2012年11月23日

『人生の特等席』

人生の特等席子供にとって親の背中こそが人生の特等席。親にとって子供の成長を見守る場所こそが人生の特等席。
『グラン・トリノ』で俳優業から引退するかも知れないと囁かれていたクリント・イーストウッドが、愛弟子でもあるロバート・ロレンツの初監督作品に主演したこの映画。お決まりの展開ではあるものの、クリント・イーストウッドの完全引退に向けた道筋が見えてくるような映画でしたよ。

未来のメジャーリーガーをスカウトする仕事からリタイアを迫られている老スカウトマンを父に持つミッキーと私も同世代ということもあってか、父親が仕事場という戦場から身を引く哀愁がこの映画にあるのかと思っていましたが、まぁ人間ドラマとしてはごく平凡なものでした。

ただその老スカウトマン・ガスを演じるクリント・イーストウッドの頑固親父ぶりが凄くいいんですよね。視力が衰えても弱音は見せず、真実を語れないからこそ不器用な愛の伝え方しか出来ず、でも常に子供の成長と成功を願っている。
そんな昔気質な頑固親父の声には出さない親心が娘のミッキーにだけでなく、スクリーンに映っていない愛弟子ロバート・ロレンツ監督にも向けられていることがこの老兵の背中を見ているだけで感じられる。もうこれはクリント・イーストウッド御大にしか演じることができない役だと思いましたよ。

ですからデータ重視により球団が典型的アメリカンいじめっ子ボーを1位指名したり、選手からスカウトマンに転職したジョニーにミッキーがフラれたりといったお約束の展開の後に、「門前の小僧、習わぬ経を読む」で育ってきたミッキーにスカウトされたモーテル少年リゴがカーブで何度もボーから空振りを取ると、自然に涙と笑みがこぼれしまうんですよね。
金属バットから木製バットに代わることも計算に入れていないデータなんて何の役にも立たへんやろ!と思いつつも、やっぱり最後の最後は選手個人を見ないデータよりも長年の経験が勝つ方が心が穏やかになりますからね。

ただ視力が衰えているガスが球団からの契約延長に返事を保留したり、弁護士事務所がお払い箱にしたミッキーに助けを求めたりといった最後の展開はちょっとやりすぎかと。最後は老兵の跡を娘が継ぐという形で締め括った方がきれいに終わったような気がしましたので。

ちなみにボールがバットにヒットした時やミットにが吸い込まれた時の音の違いで打者や投手の実力が分かるというのは、これは野球ファンなら誰もが知る事実。
福ちゃんこと福本豊さんやムッシュこと吉田義男さんのようなベテラン解説者の野球解説を聞いていると、そこらへんは実例込みで詳しく教えてくれますからね。

