2013年04月05日

『ヒッチコック』

ヒッチコックサスペンスの巨匠アルフレッド・ヒッチコック改めアルマ・ヒッチコック。
アルフレッド・ヒッチコック監督の代表作『サイコ』の製作裏話というよりは、製作過程での亀裂が入りつつも修復されていくアルマとの夫婦愛を描いたこの作品。
『サイコ』を見て、エド・ゲインの基本的情報を押さえておけば、サスペンスの巨匠の人間臭さが滑稽にも可愛らしくも見える作品だと思います。

主演女優のジャネット・リーがこの作品に出演して以降、シャワーが浴びれなくなりバスタブ派になったという逸話まで残っているほど、映画史に燦然と輝くサイコ・サスペンスの代表作『サイコ』。

その『サイコ』を作り上げたのはアルフレッド・ヒッチコックではなくアルマ・ヒッチコックことアルマ・レヴィルじゃなイカ!とまで思ってしまうこの史実。まぁいつの時代も表舞台で輝く夫の影には妻の内助の功があるものですが、このヒッチコック夫妻に関しては完全に妻のおかげで映画史に残る名作が完成したと言っても過言ではないと思います。

というのも主演女優にジャネット・リーを勧めたのもアルマなら、主演男優にアンソニー・パーキンスを勧めたのもアルマ。ついでに冒頭の30分で主演女優を途中退場させるというアイデアを出したのも、夫が倒れた時に撮影現場を仕切ったのも、弐号試写に向けて編集し直したのもアルマということは、アルフレッドの功績は嫉妬に狂った状態で有名なシャワールームシーンを演出したことと公開に向けての効果的宣伝方法だけか?と思えてしまうんですもん。

でもそう思えてしまうのはある意味この映画の狙いでもあるのでしょう。
要はサスペンスの巨匠も所詮は人の子。妻が共同脚本と称して海辺のコテージで他の男と過ごせば嫉妬に狂い、一方でアメリカ的美人でもあるブロンドの美女を主演女優に必要以上に求めてしまう。
「ヒッチコックは殺人の場面をラブ・シーンのように撮る」と評したフランソワ・トリュフォーの言葉を思い出せば、嫉妬も偏愛も窃視症も殺人鬼エド・ゲインへの執着も全てアルフレッド・ヒッチコックの性癖。サスペンスの巨匠はその性癖を全て『サイコ』という映画に注ぎ込み、観客の悲鳴に愉悦を覚えていたのでしょう。

ただ撮影終了後に楽屋で助演女優のヴェラ・マイルズと「なぜ私の元から去った?」という会話内容を見る限り、このサスペンスの巨匠は女性の幸せに関しては勉強が足りなかったのでしょうね。でもそれもまたサスペンスの巨匠が神ではなく人である証なのかも知れませんが。

てな訳で最後にヒッチコックの肩に“鳥”が乗るくだりやお馴染みのテーマ曲が流れる以外は全体的に少々遊び心が少ないように感じたこの伝記映画。個人的には「3人のアンソニー」でお馴染みのアンソニー・パーキンスとアンソニー・ホプキンスが出会うくだりもあっさりしすぎて少々残念でした。

深夜らじお@の映画館はこの映画を見終わってからヒッチコック作品を見直したくなりました。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

