2013年09月01日

『マン・オブ・スティール』

マン・オブ・スティール父親から息子へ受け継がれる、決して諦めない鉄の心。
トイレでゲイ監督から直々にスカウトされたブランドン・ラウスのことなどすっかり忘れ、にわかヲタク監督によりアクション重視でリブートされたこの作品。人間ドラマなどほぼなしに近い薄っぺらさも感じる映画でしたが、その一方でヒーロー映画としては申し分のないこの楽しさ。これがある意味原点回帰なのかも知れませんね。

髪も髭もボリューミーなラッセル・クロウの息子としてクリプトン星で生まれ、また薄くなったケビン・コスナーとすっかり老けてしまわれたダイアン・レインの息子として地球で育ったカル・エルことクラーク・ケント。
髭もじゃになればジェラルド・バトラーっぽく、髭を剃ればオーランド・ブルームっぽいヘンリー・カヴィルに伝統のピチピチスーツを着せず、プロテクター仕様な感じの鋼鉄スーツを着せることで完全にこの作品からゲイ色を払拭したことに少々残念な思いを感じつつも、ラストでの女性将校の「セクシーだと思ったので」というセリフでスーパーマンとしての原点回帰がなされたことを痛烈に感じたこの作品。

CGに頼りまくったが故にかなりアメコミっぽさが強調されたバトルアクションはどれも面白く、特に強敵に対して奇策を用いずに正々堂々真正面から戦いに行くヒーローの姿には自然と格好いいと思えてしまうんですよね。

確かにバトル時間が少々長くて決着がつく頃には満足度も下降線を辿り始めるわ、ビックリするほど人間ドラマがないわ、違和感を感じるほどシーンとシーンの繋ぎが甘いわと不満点も多々あります。
でもやはりアメリカのスーパーヒーローというのは愛を糧に愚直なほどパワー勝負に挑んでナンボのもの。日本にはないこのヒーロー像だからこそ、ヒロインを空中で助けた後に抱きかかえながら静かに地上に降り立つ紳士的行動にも自然と嬉しいものを感じずにはいられないんですよね。

そんなスーパーマンの優しく強い鉄の心を作り上げた2人の父親の存在もこの映画ではなかなか格好良く描かれていること。
特に愛犬を助けた直後に竜巻に巻き込まれたケビン・コスナーが最後に見せる、あの遠くを見つめる眼差し。昔は女性を口説くための眼差しだったのに、今ではムスコではない息子に希望を託すための眼差しに成長したなんて。あぁ〜何て渋い俳優さんになられたことか!

てな訳でローレンス・フィッシュバーンは丸々と太ったなぁ〜とか、マイケル・シャノンは怒るシーンになると余計に顔が四角く見えるなぁ〜とか、エイミー・アダムスのポニテはいいなぁ〜とか思いつつも、世界中を飛び回ることが不自然でない仕事を選ぶということで新聞社に就職するラストに思わずニヤけてしまったこの映画。
やっぱりアメリカのスーパーヒーローは男性ではなく女性からセクシーと思われないと。そうでないと先代のように世界一ダメなテディベアにイジられるだけですよ。

深夜らじお@の映画館はゲイ風味のスーパーマンも嫌いではありません。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

