2013年02月10日

『ムーンライズ・キングダム』

ムーンライズ・キングダムオーケストラのように子供たちが見事なアンサンブルを奏でた時、ウェス・アンダーソン版『小さな恋のメロディ』が生まれる。
独特の映像世界観を持つウェス・アンダーソン監督作品が好きな方にはたまらないこの現実と御伽話の中間に位置するような不思議な世界。リアルであり、コミカルであり、シリアスでもあるからこそ、見終わった後に心に懐かしいものが残るんですよね。

ボーイスカウトキャンプから抜け出したサムと双眼鏡や魔法が大好きなスージーが駆け落ちをしてもその逃避行がメインではなく、その逃避行が周囲に及ぼす奇跡をまるで舞台劇のような感覚で描くウェス・アンダーソン監督。
しかも子供はより純粋に、大人はより滑稽に描くので、子供の世界はより現実的にに、大人の世界はより非現実的にも見えること。
特にシャープ警部とスージーママの不倫やウォード隊長の降格などがコミカルであるのに対して、何も性的なことなどしていないにも関わらず逃避行中のサムとスージーに漂う雰囲気は完全に「男と女の関係」なんですよね。

ですからスレた大人になったしまった身としては、不思議とこの純粋に逃避行を続けるサムとスージーに何か自分が子供の頃に達成出来なかったものを託したいような気持ちにもなり、いざボーイスカウトの仲間たちが養子として淋しい日々を送ってきたサムのために何かしてやれないかと一念発起してサムとスージーの逃避行を手助けするくだりになると、もうこの友情に生きる純粋な少年たちを応援したくて仕方なくなるんですよね。

そしてその少年たちの行動に引っ張られるようにシャープ警部やウォード隊長が逃避行を続ける2人に手を差し伸べようとする姿にも、どこか羨ましさというか、こういう大人になると忘れてしまうけれど心から誰かを大切にしたいという気持ちに従って行動する純粋さっていいなぁと思えてくるんですよね。

またOPとEDで管楽器や弦楽器を紹介するくだりを入れることで、人間関係をオーケストラのように例える、つまりは一人一人がボーイスカウトで学ぶ「自立心」を持って行動すれば、小さくても奇跡という名の恋のメロディを奏でることは出来ると暗喩しているところも素晴らしいこと。