この記事へのトラックバック

1. 映画:ヒッチコック Hitchcock  キャリアのピークを迎えた時代の「サスペンスの神様」の実態とは?!  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2013年04月05日 21:22
ヒッチコキアンには堪らない今作。 TV ヒッチコック劇場のオープニングでキックオフしただけで、もうハイ状態に(笑) まず、彼のどの時期が取り上げられているかを整理。 1956  知りすぎていた男The Man Who Knew Too Much      間違えられた男 The Wrong M...
2. ヒッチコック/Hitchcock  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2013年04月05日 22:58
ランキングクリックしてね ←please click サスペンスの帝王アルフレッド・ヒッチコックと、 その妻で裏で支えた編集者・脚本家のアルマ・レビル。 神と、その神を創った妻による、 傑作「サイコ」(1960)の成功に至るまでの道のりとふたりの天才の知...
3. 映画レビュー「ヒッチコック」  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2013年04月05日 23:13
Hitchcock [CD]◆プチレビュー◆サスペンスの神様の知られざる素顔を描く「ヒッチコック」。名匠のコンプレックスと映画の裏話に興味津々。 【65点】 映画監督として大成功を収めた ...
4. 劇場鑑賞「ヒッチコック」  [ 日々“是”精進! ]   2013年04月06日 06:19
「ヒッチコック」を鑑賞してきました巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督によるスリラー映画の金字塔「サイコ」の波乱に富んだ誕生秘話を名優アンソニー・ホプキンスとヘレン・ミレ...
5. ヒッチコック  [ ハリウッド映画 LOVE ]   2013年04月06日 15:30
原題:Hitchcock監督:サーシャ・ガバシ出演:アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハンソン、トニ・コレット、ダニー・ユーストンヒッチコックはブロンドがお好き。
6. 「ヒッチコック」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2013年04月06日 15:32
今から25年くらい前だろうか、地元にもレンタルビデオショップというもの登場して、初めて借りたビデオが『鳥』だった。また『サイコ』はもちろんだが有名なヒッチコック作品はテレビかビデオでほとんど観ているし
7. ヒッチコック  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2013年04月06日 22:51
※「新・映画鑑賞★日記・・・」からタイトル変更しました※1959年。新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、さっそく次回作へ向け誰もが驚く映画の企画探しを開始したヒッチコック。やがて、実在の殺人鬼エド・ゲインをモデルにした小説『サイコ』に心奪われ、映画化を決意
8. 「ヒッチコック」☆愛あればこそ  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2013年04月07日 09:42
サスペンス映画の巨匠アルフレッド・ヒッチコックの、あまりにも有名な最大のヒット作「サイコ」ができるまでを追った物語。 「サイコ」の血なまぐさい事件と、一度見たら忘れられないほどの恐ろしさとは無縁の、夫婦愛に満ち満ちたラストは、思わず涙が溢れ出す。
9. ヒッチコック  [ Memoirs_of_dai ]   2013年04月07日 12:18
ヒッチコックとブロンド 【Story】 1959年、作品の高評価とは裏腹に監督としてはアカデミー賞に縁遠かったアルフレッド・ヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)は、後にサスペンス映画の金字塔と称さ...
10. ヒッチコック / Hitchcock  [ 勝手に映画評 ]   2013年04月07日 17:14
サスペンスの神様アルフレッド・ヒッチコック。そのヒッチコック最高の傑作『サイコ』の制作の舞台裏を描いた作品。 ヒッチコックを描いた映画ということで、ヒッチコックの作品を意識した映像・演出になっています。特に、冒頭にヒッチコックその人が出てきて解説する辺...
11. ヒッチコック  [ 風情♪の不安多事な冒険 Part.5 ]   2013年04月08日 11:16
 アメリカ  ドラマ&伝記  監督:サーシャ・ガヴァシ  出演:アンソニー・ホプキンス      ヘレン・ミレン      スカーレット・ヨハンソン      トニ・コレ ...
12. [映画『ヒッチコック』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2013年04月09日 01:11
☆いまいち、その製作意図が不明瞭なのだが、ヒッチコック作品は大好きなので、そのバックボーンを知りたい気持ちもあり、観に行った(なんか、クリスティの「アガサ 愛の失踪」を思い出す)。  今、ちょいと部屋の中で振り向いただけで、こんなんが容易に見つかるほど、..
13. 映画「ヒッチコック」 感想と採点  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2013年04月09日 06:59
