2012年09月21日

『ロック・オブ・エイジズ』

ロック・オブ・エイジズこれぞロック・オブ・80'sライヴコンピレーションアルバム。80'sを聞くと自然に身体と魂が疼く30〜40代は必見のロックミュージカル。
やはり音楽といえば80'sのロックンロールに限る!と言わんばかりに、映画を彩る名曲の数々。洋楽に詳しくなくても一度は耳にしたことのある世代ならOPからEDまで、まるでライヴ会場にいるかの如く楽しめる、これはたまらん映画ですたい!

解体されたワーナーブラザーズのロゴがニューラインシネマのロゴに変形するOPから「ワーナーがロゴで遊ぶ作品は面白い」という期待通りに最後まで80's世代の心を鷲掴みにしてくれるこの作品。
若い世代には馴染みのない楽曲ばかりかも知れませんが、昨今とある外国人音楽評論家がアイドル音楽が日本の音楽レベルを下げているという評論を出されたように、キャッチーなだけの生ヌルい音楽とは違い、身体と命と魂で奏でる80'sこそが音楽。心にではなく魂にまで響く80'sこそが音楽なんですよね。

ですからストーリーがあってないようなものでもいいんです。どうせ田舎から夢を追いかけてLAに出てきた男女が出会い、恋をして別れ、そして元鞘に戻り性交、いや成功するだけの単純ストーリーなんですから、どうでもいいんです。

それよりもほぼ休憩なしに次から次へと流れる名曲の歌詞がそのままストーリーになっているので、映画としてもきちんと成立しているだけでなく、ロックミュージカルシーンは全てPV仕立てかライヴ仕立てになっているので、全ての楽曲シーンにおいて興奮必至。
歌詞の意味を知ることで再認識する80'sの素晴らしさと新たなに生まれる感動。もう80'sドンピシャ世代にはまたりませんよ。

またロックの神様ステイシー・ジャックスを演じるトム・クルーズもこれぞ酒とドラッグと女に溺れ堕落するも、ひとたびマイクを握りステージに立てば魂で音楽を奏で、さらに愛を知ることで音楽にキレが戻る古き良きロックミュージシャンを好演していて、めちゃくちゃ格好いいこと。

その他にもキャサリン・ゼタ・ジョーンズの卑猥さ、ポール・ジアマッティの胡散臭さ、アレック・ボールドウィンのコミカルさなど全てがとにかく楽しいこの映画。
特にラッセル・ブランド演じるロニーは最高に面白かったですね。アレック・ボールドウィンとキスをし、アレック・ボールドウィンと愛を80'sに乗せて語り合い、キャスターには舐め回して股間に擦り付けたマイクを返し、キャサリン・ゼタ・ジョーンズのグルーピーだった過去を暴く。その活躍ぶりもロックンロールだぜ!

深夜らじお@の映画館はZ・ガイ〜ズだけは二度と見たくないです。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