恋のメロディを奏でるオーケストラに不必要な楽器など存在しない。誰もが必要とされている音を奏でれば、それだけで奇跡が素敵なメロディを紡いでくれる。

そんな改めてウェス・アンダーソン監督の才能を存分に堪能出来る作品でした。やっぱりこの監督の作品は大好きですわ。

深夜らじお@の映画館はこの監督の作品が大好きです。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ムーンライズ・キングダム  [ 風に吹かれて ]   2013年02月10日 16:43
ちょっと変な人たちのアンサンブル 公式サイト http://moonrisekingdom.jp監督: ウェス・アンダーソン 「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」 「 ダージリン急行」1965年、アメリカ
2. ムーンライズ・キングダム/ジャレッド・ギルマン  [ カノンな日々 ]   2013年02月10日 18:16
『ダージリン急行』のウェス・アンダーソン監督が60年代を舞台に、とある小島で起きた少年少女の逃避行劇と彼らを追う大人たちの騒動をユーモラスに描いたハートフル・コメディ。 ...
3. ムーンライズ・キングダム  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2013年02月10日 18:29
評価:★★★☆【3,5点】(12)
4. 映画レビュー「ムーンライズ・キングダム」  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2013年02月10日 19:37
ムーンライズ・キングダム オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆少年少女の駆け落ち騒動を描くハートフルなドラマ「ムーンライズ・キングダム」。無名の子役を大物スター ...
5. ムーンライズ・キングダム  [ だらだら無気力ブログ! ]   2013年02月10日 23:41
出演陣が何気に豪華。
6. ムーンライズ・キングダム / MoonriseKingdom  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2013年02月10日 23:51
ランキングクリックしてね ←please click 「アンソニーのハッピーモーテル」「天才マックスの世界」とインディペンデント通な人たちから 愛されてきたウェス・アンダーソン監督最新作 来年2月を前に、マスコミ試写で観させて頂きました〜 監督...
7. [映画『ムーンライズ・キングダム』を観た(寸評)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2013年02月11日 08:17
☆・・・「小さな島の、小さな恋のコメディ・・・、というには深みもあり」・・・。  この作品も、全く予備知識がないままに観た。  かなりの傑作なのでびっくりした。  その作風でかなり有名らしいウェス・アンダーソン監督だが、恥ずかしながら、私、この監督作、...
8. 映画「ムーンライズ・キングダム」感想  [ タナウツネット雑記ブログ ]   2013年02月11日 17:48
映画「ムーンライズ・キングダム」観に行ってきました。1960年代、アメリカ北東部に浮かぶ小さな島を舞台に、一組の少年少女の行動とそれに振り回される大人達の姿を描いたコメ...
9. ムーンライズ・キングダム : 優しさが一杯の映画  [ こんな映画観たよ!-あらすじと感想- ]   2013年02月11日 17:49
 PC遠隔操作事件の犯人が捕まりましたね。一目見ただけで、幸せが寄り付かないと想像できそうな風貌ですね。こんな方には、本日紹介する映画でも観て、心に潤いを持ったほうが
10. ムーンライズ・キングダム  [ 風情♪の不安多事な冒険 Part.5 ]   2013年02月12日 10:46
 アメリカ  コメディ  監督:ウェス・アンダーソン  出演:ブルース・ウィリス      エドワード・ノートン      ビル・マーレイ      フランシス・マクドー ...
11. ムーンライズ・キングダム ★★★★.5  [ パピとママ映画のblog ]   2013年02月12日 18:08
若きオタク職人、ウエス・アンダーソンが、ボーイスカウト版「小さな恋のメロディ」でまさかのメインストリーム進出。 時は1965年の夏。米国東北部の沖に浮かぶニューペンザンス島は、1日に2便しか船が来ない辺鄙な小島で、警察官は疲れた中年オヤジ、シャープ警部(ブル...
12. ムーンライズ・キングダム  [ 新・映画鑑賞★日記・・・ ]   2013年02月13日 23:24
【MOONRISE KINGDOM】 2013/02/08公開 アメリカ PG12 94分監督:ウェス・アンダーソン出演:ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・シュワルツマン、ボブ・バラバン、ジャレッド...
13. ムーンライズ・キングダム/MOONRISE KINGDOM  [ いい加減社長の映画日記 ]   2013年02月15日 20:15
意外と有名な俳優さんが出演・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1965年、ニューイングランド沖にある小さな島で、12歳のサムはボーイスカウトのキャンプから脱走する。 1年前、お芝居が上演されている島の教会でサムは同い歳のスージーと出会い、2人は恋に落...
14. ムーンライズ・キングダム  [ 心のままに映画の風景 ]   2013年02月16日 02:54
1965年、アメリカ・ニューイングランド沖に浮かぶ小さな島。 家庭に恵まれず、自分の居場所がないと感じている12歳の少年サム(ジャレッド・ギルマン)は、ボーイスカウトのサマー・キャンプ中、置き手紙...
15. 「ムーンライズキングダム」  [ Con Gas, Sin Hielo ]   2013年02月17日 01:51
心の叫びに応えられることが素敵な人間の条件。 賢い子供、早熟な子供というのは、得てして不必要な苦労を背負い込んでしまうもの。 小さな島でボーイスカウトのキャンプに参加していた主人公・サムには、更に両親を早くに失くすというハンデが加わっている。 そんな...
16. 『ムーンライズ・キングダム』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2013年02月17日 08:11
□作品オフィシャルサイト 「ムーンライズ・キングダム」□監督 ウェス・アンダーソン □脚本 ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ□キャスト ジャレッド・ギルマン、カーラ・ヘイワード、ブルース・ウィリス、       エドワード・ノートン、ビル・マーレイ
17. 「ムーンライズ・キングダム」  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2013年02月18日 11:56
1965年全長26Kmの小さな島ニューペンザンス島で、12歳の少女スージーは堅苦しい両親と3人の弟とともに大きな御屋敷で暮らしていた。彼女の楽しみは双眼鏡で外を見る事。そこで彼女 ...
18. 小さな恋と子供と大人  [ 笑う社会人の生活 ]   2013年03月04日 21:35
12日のことですが、映画「ムーンライズ・キングダム」を鑑賞しました。 1960年代ニューイングランド島 ボーイスカウトに所属する少年サムと少女スージーは文通を始め、駆け落ち 逃避行する 一方 彼らを追う保安官や親、ボーイスカウトたちがいて・・・ 監督はウィス・...
19. 映画『ムーンライズ・キングダム』を観て  [ kintyre's Diary 新館 ]   2013年06月29日 21:48
13-11.ムーンライズ・キングダム■原題:Moonrise Kingdom■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:94分■観賞日:2月9日、新宿バルト9(新宿三丁目)■料金:1,800円 □監督・脚本・製作:ウェス・アンダーソン□脚本:ロマン・コッポラ◆ブルース・ウィ
20. ムーンライズ・キングダム  [ いやいやえん ]   2013年08月02日 09:49
欠点だらけの大人たちを、少年少女の純粋な恋が変えていく。 黄色がかった色彩はまるで絵本を見てるよう。横スクロールで進む映像もそれに拍車をかける。 ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィン

