歴史秘話ヒストリア」で30分もあれば十分説明できる程度のこと。

でも映画化するのですから、やはり安井算哲という若侍がどんな人たちに出会い、どのような心の葛藤を経て大和暦完成に至ったのかという人間ドラマが大切なはず。なのに世間では『おくりびと』、裏事情を知る映画ファンの間では『釣りキチ三平』でお馴染みの滝田洋二郎監督は全くその辺りに気を遣っている様子はなし。

また人間ドラマに起伏がなければ映画音楽も起伏がないというか、印象に残らない。まぁ「○クリのジョー」の2つ名でお馴染みの久石譲大先生ですから、『トンマッコルへようこそ』そっくりな音楽が流れてきても不思議ではないのですが、ただ今回はあまりにもサビの部分が似すぎでしたね。

さて映画としては面白味のない作品でしたが、「天地明察」という作品そのものについてはそこそこ興味深いものでした。
所構わず算術にのめり込む安井算哲が水戸藩主・徳川光圀、和算学者・関孝和、算術塾長・村瀬義益、師匠・山崎闇斎、囲碁坊主・本因坊道策、会津藩主・保科正之、そして妻のえんを始めとするたくさんの人から慕われ、影響を受け、誰もやったことのない改暦に挑む史実は素直に面白かったです。

ただ宣明暦・授時暦・大統暦の3番勝負と算哲の命を賭けた大統暦と大和暦の一発勝負に全く盛り上がりがない、観測所への闇討ちは蛇足、北極星観測の長旅や改暦を巡る公家との対立などの描き方も中途半端なので大和暦勝利に達成感がないなど、その先人の偉業に感動することがなかったのは凄く残念。

岡田准一さんを始めとする俳優さんたちも魅力たっぷりなうえに、笹野高史・岸部一徳という新たな名コンビも味があって楽しく、宮崎あおいさんの名セリフ「私もお願いがございます。早くこの帯を解いて下さい」はいつか女の子に言わせたい!など、本当にいい要素がたくさんあった作品だけに、監督と音楽次第で映画として退屈な作品に成り下がってしまったのも凄く残念でした。