監督・・・ザック・スナイダー 原案・脚本・製作・・・クリストファー・ノーラン 音楽・・・ハンス・ジマー 出演・・・ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、ローレンス・フィッシュバーン、ケヴィン・コスナー、ダイアン・レイン、ラッセル・クロウ 他ストーリー...
2. マン・オブ・スティール(3D吹替版)  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2013年09月02日 18:53
【MAN OF STEEL】 2013/08/30公開 アメリカ 143分 監督:ザック・スナイダー 出演:ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケヴィン・コスナー、ダイアン・レイン、ローレンス・フィッシュバーン、アンチュ・トラウェ、アイェレット・ゾラー、クリ...
3. マン・オブ・スティール  [ Akira's VOICE ]   2013年09月03日 11:19
スーパーかっけー! スーパー泣ける!  
4. マン・オブ・スティール  [ 花ごよみ ]   2013年09月03日 11:30
クリストファー・ノーラン脚本、製作、 ザック・スナイダー監督によって、 新たに制作された「スーパーマン」、 誕生からスーパーマンになるまでを描いています。 スーパーマン、クラーク・ケントには、 ヘンリー・カビル。 生みの親にはラッセル・クロウ 育ての親にケ...
5. マン・オブ・スティール : こんなスーパーマンを観たかったんですよ ヽ(◎´∀`)ノゎ──ィ!!  [ こんな映画観たよ!-あらすじと感想- ]   2013年09月03日 12:06
 雨、雨、雨ですよ。愛犬のLOVEは雨が嫌いなのでお外でウ○チしませんが、何とか我慢してくれるでしょう。では、本日紹介する作品は、この雨を降らす秋雨前線や台風をも簡単に吹き
6. [映画『マン・オブ・スティール』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2013年09月03日 13:22
☆面白かったし、王道の傑作でしょう。         プロデューサーの関係で『ダークナイト』的なノワール感があるように語られていたが、そんなことはなかった。  先ず、リブート物なので、その生い立ちから語られなくてはならず、それが「かったるい」のが予想さ...
7. 劇場鑑賞「マン・オブ・スティール」  [ 日々“是”精進! ]   2013年09月03日 14:55
「マン・オブ・スティール」を鑑賞してきました2D字幕版を。DCコミックスが誇る最強のスーパー・ヒーロー“スーパーマン”を、クリストファー・ノーラン製作・原案、ザック・ス...
8. マン・オブ・スティール ★★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2013年09月03日 15:50
クリストファー・ノーラン製作、ザック・スナイダーが監督を務めたスーパーマン誕生までの物語を紡ぐアクション大作。過酷な運命を受け入れ、ヒーローとして生きることを決意する主人公の苦難の日々を驚異のアクションと共に描き出す。『シャドー・チェイサー』などのヘン...
9. マン・オブ・スティール(3D字幕) / Man of Steel  [ 勝手に映画評 ]   2013年09月03日 18:53
ケビン・コスナー、ダイアン・レイン、ラッセル・クロウと言う錚々たるメンバーが出演していますし、制作/原案にはクリストファー・ノーランも参加。なんか、それだけでも凄いことになっています。 凄いのは出演者だけではありません。出演者に応じて、内容もすごいです...
10. マン・オブ・スティール  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2013年09月03日 19:37
評価:★★★★☆【4,5点】(10) 地球外知的生命体による侵略モノとしても一級品!
11. 『マン・オブ・スティール』(2013)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2013年09月03日 21:56
「スーパーマン」は1978年に超大作映画『スーパーマン』が作られ、以後『スーパーマンII/冒険篇』(1981)、『スーパーマンIII/電子の要塞』(1983)とシリーズ化され、外伝の『スーパーガール』(1984)が作られた後は製作会社が変わって『スーパーマン4/最強の敵』(19
12. マン・オブ・スティール  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2013年09月03日 22:14
【監督】ザック・スナイダー 【出演】ヘンリー・カヴィル/エイミー・アダムス/マイケル・シャノン/ケヴィン・コスナー/ダイアン・レイン/ローレンス・フィッシュバーン/ラッセル・クロウ/ハリー・レニッ...
13. マン・オブ・スティール IMAX-3D/ヘンリー・カヴィル  [ カノンな日々 ]   2013年09月03日 22:22
『スパイダーマン』『バットマン』が新シリーズとして再映像化されたようにクリストファー・リーヴの主演で大ヒットした『スーパーマン』もクリストファー・ノーランの製作、ザッ ...
14. マン・オブ・スティール  [ Memoirs_of_dai ]   2013年09月03日 23:22
ビジュアルから変わったスーパーマン 【Story】 ジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を宇宙船に乗せて地球へと送り出す。その後クラーク(ヘンリ...
15. 映画:マン・オブ・スティール Man of Steel 今作一押しは=エイミー・アダムス、という結論に(笑)  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2013年09月04日 01:02
なんたって製作は、クリストファー・ノーラン(「バットマン3連作) で監督は、ザック・スナイダー(「300」「ウォッチメン」「エンジェル ウォーズ」) 凄いメンツ。 にもかかわらず... 当ブログ的に最も印象に残ったのは、エイミー・アダムス!(写真:右) ノー...
