2013年03月01日

『ジャンゴ 繋がれざる者』

ジャンゴDは発音しない。これがクエンティン・タランティーノの映画だ。
マカロニウェスタン、回りくどい会話劇、血みどろの銃撃戦、吹っ飛ぶ銃殺体、爆死する監督、そしてサミュエル・L・ジャクソンと、世界一の映画好き監督でもあるQT節がとことん味わえるこの作品。QT作品が苦手な方には一切オススメしませんが、でも映画好きには終始ニヤけ顔が止まらないこと間違いなしの傑作でした。

賞金稼ぎへの協力の見返りに自由の身となったジャンゴがドクター・シュルツの教えの下でガンマンとしての才能を開花させる前半は、お目当ての3兄弟を始末するくだりといい、雪達磨を標的に早撃ちの練習をするくだりといい、血飛沫の量をケチらないところといい、実にQTらしい小気味の良さが気持ちいいこと。

しかも「黒人に自由を与えるのは初めてだったから責任を感じる」と話すドイツ人のドクター・シュルツと黒人のジャンゴの間に友情が生まれ、フランスかぶれのアメリカ白人ムッシュ・キャンディを敵に回す設定も、フランスから自由の女神をいただく一方でドイツ人と黒人を嫌ってきたアメリカの歴史を考えれば実にお見事な設定。

ただここからはQT作品に馴染みのない方にとっては恐らくかなり退屈だったことでしょう。なんせ小気味のいい銃撃戦は完全に影を潜め、童顔の悪役というQT作品だから個性的なキャラに見えるディカプリオ・キャンディを騙してジャンゴの妻を奪還しようとするくだりはひたすら回りくどい会話劇の応酬でしたからね。

でもこの回りくどい会話劇に何度もジャンゴが怒りに負けそうになるくだりを挿入することで、お尋ね者ではない腹黒い商売人のキャンディをいかに出し抜くかではなく、いつキャンディに見破られるかという独特の緊張感を生むと共に、いつまたあの小気味いい銃撃戦が復活するのかと楽しみに待っていられるこの楽しさ。これが映画ファンとしては実に嬉しいこと。

そして「我慢出来なかった」と友情に負けてキャンディを殺してしまったドクター・シュルツが銃で吹っ飛ばされてから始まるジャンゴの孤独な銃撃戦。これが実に美しいこと。死に切れない男の悲鳴をBGMに、血の雨の中で繰り広げられる死ぬことは許されない戦い。このくだりがラストでもいいと思えるほど素晴らしかったのですが、でも我らがQT監督はここで終わるような映画愛は持ち合わせていないんですよね。

そう、ここからはよりB級映画のテイストが強くなってくるんです。これがまた実に楽しいこと。
ジャンゴは全裸で逆さ吊りされタマ切りの危機に晒されるものの、採掘会社に売られる道中では売人を騙して復讐を開始。しかもダイナマイトを持っていた売人役のQTが見事に爆死するという、通常では不謹慎なんですけどこの監督作品の場合は爆笑できるというオマケつき。
さらに『荒野の七人』を意識したかのように7人横並びでキャンディの葬式から帰ってきた一行を迎え撃つジャンゴが悪役白人“夜道”にはタマ喪失の恐ろしさを銃で実感させ、キャンディの姉ララを銃で吹っ飛ばせ、悪徳黒人スティーブンには銃で両膝を打ち抜きのた打ち回らせる。これも実に楽しく気持ちいいこと。

最後は雪山での修行中にドクター・シュルツが「南部一の早撃ちになれる」と言ってくれたくだりを挟みながらも、お尋ね者にならないためにダイナマイトで全てキレイに終わらせてこのラブストーリーは完結…と思っていたらEDロール後にQTらしいオマケがもう一つ!
OPタイトルでは「DJANGO」だったのが、解放された黒人たちの「あいつは何者だ?」というセリフの後に来るEDタイトルでは「DJANGO UNCHAINED」になっているんです。う〜ん、これは実に巧い!

