2012年12月22日

『レ・ミゼラブル』

レ・ミゼラブルはためくトリコロールがより美しく見える映画。
原作を基に物語を追うビレ・アウグスト版とは違い、舞台版を基に感情を追う作品となったこのトム・フーパー版。なので比較してしまうと、このトム・フーパー版にはミュージカル映画としての魅力しか感じないのですが、でもそのミュージカル映画としての魅力だけでも十分素晴らしい映画だったと思います。

まず個人的にはこの映画で泣くどころか涙腺が緩むことも全くありませんでした。そもそも14年前に映画館で見たビレ・アウグスト版で物語も知っていますし、また『英国王のスピーチ』でも思いましたがトム・フーパー作品には感情移入しやすいきっかけとなるシーンも見つけにくい。そして私自身が全編ミュージカル映画には感情移入しにくい性格であることも大いに関係していたと思います。

でも一番の理由は恐らく私の両隣で鑑賞しておられたお姉様方の嗚咽のおかげでしょうね。エポニーヌの戦死あたりから鼻水をすする音が絶え間なく続くので、私の両耳には中盤からラストまでずっと嗚咽交じりの歌声が入ってくるんですもん。この状態で泣きに出遅れた私は当然の如く置いてけぼり。いい映画だと分かっているのに様々な要因で泣けないのは不幸ってことなんでしょうかね〜。

さてそんな不幸話は置いときまして、この映画を振り返ると正直なところファンテーヌの病死までは普通の映画という感じでしたが、ジャン・バルジャンとジャベールが戦いながら歌い合うくだりからは、面白く思えるようになりました。

特に愛を歌い合うコゼットとマリウスを眺めながら片思い乙女心を歌い、そして雨の中で失恋乙女心を歌うエポニーヌのくだりから、蜂起前日のパートを分けて全員で歌うくだりは鳥肌モノ。若者の色恋沙汰を中心に置きながら、様々な人間模様も一気に見せるこの演出。この映画で最も心を奮わされたくだりでした。

ですから終盤に掛けてはあまり盛り上がることもなかったというのが私自身の感想でもあるんですよね。ヘレナ・ボナム=カーターとサシャ・バロン・コーエンの出番も終盤までは必要だったのかな?とか、ラストの教会シーンで死を迎えるバルジャンの隣にフォンテーヌの霊が現れるのも読めてしまった…とか、そのフォンテーヌが蜂起した若者たちと共に歌うラストはいかがなものか?とかあれこれ思いましたが、それでも最後の最後で若者たちがトリコロールをはためかせる姿が美しく見えたというのは、素直にこの映画が素晴らしく、そして私自身も楽しめたという証拠であったと思うのです。

てな訳でラッセル・クロウの低音な歌声をもっと聴きたかったという思いを凌駕するほど、エポニーヌ役のサマンサ・バークスをもっと見たい!と思えた映画でした。彼女の今後からは目が離せないですね。

