2013年04月17日

『舟を編む』

舟を編む集めた言葉が編むのは辞書を作る人たちの熱い心。
2012年本屋大賞に輝いた三浦しをん先生の小説を石井裕也監督が映画化したこの作品は、辞書に対する見方が変わるだけでなく、会話や手紙を含め言葉に対する考え方も真摯になる、今年の邦画を語る上で外せない心温まる映画。
やはりトラさんが絡む人間関係というのはいつの時代もいいものですね。

玄武書房だけに「西を向いた時、北にあたるのが右」と回答したことで辞書編集部に引き抜かれた名前通りにマジメな馬締クンが関わることになったのは、24万語以上の集約を目標にした「大渡海」という辞書作り。
しかも用例採集・見出し語選定・語釈作りと地味な作業の繰り返しを15年という時間を費やして作っていくというのですから、まさに辞書作りは「果てしない夢を追い続け」、「いつの日か大空駆け巡る」思いを味わうために完成を目指す大変な仕事。

でも言葉を扱う仕事だけに、その言葉の大切さを誰よりも理解出来る仕事でもある、つまりは誰よりも相手の気持ちを大切に出来る仕事でもあると思うのです。
相手の気持ちを知りたければ、タケおばあちゃんから諭されたように積極的に話せばいい。
相手の気持ちを大切にしたいと思えば、香具矢のように武士みたいな達筆すぎる恋文が読めないと怒ればいい。
相手に気持ちを伝えたければ、自分のために宣伝部に異動になる格好いい先輩・西岡に現代語の語釈を頼めばいい。

言葉は誰かに自分の思いを伝えるツール。だからこそ常に相手と言葉に真摯でなければならない。でもその真摯さは必ず相手に伝わる。
「血潮」の記載漏れが発覚した時も誰もが馬締クンの熱い思いを理解しているからこそ、時間がない中での泊り込み再調査をみんなが引き受けてくれる。製紙会社も滑り感のある紙を用意してくれる。宣伝部に異動した西岡も積極的に協力してくれる。

大切なことはファストフードを食べる姿もなぜかお茶目に見える大岡越前先生がご存命中に「大渡海」を完成させることよりも、立派な辞書を作りたいという先生の思いに応えること。

絶えず語意が変化し続ける現代において、多くの人との別れも経験しなければならないほどの長い年月を費やし完成する辞書。その一つ一つの言葉の用例こそ、その辞書作りに携わった人たちが経験したドラマ。
馬締クンの一目惚れ宣言直後に香具矢が働く料亭に予約を入れた佐々木さんも応援してくれた【恋】の用例も、後輩の思いに感化されて酔っ払って泣きながらプロポーズしたのは【ダサい】の用例も、いわば一文で記された短文小説。つまり辞書とは短文小説集でもあるのでしょうね。