この記事へのトラックバック

1. 『ロック・オブ・エイジズ』 (2012) / アメリカ  [ Nice One!! @goo ]   2012年09月21日 17:58
原題: ROCK OF AGES 監督: アダム・シャンクマン 出演: ジュリアン・ハフ 、デイエゴ・ボネータ 、ポール・ジアマッティ 、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 、メアリー・J・ブライジ 、ラッセル・ブランド 、アレック・ボールドウィン 、トム・クルーズ 試写会...
2. 映画:ロック・オブ・エイジズ ROCK OF AGES 能天気な80年代ミュージカルは、予想通りの甘〜い味が売り。  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2012年09月21日 18:35
舞台はL.A.。 かつ、ただでさえおめでたい80年代(笑)  で、これはロック・ミュージカルの映画化。 なので、ストーリーの甘さにはこだわらず、脳天気に割り切って楽しむ「心がまえ」で(笑) そのムードで「タワーレコード L.A」とか、有名なHOLLYWOOD看板の直裏...
3. 劇場鑑賞「ロック・オブ・エイジズ」  [ 日々“是”精進! ]   2012年09月21日 21:00
「ロック・オブ・エイジズ」を鑑賞してきました80年代ロックをフィーチャーして大ヒットしたブロードウェイ・ミュージカルを「ヘアスプレー」のアダム・シャンクマン監督が、トム・...
4. ロック・オブ・エイジズ  [ hibi-hodohodo ]   2012年09月21日 22:30
...
5. ロック・オブ・エイジズ /ROCK OF AGES  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2012年09月21日 23:25
ランキングクリックしてね ←please click 久しぶりの更新になっちゃった こんなに更新止まったのはblog初めて以来初かも!? 今月いちばん楽しみにしてた映画、試写で観て来ました〜 ハゲ&ズラ&デブの映画会社社長になったかと思えば(「...
6. ロック・オブ・エイジズ  [ ハリウッド映画 LOVE ]   2012年09月22日 17:09
原題:Rock of Ages監督:アダム・シャンクマン出演:ジュリアン・ハフ、ディエゴ・ボニータ、ラッセル・ブランド、ポール・ジアマッテイ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、マリン・アッカーマン、メアリー・J・ブライジ、ブライアン・クランストン、アレック・ボールドウィ
7. ロック・オブ・エイジズ  [ 新・映画鑑賞★日記・・・ ]   2012年09月23日 00:28
【ROCK OF AGES】 2012/09/21公開 アメリカ PG12 123分監督:アダム・シャンクマン出演:ジュリアン・ハフ、ディエゴ・ボネータ、ラッセル・ブランド、ポール・ジアマッティ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、マリン・アッカーマン、メアリー・J・ブライジ、アレック・...
8. [映画『ロック・オブ・エイジズ』を観た(短信)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2012年09月23日 11:13
☆この映画、予告編を見ただけでは、トム・クルーズがカリスマ・ロックミュージシャンを演じていることぐらいしか分からなかったが、  いざ、物語が始まると、トップアーティストを夢見て、老舗ライブハウス<バーボンルーム>で働く、若き男女二人の出会いと恋と成功の...
9. ロックオブエイジズ  [ Said the one winning ]   2012年09月23日 20:18
ストーリー:1987年のハリウッド。サクセスをつかもうとする若者たちがひしめく大通り、サ ンセット・ストリップに建つライブハウス。そこで働きながらロック・スターを目指すドリュー(ディエゴ・ボネータ)とシンガーになるのを夢見て田舎から飛 び出してきたシェリー...
10. 映画、ロック・オブ・エイジズ  [ 黄昏のフクロウ ]   2012年09月24日 05:05
 封切り2日目だというのに、130人くらいしか入らない劇場に28人の観客。見たい人はさっさと出かけたほうがよい。  ブロードウエイミュージカルの映画化らしいから、成り立ちとしては映画バーレスクより、...
11. ロック・オブ・エイジズ  [ 心のままに映画の風景 ]   2012年09月24日 23:07
栄光とスキャンダルに彩られた80年代のハリウッド・サンセット通り。 歌手を夢見て田舎から出てきたシェリー(ジュリアン・ハフ)は、ライブハウス“バーボン・ルーム”でウェイターをしながらロック・スタ...
12. ロック・オブ・エイジズ ★★☆☆☆  [ センタのダイアリー ]   2012年09月26日 20:42
最初に良かったところだけ言っておくと、トム・クルーズのロックスター役は見事にはまっていてカッチョよかったです。 全編80年代のロックがほとんど途切れることなく流れますが、メジャーなメガヒット曲は少なくてどちらかというと微妙なヒット曲がほとんどだったのは、
13. ロック・オブ・エイジズ/ROCK OF AGES  [ いい加減社長の映画日記 ]   2012年09月27日 08:27
最初は、観る気はなかったんだけど、予告編を観て、のりがよさそうなので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1987年のロサンゼルス。 成功を夢見てやってきたシェリーは、ロックの殿堂“バーボンルーム”で働く青年ドリューと知り合う。 バーボンルームは、い..
14. 『ロック・オブ・エイジズ』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2012年09月28日 12:12
□作品オフィシャルサイト 「ロック・オブ・エイジズ」□監督 アダム・シャンクマン□キャスト ジュリアン・ハフ、デイエゴ・ボネータ、ポール・ジアマッティ、トム・クルーズ       キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、メアリー・J・ブライジ、アレック・ボール
15. ロック・オブ・エイジズ     評価★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2012年10月04日 18:39
トニー賞で作品賞ほか5部門にノミネートされ、ブロードウェイを筆頭に世界各国でヒットを記録し続けているミュージカルを映画化。1987年のロサンゼルスを舞台に、音楽で成功することを目指して奮闘する青年と少女の恋と夢の行方が、1980年代のロック・ナンバーに乗せて映...
16. ロック・オブ・エイジズ  監督/アダム・シャンクマン  [ 西京極 紫の館 ]   2012年10月12日 21:24
【出演】  ジュリアン・ハフ  ディエゴ・ボネータ  トム・クルーズ 【ストーリー】 1987年のロサンゼルス。成功を夢見てやってきたシェリーは、ロックの殿堂“バーボンルーム”で働く青年ドリューと知り合う。バーボンルームは、今やビッグネームとなったロックバンド「.
17. ロック・オブ・エイジズ  [ いやいやえん ]   2013年02月20日 09:25
80'sロックなんて全然知らないから、ミュージカルナンバーでドキワクしたり出来ない残念な結果に。「当時の洋楽を知らない人には肩すかし的な内容だ」とどこかに書いてあったのだけれど、確かに、そうかも。懐メロでもないし、ある意味で新鮮にうつりましたねー。 ただ