深夜らじお@の映画館は近年映画化された『レ・ミゼラブル』はオーストラリア率が高いような気がします。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. レ・ミゼラブル  [ Akira's VOICE ]   2012年12月22日 21:01
感動で満たされた!  
2. レ・ミゼラブル / Les Miserables  [ 勝手に映画評 ]   2012年12月22日 21:26
傑作ミュージカル『レ・ミゼラブル』の映画化。映画化したのは、ミュージカル版レ・ミゼラブルであり、ヴィクトル・ユゴーの小説版レ・ミゼラブルでは無いことに注意。ミュージカル版と小説版では、ストーリーに若干に違いがあるらしいです。 “お昼休み”の番組のメインMC.
3. レ・ミゼラブル  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2012年12月22日 21:35
芝居をしながら歌を収録して、伴奏はあとからアレンジしているみたいだ。ジャン・バルジャンとシャベール警部の確執が解決する段階になると、涙がボロボロ出てくる。血が繋がっていない娘のために命をかけるジャン・バルジャンがファンテーヌと天国に召されるシーンが、切な
4. 映画『レ・ミゼラブル』観てきたよ〜〜(ノω≦。)…ジーン…  [ よくばりアンテナ ]   2012年12月22日 21:42
映画観終わって数時間経っているのに、 まだ歌声が耳に残っていて、どっぷりと余韻にひたっています。 映画館でハンカチを何度も使うくらい、どんだけ泣いてるのと つっこまれてもおかしくないほど涙...
5. [映画『レ・ミゼラブル』を観た(寸評)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2012年12月22日 22:00
☆まさか、3時間近い上映時間とは思わず、女の子とレイトショーで観て、帰宅して落ち着いたら、この時間になってしまった。  明日も早いので、マジ寸評ですまん!  古典なので、あまり派手な起伏はないが、ミュージカルなので、その音楽の数々はやはり感覚に訴えてき...
6. レ・ミゼラブル  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2012年12月22日 22:02
評価:★★★☆【3,5点】(P) もういちど家族に対し見つめ直したくなるそんな映画。
7. レ・ミゼラブル  [ 新・映画鑑賞★日記・・・ ]   2012年12月22日 22:20
【LES MISERABLES】 2012/12/21公開 イギリス 158分監督:トム・フーパー出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエン、サマンサ・バークス、...
8. 映画レビュー「レ・ミゼラブル」  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2012年12月22日 23:09
レ・ミゼラブル~サウンドトラック◆プチレビュー◆伝説的大ヒットミュージカルの映画化「レ・ミゼラブル」。音楽の力に圧倒される、力強い作品だ。 【70点】 19世紀のフランス。 ...
9. 「レ・ミゼラブル」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2012年12月23日 00:28
何から何まで歌で表現した完全なるミュージカル作品はあまり得意ではないのだけど、子供の頃から慣れ親しんできた「レ・ミゼラブル」であり、バルジャン役がヒューさまであり、予告編のアンの歌声にすっかり惹かれて
10. 劇場鑑賞「レ・ミゼラブル」  [ 日々“是”精進! ]   2012年12月23日 06:21
「レ・ミゼラブル」を鑑賞してきました日本を含む世界中で愛され続ける空前の大ヒット・ミュージカルを、豪華キャストを起用し圧倒的なスケールでスクリーンへと昇華させたミュージ...
11. レ・ミゼラブル  [ Memoirs_of_dai ]   2012年12月23日 21:57
ミュージカルとトム・フーパーのマイナス点 【Story】 1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放されるが、その後の生活で、銀食器を盗むという行為をして...
12. レ・ミゼラブル  [ 悠雅的生活 ]   2012年12月23日 23:31
夢はかえらない。雨は花を育てる。戦う者の歌。
13. レ・ミゼラブル / Les Miserables  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2012年12月24日 00:02
ランキングクリックしてね ←please click ヴィクトル・ユゴーの同名小説を原作、 言わずと知れた大ヒットミュージカルを 「英国王のスピーチ」でアカデミー賞監督賞を受賞したトム・フーパーが映画化 舞台版プロデューサーのキャメロン・マッキン...
14. 「レ・ミゼラブル」  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2012年12月24日 18:50
予告編から絶対見たいと思ってました。というか予告編だけで泣けた。もしかして、予告編が一番良かったらどうしようと思ってました。でも、最初のジャン・バルジャン(ヒュー・ジ ...
15. レ・ミゼラブル  [ そーれりぽーと ]   2012年12月24日 22:31
今年の大本命、『レ・ミゼラブルを観てきました。 ★★★★★ ★がいくつ有っても足りない。 泣き過ぎて方針状態でエンドロールを眺めていました。 ミュージカル版の完全映画化と言うことで、キャスティングに全てがかかっていたのですが、これについては予告編を初めて観
