2013年03月20日

『シュガーマン 奇跡に愛された男』

シュガーマン全米で6枚しか売れなかったアーティスト。しかし地球の裏側にある南アフリカでは100万枚を超え、ビートルズやサイモン&ガーファンクルに並ぶスパースターだった!
これは映画史に残るドキュメンタリー映画の傑作。第85回アカデミー長編ドキュメンタリー賞を受賞した以上に素晴らしい何度でも見たくなる秀作。そして間違いなく今年の10本に入る映画です!

南アフリカではその美しいメロディと反体制的な歌詞からアパルトヘイト政策へ異議を唱える象徴とされ、ザ・ローリング・ストーンズやエルヴィス・プレスリーを凌ぐ超有名アーティスト。しかしアメリカではLPを2枚出しただけでヒットにも恵まれず、そのままレコード会社との契約も打ち切られた無名アーティストのシクスト・ロドリゲス。

「ライヴ後に拳銃自殺をした」「いや焼身自殺だった」「獄中でヤク中で死んだ」という様々な噂が流れているも、その極端に少ない情報の中から彼の消息を追う前半は比較的従来のドキュメンタリー映画にありがちな「過去を振り返る」作りになっているので凄く見易いこと。

しかし彼の長女とコンタクトが取れたことで幻のシンガーが生きていることが判明し、長年彼の消息を追っていた南アフリカの熱狂的ファン2人の話すトーンも一気にヲタク魂全開で激しく燃え上がり始めると、この映画はシクスト・ロドリゲスを取り巻く様々な人々の「喜び」を見事に映し出しているんですよね。

それが関係者の複雑な心境と共に映し出される、嬉し涙なしでは見れないケープタウンでの初ライブ。これがまたらなく素晴らしいこと。
降り立った空港で自分たちには関係ないと思っていたリムジンが実は迎えだった。観客が20人も来ればいいだろうと思っていたら5000人の熱狂的なファンが会場を埋め尽くした。そんな光景を見て娘たちが自分たちの父親を誇らしく語る笑顔。その話を聞いて仕事仲間を誇らしく褒め称える同僚たちの笑顔。
一方でライブ会場を埋め尽くしたファンも「アイ・ワンダー」を聞いた途端に本物のシュガーマンに会えた喜びを爆発させる。

アメリカでは無名で生死さえ分からなかったアーティストが南アフリカでは超有名アーティスト。しかも今このケープタウンでライブを行っている。こんなあり得ない奇跡を目の当たりにした時、どれだけ人が喜びを爆発させるのか。それをこの映画は克明に記録しているんですよね。

でもそんな娘たちやファンたちとは対照的に浮かれることもなく、ただありのまま現実を受け入れるシクスト・ロドリゲス。彼はその歌詞にもあるように自分の周りにあることに目も背けず、色眼鏡で見ることもなく、ただありのままに受け入れて生きているだけ。それはつまり誰よりも本質というものを理解していることであり、その生き方を貫いていることこそがまさに真のアーティストに相応しいことなのでしょう。

聞けば彼はアカデミー会場にも「自分には関係のないこと」と言って現れなかったとか。きっと南アフリカで大ヒットがほぼ海賊盤であるため印税が入らない現実もそのまま受け入れ、それよりも大切なアーティストとして歌をファンに届けることに専念されたのでしょう。

そんな男前な生き方をしている幻のシンガー、シュガーマンことシクスト・ロドリゲス。この奇跡と家族とファンに愛された男の半生を描いた映画を見終わると思わずサントラが欲しくなる。それは見た人誰もが納得する事実。
実際私が見た梅田ガーデンシネマでも上映終了後にサントラが飛ぶように売れてましたよ。まさに入荷即完売状態!

深夜らじお@の映画館は早速サントラを購入しました!

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

acideigakan at 22:41│Comments(2)clip!映画レビュー【さ行】 

この記事へのトラックバック

1. シュガーマン 奇跡に愛された男  [ あーうぃ だにぇっと ]   2013年03月21日 21:09
シュガーマン 奇跡に愛された男@スペースFS汐留
2. シュガーマン 奇跡に愛された男  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2013年03月21日 21:13
Searching for Sugar Man [Blu-ray] [Import] [Blu-ray]無名の天才シンガー・ロドリゲスの数奇な運命を追うドキュメンタリー「シュガーマン 奇跡に愛された男」。音楽の持つ力、ロドリゲス本人の驚 ...
五つ星評価で【★★★かっこいいぞロドリゲス】 最初に記事を書きながら間違えてしまいそうなので触れておくが 「シュガーマン」は曲名。 アメリカで無名なのに南アフリカで伝 ...

この記事へのコメント

1. Posted by 一夫巣   2013年03月22日 23:29
南アフリカで愛された影のスーパースターはとっても「男前な人生」でした。涙もほろりで、ちょうどよいかと。気に入ってます。大阪のおばちゃんならもうこれはCd即買いしかありませんね!
彼をめぐる都市伝説には笑ってしまいました。
2. Posted by にゃむばなな   2013年03月23日 16:45
一夫巣さんへ

ほんと、男前な人生ですよね。こういう生き方は応援したくなりますよ。
身の程をわきまえた生き方をした方は本当に格好いいですわ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載