16. マン・オブ・スティール  [ 悠雅的生活 ]   2013年09月04日 10:34
滅びゆく星。善なる者。文字ではない。
17. マン・オブ・スティール  [ 風情♪の不安多事な冒険 Part.5 ]   2013年09月04日 11:44
 アメリカ  アクション&SF&アドベンチャー  監督:ザック・スナイダー  出演:ヘンリー・カヴィル      エイミー・アダムス      マイケル・シャノン      ...
18. マン・オブ・スティール  [ 心のままに映画の風景 ]   2013年09月05日 15:15
クリプトン星の滅亡を悟ったジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前、生まれたばかりの息子カルを宇宙船に乗せて地球へと送り出す。 偶然、宇宙船を発見したジョナサン(ケヴィン・コスナー)と...
19. マン・オブ・スティール  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2013年09月05日 15:53
2013年9月1日(日) 18:15〜 TOHOシネマズ川崎7 料金:1300円(ファーストデー+3D料金メガネ持参) パンフレット:未確認 「リターンズ」は無かったことに。そして、ロイス老ける 『マン・オブ・スティール』公式サイト 映画の最後、女軍人の「セクシーだわ。」の台
20. マン・オブ・スティール  [ だらだら無気力ブログ! ]   2013年09月06日 00:33
スーパーマンって目からビーム出るんだ!知らなかったよ!
21. 「マン・オブ・スティール」救済してるの?崩壊してるの?  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2013年09月06日 16:32
「ハリウッド大作じゃぁねぇ・・・・」とバカにする時代は終わった! 内容無し・迫力の映像だけでゴリ押しするのは既に過去のハリウッド作。 切なさあり、親子愛あり、敵の事情もあり、そして驚きのスピード感は10倍! 一年発起したハリウッドが、シビアで目の肥えた映
22. 『マン・オブ・スティール』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2013年09月07日 12:23
□作品オフィシャルサイト 「マン・オブ・スティール」 □監督 ザック・スナイダー □脚本 デビッド・S・ゴイヤー□キャスト ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケビン・コスナー、ダイアン・レイン■鑑賞日 8月31日(土)■劇場 チ
23. ドラゴンボール実写版(劇場版あの花とかマン・オブ・スティール(映画)とか)  [ アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮) ]   2013年09月07日 13:18
【戦姫絶唱シンフォギアG 第9話】未来さんの生存確認&敵として登場の巻。前回生死不明となったばかりだというのに、今回もう未来さんは敵としての再登場しちゃうんですね…。展 ...
24. マン・オブ・スティール やるならここまでやらなきゃ!  [ No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer. ]   2013年09月09日 11:40
【45 うち今年の試写会5】 今日は昨日より波が小さくそのうえ風も吹いてだめ〜、だもんで徹底的に筋トレして、それから映画を観に川崎へ。 この3日間で、「マンオブスティール」「スター・トレック イント...
25. [映画][☆☆☆★★]「マン・オブ・スティール」感想  [ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 ]   2013年09月12日 19:09
 1938年登場以来幾度となく映像化されてきた、世界初のアメコミヒーローにして、出版元のDCをはじめ全てのヒーローの代表的存在ともいうべき人気コミックスを、「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン制作、「300」「ウォッチメン」のザック・スナイダー監督
26. 「マン・オブ・スティール」 人類は成長することができるのか  [ はらやんの映画徒然草 ]   2013年09月16日 15:46
なかなか感想を書きにくい作品だなと思いました。 今までのアメコミのヒーロー映画と
【出演】  ヘンリー・カヴィル  エイミー・アダムス  マイケル・シャノン  ケヴィン・コスナー  ラッセル・クロウ  ダイアン・レイン  ローレンス・フィッシュバーン 【ストーリー】 ジョー・エルは、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を宇宙船...
28. マン・オブ・スティール  [ 銀幕大帝α ]   2013年12月20日 01:52
MAN OF STEEL 2013年 アメリカ 143分 アクション/SF/アドベンチャー 劇場公開(2013/08/30) 監督:ザック・スナイダー『ウォッチメン』 製作:クリストファー・ノーラン 原案:クリストファー・ノーラン 出演: ヘンリー・カヴィル:クラーク・ケント/カ...
29. マン・オブ・スティール  [ いやいやえん ]   2013年12月20日 08:58
海外ドラマ「ヤングスーパーマン」を(途中まで)見てるからか途中まではなんか違和感あったわ(笑) やはり、地球の父母ジョナサンとマーサ・ケント夫婦の普通の倫理観から正義感が培われているんだなあ。育ての親って重要よね(ヤンスパではまたジョナサンがかっこい
映画「マン・オブ・スティール」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思
31. マン・オブ・スティール  [ 映画大好きだった^^まとめ ]   2014年07月16日 07:46
601 : 名無シネマ@上映中 : 2013/08/30(金) 15:09:17.92 ID:4lRGMnWVケビンコスナーとダイアンレインが一番良かったね。確かに最後のバトルはくどすぎたかも。カツ丼と牛丼を2つ食べる感じ。で ...