てな訳で音楽を中心に西部劇へのオマージュもたくさん散りばめつつ、エンニオ・モリコーネの新曲もさらりと流す。やはりクエンティン・タランティーノは実に映画好きだと改めて実感できる映画でした。

深夜らじお@の映画館はQT映画が大好きです。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

この記事へのトラックバック

1. 映画:ジャンゴ 繋がれざる者 Django Unchained 世間の大絶賛とは別に、妙に冷めている当ブログ(笑)  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2013年03月01日 20:46
世間の絶賛とは別に、ちょっと冷めている当ブログ(笑) その理由を以下。 戦争映画→マカロニ・ウエスタンときたので、どうしても前作(以下、イングリ)と比べてしまう。 ポスターは、アメリカで言う スパゲッティ・ウエスタンそのまま(写真)でカッコいいのだが... ..
2. ジャンゴ 繋がれざる者  [ 映画情報良いとこ撮り! ]   2013年03月02日 05:39
ジャンゴ 繋がれざる者 舞台は、1859年アメリカ南部。 この時代は、奴隷制度でゆれていた時期か? そんな時代にジャンゴという人物が居た。 彼は、賞金稼ぎキング・シュルツに救われ、自由の身となった。 ジャンゴは、次に生き別れた妻を捜すことに。 そして、妻
3. ジャンゴ 繋がれざる者  [ 心のままに映画の風景 ]   2013年03月02日 10:41
1858年、南北戦争直前のアメリカ南部。 賞金稼ぎのキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)によって自由の身となった奴隷ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、相棒として旅を続けることになる。 奴...
4. 『ジャンゴ・繋がれざる者』  [ ラムの大通り ]   2013年03月02日 14:40
(原題:Django Unchained) ----これ、一時間以上前に行ったんだって? タランティーノは好きじゃなかったはずなのに、 どういう心境の変化。 「うん。 この映画がセルジオ・コルブッチの『続荒野の用心棒』が基になっていること、 そして前作『イングロリアス・バスタ...
5. 劇場鑑賞「ジャンゴ繋がれざる者」  [ 日々“是”精進! ]   2013年03月02日 15:41
「ジャンゴ繋がれざる者」を鑑賞してきました「キル・ビル」「イングロリアス・バスターズ」のクエンティン・タランティーノ監督が、南北戦争直前の黒人奴隷制を真正面から取り上げ...
6. 「ジャンゴ 繋がれざる者」お見事タランティーノ  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2013年03月02日 16:45
ジャンゴと言えば「B級イメージの「スキヤキウエスタンジャンゴ」が思い出されて、最初はどうしても何でアカデミー賞にノミネートされたの?と納得いかない気分だった。 しかーし!明らかに違う! カメラワークといい、緩急つけた緊張感といい、さすがお見事タランティーノ
7. ジャンゴ 繋がれざる者  [ 悠雅的生活 ]   2013年03月02日 19:45
南部のジークフリート。Dead or alive。Dは発音しない。
8. ジャンゴ 繋がれざる者  [ 新・映画鑑賞★日記・・・ ]   2013年03月02日 23:29
【DJANGO UNCHAINED】 2013/03/01公開 アメリカ 165分監督:クエンティン・タランティーノ出演:ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ、ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン、ドン・ジョンソン、ジョナ・ヒル、フランコ...
9. ジャンゴ 繋がれざる者  [ だらだら無気力ブログ! ]   2013年03月03日 01:01
痛快で面白かった!
10. 「ジャンゴ 繋がれざる者」2時間45分、ブッ放しまくり!  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   2013年03月03日 12:54
[ジャンゴ繋がれざる者] ブログ村キーワード  祝!クリストフ・ヴァルツ、2度目のオスカー受賞!!&クエンティン・タランティーノ、3年ぶりの新作!「ジャンゴ 繋がれざる者」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。意外にも(?)タランティーノ作品初の“西部劇”なんですね。何か過
11. ジャンゴ 繋がれざる者/ジェイミー・フォックス  [ カノンな日々 ]   2013年03月03日 17:42
日本大好きなタラちゃん監督が来日してプロモーション活動でテレビ番組に出まくってましたけど、そんなの抜きにしてもこれは面白そうと楽しみにしていました。19世紀中期のアメリ ...
12. ジャンゴ 繋がれざる者  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2013年03月03日 20:40
評価:★★★★★【5点】(10) 予告編で封印されていた数々のサプライズ
13. ジャンゴ 繋がれざる者  [ Memoirs_of_dai ]   2013年03月03日 23:27