映画『ヒッチコック』(公式)を昨日、劇場鑑賞。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 1959年、映画『北北西に進路を取れ』が大ヒットし...
14. ヒッチコック/HITCHCOCK  [ いい加減社長の映画日記 ]   2013年04月09日 07:45
作品は、あまりじっくりとは観たことはないような気もするけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 『北北西に進路を取れ』が大反響を呼んだあと、アルフレッド・ヒッチコックは実在の殺人鬼エド・ゲインの物語に心を奪われた。 妻のアルマは、その陰惨なテー...
15. ヒッチコック  [ Said q winning ]   2013年04月10日 20:20
監督:サーシャ・ガヴァシ出演:アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハンソン、トニ・コレット、ダニー・ヒューストン、ジェシカ・ビール、マイケル・スタールバーグ、ジェームズ・ダーシー、マイケル・ウィンコット、リチャード・ポートナウ、カ...
16. ヒッチコック ★★★★☆  [ センタのダイアリー ]   2013年04月10日 22:06
アンソニー・ホプキンスのヒッチコックは特殊メイクというよりもほとんどカブリ物だけど、本人に全然似てないよね。 ここまでの分厚いメイクだと微妙な表情はわかりづらいし、アンソニー・ホプキンスでなく...
17. ヒッチコック  [ 心のままに映画の風景 ]   2013年04月11日 00:57
1959年。 新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、さっそく次回作へ向け誰もが驚く映画の企画探しを開始したヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)は、実在の殺人鬼エド・ゲインをモデルにした小説...
18. 『ヒッチコック』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2013年04月11日 08:40
□作品オフィシャルサイト 「ヒッチコック」□監督 サーシャ・ガバシ□脚本 ジョン・J・マクローリン□キャスト アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハンソン、トニ・コレット、ダニー・ヒューストン■鑑賞日 4月6日(土)■劇場 TOH
19. ヒッチコック ★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2013年04月11日 22:28
「レベッカ」「白い恐怖」などサスペンス映画の神と言われる監督アルフレッド・ヒッチコック。 代表作のひとつ「サイコ」製作に挑むヒッチコックと、彼を支えた妻のアルマ・レヴィルの姿を描いた人間ドラマ。監督は「アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち」のサーシャ・...
20. ヒッチコック  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2013年04月18日 06:17
 『ヒッチコック』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作は、60歳のヒッチコック監督が『サイコ』を制作した際の経緯を描き出しています。  映画では、まず、映画『サイコ』の原作小説の素材となった殺人事件が再現されます。  そこに、ヒッチコック(アン...
21. サスペンスの巨匠/メイキング・オブ・サイコ〜『ヒッチコック』  [ 真紅のthinkingdays ]   2013年04月20日 07:28
 HITCHCOCK  1959年。『北北西に進路を取れ』 の大ヒットを受け、ヒッチコック(アンソ ニー・ホプキンス)は新作のアイデアを練っていた。実在のシリアル・キラーが 主人公の小説 『サ...
22. あらためて ヒッチコックを!   [ 笑う社会人の生活 ]   2013年04月24日 18:33
8日のことですが、映画「ヒッチコック」を鑑賞しました。 1959年、アルフレッド・ヒッチコックは「サイコ」の製作に着手したが資金繰りは難航し数々の困難に見舞われ さらに最大の理解者である妻アルマとの関係までほころびが生じてきて・・・ 名作「サイコ」制作過程...
23. ヒッチコック  [ だらだら無気力ブログ! ]   2013年04月28日 01:14
彼の人となりが分かって結構面白かった。
24. ヒッチコック : 巨匠のお茶目っぷりがGood!  [ こんな映画観たよ!-あらすじと感想- ]   2013年05月05日 13:33
 今日も朝から、何だかんだでバタバタしています。こんな時には、以外に落ち着いて観れるこちらの作品は良かったですよ。 【題名】 ヒッチコック 【製作年】 2012年 【製作
25. 映画『ヒッチコック』を観て  [ kintyre's Diary 新館 ]   2013年09月21日 21:48
13-34.ヒッチコック■原題:Hitchcock■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:99分■観賞日:4月24日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ■料金:1,800円 □監督:サーシャ・ガバシ◆アンソニー・ホプキンス(アルフレッド・ヒッチコック)◆ヘレン・ミレン(アル