この記事へのコメント

1. Posted by yukarin   2013年09月02日 18:57
こんにちは♪
あの竜巻のシーンでのケビン・コスナーの表情にうるっと来ましたわ。
前半が人間ドラマだったのに対して後半のド派手なアクションにはちょっとやりすぎと思いつつもテンション上がってしまいました。
2. Posted by にゃむばなな   2013年09月03日 10:04
yukarinさんへ

あの遠くを見つめる眼差しが格好良く見えるなんて、本当に何年ぶりでしょうね。
そんなケビン・コスナーの存在感が光っていた映画でもありましたね。
3. Posted by AKIRA   2013年09月03日 11:46
ローレンス・フィッシュバーンは何だか映画に出る度に太ってるような・・・

ガチンコバトルに燃えましたわ〜

パワフルに強くて男前!
まさしくヒーローの王道をみごとに魅せてくれましたね。
4. Posted by BROOK   2013年09月03日 15:01
アクションはちょっと長く感じましたね…。
迫力はあるものの、ちょっとくどかったような気がします。

ローレンス・フィッシュバーンはホント太りましたよねぇ…。
「マトリックス」の頃とは大違い。
5. Posted by 一夫巣   2013年09月03日 16:42
これ、マトリックス?と思ってしまいました(笑
面白かったけどちょっと恐かった。
6. Posted by メビウス   2013年09月03日 22:15
にゃむばななさんこんばんわ♪

自分はスーパーマンに関しては結構『にわか』だったため^^;、彼の波乱に満ちた出自やヒーローとしての自覚に目覚めるまでの前半のドラマは新鮮でもあり感動もありで結構好感触でございました。
それに仰るとおり生みの親育ての親の父親2人もカッコ良く且つ偉大で、クラークパパの無言の最後などはかなり印象に残りますね。車の中で息子に心にも無いこと言われちゃった後の最後って辺りも、『スパイダーマン』のベンおじさんを思い出しちゃいました(笑
7. Posted by にゃむばなな   2013年09月03日 23:14
AKIRAさんへ

ローレンス・フィッシュバーンはどこまで膨らんでいくんでしょうね。

ヒーローの王道を見事に歩んだこの映画。
膨らむのはこの続編に対する期待だけで十分ですよ。
8. Posted by にゃむばなな   2013年09月03日 23:15
BROOKさんへ

アクションシーンはどれもあと少しだけ短い方が良かったですね。
まぁそれでも十分面白い映画でしたけどね。
9. Posted by にゃむばなな   2013年09月03日 23:16
一夫巣さんへ

あのクリプトン人培養の部分はまんま『マトリックス』ですよね。
やはりあの名作の影響は大きいということなのでしょう。
10. Posted by にゃむばなな   2013年09月03日 23:18
メビウスさんへ

言葉で語るパパもいれば、言葉なしで語るパパもいる。
この2人の父親の存在感をきちんと分けたところが素晴らしかったですね。
でも個人的にはやっぱりケビン・コスナーパパのあの眼差しが忘れられません!
11. Posted by dai   2013年09月03日 23:27
こんばんは。

世界一ダメなテディベアにはいじりずらい演出と俳優の映画になっていましたね。エピソードゼロとしてはこれでいいのかもしれないですね。
12. Posted by かのん   2013年09月03日 23:30
そうですね、あのアクションはやり過ぎ?でもあれくらい振り切ってくれたほうが観ていて楽しいかも。こういうのは娯楽性重視なので多少ドラマが薄くても許せちゃいます。
13. Posted by にゃむばなな   2013年09月03日 23:32
daiさんへ