深夜らじお@の映画館も嫌な電話を切って、ムダな人間関係も切って、そして新たなスタートを切り、肩で風を切るような人生を送りたいです。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「舟を編む」  [ 日々“是”精進! ver.F ]   2013年04月17日 16:36
言葉は、生きている… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304160001/ 映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラックサントラ 渡邊崇 リトル・モア 2013-04-...
2. 舟を編む  [ Akira's VOICE ]   2013年04月17日 17:07
大渡海めっちゃ欲しい。  
3. 映画『舟を編む』観てきたよ〜(*´∀`*)  [ よくばりアンテナ ]   2013年04月17日 19:32
昨年度の本屋大賞を受賞した三浦しをんさんの同名作品が原作。 辞書編纂っていう、ちょっと考えてみても時間のかかる地味〜な仕事に スポットを当てた悪い人の出てこないお仕事&人間模様の内容。 ...
4. 大渡海〜『舟を編む』  [ 真紅のthinkingdays ]   2013年04月17日 20:31
 大手出版社・玄武書房では、新しい辞書 『大渡海』 の編纂作業が本格的 に始まろうとしていた。営業部から辞書編集部へ転属となった馬締光也(松田 龍平)は、「辞書とは、言葉という大海を渡るための...
5. 舟を編む  [ いい加減社長の映画日記 ]   2013年04月17日 21:08
ユナイテッド・シネマとしまえんのサイトで、公開しているのを見逃していて、あわてて日曜日に・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 大手出版社、玄武書店の辞書編集部は、ベテラン編集者の荒木が定年退職するため、後任に営業部で変人扱いされていた馬締(ま...
6. 舟を編む ★★★☆☆  [ センタのダイアリー ]   2013年04月17日 21:39
言葉は思考であるという考え方に基づく記号論があるように、言葉の世界は果てしなく広く深い。 言うならば、ことばは人間の活動全てであると言っても過言ではない。 また、言葉は新たに生まれ又は死んで...
7. 舟を編む  [ 勝手に映画評 ]   2013年04月17日 22:14
なるほど、こうきますか。 馬締が、松田龍平と聞いた時は「どうかな〜」と思いましたが、中々どうして。結構いい仕上がりになっていますね。さすがです。 凛とした美しさを持つ女性には、やっぱり宮崎あおいは外せないですよねぇ。ただ、「自分、不器用ですから」と言い...
8. 舟を編む  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2013年04月17日 22:39
言葉の定義を調べる仕事をしていながら人に自分の気持ちを伝えられない青年が、愛する人を見つけて家庭を築き編集部の責任者として仕事を成し遂げる。まさに男して生まれたら、こういう生き方をしてみたいと思うもんだ。
9. 映画レビュー「舟を編む」  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   2013年04月17日 23:02
映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラック [CD]◆プチレビュー◆辞書作りに携わる人々の静かな情熱を描く「舟を編む」。抑制したタッチが好感度大。 【70点】 玄武書房に勤務 ...
10. 『舟を編む』  [ ラムの大通り ]   2013年04月17日 23:29
「久しぶりだから、 喋りやすい映画からにしちゃうかな」 ----えっ、そうニャの? これって、タイトルからして分かりにくいけど…。 「そう言われてみると 確かにそうだね。 これは、ある出版社で 新しい辞書を作った人たちの話。 それまでの辞書とは違って若者言葉や 新...
11. 映画「舟を編む」  [ FREE TIME ]   2013年04月18日 00:32
映画「舟を編む」を鑑賞しました。
12. 「舟を編む」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2013年04月18日 08:33
原作は未読。本屋大賞を受賞された時分は書店に山積みされていたし、ずっと気にはなっていた小説ではあるが、今まで手に取らなかったのはどうにも「”舟”を”編む”」というタイトルから内容がまったくイメージでき
13. 舟を編む  [ 風情♪の不安多事な冒険 Part.5 ]   2013年04月18日 10:14
 日本  ドラマ  監督:石井裕也  出演:松田龍平      宮崎あおい      オダギリジョー      黒木華 【物語】  玄武書房に勤務する馬締光也は職場の営業 ...
14. 『舟を編む』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2013年04月18日 12:32
□作品オフィシャルサイト 「舟を編む」 □監督 石井裕也□脚本 渡辺謙作□原作 三浦しをん□キャスト 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林 薫、加藤 剛、       渡辺美佐子、黒木華、池脇千鶴、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、八千草 薫■鑑賞日 4月1
15. 舟を編む  [ 象のロケット ]   2013年04月19日 15:53
玄武書房・営業部で持て余されていた27歳の馬締(まじめ)光也は、言語能力を買われ、新しい辞書「大渡海」の編纂に取り掛かったばかりの辞書編集部へ異動となった。 辞書作りは、用例採集、見出し語選定、語釈執筆、レイアウト、校正など、気が遠くなるほど地味な作業の連
16. 「舟を編む」 大海を渡る拠り所  [ はらやんの映画徒然草 ]   2013年04月19日 16:20
言葉は海。 それは海の如く広く大きい。 ずっとそこにじっとあるように見えるけれど
17. 舟を編む  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2013年04月20日 01:06
【監督】石井裕也 【出演】松田龍平/宮崎あおい/オダギリジョー/黒木華/渡辺美佐子/池脇千鶴/伊佐山ひろ子/八千草薫/小林薫/加藤剛 【公開日】2013年 4月13日 【製作】日本 【ストーリー】 ...