深夜らじお@の映画館は小刀で右手を切ったはずの算哲がえんを抱きしめても着物に血がついていないくだりにも不満たらたらです。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 天地明察  [ とりあえず、コメントです ]   2012年09月16日 23:53
冲方丁著のベストセラー小説を滝田洋二郎監督が描いた時代劇の人間ドラマです。 主演の岡田准一&宮崎あおいのコンビがキャラクターにぴったりなので楽しみにしていました。 観測と計算で暦を作ることの難しさと、暦を変えることの政治的な難しさを伝えてくれる作品でした。
2. 天地明察  [ Akira's VOICE ]   2012年09月17日 10:23
「明察」の過程が簡単すぎて気が入らん。  
3. 天地明察  [ 風情♪の不安多事な冒険 Part.5 ]   2012年09月17日 10:29
 日本  ドラマ&時代劇  監督:滝田洋二郎  出演:岡田准一      宮崎あおい      佐藤隆太      市川猿之助       【物語】  太平の世が続く江戸時 ...
4. 試写会「天地明察」  [ 日々“是”精進! ]   2012年09月17日 13:51
 昨夜は「天地明察」の試写会に行ってきました江戸時代に日本独自の暦作りという一大プロジェクトに挑んだ実在の人物、安井算哲(後の渋川春海)の波瀾万丈の人生を描き、2010年本...
5. 映画「天地明察」感想  [ タナウツネット雑記ブログ ]   2012年09月17日 20:43
映画「天地明察」観に行ってきました。冲方丁による日本の時代小説を原作とし、日本独自の暦を初めて作り上げた歴史上の人物・安井算哲(渋川春海)の生涯を描いた人間ドラマ&歴史...
6. 「天地明察」数多くの失敗を重ねて知った暦を司る算術の答えと才能を見抜いた良き理解者  [ オールマイティにコメンテート ]   2012年09月17日 21:36
「天地明察」は江戸時代前期に暦の改暦という重大な命を受けた安井算哲が算術と星の尺度で暦の改暦に挑むが様々なしがらみに阻害されながらも改暦を成し遂げるストーリーである。 ...
7. 天地明察/岡田准一、宮崎あおい  [ カノンな日々 ]   2012年09月17日 21:37
2010年本屋大賞を受賞した冲方丁さんの小説を原作に映画化した娯楽大作時代劇です。本屋大賞受賞作やノミネート作品は基本的に好みなのが多いんですけど、最近は既に売れているヒッ ...
8. 天地明察  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2012年09月18日 00:29
2012年9月17日(月) 16:00〜 TOHOシネマズ川崎4 料金:0円(フリーパスポート) 『天地明察』公式サイト フリーパスポート10本目。 東映得意の老人映画風だが、これは角川映画だ。 しかし内容は、極めてオーソドックスな時代劇なので、やはり年寄りな雰囲気である。
9. 天地明察 : また、鬘が…。  [ こんな映画観たよ!-あらすじと感想- ]   2012年09月18日 20:10
 我等が広島カープは、今日も完封負けです。もう、だめですな。本日紹介する作品は、カープ同様残念なこちらになります。 【題名】 天地明察 【製作年】 2012年 【製作国】
10. 天地明察  [ 悠雅的生活 ]   2012年09月18日 23:11
初手天元。北極出地。真剣勝負。(試写会にて)
11. 映画「天地明察」  [ FREE TIME ]   2012年09月20日 23:20
映画「天地明察」を鑑賞しました。
12. 映画『天地明察』観てきたよ〜〜♪  [ よくばりアンテナ ]   2012年09月21日 17:41
原作でめっちゃ感動したので、 楽しみにしてたんですよ〜〜 原作の感想はコチラ ストーリーも↑の原作の記事に書いてある通りです(^_^;) 映画を観ての感想は、 うん、北極星の観測に使う道具とか、大...
13. 「天地明察」感想  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2012年09月23日 09:50
チケット頂いたので見て来ました。 普通に面白かったです・・。3つ☆ でも、なんだろう・・・。何かこう、見ていてぐ〜っと来る何かが無かったというか・・。
14. 天地明察 評価★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2012年09月24日 19:45
いつの時代も既得権益を侵すのは至難の業だ。江戸の昔、日々の暮らしに直結する暦を正しく作り直すために文字通り命懸けで挑んだ人々がいた。そのリーダーが実在の人物・安井算哲である。行く手を阻んだのは、幕府に利権を奪われるのを恐れた公家たち朝廷の圧力だった。幾...
15. 天地明察  [ こみち ]   2012年09月24日 23:01
JUGEMテーマ:邦画     安井算哲役の岡田准一が、若い頃の真田広之に   そっくりですね。ナレーションが真田広之だったので   これまた驚きでした。   えんが拗ねたり怒ったりといろいろな表情を   見せて
16. 天地明察  [ 花ごよみ ]   2012年09月24日 23:15
冲方丁作の同名小説の映画化。 監督は滝田洋二郎。 江戸時代、それまで使われてきた、 中国の暦に変わって、 新たな暦を作った人物である、 安井算哲を描いています。 岡田准一が安井算哲を演じます。 その妻には宮崎あおい。 徳川家に碁打ちとして、 仕えてきた算哲...
