2013年01月03日

日本インターネット映画大賞2012外国映画

今年も日本インターネット映画大賞に参加します。2012年を洋邦分けて映画を振り返ってみます。

【作品賞】
『トロール・ハンター』 8点
『ロボット』 6点
『最強のふたり』 5点
『アルゴ』  5点
『アーティスト』 3点
『マイウェイ 12,000キロの真実』 2点
『アベンジャーズ』 1点
【コメント】
一年を通して豊作だった2012年。ハリウッド大作も面白かったのですが、それ以上に小品、特にバカ映画が面白い一年でした。

【監督賞】
ベン・アフレク監督『アルゴ』
【コメント】
数年後にはオスカー監督になっているはず。そう感じずにはいられません!
【主演男優賞】
マイケル・ファスベンダー『SHAME-シェイム-』
【コメント】
これぞ男の悲哀。セックス依存症に陥った男の苦悩を見事に演じていたと思います。
【主演女優賞】
メリル・ストリープ『マーガレット・サーッチャー 鉄の女の涙』
【コメント】
やっぱりこの方しかいませんわ。
【助演男優賞】
ジョシュ・ブローリン『メン・イン・ブラック3』
【コメント】
見事に若き日のトミー・リー・ジョーンズを演じきり、JとKの世界観を守った姿に敬意を表します。
【助演女優賞】
サマンサ・バークス『レ・ミゼラブル』
【コメント】
片思いの乙女心から失恋乙女心までを一気に歌い切るあの存在感。この映画で最も輝いていたと思います。
【ニューフェイスブレイク賞】
シン・セギョン『青い塩』
【コメント】
お料理教室にこんな女の子がいるなら、私も通います。
【音楽賞】
『ロック・オブ・エイジズ』
【コメント】
80'sを聞いて育った世代にはたまらん映画でした。うぅ〜、身体と魂が奮えるぜぃ!
【ブーイングムービー賞】
『ダーク・シャドウ』
【コメント】
この映画を見たことどころか、存在も忘れるほど中身のない映画でした。

【勝手に盛り上がりました賞】
『エクスペンダブルズ2』
【コメント】
この映画こそスター夢の共演。しかもただ共演させるだけでなく、セルフパロディでイジり倒すところも最高です。

【アニメ作品賞】
該当なし
【コメント】
2012年は洋画のアニメ作品を全く見ていませんでした。

この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意します。

てな訳で明日は邦画部門の発表です。

深夜らじお@の映画館は基本洋画中心の映画ファンです。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

acideigakan at 16:59│Comments(0)clip!シネマグランプリ 

この記事へのトラックバック

1. 2012年度 日本インターネット映画大賞 外国映画部門  [ だらだら無気力ブログ! ]   2013年01月05日 01:52
今年は洋画は135本を鑑賞。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載