“D”はサレント 【Story】 1858年、アメリカ南部。奴隷ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、賞金稼ぎのキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)の手によって自由の身となる。やがて2人は協力し、次...
14. 『ジャンゴ 繋がれざる者』 対 『フライト』 文化の衝突  [ 映画のブログ ]   2013年03月04日 02:45
 映画という弾丸をブッ放し、激しい戦いが行われている。  奇しくも日本で同日公開となった『フライト』と『ジャンゴ 繋がれざる者』は、米国でもそれぞれ2012年11月2日と同年12月25日に公開されており、...
15. ジャンゴ 繋がれざる者  [ 風情♪の不安多事な冒険 Part.5 ]   2013年03月04日 14:29
 アメリカ  アクション&ドラマ&西部劇  監督:クエンティン・タランティーノ  出演:レオナルド・ディカプリオ      ジェイミー・フォックス      クリストフ・ ...
16. ジャンゴ 繋がれざる者 ★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2013年03月04日 20:34
タランティーノ流西部劇は、撃って、撃って、殺しまくる。伝説の西部劇ヒーローを、タランティーノ監督が、マカロニ・ウエスタンとブラックスプロイテーションを掛け合わせたような、パワフルなアクションを作り上げた。 奴隷制度撤廃以前の19世紀の米国南部で、妻を救う...
17. ジャンゴ 繋がれざる者  [ to Heart ]   2013年03月04日 22:00
原題 DJANGO UNCHAINED 製作年度 2012年 上映時間 165分 脚本:監督 クエンティン・タランティーノ 出演 ジェイミー・フォックス/クリストフ・ヴァルツ/レオナルド・ディカプリオ/ケリー・ワシントン/サミュエル・L・ジャクソン/ ドン・ジョンソン 1858年、アメリカ南部...
18. ジャンゴ 繋がれざる者  [ 映画にする? ]   2013年03月05日 07:21
ジャンゴ 繋がれざる者(2012)アメリカ原題:Django Unchained監督:クエンティン・タランティーノ出演:ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ、 ...
19. ジャンゴ   [ Said the one winning ]   2013年03月07日 14:19
監督:クエンティン・タランティーノ出演:ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ、ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン、ドン・ジョンソン、ジョナ・ヒル、フランコ・ネロ ストーリー:1858年、アメリカ南部。奴隷ジャン...
20. ジャンゴ 繋がれざる者/DJANGO UNCHAINED  [ いい加減社長の映画日記 ]   2013年03月08日 07:20
「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」も気になったんだけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1958年、黒人奴隷のジャンゴは、テキサスの荒野で賞金稼ぎのドイツ人・キング・シュルツ医師と出会う。 ジャンゴはシュルツの手伝いとして、以前働いていた牧場...
21. クエンティン・タランティーノ監督『ジャンゴ 繋がれざる者』"D"は発音しない  [ 映画雑記・COLOR of CINEMA ]   2013年03月09日 00:04
注 : 内容、台詞に触れています。クエンティン・タランティーノ監督によるマカロニ・ウェスタン愛満載の西部劇『ジャンゴ 繋がれざる者』本作で第85回アカデミー賞脚本賞を受賞。物語・南北戦争が始まる2年前
22. 【横道世之介】【ジャンゴ】2時間半越えの洋・邦画をハシゴ!  [ ジョニー暴れん坊デップの部屋 ]   2013年03月09日 03:53
横道世之介 eiga.com 作品情報 『横道世之介』 ■解説:「悪人」「パレード」の吉田修一による青春小説を、「南極料理人」の沖田修一監督が映画化。1980年代を舞台に、長崎の港町から大学進学のため上京したお人好しの青年・横道世之介や、その恋人で社長令嬢の与
23. ジャンゴ 繋がれざる者  監督/クエンティン・タランティーノ  [ 西京極 紫の館 ]   2013年03月09日 09:09
【出演】  ジェイミー・フォックス  クリストフ・ヴァルツ  レオナルド・ディカプリオ  サミュエル・L・ジャクソン 【ストーリー】 1958年、黒人奴隷のジャンゴは、テキサスの荒野で賞金稼ぎのドイツ人・キング・シュルツ医師と出会う。ジャンゴはシュルツの手伝い...
24. ジャンゴ 繋がれざる者  [ Akira's VOICE ]   2013年03月13日 12:33
過激な見どころ盛り沢山で愉快痛快。  
25. ジャンゴ 繋がれざる者  [ サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村 ]   2013年03月13日 23:43