この記事へのコメント

1. Posted by かのん   2013年02月10日 18:26
何だか大好きだったとても懐かしい映画を観ているような心地よさを感じる作品でした。

内容自体はオーソドックスな作りだったりしますけど、とても映画らしい映画なんですよね。この映画そのものが素晴らしいアンサンブルを奏でていたように感じました。
2. Posted by にゃむばなな   2013年02月10日 18:30
かのんさんへ

そうそう、何かこの雰囲気が懐かしくて心地いいんですよね。
オーソドックスな内容なのにこの懐かしさ。さすがウェス・アンダーソン監督ですよ。
3. Posted by mig   2013年02月11日 10:27
こんにちは、外から。
正直私の好きなタイプではないんだけどウェス監督らしさたっぷりでファンにはたまらないですよね、
日本では万人受けしないから海外ほどの評価はされないだろうし
ヒット難しいだろうけど、子供目線のこのチャーミングな世界観が良いんですよねー
4. Posted by にゃむばなな   2013年02月11日 18:21
migさんへ

世間一般ウケはしなくても、こういう世界観が好きな者にとってはやはり素晴らしい映画でしたよ。
日本映画界にはこういうタイプの映画がないですからね。ですからヒットが難しいのかも知れませんね。
5. Posted by yukarin   2013年02月13日 23:27
こんばんは♪
本当に独特の雰囲気がある作品ですね。
いつもガチャガチャしてる作品ばかり観てるからたまにはこういうふわっとしたような作品は落ち着きます。
6. Posted by にゃむばなな   2013年02月14日 16:38
yukarinさんへ

こういう作品って一般ウケしないだけに、本当に映画が好きな人が好む作品だと思うのです。
個人的にはこういう映画を多くの方に見ていただきたいんですけどね。
7. Posted by オリーブリー   2013年02月16日 12:10
こんにちは。

ウエス・アンダーソン作品にはあまり入り込めないですが、これはどこか懐かしさを覚え、心地良かったですよ。
後からじわじわとくるお話でした。
8. Posted by にゃむばなな   2013年02月16日 15:03
オリーブリーさんへ

ほんと、見終わった後の方が心に来る映画でしたよね。
やっぱりこういう雰囲気はいいですね。
9. Posted by YUKKO   2013年02月18日 12:07
サムが、愛おしくっても抱きしめたくなりました。だから、警部も決心したんですね。この二人が大人になったらどうなるのかしら?ちょっと考えたくないけど。
10. Posted by にゃむばなな   2013年02月18日 20:41
YUKKOさんへ

この雰囲気がいいんですよね。大人は子供の成長をそばで見守ってあげる存在であるというのを改めて感じる映画でもありましたよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載