18. 舟を編む  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2013年04月20日 21:24
2013年4月14日(日) 15:40〜 TOHOシネマズ川崎2 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 感じ悪い若造を演じさせると日本で屈指の男、シャイではあるが頑固な好漢を好演 『舟を編む』公式サイト 辞書編集の話。気の長い仕事なのだろうと思ったが、
19. 舟を編む  [ にきログ ]   2013年04月20日 22:42
さて、お久しぶりの映画感想ですね こちら三浦しをんさんの小説原作の映画化ですね ほぼあらすじも知らずに見た映画です 個人的には私は前情報を入れすぎると余計な先入観が入るので何も知らずに見るほうが...
20. 舟を編む  [ だらだら無気力ブログ! ]   2013年04月21日 02:01
辞書作りって大変なんだな。
21. 舟を編む  [ とりあえず、コメントです ]   2013年04月21日 13:34
三浦しをん著の同名小説を石井裕也監督が松田龍平主演で映画化したドラマです。 原作が大好きだったので、この物語をどのように映画化するのか楽しみにしていました。 辞書作りという未知の世界がとても面白く感じられるような作品になっていました。
22. 「舟を編む」小説と映画ちょっと比較 感想  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2013年04月22日 17:17
松田龍平はもちろんのこと、西岡役のオダギリジョーがとても良かった!
23. 映画「舟を編む」感想  [ タナウツネット雑記ブログ ]   2013年04月23日 23:02
映画「舟を編む」観に行ってきました。2012年本屋大賞に輝いた三浦しをん原作の同名小説を、松田龍平・宮崎あおい主演で実写化した作品。物語の始まりは1995年。出版社の玄...
24. 舟を編む  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2013年04月24日 22:40
 『舟を編む』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)昨年の本屋大賞を受賞した際に原作本〔三浦しをん著『舟を編む』(光文社)〕を読んだことから、本作にも興味が湧いて映画館に出かけてみました。  本作の最初の方の時代は1995年、舞台は出版社・玄武書房の辞書編集...
25. 「舟を編む」言葉を意味を集め続けた先にみた言葉1つ1つの意味の大切さと難しさ  [ オールマイティにコメンテート ]   2013年04月26日 06:16
「舟を編む」は三浦しをん原作の「舟を編む」を映画化した作品で辞書編集者になったまじめな男が15年という歳月を掛けて辞書を出版するまでの過程を描いた作品である。辞書と言 ...
26. 「舟を編む」  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2013年04月26日 23:00
2012年本屋大賞に輝いた三浦しをん原作の映画化です。「川の底からこんにちは」の石井裕也が監督しました。玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は変人扱いされていましたが、辞 ...
27. 【舟を編む】  [ ジョニー暴れん坊デップの部屋 ]   2013年04月30日 23:30
[] [] [] [] [] [] [] [] ...
28. 映画・舟を編む  [ 読書と映画とガーデニング ]   2013年05月02日 13:35
2013年 日本 ほぼ三浦しをんさんの原作通りでした 主人公の馬締(松田龍平)は原作から自分が想像していたよりさらに風変わり 一生懸命な人間が見せる滑稽さ、でもカッコイイ 真面目な馬締は松田龍平以外では誰が演じられるか、と思うくらい嵌まっていました ...
29. [映画『舟を編む』を観た(寸評)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2013年05月12日 09:06
☆いい映画でした。  イメージ的に、「本」を物語のメインに据えているので、それぞれのヒロイン(宮崎あおい/榮倉奈々)の可愛さが同タイプであることもあり、「図書館戦争」と同時期で対を成す印象だ。  でも、先に見た「図書館戦争」の激しさよりも、今作品の、水面..
30. 舟を編む  [ 単館系 ]   2013年05月31日 23:10
舟を編む ユナイテッド・シネマ浦和 4/13公開 玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、 言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。 新しい...
31. No.351 舟を編む  [ 気ままな映画生活 ]   2013年06月09日 21:38
出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。玄武書房の営業部に勤める馬締光也は、 ...
32. 舟を編む  [ C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜 ]   2013年06月11日 23:02
舟を編む '13:日本 ◆監督:石井裕也「ハラがコレなんで」「川の底からこんにちは」 ◆出演:松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、 鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、 八千草薫、小林薫、加藤剛、宇野祥平、森岡龍 ◆STORY◆玄武書房に勤務す...
33. 『舟を編む』 なぜ1995年なのか?  [ 映画のブログ ]   2014年01月03日 21:08
 『舟を編む』は、辞書の編纂という地味で気の長そうな仕事が、想像を遥かに上回るほど地味で気が長いことを描き、そこから絶妙な笑いを生み出すコメディだ。  本作は1995年を舞台にしているけれど、描かれる内容は極めて今日的だ。東日本大震災後の私たちにとって、切実
34. 舟を編む  [ いやいやえん ]   2014年01月06日 08:40
松田龍平は一見パッとしない役柄のほうが似合う。 辞書を作る。それは、何万語とある言葉の海の中を泳いで渡るごときのようなもの。現代に於いてそれがこんな途方もない年月と労力が費やされているものだとは夢にも思わなかった。先達たちが作ってきた辞書を改良編集し