    『ジャンゴ 繋がれざる者』  (2012) 1858年、アメリカ南部。 奴隷として生きるジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、賞金稼ぎのキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)の手によって自由の身となる。 やがて2人は協力し合い、次々とお尋ね
26. 『ジャンゴ 繋がれざる者』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2013年03月14日 12:10
□作品オフィシャルサイト 「ジャンゴ 繋がれざる者」 □監督・脚本 クエンティン・タランティーノ□キャスト ジェイミー・フォックス、クリストフ・ワルツ、レオナルド・ディカプリオ、        ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン、ウォルトン・
27. ジャンゴ 繋がれざる者  [ 晴れたらいいね〜 ]   2013年03月15日 22:33
これが観たかったんだわさ!先週は、2時間45分もあるこの映画を観る自信がなくってねぇ。観出すとタラさんの世界にはまったねぇ。西部劇は、なぜかあんまり好きじゃないんですが ...
28. ジャンゴ 繋がれざる者  [ LIFE ‘O’ THE PARTY ]   2013年03月24日 16:53
「オスカーをとったっていう作品にはどれも興味をそそられるもの
29. 映画『ジャンゴ 繋がれざる者』観てきた〜  [ よくばりアンテナ ]   2013年04月07日 16:20
アカデミー賞脚本賞受賞作品。 クリストフ・ヴァルツがアカデミー賞助演男優賞受賞。 えっと、まず、クエンティン・タランティーノ監督作品なんですが、 私、食わず嫌いでして、初めて観ました。 そ...
30. ジャンゴ 繋がれざる者 : 待たされた甲斐なし  [ こんな映画観たよ!-あらすじと感想- ]   2013年04月07日 20:33
 日本での公開が3月1日の本作。広島では、4月6日が公開初日。広島は、日本なんだけど…。そんなことはさて置き、本日紹介する映画は待ちに待ったこちらの作品です。 【題
31. 映画「ジャンゴ 繋がれざる者」感想  [ タナウツネット雑記ブログ ]   2013年04月08日 00:04
映画「ジャンゴ 繋がれざる者」観に行ってきました。レオナルド・ディカプリオが悪役として登場することで話題となった、クエンティン・タランティーノ監督製作のアクション映画で...
32. 「ジャンゴ 繋がれざる者」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2013年04月16日 09:31
もともと地元での公開が4月6日からというのもあったけれど、やっと「ジャンゴ」を観ることが出来た。いやぁ〜面白かったなぁ〜。とにかく「痛い」シーンは見てるのも苦手な私で、何かってーともげたり飛び散ったり
33. ジャンゴ 繋がれざる者 やっぱ鬼才や、タランティーノは!映画じゃ〜っ!  [ 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜 ]   2013年04月16日 13:38
【=23 うち今年の試写会3】 4日間の奄美の旅からの帰り道、ずっと晩ご飯何食べようか考えていた、買い物に行くのは面倒なので冷蔵庫にどんな材料があったか、何が食べたいのか・・・。 結局「カレー鍋」に決定、旅の間に不足しがちな野菜を大量摂取したいのと、ターメリッ...
34. ジャンゴ 繋がれざる者  [ 銀幕大帝α ]   2013年08月10日 20:01
DJANGO UNCHAINED 2012年 アメリカ 165分 アクション/ドラマ/西部劇 R15+ 劇場公開(2013/03/01) 監督:クエンティン・タランティーノ『イングロリアス・バスターズ』 脚本:クエンティン・タランティーノ 出演: ジェイミー・フォックス:ジャンゴ クリスト...
35. ジャンゴ 繋がれざる者  [ いやいやえん ]   2013年08月21日 09:23
ストーリーは概略の通り。いつもの長尺のタラちゃん映画、ただし西部劇です。西部劇ってところであんまり見る気がしなかったんですけれど、ブロガーさんの評価が割りと高いのでみることにしました。 正統な西部劇ではないので、見やすかったと思います。タラ節も勿論あ
36. ジャンゴ 繋がれざる者  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2013年08月29日 20:22
監督:クエンティン・タランティーノ 出演:ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ、ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン 【あらすじ】 1858年、アメリカ南部。奴隷ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、賞金稼ぎのキ...
37. 「ジャンゴー繋がれざる者」  [ ここなつ映画レビュー ]   2014年01月16日 14:02
好き嫌いが分かれる作品だと思う。でも私は好き。虐げられた運命にある者が、偶然と必然に翻弄されながら、己れの道を切り開いていく。それも又運命。逆襲に満ちた異色の西部劇、といったところか。 冒頭、鎖に繋がれて行軍するジャンゴ(ジェイミー・フォックス)のシ