17. 天地明察  [ だらだら無気力ブログ! ]   2012年09月26日 00:44
渋川春海って“はるみ”って呼ぶんだ。ずっと“しゅんかい”だと思ってた。
18. 映画・天地明察  [ 読書と映画とガーデニング ]   2012年09月26日 20:21
2012年 日本 冲方丁さんの原作に素直に感動し、映画はどんな雰囲気に仕上がっているか、とても楽しみにしていました 350年前、徳川家綱の時代 将軍に囲碁を教える名家の息子として生まれた安井算哲(後の渋川春海) 長い年月をかけ星や太陽の観測を続け、日...
19. 天地明察  監督/滝田洋二郎  [ 西京極 紫の館 ]   2012年09月27日 18:46
【出演】  岡田 准一  宮崎 あおい  松本 幸四郎  中井 貴一 【ストーリー】 代々将軍に囲碁を教える名家に生まれた安井算哲は、対局よりも星と算術に夢中になり、時間を忘れてのめり込んでしまう事もしばしばだった。ある日、会津藩主の保科正之から日本全国で北極...
20. 『天地明察』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2012年09月30日 10:41
□作品オフィシャルサイト 「天地明察」□監督・脚本 滝田洋二郎 □脚本 加藤正人 □原作 冲方丁□キャスト 岡田准一、宮崎あおい、佐藤隆太、市川亀治郎、笹野高史、       中井貴一、松本幸四郎、岸部一徳■鑑賞日 9月23日(日)■劇場 チネチッタ
21. 天地明察  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2012年10月03日 21:33
 『天地明察』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)原作〔冲方丁著『天地明察』(角川書店、2009年)〕を本屋大賞受賞の際に読み、大層面白かったので、映画の方はどうかなと映画館に足を運びました。  映画の冒頭は、屋根に上って夜空の星を見上げている主人公の安井...
22. 『天地明察』 宇宙に流れ星はない?  [ 映画のブログ ]   2012年10月07日 22:28
 滝田洋二郎監督は大きな勝負に出てきたな。  『天地明察』を観て一番に感じたのはそこだった。  『天地明察』は勝負を描いた作品である。算術の設問を出し合う勝負、囲碁の勝負、暦の勝負、蝕の勝負。賭...
23. 天地明察(2012-123)  [ 単館系 ]   2012年10月09日 21:54
天地明察 MOVIX川口 太平の世が続く江戸時代、算哲(岡田准一)は碁打ちとして徳川家に仕えていたが、 算術にもたけていた。 もともと星を眺めるのが何よりも好きだった彼は、ある日会津藩主の保科正之(...
24. 天地明察  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2012年10月18日 21:58
評価:★★★★【4点】(F) 宮崎あおいさんが太陽に見える(笑)
25. 「天地明察」感想  [ 流浪の狂人ブログ 〜旅路より〜 ]   2012年10月19日 19:01
 冲方丁原作の同名時代小説を、「おくりびと」の滝田洋二郎監督、V6の岡田准一主演で映画化。江戸前期、得意の算術を用いて、日本の正しい暦作りに尽力した囲碁棋士・安井算哲(のちの渋川春海)の半生を描く。
26. 『天地明察』 2012年74本目 フォーラム仙台  [ 映画とJ-POPの日々 ]   2012年11月04日 16:36
『天地明察』 天文と算術(和算)に通じた碁打ちが、日本独自の暦を作って改暦(新たな暦を導入する事)に挑んだ小説の映画化。 実話ベースの小説だそうです。 地球が球体で太 ...
27. 『天地明察』(2012)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2013年02月03日 10:24
冲方丁の小説は何となく題名だけは知っていたのですが、どんな内容なのかは全く知りませんでした。ただ本屋大賞を受賞したりで人気があるんだろうなあ、ぐらいに考えていたのですが、映画化が決まって予告編を見た際に、ああ面白そうだなと思ったものの、そのままにしてしま
28. 【天地明察】宮崎あおいのバツイチ演技、ご明察♪  [ ジョニー暴れん坊デップの部屋 ]   2013年03月28日 05:00
eiga.com 作品情報 『天地明察』 ■解説:2010年第7回本屋大賞を受賞した冲方丁の小説を、「おくりびと」の滝田洋二郎監督が映画化。20年以上の歳月をかけて日本独自の太陰暦を作り上げていく天文暦学者・渋川春海の姿を描く。江戸時代前期、碁打ちとして徳川家に仕え
29. 天地明察  [ いやいやえん ]   2013年04月07日 09:57
江戸時代に日本独自の暦作りに挑んだ実在の人物・安井算哲の生き様を描く時代劇ドラマ。原作は吉川英治文学新人賞、本屋大賞など数々の文学賞を受賞した冲方丁の同名小説、未読です。 将軍に囲碁を教える名家の息子として生まれたものの、出世も富にも興味がなく、星の
30. 天地明察  [ のほほん便り ]   2016年01月04日 15:13
本屋大賞を受賞して話題になってた頃から興味を持ってたので、映像で見ることが出来て嬉しかったです。 惜しむらくは、主役のふたりの、話題性が先行しすぎて、映画作品的には損をしたように感じましたが、なかなか、お似合いのふたりです。じつに目の保養… (^。^*)

