2013年06月18日

『言の葉の庭』

言の葉の庭雷神の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ
万葉集・孤悲の物語を現代の東京を舞台に新海誠監督が映像文学として作り上げたこの作品は、美しさの中に淋しさを内包しつつも孤悲をきちんと愛に昇華させた、10代〜20代を経験した大人の恋の物語。そして新海監督作品にしては珍しい踏切の出てこないが故の優しさに溢れた、今年を代表する秀作でした。

雨の日に日本庭園で約束もないまま逢瀬を重ねる靴職人を目指す15歳のタカオと味覚障害に苦しみ歩き方を忘れたという27歳のユキノ。

まずこの映画は何よりも雨の描き方があまりにも秀逸です。一般に雨は外出を億劫にさせ閉塞感を感じさせるものですが、同時に雨は他者からの干渉を拒むように自分たちだけの世界を守ってくれるものでもあるんですよね。
ですから「雨が降れば」出逢い、「雨」に守られながら逢瀬を重ねるタカオとユキノは自分たちだけの世界で大胆になれる。名前も知らない年上女性に生足を測らせてもらう。名前も知らない年下男子の前で裸足になる。それらはまるで一糸纏わぬ身体を重ね合うような、周囲の目が気にならない世界でしか出来ないこと。

なので当然の如く、この映画で描かれる雨に冷たさを感じることはなく、優しく守ってくれるような温かさを感じるのです。
そして逆に晴天は容赦なくタカオとユキノだけの世界だった場所に余所者を招き、ユキノに温かさではなく淋しさだけを残す冷たさを感じさせる。この梅雨ならではの情緒豊かな演出がとにかく素晴らしいこと。

ただこの作品を見ていて気付いたことが一つ。それは電車は多く登場するのに新海監督作品には欠かせない踏切が出てこないということ。
でもその理由はタカオとユキノの再会を見て理解しました。そう、2人は踏切で区切られるような別々の世界にいたのではなく、生徒と先生という関係とはいえ元から同じ世界にいたのだと。踏切が登場しないのはそういうメタファーだったのと。

そして秋月君と雪野先生という関係で向き合わざるを得なくなったタカオとユキノに対し、新海監督は雷と夕立を用いて急かすように2人を同じ方向を見る男女の関係に戻そうとするのも素晴らしい演出でしたが、それ以上に素晴らしかったのはやはりユキノの部屋で「今までの人生で一番幸せだった時間」を過ごした2人が踊り場で本音をぶつけ合うラストでしょう。

雨が優しく守ってくれるあの部屋でユキノは実家のある四国に帰ると告白。対して大人になれないタカオは前に進もうとしないユキノを見て悔しさを隠せない。
そうしてユキノの元から去ろうとするタカオをユキノが何も履かず裸足で追いかけ、互いに本音をぶつけ合う踊り場。そこは優しい雨に守られている空間の一番端っこ。つまりはタカオとユキノが外の世界へ抜け出そうとしているメタファー。そんな2人に対して新海監督は最後に希望と祝福を込めて日差しを贈る演出がたまりませんでした。

雨の日に願いを込めた「雷神の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ」に対して
晴れの日にもと応える「雷神の 少し響みて 降らずとも われは留らむ 妹し留めば」

同時上映の「だれかのまなざし」でも描かれていましたが、優しさは雨や想いとなっていつも私たちを守ってくれているもの。その優しさに守られているのなら、私たちがやるべきことは一つ。そう、前に進むこと。

そんな優しさと温かさを梅雨時の6月に鑑賞料金1,000円で感じることが出来るとは。またしても新海誠監督の魅力に参りましたよ。

深夜らじお@の映画館は雪野百香里先生のようなミステリアスな女性に凄く弱いです。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 孤悲(こい)の余韻がハッピーエンド。〜「言の葉の庭」〜  [ ペパーミントの魔術師 ]   2013年06月20日 18:10
多分、また削除されてしまうとは思いますが、 ハタボーのイメージソングといっしょに 映画のダイジェストが流れていたのでアップしました。(^^; 言ノ葉+GREEN MIND 2012(初回生産限定盤)(DVD付)秦 基博 アリオラジャパン 2013-05-29売り上げランキング : 57Amazonで詳...
2. ショートレビュー「言の葉の庭・・・・・評価額1600円」  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2013年06月20日 21:53
梅雨空の、プラトニック・ラブ。 新海誠監督の最新作は、新宿御苑(と思しき公園)を舞台に、雨の午前中に出会った一人の高校生と、歳上の女性との淡い恋を描くリリカルな佳作。 46分という上映時間が心地...
3. 言の葉の庭/入野自由、花澤香菜  [ カノンな日々 ]   2013年06月20日 22:12
名作青春アニメ『秒速5センチメートル』の新海誠監督が手がけたこの最新作は梅雨の季節に出会った靴職人を目指す15歳の少年と不器用な27歳の女性を巡るドラマを描いたラブストーリ ...
4. 「言の葉の庭」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2013年06月21日 13:41
良い映画だったなぁ〜新海作品では『秒速5センチメートル』がぶっちぎりで好きなのだけど、相手を思い遣る気持ちの強い今作の、少し大人な感じが好きかも。さすがに歳の差ひとまわりともなると、そうそうハッピーエ
5. 身に覚えのある感情。『言の葉の庭』『だれかのまなざし』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2013年06月23日 09:58
『秒速5センチメートル』の新海誠監督新作アニメ映画です。
6. 【言の葉の庭】雨の日に出会った女性(ひと)  [ ジョニー暴れん坊デップの部屋 ]   2013年12月22日 03:37
※今年はあんましアニメ作品観なかったな〜〜〜〜、と思い立ち、映像日で超有名な、新海誠カントクの 作品をば、借りて来てみたナリよ〜〜〜〜ぅっ! eiga.com 作品情報 『言の葉の庭』 ■解説:「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」など、繊細なドラマ
7. 「言の葉の庭」感想  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2014年04月23日 13:53
風景や、雨・水の描写が、美しい!
8. 雨の季節に見たい映画 [映画]言の葉の庭  [ 日々の書付 ]   2016年11月21日 22:31
雨の季節にぴったりの映画「言の葉の庭」鑑賞。雨って、こんなに美しいものなのかと、何気ない風景にも感動してしまう、美しい映画でした。 言の葉の庭 あらすじ 六月、高校生のタカオは雨の日の午前は公園で靴のデザインを考える。ある日、公園の東屋で朝からビールを
9. 映画 『言の葉の庭』  [ こみち ]   2017年03月20日 22:16
          JUGEMテーマ:邦画          雪野百香里の弁当の中に入っていた卵焼きを食べて   詰まらせる秋月孝雄。よっぽど卵焼きが不味かったのでしょう。   しかし、
10. 言の葉の庭  [ 銀幕大帝α ]   2017年05月12日 21:12
2013年 日本 46分 ロマンス 劇場公開(2013/05/31) 監督: 新海誠 『星を追う子ども』 演出: 新海誠 絵コンテ: 新海誠 原作: 新海誠 脚本: 新海誠 色彩設計: 新海誠 撮影監督: 新海誠 編集: 新海誠 エンディングテーマ: 秦基博『Rain』 声の出演: 入野...