この記事へのコメント

1. Posted by mig   2013年04月05日 23:17
こんばんは、
ヒッチコックが金髪女優好きなのは本当らしく、しょっちゅうちょっかい、セクハラやデート、浮気していたらしいですね。
事実「鳥」の女優(メラニーグリフィス母)はその後、女優として働けなくさせられたり。

相当な内助の功です、奥様。

2. Posted by BROOK   2013年04月06日 06:27
「サイコ」の次に撮影したのが「鳥」ということで、
ラストにヒッチコックの肩にカラスが乗る辺りは憎い演出だと思いました♪
観客に語りかけるような締め方も良かったです。
3. Posted by にゃむばなな   2013年04月06日 09:48
migさんへ

そういう噂を聞くとよりアルマの内助の功が輝きますよね。
英雄色を好むとよく言いますが、その陰には偉大な内助の功ありですね。
4. Posted by にゃむばなな   2013年04月06日 09:53
BROOKさんへ

ヒッチコックは他の監督と違い、観客向きというイメージが強いですからね。
加えて自分の作品にチョイ役で出演したりと、そんなお茶目さを演出したのかも知れませんね。
5. Posted by たいむ   2013年04月06日 15:20
ほんと、もう少し遊び心があっても良かったかな〜って。
エンディングでお馴染みのテーマ曲が聴けたのは良かったけれど。
6. Posted by えふ   2013年04月06日 15:29
妻の内助の功あっての「サイコ」でしたね〜。
ブロンド好きも、妻にはかなわなかったですね(笑
7. Posted by にゃむばなな   2013年04月06日 15:51
たいむさんへ

そうなんですよね。お馴染みのテーマ曲が聞けたからこそ、もう少しと思ってしまうもの。
監督にそこまでのヒッチコック愛がなかったのかも知れませんが、ちょっと残念でしたね。
8. Posted by にゃむばなな   2013年04月06日 15:53
えふさんへ

古今東西、偉大なことをした男の影には素晴らしき妻がありきなんですね。
まさか『サイコ』が夫婦愛で作られていたとはビックリでしたよ。
9. Posted by yukarin   2013年04月06日 23:24
こんばんは♪
夫婦で作り上げた作品だったのですね。
それにしてもあのシャーワーシーンが嫉妬で演出されてるとはびっくりでした。
10. Posted by ノルウェーまだ〜む   2013年04月07日 09:41
にゃむばななさん☆
最後は夫婦愛にホロリとさせられる良い映画でしたねぇ。
やっぱり特別なものを作り出すような巨匠は、偏執的なところがあってこそなのかもしれないですね。
奥様も大変です。
11. Posted by にゃむばなな   2013年04月07日 10:33
yukarinさんへ

ほんと、あの名シーンがまさか嫉妬で作られていたなんて…。
名作の影に意外な事実ありですね。
12. Posted by にゃむばなな   2013年04月07日 10:34
ノルウェーまだ〜むさんへ

偉大な巨匠は偏執的な才能を持っているからこそ、それを世間に理解してもらえるように中和するのが奥様の仕事でもあるのでしょうね。
夫婦とは本当に面白いものですね。
13. Posted by dai   2013年04月07日 12:30
こんにちは。

あのシーンが嫉妬とか『サイコ』の誕生秘話を知れる映画として面白かったですが、確かにもう少し”遊び心”がほしかったですね。
14. Posted by にゃむばなな   2013年04月07日 15:40
daiさんへ

映画ファン的には裏話を聞けて楽しいんですよね。
でもその一方で映画ファン的にはもっとヒッチコック愛が欲しかったのも事実。
その辺りがこの映画には足りませんでしたね。
15. Posted by きさ   2013年04月09日 23:07
いわゆるクラシック映画の監督ではビリー・ワイルダー監督と並んで最も好きな監督なので楽しく見ました。
イギリス時代はともかくアメリカでの作品はかなり見ていますし。
アンソニー・ホプキンスがメイクでヒッチコックに扮していますが、自作の映画や予告編によく登場したヒッチ監督なのでそれほど似てはいない印象です。
奥さんのアルマ役のヘレン・ミレン、アンソニー・パーキンス役のジェームズ・ダーシーの方が似ています。
スカーレット・ヨハンソンとジェシカ・ビールは特に似てはいませんが、どちらもきれいでした。
ちょっと驚くのは「サイコ」のモデルになった実在の殺人者エド・ゲインが登場する事。
面白く見ましたが、劇場映画デビュー作のせいもあって演出はいまいちだったかな。
私はヒッチコック作品では「裏窓」とイギリス時代の「バルカン超特急」が好きですね。
16. Posted by q業務連絡 リンクアドレス変更です   2013年04月10日 20:27
大好きなヒッチコック監督
奥殿のバック・サポート
人間ヒッチコックだったし
裏側が見えるのが、また良かった
我愛しグレイス・ケリーに対する気持ちを知ってはいたものの
映像として観ると尚解ったり
にやり♪とするラストでした!
業務連絡
 ブログのアドレスを変更しました
 アドレス張替えをして頂けると
 嬉しいです
17. Posted by にゃむばなな   2013年04月10日 21:04
きささんへ

この作品は映画を楽しむというよりもヒッチコックの人間性を楽しむ作品なのかも知れませんね。
俳優陣の似てる似てないを別にしても、映画ファンの様々な思いが感想として出てくる作品だと思いましたよ。
18. Posted by にゃむばなな   2013年04月10日 21:06
qさんへ

リンクアドレス変更の件、了解しました。

で、この映画に関してはみなさんのヒッチコックに対する想いが知れて楽しいですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載