この記事へのコメント

1. Posted by たいむ   2012年09月16日 22:58
原作を読んだ時、内容は興味深くってひき込まれるのに、何故か小説としては「面白さ」が感じらず、微妙な読了感だった覚えがあります。
映画は俳優陣がこれでもかってくらいに良かったんで、そこは満足して、あとはこんなもんかなーって思ってました。
2. Posted by kajio   2012年09月16日 23:35
前売り券こそ買ってませんが、鍵泥棒のメソッドの次に観るつもりですが…困ったなぁ…(´-ω-`)
3. Posted by BROOK   2012年09月17日 06:13
映画は原作の簡略版みたいな感じがしました。
原作が未読の私が言うのもなんですけど…(汗)

何十年という月日があれよあれよと過ぎて行っている印象でした。

ただ暦のことは良く分かりました。


着物の件はやはりツッコミどころですよねぇ。
初号試写等で気付きそうなものですが。
4. Posted by AKIRA   2012年09月17日 10:33
面白い史実なのに平板で勿体ない完成度。。
もう1度、リメイクしてほしいですw
5. Posted by Ageha   2012年09月17日 12:49
はい、来ました名言。

「早く帯を解いてください」
ドッシェ〜(๑≧౪≦)

男性陣、このひとことでOKかもしれません。以上。(わわわわわ)
6. Posted by にゃむばなな   2012年09月17日 16:50
たいむさんへ

俳優陣の頑張りは素晴らしかったんですけどね。
それが映画の面白さに繋がらなかったのは残念でしたよ。

それにしても小説もそんな感じだったんですね。
7. Posted by にゃむばなな   2012年09月17日 16:53
kajioさんへ

まぁオスカー受賞で人生が変わってしまった滝田洋二郎監督作品ですから、そんな感じで挑まれる程度でいいと思いますよ。
8. Posted by にゃむばなな   2012年09月17日 16:58
BROOKさんへ

ほんま初号試写で誰も気付かなかったんですかね。あの着物のシーンは。

こういう長い年月を扱う作品は監督の実力が見え隠れしてしまうんでしょうね。
9. Posted by にゃむばなな   2012年09月17日 16:58
AKIRAさんへ

> 面白い史実なのに平板で勿体ない完成度。。

ほんま、この一言に尽きますね。
作り直し希望です。
10. Posted by にゃむばなな   2012年09月17日 16:59
Agehaさんへ

このセリフ、いつか必ず活用させていただきます!
11. Posted by 悠雅   2012年09月18日 23:21
こんばんは。
すみません、すっかりお邪魔が遅くなってしまいました。

水戸光圀の演出は何故こんなに異様なのだろうと思いつつ・・・
もし、暦の計算を具体的に示されたら、わけがわからずついていけないのではあるけれど、
計算方法に全く触れられないから、気がついたら計算ができているので、
何か実感に乏しい気もしました。

ここで算哲が日本の暦を作り出したから、
日本で今も続く年中行事が生きるのだなぁ、と思わせるエンドクレジットがよかったです。
12. Posted by にゃむばなな   2012年09月19日 21:24
悠雅さんへ