この記事へのコメント

1. Posted by Ageha   2013年06月20日 18:16
お恥ずかしいっ✩
大好きな映画なんですが
うまく説明できなくてとってももどかしい思いをしました。
にゃむばななさんみたく書きたかったです〜〜(^-^)/

今んとこ今年のイチオシアニメ。
あ、もうすぐ攻殻機動隊見に行きますけど。(^^;

余談ですが、東京在住の方に
雨の新宿御苑の写メ送れ〜いうて
ダダこねてます(アホ)

万葉集持ち込んで
「セカイ系」とまで言われた新海さんが
どう料理するのか正直心配だったんですけど
今回はめっちゃ感動もんでした。(^-^)
2. Posted by にゃむばなな   2013年06月20日 22:54
Agehaさんへ

写真よりも東京へ行きましょう!新宿御苑に行きましょう!この梅雨の時期に!
そう思えるほどステキな映画でしたよね。
もちろん今年の5本には確実に入る映画ですよ。
3. Posted by ノラネコ   2013年06月20日 22:56
中短編の良さを素直に味わえる映画でしたね。
46分という上映時間が良いです。
ちょっとした非日常を味わうには丁度良い長さでした。
この位の長さの良質な映画がもっと作られても良いなあと思いました。
1000円なら安く感じますね。
4. Posted by にゃむばなな   2013年06月20日 22:59
ノラネコさんへ

この内容で1000円は逆に安すぎると感じるほどでしたよ。
でも上映時間の長さもちょうど良く、それゆえに1000円が安く感じたのかも知れませんね。
5. Posted by たいむ   2013年06月21日 13:43
踏切にはトラウマが・・・
この話、「秒速」と同じ世界で対になっているような印象です。

いい映画でした!!
6. Posted by にゃむばなな   2013年06月21日 18:02
たいむさんへ

確かに同じ世界でありながら、主人公たちの心の区切りの付け方は正反対ですもんね。
そういう意味ではこの作品はより大人向けなのかも知れませんね。
7. Posted by かのん   2013年06月21日 22:01
私の中で「雨を上手く演出した作品には秀作が多い。」というのがあるんですが、まさにその通りの作品でした。ちなみに一つ例をあげるとすれば『ブレードランナー』なんですけど(笑)。
8. Posted by にゃむばなな   2013年06月23日 22:50
かのんさんへ

確かに雨を上手く使った作品に秀作は多いですよね。『セブン』もその一作でしょう。
でも数ある作品の中でこの映画は上位に来ること間違いなしだと思いますよ。
9. Posted by GAKU   2013年06月30日 10:08
「踊り場がタカオとユキノが外の世界へ抜け出そうとしているメタファー」というのは気が付かなかった!確かにそうですね。雨が二人を繋げて優しく見守っていたというのが本当にその通りだと思いました。

いつの日か、もし仮に二人に別々の大切な人ができていたとしても、笑顔で再会できる日が来ることを願ってやまない、そんな気持ちのいいラストだったと思います。新海監督にスタンディングオベーションを贈りたい。
10. Posted by にゃむばなな   2013年06月30日 23:10
GAKUさんへ

>いつの日か、もし仮に二人に別々の大切な人ができていたとしても、笑顔で再会できる日が来ることを願ってやまない、そんな気持ちのいいラスト

まさにこれですよね。決して成就することだけが愛ではない。孤悲をきちんと愛に昇華しているからこそ、観客に伝わるものがこれですよね。
11. Posted by latifa   2014年04月23日 13:56
この映画のことは、にゃむばななさんの右に出る人はいらっしゃらないだろうと思ってお邪魔しました^^
素晴らしい映像でしたね。
これ、1000円での上映だったのですか!
ジブリを超えるんじゃないか?と思うほどの素敵な風景でした。
12. Posted by にゃむばなな   2014年04月27日 11:26
latifaさんへ

個人的には昨年度No.1作品でしたからね。
しかも新海監督ファンとしては、やはり感じるモノは他の映画よりも多大でしたよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載