2013年07月14日

『ベルリンファイル』

ベルリンファイル人は裏切る。期待も裏切る。裏切らないのはリュ・スンボムの憎たらしい悪役っぷりだけ。
東西に分断された歴史を持つベルリンを舞台に南北に分断された北朝鮮諜報員と韓国情報局員が陰謀に巻き込まれていく様を描いたこの作品。アクションはそこそこ面白いのですが、突き抜けていない脚本といい、既視感のある展開といい、ネームバリューほどのインパクトがない役者陣といい、見終わった後には物足りなさしか残りませんでした。

まずこの映画は前半から登場人物が多すぎてややこしいこと。本来なら北朝鮮と韓国の小競り合いに舞台であるベルリン警察だけを絡めれば済むところを、CIAやモサドだけでなくアラブ闇組織まで絡めようとするので理解が難しいこと。しかも途中から北朝鮮の内輪モメに韓国情報局員が人情から首を突っ込んだだけという展開になり、CIAやモサドもさほど重要でなかったと判明するなどムダも多いこと。

なので当然の如く、北朝鮮と韓国の対立という構図もなければ、核兵器がテロ組織に渡ることでの世界が危機に陥る展開もないんですよね。要はただ金正男派の悪徳親子がベルリン大使の座と本国での安泰を狙って同胞を罠に嵌めようとしているだけの話。そんな内輪モメに巻き込まれるベルリンの街もいい迷惑ですよ。

さてそんな風呂敷を広げた割には意外と地味だったこの映画の中で一際目立っていたのは、やはり悪徳息子トン・ミュンスを演じた、リュ・スンワン監督作品には欠かせない実弟のリュ・スンボムでしょう。
『生き残るための3つの取引』でもズル賢いチュ検事を演じていましたが、今回のミュンス役はとにかくズル賢いだけでなく、憎たらしいうえに図太い、そして厭らしいこと。特にジョンヒのブラに盗聴器を仕込む仕草など何と素晴らしい手付きか、もとい、何と変態っぽい厭らしさかと思ったほど。

しかも終盤でアラブ闇組織と仲違いによる銃撃戦に巻き込まれても一人生き残り、スパイとしてのスキルはさほどでもないはずなのに、その厭らしさと図太さで最後まで北朝鮮で英雄扱いされていたジョンソンと対等に戦うんですもん。正直なところ、ハ・ジョンウは地味すぎるうえにハン・ソッキュもネームバリューほどのインパクトがなかっただけに、この映画はこのリュ・スンボムの悪役を見るだけでもいいくらいでしたよ。

ただ個人的には我が天女様こと、チョン・ジヒョンちゃんを見れたので満足満足と言いたいところなのですが、やっぱりチョン・ジヒョンちゃんにはこういう役は似合いませんな。これは『4人の食卓』を見た時も思ったことなのですが、偏ったイメージ定着を嫌うがために様々な役を演じる意気込みは素晴らしくても、彼女が暗い役を演じると輪を掛けて雰囲気まで暗くなるんですよね。これは役者としてはあまりよろしくないこと。
まぁご結婚されて歳相応の落ち着いた大人の雰囲気が多少は出てきたとは思いますが、それでもまだまだ色気が足りないので、そうなってしまうのでしょう。ですからもう少し役者として必要なものを揃えてから暗い役に挑まれる方がいいと思いました。

てな訳で映画の中とはいえ、チョン・ジヒョンちゃんに接待させるとは…。うらやまけしからんですたい!

深夜らじお@の映画館はあの布をモミモミしたミョンスも…うらやまけしからんですたい!

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

acideigakan at 17:21│Comments(2)clip!映画レビュー【は行】 

この記事へのトラックバック

1. ベルリンファイル  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2013年07月15日 23:41
【THE BERLIN FILE】 2013/07/13公開 韓国 PG12 120分監督:リュ・スンワン出演:ハ・ジョンウ、ハン・ソッキュ、リュ・スンボム、チョン・ジヒョン、イ・ギョンヨン 敵は南か、北か、世界か―― [Story]韓国国家情報院のすご腕エージェントであるジンス(ハン・ソッキュ..
2. ベルリンファイル ★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2013年07月17日 20:52
ハ・ジョンウ、ハン・ソッキュ、チョン・ジヒョンら韓国実力派が共演を果たしたサスペンス・アクション。神出鬼没で出自不明な北朝鮮諜報員と韓国国家情報院の優秀なエージェントが、ベルリンを舞台に繰り広げる激闘の行方を活写していく。メガホンを取るのは、『生き残る...
3. ベルリンファイル  [ だらだら無気力ブログ! ]   2013年07月18日 23:49
これは面白かったなぁ。
4. 『ベルリン ファイル』  [ cinema-days 映画な日々 ]   2013年08月04日 23:36
北朝鮮の敏腕工作員が 他国との諜報戦の最中、妻と共に 内部の粛清に晒される... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞) 原題:The Berlin File
5. 北の国のスパイ〜『ベルリンファイル』  [ 真紅のthinkingdays ]   2013年08月20日 08:50
 THE BERLIN FILE  北朝鮮工作員としてペルリンに潜伏するピョ・ジョンソン(ハ・ジョンウ)は、ア ラブの武器商人との取引現場を韓国諜報員のチョン・ジンス(ハン・ソッキュ) に踏...

この記事へのコメント

1. Posted by yukarin   2013年07月15日 23:48
こんばんは♪
面白かったんですが登場人物や関係がややこしくてついていくのが大変でした〜

リュ・スンボムさんの悪役っぷりはお見事でしたね。一番印象に残る方でした。

チョン・ジヒョンちゃんもこういう役をやるようになったんだなーと思いましたが、にゃむばななさんとしてはイマヒトツ??
2. Posted by にゃむばなな   2013年07月15日 23:51
yukarinさんへ

個人的にはチョン・ジヒョンちゃんの暗い役って『4人の食卓』も『ラスト・ブラッド』でもそうでしたが、あまり似合わないんですよね。
そして演技派に転向するほどの演技力もまだ身についていないので、余計に似合わない。

特に今回はリュ・スンボムさんのインパクトが強かっただけに、よりそう思えたのかも知れませんね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載