深夜らじお@の映画館は高校時代に甲子園で3本塁打1フェンス直撃二塁打と大活躍した平田良介選手が未だに中日ドラゴンズで主軸を打っていないことに少々淋しさを感じます。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 人生の特等席  [ うろうろ日記 ]   2012年11月23日 17:54
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】頑固オヤジのメジャーリーガースカウト
2. 映画:人生の特等席 Trouble with the Curve  アンチ「マネーボール」ボヤキ爺い=C イーストウッド!  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2012年11月23日 17:56
イーストウッドといえば、ダーティハリーのころから「ボヤキ」演技が見物だった。 いつも、Good grief とか、Oh my god とか、さらにダーティな愚痴をこぼしまくるのが持ち味(笑) その特色を生かし? 近年のイーストウッド(写真中央)の演技には、目を見張るものがあ...
3. 人生の特等席 / TROUBLE WITH THE CURVE  [ 勝手に映画評 ]   2012年11月23日 18:46
『グラン・トリノ』で、半分引退の様な事を言っていたクリント・イーストウッド。ここ最近の作品は、自身が監督・主演か、あるいは監督専業と言う事が多かったが、今回の作品の監督が愛弟子ロバート・ロレンツと言う事もあってか、俳優専任として登場している。 渋いねぇ...
4. 『人生の特等席』  [ ラムの大通り ]   2012年11月23日 23:32
(原題:Trouble with Curve) ----あれっ、クリント・イースト・ウッドって もう俳優は辞めたんじゃなかったけ? 「そのはずだったんだけどね。 本人いわく“オモシロい役が回ってきたからやってみた”とのこと。 とにかくストーリーが気にいったらしい」 ----どんな..
5. 人生の特等席  [ 心のままに映画の風景 ]   2012年11月24日 02:34
数々の名選手を発掘してきた大リーグの伝説的スカウトマン、ガス・ロベル(クリント・イーストウッド)は、ここのところ、年のせいで視力が弱ってきていた。 パソコンデータ分析が主流で、昔気質のスカウ...
6. 劇場鑑賞「人生の特等席」  [ 日々“是”精進! ]   2012年11月24日 14:48
「人生の特等席」を鑑賞してきましたクリント・イーストウッドが「グラン・トリノ」以来4年ぶりに主演を務める感動ドラマ。キャリア最後のスカウトの旅へと出たメジャーリーグの老...
7. 人生の特等席・・・・・評価額1500円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2012年11月24日 16:29
ガンコ父娘の心の旅路。 映画人生の集大成とも言うべき傑作「グラン・トリノ」を最後に、俳優引退を宣言していたクリント・イーストウッドの四年ぶりとなる主演復帰作は、長年メジャーリーグの現場に立ち続...
8. 人生の特等席  [ ハリウッド映画 LOVE ]   2012年11月24日 20:48
原題:Trouble with the Curve監督:ロバート・ローレンツ出演:クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン、マシュー・リラード人生は、変化球!!
9. 人生の特等席  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2012年11月25日 10:39
評価:★★★★【4点】(10) マネーボール理論が揺らいだ瞬間とは、、、
10. 人生の特等席  [ 新・映画鑑賞★日記・・・ ]   2012年11月25日 17:44
【TROUBLE WITH THE CURVE】 2012/11/23公開 アメリカ 111分監督:ロバート・ロレンツ出演:クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン、ロバート・パトリック、マシュー・リラード、ジョー・マッシンギル ス...
11. 「人生の特等席」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2012年11月25日 20:20
クリント・イーストウッド主演作品。ただし監督はロバート・ローレンツ。確か『グラン・トリノ』で俳優はもうやらないと宣言したとかしないとか小耳にはさみ、当時から「そんなこと言わないで〜」と俳優業の続行を望
12. 映画「人生の特等席」感想  [ タナウツネット雑記ブログ ]   2012年11月27日 01:04
映画「人生の特等席」観に行ってきました。アメリカ大リーグの卵となる選手をスカウトする仕事を長年にわたって続けてきたプロでありながら「失明の兆候」を発症するという致命的な...
13. 人生の特等席/TROUBLE WITH THE CURVE  [ いい加減社長の映画日記 ]   2012年11月27日 08:10
クリント・イーストウッド主演ということで、ちょっと楽しみにしていた作品・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 長年大リーグの名スカウトとして腕を振るってきたガス・ロベル。 伝説のスカウトマンとして知られる存在の彼だったが、年齢のせいで視力が弱って...
14. 人生の特等席 ★★★.5  [ パピとママ映画のblog ]   2012年11月27日 17:11
監督・主演作『グラン・トリノ』で事実上の俳優引退宣言をしていたクリント・イーストウッドが、4年ぶりに主演を務めたハートウォーミング・ドラマ。『マディソン郡の橋』以来17年にわたりイーストウッドから映画製作を学び、生涯でただ一人の弟子と認められそのDNAを継承...
15. 人生の特等席  [ Said the one winning ]   2012年11月27日 19:55
監督:ロバート・ロレンツ出演:クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン、ロバート・パトリック、マシュー・リラード、ジョー・マッシンギル ストーリー:ガス(クリント・イーストウッド)は長年大リーグ...
16. 「人生の特等席」うん、イイ邦題ですね。  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   2012年11月29日 00:55
[人生の特等席] ブログ村キーワード  俳優 クリント・イーストウッド復活!「人生の特等席」(ワーナー・ブラザース)。「グラン・トリノ」から約4年。クリント翁の主演復帰作は、爽やかな感動作でございます。  ガス(クリント・イーストウッド)は、メジャー・リーグ“アトラン
17. 凄ーくイイ話なんだけれども・・・。『人生の特等席』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2012年12月04日 09:50
長年メジャーリーグのスカウトマンとして働く男性とその娘の絆を描いた作品です。
18. 映画「人生の特等席」  [ FREE TIME ]   2012年12月09日 19:51
映画「人生の特等席」を鑑賞しました。
19. 人生の特等席  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2012年12月14日 05:29
 『人生の特等席』を渋谷Humaxで見ました。 (1)『グラン・トリノ』の後、これ以上もう映画に出演しないと公言していた御歳82歳になるクリント・イーストウッドですが、本作にはその彼が出ているということで映画館に足を運びました。  彼の役どころは、プロ野球球団ア...
20. 『人生の特等席』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2012年12月16日 09:10
□作品オフィシャルサイト 「人生の特等席」□監督 ロバート・ローレンツ□脚本 ランディ・ブラウン□キャスト クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、       ジョン・グッドマン、スコット・イーストウッド、ロ
21. 映画『人生の特等席』を観て  [ kintyre's Diary 新館 ]   2013年03月21日 23:18
12-99.人生の特等席■原題:Trouble With The Curve■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:111分■観賞日:12月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ■料金:0円(1カ月フリーパス) □監督・製作:ロバート・ロレンツ◆クリント・イーストウッド(ガス)◆エ
22. 『人生の特等席』 なぜイーストウッドが監督しないのか?  [ 映画のブログ ]   2013年04月26日 07:17
 【ネタバレ注意】   映画に反論するには映画をもって、ということだろうか。  野球を題材にしながら、選手ではなくGM(ゼネラルマネージャー)にスポットを当てた映画として『マネーボール』はたいそう...
23. 人生の特等席  [ いやいやえん ]   2013年05月13日 09:12
思ってたよりも老いているイーストウッドにビックリだ。当たり前だけどヨボヨボ。でも何か一瞬の画がとんでもなくかっこいいのよ。やっぱりそこはイーストウッドだった。 ストーリーは一人の野球スカウトマンの娘との絆、人生の再生といったところだけれど、これもよく
24. 『人生の特等席』(2012)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2013年05月15日 23:28
メジャーリーグのスカウトマンであるガスは、ハイテクに頼らず昔ながらのやり方を貫いているが、球団は時代に取り残されたかのような彼を疎ましく考え始めていた。しかもガスは視力が衰え仕事にも支障を来たし始めていたが、プロとしての自信と誇りは持ち続け、今もドラフト
25. 人生の特等席  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2013年07月20日 12:39
監督:ロバート・ロレンツ 出演:クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン、ロバート・パトリック、マシュー・リラード 【あらすじ】  イーストウッド演じるガスは将来の名野球選手を発掘する長年の名スカ...
26. 人生の特等席  [ のほほん便り ]   2014年05月30日 15:13
原題は、「Trouble with The Curve」… 物語中、野球のカーブと、親子関係の誤解や屈折が、うまくかけられてます。いかにもアメリカ映画らしい、安心して見られる、後味、爽快。ほっこりした気持ちになれる、ハッピーエンドの映画でした。嫌な奴には、ちゃんと、お仕置きだ