16. 映画「レ・ミゼラブル」感想  [ タナウツネット雑記ブログ ]   2012年12月25日 00:39
映画「レ・ミゼラブル」観に行ってきました。世界各国の舞台で長年ミュージカル公演が行われてきた、ヴィクトル・ユーゴー原作の同名小説の実写映画化作品。なお、今作が2012年...
17. 「レ・ミゼラブル」☆英ミュージカルそのままに  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2012年12月25日 11:23
圧倒的な迫力と、胸を打つ感動の歌声。 冒頭の音楽から既にミュージカルの世界に惹き込まれる☆ 最初から溢れる涙を抑えきれずに、ポタポタと涙をこぼしながらただただ、見入る私。 人は何故こうまでも歌声に共鳴するのだろう?
18. レ・ミゼラブル  [ 風情♪の不安多事な冒険 Part.5 ]   2012年12月25日 16:41
 イギリス  ミュージカル&ドラマ&文芸  監督:トム・フーパー  出演:ヒュー・ジャックマン      ラッセル・クロウ      アン・ハサウェイ      アマンダ ...
19. レ・ミゼラブル  う〜ん 何故かツボには来なかった  [ Said the one winning ]   2012年12月28日 16:01
監督:トム・フーパー出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエン、サマンサ・バークス、アーロン・トヴェイト、イザベル・アレンストーリー:...
20. レ・ミゼラブル  [ ハリウッド映画 LOVE ]   2012年12月28日 17:41
原題:Les Miserables監督:トム・フーバー出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、サマンサ・バークス、ヘレナ・ボナム・カーター・・・
21. レ・ミゼラブル・・・・・評価額1800円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2012年12月29日 22:52
誇り高き人々の唄。 ヴィクトル・ユーゴーの不朽の名作を原作に、1985年にロンドンで初演されて以来、全世界で6000万人を超える観客を動員した傑作ミュージカル、「レ・ミゼラブル」の完全映画化。 十九世...
22. レ・ミゼラブル ★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2012年12月29日 22:58
ビクトル・ユーゴーの同名小説を原作に、舞台では27年間もロングラン中の最高峰ミュージカルが、ついに映画化!19世紀のフランスを舞台に、主人公ジャン・バルジャンを中心とした激動ドラマが、名曲の数々とともに大スケールで展開する。 監督は「英国王のスピーチ」...
23. レ・ミゼラブル  [ だらだら無気力ブログ! ]   2012年12月30日 01:01
素晴らしかった!!
24. レ・ミゼラブル/LES MISERABLES  [ いい加減社長の映画日記 ]   2012年12月31日 13:46
ミュージカルって、好き嫌いあるけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 19年の服役後、仮釈放となったジャン・バルジャン。 彼は宿を借りた司教の家の銀器を盗むが、司教はバルジャンを許し、バルジャンは実も心も生まれ変わることを決意する。 8年後、...
25. 『レ・ミゼラブル』  [ 時間の無駄と言わないで ]   2013年01月01日 22:18
タイトルは知ってた。 「ジャン・バルジャン」って人が出てくるのと、銀食器を盗んじゃうエピソードも知ってた。 というか、恥ずかしながらその程度の知識しか持ち合わせていなか ...
26. レ・ミゼラブル  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2013年01月03日 00:58
2012年12月22日(土) 15:50〜 TOHOシネマズ日劇1 料金:1000円(割引料金) 『レ・ミゼラブル』公式サイト かの有名な古典であり、有名なミュージカルだ。 原作は読んでおらず、ミュージカルも観ていない。 リーアム・ニーソンの「レ・ミゼラブル」を観たが、内容を全
27. 映画「レ・ミゼラブル」  [ FREE TIME ]   2013年01月06日 21:04
元日はファーストデーなので、映画「レ・ミゼラブル」を鑑賞しました。
28. [映画][☆☆☆★★]「レ・ミゼラブル」感想  [ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 ]   2013年01月07日 20:03
 1862年の発表以来、様々な形で映像・舞台化。日本でも「噫無情」(ああむじょう)の名で知られる、ヴィクトル・ユーゴー不朽の名作を、アラン・ブーブリル&クロード・ミシェル・シェーンベルク脚本によるミュージカルを基に、「英国王のスピーチ」のトム・フーパー監
29. 歓びの歌〜『レ・ミゼラブル』  [ 真紅のthinkingdays ]   2013年01月15日 18:22
 LES MISERABLES  19世紀・フランス。病んだ妹の子を飢えから救おうと、たった一個のパンを盗 んだ男、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)。彼は19年もの長きに渡って 投獄され...
30. レ・ミゼラブル  [ みすずりんりん放送局 ]   2013年01月19日 20:25