この記事へのコメント

1. Posted by えい   2013年03月02日 14:41
こちらを拝見していて、
そうだった。そうだったと、
もう一度観たくなりました。
『横道世之介』もそうですが、
最近はそんな映画が増えてきました。
自分に合わないものは徹底して合わないけど…。
2. Posted by BROOK   2013年03月02日 15:47
エンドロール後のタイトルに注目ですよね♪
先ににゃむばななさんのレビューを読んでおいて良かったです。
タラ監督の憎い演出に心の中で拍手しちゃいましたよ。
3. Posted by にゃむばなな   2013年03月02日 16:04
えいさんへ

個性的な監督の映画って好き嫌いが大きく分かれてしまいますからね。
合わないものは合わないでもいいと思いますよ。
私も山田洋次監督作品は毎回合わないので。
4. Posted by にゃむばなな   2013年03月02日 16:06
BROOKさんへ

やはりQT監督は映画好きの心を巧くくすぐってくれますね。
だからこそ本当に映画が好きな人からは長く愛されるのかも知れませんね。
5. Posted by ノルウェーまだ〜む   2013年03月02日 17:11
にゃむばななさん☆
痛快に面白かったですね〜
血しぶきをケチらないタランティーノ。
残酷に復讐をすればするほど、スカットしてしまう、残酷なのに爽やかな後味のタランティーノならではの映画でした。
6. Posted by にゃむばなな   2013年03月02日 18:07
ノルウェーまだ〜むさんへ

そうそう、残酷にすればするほど爽快に見える。だから後味もいい。
こういうところが分からないとQT作品の面白さは理解できないですよね!
7. Posted by 悠雅   2013年03月02日 19:48
こんばんは。
タランティーノ作品を語れるほど多くを観てないんですが、
回りくどい会話を多用する脚本が好きな変わり者なので、
会話を聴いてるだけでも大満足してたりします。
主要キャストの演技も誰劣らず上手いし、苦手な血飛沫も我慢の限界を超えない程度で、
言いたいこと、見せたいことが満載の作品で大満足でした。
8. Posted by にゃむばなな   2013年03月02日 20:32
悠雅さんへ