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2013年04月17日 16:41
辞書を作り上げるのに、こんなにも苦労があったということを、初めて知ることが出来ました。
そういった点でも評価出来る作品だと思いますね。

そうそう、「恋」という言葉の語釈がテロップで表示する演出はかなり素敵でした。
「大渡海」が欲しくなりましたよ。
2. Posted by にゃむばなな   2013年04月17日 16:45
BROOKさんへ

辞書の個性って用例などに顕著に現れるんですね。
あの「恋」の語釈にしても、いいなぁ〜と思いましたよ。
3. Posted by Ageha   2013年04月17日 17:40
チャらくて爽やかな
オダギリジョーが見れて
ホントはそれがいちばんうれしかったかも。
軽いけど熱くもなれるいい人の役って
珍しくて久しぶりなんじゃないかな。
マジメくんの変人ぶりもクスクス笑えたけど
オダジョーの存在も
この映画をぱあっと明るくしてくれた気がします。

苦労はあるけど悪い人がでてこない、
最後までほのぼのした作品でした。

4. Posted by にゃむばなな   2013年04月17日 19:46
Agehaさんへ

オダギリジョー演じる西岡はいい役でしたね。
後輩の才能を認め、その才能を活かしてあげるためにも自分が犠牲になろうとする。でも犠牲とは考えず部署が代わっても協力を惜しまない。
本当にいい役でした。
5. Posted by FREE TIME   2013年04月18日 00:38
こんばんは。
辞書作りに長い歳月がかかる事は前から聞いていたけど、実際に携わっている人の苦労が伝わりますね。
でも、辞書作りだけじゃなく、馬締の恋愛話や当時の時代背景なども盛り込ませ、ユーモアにも富んだ作品でした。
出来ることなら、「大渡海」完成の記念式典に松本先生もいてほしかったです。
6. Posted by たいむ   2013年04月18日 08:38
辞書を読むのが面白いという変人がいるのだけど、何だか納得しちゃった。
誤った使い方を認識するとともに、美しい日本語を大切にしたいなぁとか思っちゃいました。
7. Posted by 悠雅   2013年04月18日 14:34
必要に迫られて辞書を引き、
隣に掲載されている言葉のほうが気に入って、用例を理解するためにまた別の語句を引いて・・・
と延々、辞書を楽しむことがとても多かった中高生時代。
少女小説を読むより、辞書を読むほうが面白かったです。
そんなことを思い出しながら、最近は専らググってるだけだなぁ、と反省したり(^^;

辞書作りという筋書きと、1人1人が魅力的なキャストが巧くハマっていて、
全編飽きずに楽しめる作品でした。
8. Posted by にゃむばなな   2013年04月18日 17:26
FREE TIMEさんへ

辞書の製作ってこんなに大変だということを初めて知りましたが、本当に大変な作業ですよね。
それゆえにドラマも豊富なんでしょうね。
9. Posted by にゃむばなな   2013年04月18日 17:29
たいむさんへ

ほんと、それはよく分かります。
日本語に対する想いが詰まった書物だけに、読み方さえ理解すれば面白い書物なんでしょうね。
10. Posted by にゃむばなな   2013年04月18日 17:32
悠雅さんへ

辞書を楽しむことをその頃からご存じだったとはさすがです。
ほんと、ググるのは楽ですが、そこにこんな面白そうな用例は存在しないですからね。
やっぱりネット検索より辞書ですね。
11. Posted by cyaz   2013年04月18日 17:46
にゃむばななさん、こんにちは^^
TB、ありがとうございましたm(__)m

原作を読むのが間に合わなかったのですが(汗)、
映画のほうはよく出来ていましたね!
脇を固める役者さんたちが、さりげなく、
若い二人の恋愛を見守りつつ、
「大渡海」の編纂に当たっていました。
今年ここまでの邦画の中では一番かな^^
12. Posted by えい   2013年04月18日 22:11
こんばんは。

これはよかったですね。
おそらく今年の日本映画のベスト5には入るものと思われます。
今年はほんとうに日本映画豊作です。
13. Posted by にゃむばなな   2013年04月18日 22:24
cyazさんへ

ほんと、この映画はいい脇役を巧く使ってますよね。
特にオダギリジョーさんの西岡役は最高でしたよ。
14. Posted by にゃむばなな   2013年04月18日 22:25
えいさんへ