 『レ・ミゼラブル』を観た。  【あらすじ】  1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放されることに。老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。1823年、工場主として成功を収め市長になった彼は、以前自分の工...
31. 映画「レ・ミゼラブル」感想  [ 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ ]   2013年01月24日 02:02
福祉は大切だと思った。 母子家庭の不幸、小さな子供が虐待される不幸、非衛生的な環境で次々に倒れていく人々。貧富の差の生み出す社会構造、何よりも飢え、仕事もなく、仕事はあっても搾取されるのみ...
32. レ・ミゼラブル 文句なしっ!  [ 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜 ]   2013年01月30日 12:44
【=4】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポートによる17本目の鑑賞、妻と1月2日に鑑賞、朝から1人で3本鑑賞してようやく本命、そうとう疲労困憊やったのだ。 ラ・ミゼラブルは子供の頃以来、何度か本を読み、そして2005年の年末にミュージカル「「Les Miserables」を梅田芸...
33. 『レ・ミゼラブル』  [ シネクリシェ2.0 ]   2013年02月10日 07:45
 いわずとしれた世界文学の名作の一つで、映画化も今までに何度もされた作品です。  とはいうものの、ついこのあいだ同じ原作の映画を観て感銘を受けたばかりと思い、記録を調べてみたところ、ビレ・アウグスト監督版でしたが、公開されたのはすでに15年も前とのことでした
34. レ・ミゼラブル : 我慢の先に感動があった…。  [ こんな映画観たよ!-あらすじと感想- ]   2013年02月20日 10:01
 週に一度の休日の朝を迎えました。ここ広島は、なかなか気持ちの良い朝ですよ。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 レ・ミゼラブル 【製作年】 2012年
35. 『レ・ミゼラブル』’12・英  [ 虎団Jr. 虎ックバック専用機 ]   2013年03月10日 21:47
あらすじ1815年、ジャン・バルジャンは、19年も刑務所にいたが仮釈放されること
36. 映画:レ・ミゼラブル  [ よしなしごと ]   2013年04月09日 01:42
 ミュージカルが好きなので映画版レ・ミゼラブルも絶対観たい。でもこれほど予告でやって、テレビCMやテレビでの特集とかが放送されると、なんかもうおなかいっぱいになっちゃいます。それでも見に行かねば!ということでレ・ミゼラブルの記事です。
37. 『レ・ミゼラブル』  [ シネクリシェ2.0 ]   2013年05月06日 07:51
 いわずとしれた世界文学の名作の一つで、映画化も今までに何度もされた作品です。  とはいうものの、ついこのあいだ同じ原作の映画を観て感銘を受けたばかりと思い、記録を調べてみたところ、ビレ・アウグスト監督版でしたが、公開されたのはすでに15年も前とのことでした
38. 映画『レ・ミゼラブル』を観て〜アカデミー賞3部門受賞作品  [ kintyre's Diary 新館 ]   2013年05月08日 23:25
13-1.レ・ミゼラブル■原題:Les Miserable■製作年、国:2012年、イギリス■上映時間:158分■観賞日:1月2日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:0円(1カ月フリーパス) □監督:トム・フーパー◆ヒュー・ジャックマン(ジャン・バルジャン)◆アン
39. レ・ミゼラブル  [ いやいやえん ]   2013年06月22日 09:13
思っていたよりも良かったー。でも泣くほどでもなかったかな。 主人公ジャン・バルジャン役のヒュー・ジャックマン、法の番人ジャベール役のラッセル・クロウ。不遇のファンテーヌ役のアン・ハサウェイが名曲「夢破れて」を素晴らしい声で歌いあげる(彼女が歌が上手い
40. レ・ミゼラブル  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2013年07月04日 20:41
監督  トム・フーパー  出演 ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ 【あらすじ】 1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放されることに。老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。1823年...
41. レ・ミゼラブル  [ RISING STEEL ]   2014年03月24日 03:43
ご無沙汰してました!今年初めの映画レビューは大ヒットしたこの作品! レ・ミゼラブル / LES MISERABLES 2012年 イギリス映画  ワーキング・タイトル・フィルムズ ユニヴァーサル製作 監督:トム・フーパー 製作:ティム・ビーヴァン エリック・フェルナー
42. 映画 レ・ミゼラブル (2012年)  [ こみち ]   2014年04月27日 13:19
JUGEMテーマ:洋画    ミュージカルを見ているような錯覚を受ける映画でした。   なので、映画としてvるのでなく、ミュージカルとして   観たほうがしっくりきます。    前評判とおり、ファンティーヌ(役:アン・ハ