ほんと、QTの見せたいことや言いたいことが満載でしたね。
特にサミュエル・L・ジャクソンにあそこまで出番を持ってくるあたりも、個人的にはいいなぁ〜と思えましたよ。
9. Posted by yukarin   2013年03月02日 23:46
こんばんは♪
西部劇は面白いと思ったことがないのですがこれは面白かったです。
後半の銃撃戦は激しかったですねぇ。
血飛沫が飛ぶ飛ぶ〜ケチらないどころか大出血サービスでした(笑)
10. Posted by にゃむばなな   2013年03月03日 10:13
yukarinさんへ

ほんと出血大サービスでしたね(笑)
こういうところにもQTの映画魂を感じますよ。
やっぱり本当の映画好きは素晴らしいです。
11. Posted by オリーブリー   2013年03月03日 12:41
こんにちは。

タラさんの最大ヒットになったのは納得の作品でした。
一匹狼になってからの件は絶妙でしたね!
サミュエルがドツボ(笑)
12. Posted by mori2   2013年03月03日 12:58
見る前は『2時間45分?!』と思ってたんですが、見終わってからは『え〜、もお2時間45分?』って感じてしまうほど、長さを感じれませんでした。それほどまでに痛快でござったってことですかね。
いやあ、しかしあのシュルツの仕込銃は、カッコよかったですわ〜。
13. Posted by にゃむばなな   2013年03月03日 15:53
オリーブリーさんへ

QT作品で出世したSLJをこういう悪役で起用するところがまたニクイですよね。
いや〜QT作品好きとしては大満足でした。
14. Posted by にゃむばなな   2013年03月03日 15:56
mori2さんへ

ほんと、時間の長さを忘れさせる面白さでしたね。
でもこの2時間45分が長すぎることもなく短すぎることもないというのも、さすがQT!
映画を一番面白く見れる時間も身に染みついているんでしょうね〜。
15. Posted by かのん   2013年03月03日 17:54
とても痛快でした。タラちゃんの映画愛にあふれる作品ですよね。

随所各所でB級魂が感じられるところがまたたまりませんでした(笑)。
16. Posted by mig   2013年03月03日 23:02
にゃむばななさんは
タラ映画全部観てますか?
どれがお好み?
私はこれまでのキルビルやパルプ〜の方が好きだけど、これは評論家たちや
男ウケしますね。
今回も好きですけど、、、☆
17. Posted by dai   2013年03月03日 23:30
こんばんは。

ドイツ人と黒人というアメリカの恥部から描くQTの脚本の巧さが光っていました。
18. Posted by にゃむばなな   2013年03月04日 09:40
かのんさんへ

この監督の作品ってオマージュを捧げた作品を見ていなくてもその映画愛が伝わってくるというところなんですよね。
それが本当にいいですよね。
19. Posted by にゃむばなな   2013年03月04日 09:43
migさんへ

一応QT作品は全て見ていますが、一番好きなのはやはり『パルプ・フィクション』ですね。
あの衝撃といい、スターの共演といい、個性的なキャラといい、大好きですわ。
この作品もそんな面白さが詰まっていましたね。
20. Posted by にゃむばなな   2013年03月04日 09:45
daiさんへ

普通のアメリカ人ならこういう構図は作らないですよね。
それをあえてやるところがさすがQTですよ。
21. Posted by pu-ko   2013年03月05日 07:20
フルタイトルを目にするときの爽快感は格別ですね。
にゃむばななさんの記事で気づかされる面白ポイントもいっぱいでした。
TBさせてくださいね。
22. Posted by にゃむばなな   2013年03月05日 09:31
pu-koさんへ

この作品をジャンゴの物語とせずに、元奴隷だったジャンゴが自由を得た話にしているところがこの監督のセンスだと思いましたよ。
ほんと、あのフルタイトルを目にした時の爽快感は格別でした。
23. Posted by 一夫巣   2013年03月07日 02:09
映画的には遊びとオマージュが満載でまったく飽きさせずに進行する内容でした。
ムッシュ・キャンディとの出会いから最後まで引き締まっていました。ああいう一連の会話はシュルツことクリストフ・ヴァルツの真骨頂。
ぜひ「ヘルプ」と一緒に見たい映画です。
濃くて濃すぎる内容に満足の一本でした。
24. Posted by にゃむばなな   2013年03月07日 17:35
一夫巣さんへ