この記事へのコメント

1. Posted by きさ   2012年11月23日 21:33
試写で見ました。
イーストウッドの役はほとんど「グラン・トリノ」に似てますね。
娘役のエイミー・アダムスは「魔法にかけられて」が印象的でした。
良い女優さんです。
ジャスティン・ティンバーレイクはライバル球団のスカウトで父と娘の仲を取り持つ儲け役。
イーストウッドの友人役で「アルゴ」でも良かったジョン・グッドマン、スカウト仲間でちょっと懐かしいエド・ローターも出演していました。
お話はうまく行き過ぎる所もありますが、なかなかよく出来ていました。
キャスティングがいいですね。
ラストはもうちょっと苦めでも良かったかなと思いました。
2. Posted by にゃむばなな   2012年11月23日 22:29
きささんへ

確かにラストはもう少し苦めでも良かったかも知れませんね。
全体的にキャスティングがいい分、そこに救われた感のある映画でもありましたね。
でも素直にいい映画だとも思いましたよ。
3. Posted by BROOK   2012年11月24日 14:54
たしかに最後の展開はちょっとやり過ぎだと思いましたね。
ただ2人とも“考えておく”と答えたシーンは似た者親子なんだなぁ…と感慨深くなりました。
4. Posted by ノラネコ   2012年11月24日 16:48
あちこちご都合主義なんだけど、そういう部分も含めて古き良きハリウッド。
最後には気持ちよく感動させてもらいました。
こう言う映画観ると野球を見に行きたくなるなあ。
5. Posted by にゃむばなな   2012年11月24日 18:14
BROOKさんへ

やっぱり似た者同士の親子、答えは「YES」なのに「考えておく」と言うあたりはいいですよね。
しかもこういう役にクリント・イーストウッドは似合いますわ〜。
6. Posted by にゃむばなな   2012年11月24日 18:14
ノラネコさんへ

そうですね〜。スカウトが見つけ出した無名の選手が活躍するとなれば、野球を問わずスポーツは凄く面白くなりますからね。
7. Posted by えふ   2012年11月24日 20:47
球団や弁護士事務所からのオファーを
考えとく、というあたり、
さすが親子だとおもいました。
血を受け継ぐ、ってこういうことなんだな〜と。しみじみ。。