ネタにされるヒーローというのも何だか淋しいものがありますからね。
そうならなかっただけでも十分成功といえる映画だったと思います。
14. Posted by にゃむばなな   2013年09月03日 23:33
かのんさんへ

ヒーロー映画はまず楽しんでナンボですからね。
そこをきちんとしていたのは凄く嬉しかったですよ。
やっぱりヒーロー映画はこうでないと!
15. Posted by 悠雅   2013年09月04日 10:39
ノーラン&スナイダーの作るヒーロー物はきっとこんな感じ、と思っていた通りのエピソードゼロでした。
後半のアクションにはお腹いっぱいになったけれど、
前半でしっかりとドラマがあったことでバランスが取れていたので、
アクション苦手なわたしも満足度が高かったですよ。
16. Posted by にゃむばなな   2013年09月05日 09:51
悠雅さんへ

ある意味安定の出来でしたよね。
この才能にして、この出来ありとでもいうのでしょうか。
安心して見ていられる良さがあったと思いましたよ。
17. Posted by オリーブリー   2013年09月05日 15:23
そうそう、ローレンス・フィッシュバーンの顔が、、、中年太りは避けて通れないのかしら(苦笑

ノーランにしては薄味な人間ドラマだったけど、改めて、スーパーマンが何者か良く分かりました^^
落下の恐怖からひょういとお姫さまダッコされ、ふんわりと着地。
これ、女子の憧れでしょう(爆)
18. Posted by にゃむばなな   2013年09月05日 22:42
オリーブリーさんへ

あのふんわり着地。
女性にとっては憧れでしょうが、男性にとってもある意味理想なんですよね。
まぁ実際にスーパーマンのように飛べる訳でもないのですが、ああいう紳士的な振る舞い。
見習わずにはいられませんよ。
19. Posted by ノルウェーまだ〜む   2013年09月06日 16:48
にゃむばななさん☆
目にも留まらぬ速さでしたねー
ケビン父とのエピソードはなかなか良かったです。
確かに昔は女性を口説く目だったのにねぇ・・・

散々ビルを破壊して多くの犠牲者を出したに違いないのに、たった一人の女性をちゃんと救う紳士さに、女性はメロメロです☆
20. Posted by にゃむばなな   2013年09月07日 11:11
ノルウェーまだ〜むさんへ

あのスケベな眼差しが時を経て希望の眼差しに変わったのはある意味感激でしたね。
だからこそのスーパーマンの紳士的な振る舞いもより絵になりますよ。
21. Posted by きさ   2013年09月13日 06:28
面白かったです。
前作の「スーパーマン リターンズ」も好きでしたが、こちらもいいです。
新スーパーマンのヘンリー・カヴィルもちょっと影があっていいです。
エイミー・アダムスのロイス・レインも良いですし、主人公の父のラッセル・クロウ、育ての両親のケヴィン・コスナー、ダイアン・レインも良かったです。
後半コテコテのアクションがえんえんと続くのはちょっと疲れました。
22. Posted by にゃむばなな   2013年09月13日 22:44
きささんへ

ほんと、後半はちょっと疲れましたね。
アクションとドラマの構成具合が崩れてましたもんね。
でも前半で見せた2人の父親の存在感は素晴らしいの一言でした。
23. Posted by kajio   2013年09月17日 21:18
同じアメコミヒーローのリメイクながらも、ダークナイトシリーズや、アメージングスパイダーマンシリーズ?とは明らかに違う世界観を作ったのは凄いと思いますが、

折角のエピソード0だったのに『続編は無くても別にいいかな…』と思ってしまったのは…(^_^;

あと、オーラスの会話で、ケビン・コスナーとダイアン・レインの濃い夫婦に育てられたのにアリゾナの農家で〜って言うのは笑いました。
24. Posted by にゃむばなな   2013年09月18日 22:35
kajioさんへ

正直なところ、バトルシーンは少々CGに頼りすぎてやりすぎだと思いました。
その辺りが続編に対する期待を持てない理由の一つでもあるのでは?と思いましたよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載