銃撃戦の楽しさと会話劇の楽しさ。その両方をいい塩梅で見せてくれる映画でしたね。
ほんと仰る通り、クリストフ・ヴァルツの真骨頂はあの一連の会話劇でしたね。
25. Posted by ジョニーA   2013年03月09日 04:07
サミュエルの演技達者っぷりにビックリ
しましたー。コミカルさとしたたかさを
見事に演じ分けていたと思いますー。
ところどころ、「黒塗りした中川礼二?」
と思うカットがありましたワーw
26. Posted by にゃむばなな   2013年03月09日 18:22
ジョニーAさんへ

あのQTのことですから、もしかして中川家の隠れファンとかじゃないですかね?
そしてサミュエル・L・ジャクソンに礼二さんの映像を見せて「こういう風に演じてくれ」とか言ってたかも知れませんで!
27. Posted by きさ   2013年03月20日 09:00
面白かったです。
クリストフ・ヴァルツがさすがの好演。俳優陣はみないいです。
主役のジャンゴ役のジェイミー・フォックスもむろんかっこいい。
お話は意外とストレートですが、後半にはかなり意外なひねりがあります。
タランティーノですから、血は盛大に飛びますが、テンポがいいのでそれほどは気にならなかったです。
元祖ジャンゴのフランコ・ネロとジャンゴの出会いのシーン、良かったですね。
28. Posted by にゃむばなな   2013年03月21日 17:33
きささんへ

血飛沫も回りくどい会話劇もQT映画に欠かせないものが全て詰め込まれていましたからね。
そして俳優陣も魅力たっぷり。本当に面白い映画でしたよ。
29. Posted by たいむ   2013年04月16日 09:35
グロイの苦手なんだけど「デスプルーフ」を見て以来、タラちゃんのは大丈夫になりました。
本当に、気持ち良いくらいの飛び散り具合でしたなぁ。
30. Posted by kajio   2013年04月16日 16:21
ようやく観てきました。

かつてキル・ビル2を観た平野先生は

『タラちゃんの恋愛はどれだけ薄っぺらいねん!』

とツッコんでましたが、恋愛の要素はキル・ビル2に負けないぐらいに薄っぺらいのに

『ジャンゴはラブストーリーでもある』

と言い切ってしまうのだから、タラちゃんのこのデタラメさは改めて好きになりました。

ひょっとしたら、白人と黒人の友情みたいな関係を描いた事を隠すオブラートとしてそーいう言い方をしたのかも知れませんが、ありゃラブストーリーでは無いやろって(苦笑)
31. Posted by にゃむばなな   2013年04月16日 20:12
たいむさんへ

この監督の作品は血飛沫と水飛沫の違いがほとんどないように感じれますからね。
それくらいエンターテイメントとして見事に成立しているということなのでしょう。
32. Posted by にゃむばなな   2013年04月16日 20:14
kajioさんへ

ラブストーリーと言っておきながら、基本はドイツ人と黒人の友情じゃないのかと思える内容ですからね。
ということはラブストーリーという名目はある意味アメリカ向けに作った本題を隠すものなのかも?
33. Posted by 健太郎   2013年07月04日 23:59
5 こんばんは。

流石はタランティーノ監督です。
「映画とは何か?」を明確に解っています。流石です。
娯楽に徹底しつつ、個性的なキャラクターと良く練られたシナリオ。
何処をどう見ても流石です。
奴隷制へのメッセージが込められているようにも感じるのに、全く説教臭くないのも流石です。
長々とした台詞も相変わらず健在で、「出たがりで、喋りたがりで、死にたがり」のタランティーノ監督も観れて大満足です。
34. Posted by にゃむばなな   2013年07月06日 22:59
健太郎さんへ

これぞQTの映画って感じでしたね。
やっぱり真の映画好きが作る映画は違いますわ〜。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載