この記事へのコメント

1. Posted by AKIRA   2012年12月22日 21:02
周りがその状況だと醒めてしまう部分もありますね。。

ラッセル・クロウの歌声びっくりしました。w

エポニーヌ役のサマンサ・バークス良かったですね〜
2. Posted by にゃむばなな   2012年12月22日 21:07
AKIRAさんへ

泣きに出遅れると醒めちゃうんですよね。
人間の感情ってホンマ不思議ですわ。
3. Posted by オリーブリー   2012年12月22日 22:48
こんばんは。

リーアム版でも思ってたんですが、若い二人が一瞬にして恋に落ちるって、なかなか感情移入できなくて(苦笑)
こちらでもやっぱりありえないわ〜でしたが、エポニーヌの存在で違和感みたいなのは払拭されました。
サシャとヘレナは中途半端でしたね。
4. Posted by yukarin   2012年12月22日 22:50
こんばんは♪
サマンサ・バークスが良かったですね。
歌も一番上手かったし今後に期待する女優さんですね。
泣きに出遅れる感じ...わかります^^;
5. Posted by たいむ   2012年12月23日 00:27
長編ストーリーとしては、あの悪党夫妻は最初から最後まで重要な役割を担ってるんで、大事なところは出ないと困るのだけど、ただあの2人が演じるとハマりすぎてて鬱陶しく感じちゃうところはあるかも。

両サイドで嗚咽とは苦笑いな環境でしたね。
私もぐしゅぐしゅ静かに泣いてたけど(笑)
6. Posted by BROOK   2012年12月23日 06:28
私はバルジャンの最期にフォンテーヌが現れるのは全く読めず、
感動的な演出に、感極まってしまいました。

エポニーヌ、良かったですよね。
マリウスを想う気持ちを上手く表現していたと思います。
7. Posted by にゃむばなな   2012年12月23日 10:11
オリーブリーさんへ

一目惚れって私は経験がないので、あの一瞬にして恋に落ちるくだりって私も何だかなぁでしたよ。
でもそれを違和感を少なく見せたのは、仰る通りエポニーヌの存在のおかげでしょうね。
8. Posted by にゃむばなな   2012年12月23日 10:12
yukarinさんへ

私もエポニーヌ戦死のくだりで泣きたかったですよ。
でも両隣で30秒に1回の割合で嗚咽が聞こえてくると…泣くに泣けないです。
9. Posted by にゃむばなな   2012年12月23日 10:13
たいむさんへ

そうそう、あの2人がハマりすぎて鬱陶しく感じるんですよ。
だから別人にメッセンジャーをさせてもいいんじゃないかとも思えてしまうんですよね。
ハマリ役もハマりすぎると困ったちゃんですね。
10. Posted by にゃむばなな   2012年12月23日 10:16
BROOKさんへ