この記事へのコメント

1. Posted by rose_chocolat   2012年09月21日 17:58
もうね、これ、ひたすらロックンロールLOVEですよ。これしかない!
私的にはゼタジョのダメダメ度とか、"Harden My Heart"の使い方がツボでしたねー。
昔懐かしいJourneyも、思い出すとほんといつでもノレますわ〜
http://blog.goo.ne.jp/rose_chocolat/e/eec04479d1228c9f321c226fc98b9acb
2. Posted by にゃむばなな   2012年09月21日 19:54
rose_chocolatさんへ

ほんま、ロックンロールLOVEな時代を知っている人間には、思い出すだけでもノレる映画でしたね。
こういう作品は大好きですわ。
3. Posted by BROOK   2012年09月21日 21:03
たしかにライブ会場にいるかのように感じました〜♪
もう最初から最後までロックづくしで、
しかも選曲がストーリーにあっていて、素晴らしかったです!
4. Posted by mig   2012年09月21日 23:25
こんばんは〜
今日、観た人とも話してたんですが、
ロックっていうより80年代ポップス、
ミュージカルってよりコメディ色強めでした〜
ちょっと私的にはハマり足りない感じ。
トムファンでずっと楽しみにしてたからそうでもなかったかなー
5. Posted by えふ   2012年09月22日 17:09
ロックはさほど興味なかったけど、
なんかノリノリ気分でしたね(笑
しかも・・・トムとキャサリンが
私には主役とおもえてしかたなかった!
6. Posted by にゃむばなな   2012年09月22日 20:31
BROOKさんへ

ほんま、これぞ映画館でライヴ感覚って感じでしたね。
世代的には凄く楽しかったです。
7. Posted by にゃむばなな   2012年09月22日 20:43
migさんへ

Z・ガイ〜ズの登場でこれはポップスではなくロックだと思っていたのですが、なるほど、80年代ポップスと捉える方もいらっしゃるんですね。
勉強になります。
8. Posted by にゃむばなな   2012年09月22日 20:46
えふさんへ

実質ミュージカルの主役はトム・クルーズとキャサリン・ゼタ・ジョーンズでしたね。
特にトム・クルーズのロックの神様はまた見たいですわ。
9. Posted by yukarin   2012年09月23日 00:30
知ってる曲ばかりでノリが良いしテンションあがりまくりで観てました。
トムもあんなに歌がうまかったとはびっくり。やや体格良すぎではありますが、ロックスターしてましたね。
10. Posted by kajio   2012年09月23日 01:46
香川県に三つもあるワーナーマイカルシネマで、予告編をさんざん観ましたが、現時点で香川県での上映予定がありませんorz
11. Posted by にゃむばなな   2012年09月23日 20:30
yukarinさんへ

トム・クルーズの身体の鍛えようは凄かったですね。
あの凄さ、またどこかで見たいものですよ。
12. Posted by にゃむばなな   2012年09月23日 20:34
kajioさんへ

予告編をさんざん流しておいて上映予定なしというのはちょっとキツいですね。
WMCもいったい何をしていることやら。
13. Posted by オリーブリー   2012年09月25日 21:38
こんばんは〜。

音楽は良かったんですが、主役の男女がダメでした(苦笑)
しかしトムさんは成りきりましたね^^
マイケルとバブルス君を思い出しました(笑)
14. Posted by にゃむばなな   2012年09月25日 21:40
オリーブリーさんへ

まぁこの手の作品では主役は飾りですよ。

あぁ〜、バブルス君なんて懐かしい!
15. Posted by きさ   2012年09月26日 22:54
見ました。
面白かったのですが、80年代って私がロックから遠ざかり始めた時代なのであまり曲に馴染みがなかったです。
映画的には面白かったのですが。
監督は「ヘア・スプレー」の人ですよね。個人的にはあちらの方が好きだったかな。
俳優さんはみな好演。ポール・ジアマッティとアレック・ボールドウィンのコンビも良かったです。
トム・クルーズは役どころとしては脇ですが、実質的にはほぼ主役でしたね。
ラストは盛り上がりますね。
ヒロインのジュリアン・ハフちょっと佐々木希に似てません?
16. Posted by にゃむばなな   2012年09月27日 20:21
きささんへ

きれいなだけで存在感が薄いところも確かに似ているかも…。

とにかくベテラン俳優陣が奏でるロックの名曲に楽しませてもらった映画でしたね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載