そうですね、この映画を年末に今年の10本として選ぶ方は多いでしょうね。
もちろん日本映画という括りでなら5本の指には入るでしょう!
15. Posted by kajio   2013年04月19日 18:12
先日観てきました。

エンドロールで、

朝日放送 板井昭浩

という形で、現イベント事業部部長の名前が拝めたので、天にものぼる気持ちになりました(笑)

16. Posted by にゃむばなな   2013年04月19日 20:47
kajioさんへ

D・万の名前がEDロールで流れていたのですか。見逃してしまったわ〜!
そんな私は元サイキッカーとしてダサいです!
17. Posted by メビウス   2013年04月20日 01:06
にゃむばななさんこんばんわ。

正直単純にキャスティング寄りな鑑賞をしてたのですが、その当初の鑑賞より辞書編纂の過酷さや言葉の持つ意味や大切さを知る事が出来た内容は自分の知らない事も含まれてただけに凄い見応えを感じました^^

『言葉は誰かに自分の思いを伝えるツール』・・と考えると、自分達がやってるこのブログも正にそんな感じがしますね。自分もなんか毎回映画の記事更新するたび上手く纏められているか?そしてそれが読み手にきちんと伝わるか?なんてのを馬締みたいに悶々と考えちゃってる時はあるので・・^^;
18. Posted by きさ   2013年04月20日 08:04
辞書作りの苦労が描かれていますが、その点が面白く原作を読んでみたくなりました。
女性の観客が多かったのはやはり松田龍平とオダギリジョーが出演しているからでしょうか。
八千草薫、小林薫、加藤剛といったベテラン俳優も素晴らしかったです。
伊佐山ひろ子が重要な役で出ているのが、古くからの映画ファンには嬉しいところです。
実は今年の初日本映画です。日本映画はやはりいいですね。
猫好きにもお勧めの映画でした。
19. Posted by にゃむばなな   2013年04月20日 17:38
メビウスさんへ

私もブログを書きながらいつも思うのは言葉選びは本当に難しいということ。
それを用例という短文で表すのは相当難しいですよ。
センスもありますが、言葉に対する真摯さも問われますからね。
20. Posted by にゃむばなな   2013年04月20日 17:39
きささんへ

ほんと、日本映画はいいですよね。こういう映画を見るたびにいつも思いますよ。
特にこういう作品の場合はベテラン俳優の起用法が絶妙ですからね。
21. Posted by latifa   2013年04月22日 17:19
にゃむばななさん、こんにちは!
良い映画でしたねー。
こういう邦画は、ほっとします。
見終わった後も、どっと疲れることもなく、なごやかに過ごせます^^

周防監督とか、伊丹監督が、以前こういった作風の映画を作っていましたよね(知らなかった世界を解りやすく楽しく見せてくれる)
また今後も、こういう映画を見たいです。
22. Posted by にゃむばなな   2013年04月22日 20:34
latifaさんへ

ほんと、いい邦画でしたよね。
こういう知られざる世界を丁寧に描く作品が増えることを願うばかりですよ。
23. Posted by YUKKO   2013年04月26日 23:10
原作とほぼ同じの構成でした。最初松田龍平が、馬締役が務まるか心配しましたが、まさしく馬締でした。想像では「大渡海」完成パーティーで、大泣きするかと、思ったのに映画は、淡々と描いてましたね。辞書って、やはり本当に地味なんですよね。それでも、やはり泣けた映画でした。
24. Posted by にゃむばなな   2013年04月27日 21:31
YUKKOさんへ

この映画のキャスティングは見事でしたね。松田龍平といい、オダギリジョーといい、みんなその役に合っていたと思いますよ。
今年の邦画では5本の指に入ること間違いなしですね。
25. Posted by ジョニーA   2013年04月30日 22:31
しまったぁあーーー!
エンドロールの板井さんの名前も確認できなかったし、
読書芸人・ピース又吉さんも、麻生久美子さんも、どこに
出てらっしゃったのか、さっぱり気付きませんでいたヨォーーウ!
26. Posted by にゃむばなな   2013年05月02日 15:57
ジョニーAさんへ

又吉さんや麻生さんはセリフなしのエキストラっぽい立場ですから、ポスターに名前を表記する意味がないんですけど、これもまたどこぞの権力のおかげなのでしょうね。
それよりもD万の名前をもっと前面に押し出してほしいですわ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載