中盤は「これはエポニーヌの映画じゃなイカ!」と思えるほど、彼女に引き込まれましたよ。
今後のサマンサ・バークスには要注目ですね。
11. Posted by 一夫巣   2012年12月23日 20:10
トリコロールとAaron Tveitが最も気に入ってます。次に気に入ったのが、テナルディエ夫婦。ヒュージャックマンですが、リアルスティールを思い出して困りました。ジェラルド・バトラーで観たかった。
歌には違和感がありましたが、豪華俳優陣とあきさせない演出が続いて、そのうち気にならなくなりました。満足とは少し異なる方向ですが。
そしてそれなら、(日本で行われる日本人俳優による劇でない)レミゼラブルの新作ミュージカルを観たいと思います。
少し尊大にもみえるAaron Tveitが今でも印象に残っています。戦死の姿とトリコロール旗はやりすぎですが、6月戦線とバリケードを見ていると本来の闘争の意味など思い起こして興味深かったです。
年末を締めくくる娯楽作としては及第だと思います。
広角でのシーンが多用されていたのは、評価が高いです。
12. Posted by にゃむばなな   2012年12月23日 20:41
一夫巣さんへ

ジェラルド・バトラーですか。なるほど、いい役者を挙げてこられますね。
とにかくいい映画であったのは確か。
誰からの評価も高い映画というのは久しぶりのような気がしますよ。
13. Posted by dai   2012年12月23日 21:58
こんばんは。

おっしゃられる通りで感情移入が出来なかったですが、ミュージカルとしての俳優陣の歌声は最高でした。
14. Posted by 悠雅   2012年12月23日 23:49
エポニーヌ役のサマンサ・バークス、
舞台でもエポニーヌ役を演じているんですよね。
あの場面での彼女の行動と歌声にどっか〜んとやられました。

個人的には、ラッセル・クロウの顔と体型が非常に苦手なんですが(-_-;)
歌声は想像よりよくてホッ。。。
15. Posted by YUKKO   2012年12月24日 18:59
私は、日本の舞台に比べてめちゃくちゃ俳優さんたちの歌が上手く大感動しました。ラッセル・クロウの体型にジャベールの悲哀が感じられなかったです。エディ・レッドメインに胸キュンキュンしました。
16. Posted by にゃむばなな   2012年12月24日 20:54
daiさんへ

全てオーディションで選んだだけあって、キャスト陣の歌声は最高でしたね。
あれを聞くだけでも十分価値のある作品だと思いますよ。
17. Posted by にゃむばなな   2012年12月24日 20:56
悠雅さんへ

サマンサ・バークスにはやられましたよね。
彼女の存在感はひときわ目立ってましたもん。

それにしてもラッセル・クロウのあの体格が苦手な方が意外と多くて笑えますわ。
18. Posted by にゃむばなな   2012年12月24日 20:56
YUKKOさんへ

日本版の舞台よりも歌声が素晴らしいというのは、凄いですよね。
それだけ俳優陣みんなが頑張ったということなのでしょうね。
19. Posted by ノルウェーまだ〜む   2012年12月25日 11:23
にゃむばななさん☆
エポニーヌいいですよね〜
私はこのミュージカルでエポニーヌと弾薬を拾いに出た少年が一番好きなのですっ!!
こんな脇役にも光を当てるところが「レミゼ」の好きなところです。
原作5巻を一気にやるので、ストーリーとしては詰め込んでしまったかんじなりますが、舞台をそのままどこもいじらずに再現したこの映画には、それなりの拘りがあるのでしょうね。
20. Posted by にゃむばなな   2012年12月25日 18:03
ノルウェーまだ〜むさんへ

脇役が輝いているのはいいですよね。
こういう脇役の輝きを見ていると、彼らだけでも映画が作れそうな気がしますよ。
21. Posted by 一夫巣   2012年12月25日 18:45
エポニーヌの評判がいいようですね。Hey Mr. Producer!でのon my own, bring him homeとone more dayも改めて聞いて(観て)みましたが、そちらもなかなかですよ。舞台の良さはやっぱり別物。映画も舞台も両方良い。youtubeでも鑑賞可能です。

22. Posted by にゃむばなな   2012年12月25日 21:41
一夫巣さんへ

おぉ!YouTubeに舞台版が!
ありがとうございます!是非見てみます!
23. Posted by mig   2012年12月26日 02:11
こんばんわ
ラッセルの歌って珍しい印象だったけど、実は歌出してたらしいですね、
昨日TVで言っててびっくり。