8. Posted by にゃむばなな   2012年11月24日 21:29
えふさんへ

自分もそうですけど、知らず知らずのうちに子供って親と同じことをしているんですよね。
あの「考えておく」というのもそんな親子の絆を描いた1シーンなんでしょうね。
9. Posted by オリーブリー   2012年11月25日 13:10
こんにちは。

定番のお話もイーストウッドならでの作品でしたね。
頑固者の不器用な思いやりって、胸に染み込んできます。
10. Posted by にゃむばなな   2012年11月25日 16:05
オリーブリーさんへ

ほんと、クリント・イーストウッドにはこういう役が似合いますよね。
定番の物語でも見せ切ることができるのは、ある意味彼ならではの魅力かも知れませんね。
11. Posted by yukarin   2012年11月25日 18:03
こんにちは♪
ガスはまさにクリント・イーストウッドにぴったりの役でしたね。
予想できる内容ではありましたが観終わったあとに温かい気持ちになれる作品は好きです。
12. Posted by たいむ   2012年11月25日 20:22
そうそう、とても良かったけれど、強いて言うなら老兵には違いなんだから、引き際もスパッとカッコ良く決めてもらっても良かったかなって。
まぁ、そのあとに同じセリフを娘に言わせるためにそうしたのかもしれないけれど。
13. Posted by にゃむばなな   2012年11月25日 20:33
yukarinさんへ

こういう役はやはりこの御大にしか似合わないキャラでしょうね。
久しぶりの俳優業、また続けてほしいですわ。
14. Posted by にゃむばなな   2012年11月25日 20:42
たいむさんへ

老兵は去り際が最も格好いいものですからね。
そこをはっきり描くのかと思っていたのですが、まぁ後継者が娘で確定したところで終わるのも、ある意味アメリカらしいのかも知れませんわね。
15. Posted by q じわり   2012年11月27日 21:02
嗄れ声で頑固者のジジィ
皮肉たっぷり。
もしや?!実体験?!とか思ったり(笑)
そりゃ予定調和っちゃそうだけど
父娘関係に「老い」がスパイスになってて良かったし
男の顔は履歴書イーストウッド
険しい表情だけれどチャーミングさもあった〜
余談だけど
野球は詳しくないけど
ラジオで解説を聞くのってオモシロイのよね
達川光男氏も好きだわ
16. Posted by にゃむばなな   2012年11月27日 21:08
qさんへ

ラジオの野球解説は解説者の個性が出ていて面白いですよね。

それにしても
>男の顔は履歴書イーストウッド
いい表現ですなぁ〜。
17. Posted by kajio   2012年12月03日 00:20
先日観てきました。

『グラン・トリノ』では蜂の巣にされるという壮絶な最期を見せたイーストウッドが、

今度はエンディングで高倉健さんばりのキャンピングカーでも、車のグラン・トリノではなくバスに乗って帰ろうとするとは、何とも味があるギャップで…

だからこそ、もうちょっと後半の脚本が…という感じですかね。

18. Posted by にゃむばなな   2012年12月03日 20:09
kajioさんへ

まぁ、来季の契約を断ってでのバスでの帰宅なら、もっと絵になっていたと思うのですが。
これがアメリカと日本の感覚の違いでしょうかね?
19. Posted by えい   2012年12月03日 23:25
この映画で
ぼくが『マネーボール』を
あまり好きでない理由が分かりました。
やはり、野球を描く映画は
ファンタジーであった方がいいと…。
映画の中だけでも夢が見たいです。
20. Posted by にゃむばなな   2012年12月04日 21:34
えいさんへ

なるほど。その気持ちも分かりますわ。
データ野球もいいですが、データに出ない才能が開花するのも野球の醍醐味ですからね。
21. Posted by FREE TIME   2012年12月09日 20:21
こんばんは。
自分も野球を観るのでわかるけど、いい選手を見極めるのは実際に観戦しないとわからないところってあるんですよね。
ガスとミッキーの頑固ぶりを見ていて、疎遠になっていても、やはり親子だなと思いましたよ。
22. Posted by にゃむばなな   2012年12月09日 20:44
FREE TIMEさんへ

データだけで活躍が期待できる選手もいれば、実際に見てみないと実力が分からない選手もいるんですよね。
実力がある選手はナマで見る、一芸に秀でた選手はデータを見る。
『マネーボール』と見比べると、そんな気がしますよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載