暦の計算方法を細かく見せる必要はなくとも、ある程度の概要は見せないと達成感も実感も乏しくなりますよね。

それにしても普段から当たり前のように使っている暦にこのような歴史があることを日本人として勉強させてもらいましたよ。
13. Posted by FREE TIME   2012年09月20日 23:29
こんばんは。
確かに地味な作品でしたが、安井算哲の半生を描く部分においては充分な内容だったと思います。
正確な暦を発見するのに数年かかってしまうのだから宇宙は奥が深いと思います。
14. Posted by きさ   2012年09月21日 09:15
楽しく見ましたが、原作を読んでいるので違いはちょっと気になりました。
俳優さんはみんな良かったです。主演の二人も良かったですが、特に笹野高史と岸部一徳のコンビが良かった。
あの二人とのからみは原作ももっと泣けますが。
奥さんを一人にしたのも脚色としてはありかな。
映画も悪くはなかったのですが、原作はとても面白いのでちょっと残念な感じが。
15. Posted by にゃむばなな   2012年09月21日 19:49
FREE TIMEさんへ

まぁ半生を描く上で大切なのはメリハリをつけることですが、この作品にはそれがありませんでしたからね。
宇宙は奥が深いと考えるのはなるほどと思いました。
16. Posted by にゃむばなな   2012年09月21日 19:50
きささんへ

あらあら、原作とそないに違いますか。
脚色のいいところ、悪いところの差がちょっと大きかったみたいですね。
17. Posted by latifa   2012年09月23日 09:53
にゃむばななさん、こんにちは!
う〜〜ん、、やっぱり、いまひとつでしたかー
私も、なんだか・・大変失礼ながら、音楽とかシナリオとかに対しての熱意というか意気込みが、それほどは伝わって来なかったかな・・・と思いました。

でも監督さんにしても久石さん、俳優さんたち、スタッフ、みなさん才能溢れる方なのに、惜しいですね
18. Posted by にゃむばなな   2012年09月23日 20:38
latifaさんへ

そうそう、みなさん才能溢れる方々ばかりだからこそ、この程度というのが惜しいんですよね。
もう少し監督も作曲家も頑張らんかい!と。
19. Posted by kajio   2012年10月08日 01:06
遅ればせながら観てきました。

ワーナーマイカルのスタンプカード無料サービスで観て正解だったかも(^o^;

上映時間が長い割には中身が薄い。にゃむばななさんのおっしゃる通りでしたね。

もしも関孝和を香川照之さんに、山崎闇斎を古田新太さんにしていれば、まだ違った印象が残ったんでしょうけど…

あっ、佐藤隆太くんは『おめぇはそれでいいや』ということで(笑)


20. Posted by にゃむばなな   2012年10月08日 21:13
kajioさんへ

映画の盛り上がりのなさを考えると、別のキャスティングならどうなるかと考えてしまいますよね。
本当にいい要素をことごとくダメにしてしまった映画でしたわ。
21. Posted by 健太郎   2012年11月04日 16:35
3 こんばんは。

天文に算術に碁と、色々なものが詰っていました。
当時の技術や文明では地球の自転や公転を分からない筈なのに、よくあんな偉業が達成出来たと驚いています。
人間ドラマも素晴らしく、中でも奥様とのエピソードは微笑ましかったです(出戻った理由が多いに気になるところではありますが)。

ただ、本因坊流の若手を演じた関ジャニ∞の頭に違和感を感じました。
カツラでしょうか? 役者魂で剃ってほしかったです(笑)。
22. Posted by にゃむばなな   2012年11月04日 20:16
健太郎さんへ

ジャニーズには役者魂は不要ですからね。
個人的には同じく剃ってほしかったのですけど。
23. Posted by ジョニーA   2013年03月28日 04:59
ハードルをだいぶ下げて観たので、そんなに
悪くはないかなぁー、という感想です。
姫路城や書写山円教寺といった、ウチの近所
がいろいろ登場するので飽きなかったという
個人的事情もあるからカナ?
あおいちゃんは、出戻りの役がピッタンコ
で、この役に起用したのは、「監督、ご明
察!」ってことで。
24. Posted by にゃむばなな   2013年03月29日 16:56
ジョニーAさんへ

あぁ〜、そういえばあおいさんは出戻りさんでしたね。
そういうイメージが全然なかったのですが、この役が似合うのもそういうことなんですね。
ほんと、この件に関しては監督、ご明察!です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載