ユマとリーアムニーソン版もけっこう好きだけどあちらのジェフリーライトも良かったですね。
24. Posted by 一夫巣   2012年12月26日 13:55
家にはHey Mr.Producer!(DVD)があるので夜などかけっぱなしにしているのですが、映画とは異なった舞台。その迫力に胸打たれます。司会がジュディアンドリュースなので、ついこの後でサウンドオブミュージックを観たくなります。同DVDでは、オクラホマのヒュージャッククマンも見事で、レミゼの彼よりこっちの方が遥かに良い(あくまで個人見解です)。
また、この映画のプロデューサー・監督コンビで他のミュージカルも映画化してもらいたいですね。俳優は誰でもいいというわけにはいかないのが大変かもしれませんが。
いやあ、久々に年末らしい映画だと思われませんか?
25. Posted by にゃむばなな   2012年12月26日 21:09
migさんへ

あらま、そうなんですか。電話を持ってホテルマンを殴るイメージしかなかったので驚きですわ。
人は見かけにはよりませんね。
26. Posted by にゃむばなな   2012年12月26日 21:10
一夫巣さんへ

またまた貴重な情報をいただき、ありがとうございます。
また参考にさせていただきますよ。
27. Posted by えふ   2012年12月28日 17:41
私も泣きに出遅れて残念でした(苦笑
ミュージカルとしてではなくて、
普通のセリフでどっぷりと浸りたかったです。。。
28. Posted by にゃむばなな   2012年12月28日 17:45
えふさんへ

それならビレ・アウグスト版がオススメですね。
この映画もいいのですが、ただ個人的な趣味で言えばセリフとミュージカルの混合で見たかったですよ。
29. Posted by ノラネコ   2012年12月29日 23:03
エポニーヌどころかファンティーヌの「夢やぶれて」以来ほとんど半分くらいは泣いてました。
いや舞台ファン、ミュージカルファンにはたまらん映画でしたよ。
30. Posted by にゃむばなな   2012年12月30日 17:14
ノラネコさんへ

舞台ファンなら、より一層この映画に対する思い入れは深いでしょうね。
まさに映画そのものが舞台のようなものでしたからね。
31. Posted by FREE TIME   2013年01月06日 21:21
こんばんは。
14年前にも映画版をやっていたんですね。
両脇で嗚咽とは、なかなか辛い状況に置かれていたようですね。
まるで電車内で音漏れのヘッドフォン聴いている奴が隣に座っているみたいな感じでしょうか。
各主要人物の演技、歌声ともに役柄にハマっていましたね。
これ以上もこれ以下もないようなキャスティングだったと思います。
32. Posted by にゃむばなな   2013年01月06日 22:17
FREE TIMEさんへ

音漏れヘッドホンほどではなかったのですが、それでも一度気になるとそのままドツボにハマっちゃうんですよね。
あれは結構辛いですよ。
33. Posted by みすず   2013年01月19日 20:27
こんばんは!

良かったですよね^^
エポエーヌは文句なしに良かったです♪
泣かずにはみれませんでした〜^^

隣人が気になるってのはありますよねぇ^^;
集中力が欠けちゃってもったいなかったですね><。
34. Posted by にゃむばなな   2013年01月19日 22:17
みすずさんへ

エポニーヌは本当に素晴らしかったですよ。
両隣が気になった私でもそう思えましたからね。
35. Posted by kajio   2013年01月23日 22:10
昨日観てきました。

ジャン・バルジャンとマリウスが下水道でぐちゃぐちゃになりながら生き延びた後に、

ジャベールが壮絶な歌声を響かせた後に自ら命を経つシーンは、そのギャップにしびれました。

宿屋の夫婦にあれだけ歌わせるならば、ジャベールの事をもうちょっと触れてほしかったなぁ、と思いました。

36. Posted by にゃむばなな   2013年01月24日 20:50
kajioさんへ

そうなんですよね。あの宿屋夫婦の出番を削って主要4人をもっと描いてって私も思いましたよ。
あの2人は面白いキャラなんですけど、あんまり長く見たくないキャラでもあると思いましたよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載