2013年10月30日

『劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』

魔法少女まどか☆マギカ叛逆の物語一人ぼっちになったらダメだよ。
これは5人の魔法少女の物語ではなく、一人の魔法少女が魔女になっていく物語。美樹さやかも佐倉杏子も巴マミも、そして鹿目まどかさえもその存在感が薄くなってしまっている暁美ほむらだけの物語。
魔法少女は夢と希望を叶える存在。魔女は悪夢と絶望を見せる存在。ゆえに続編がなければ、ほむほむが不憫でなりませぬ!

まどかの大いなる愛により救われたはずの世界と、ほむらの孤独な戦い。しかしその代償はまどかの存在どころか、まどかに関わった全ての人から彼女の記憶が消えてしまったという事実。これは本当にほむらが望んだ結末なのか?

ほむらが本当に望んでいた世界。それはさやかと杏子がじゃれ合い、まどかとほむらが手を繋ぎ、マミがその光景を笑顔で眺める世界。
でもそんな世界には違和感がある。いないはずのまどかがいる。マミを食べたはずのベベがマミの親友になっている。そしてキュウべぇが大人しいペットになっている。

どこか違和感のある世界、でもこのまま続いてほしい世界。これで大団円を迎えれば満足と思える一方で、それでは「まどマギ」としては不満が残るとも感じてしまう世界。

そんな微妙な世界観で作られたこの作品は、正直な感想としては難解だったとしか言えませんでした。
確かにあの違和感のある世界はある意味観客が望んでいた世界だと思います。杏子とほむらのエンドレスバスによる見滝原の調査、ベベを巡るマミとほむらの銃撃戦、まどかに関する記憶を有していたさやかとほむらの会話など、どこかしらTVシリーズからの続編として見ると違和感はあれど、それはそれで5人の魔法少女が誰一人として欠けることなく存在している世界なのですから。

でもその世界が眠るほむらの夢だと分かってから、孤独な戦いを何度も繰り返してきたほむらを助けるために4人の魔法少女が協力して戦おうとすればするほど、観客の期待とは裏腹にダークサイドに堕ちて行くほむらを見ていると、これまた妙な違和感を感じるんですよね。

ほむらの想いは「まどかを守ること」ですから、まどかが消えてしまったという事実を受け入れることが出来ないのは理解出来ます。そして自分が魔法少女の成れの果てである魔女になっても「まどかを守りたい」という気持ちも理解は出来ます。
ただそこに「ほむらを守りたい」というまどかの気持ちが反映されていないために、変なズレというか、妙な違和感というか、製作側の「ほむらが報われる」という結末を無視したような残念な気持ちになってしまうのです。

聞けば製作側には続編製作意欲はあるそうなので、「ほむらが報われる」という結末は先送りされたものと信じたいのですが、この完全新作だけを見る限りでは6人目の魔法少女ベベちゃんの活躍も少なかったこともあり、いい表現をすれば難解、悪い表現をすれば消化不良という感じでしたね。

あと脚本が虚淵玄先生だけに、挿入歌やED曲がKalafinaになると世界観が「魔法少女まどか☆マギカ」というよりもTYPE-MOON作品になってしまっていたのも残念なところ。
そのKalafinaに関しても楽曲は素晴らしいのですが、この作品はまどかとほむらの2人の友情を描いているのですから、やはり3人組ユニットのKalafinaよりも2人組ユニットであるClarisで楽曲を統一してほしかったですね。

てな訳で魔法少女になる前のベベちゃんが「カマンベール♪カマンベール♪」と繰り返すので、チーズが食べたくなってしまう映画でした。

深夜らじお@の映画館はこのままでは消化不良なので是非続編を見てみたいです。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新...  [ 日々“是”精進! ]   2013年10月30日 20:37
「劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」を鑑賞してきました入場者プレゼント、初回限定版のパンフレットもゲット。多彩なメディアミックスも話題の人気アニメ「魔法少女...
 【ネタバレ注意】  「アニメーション映画は子どものためにつくるもの。」  宮崎駿監督はそう考えて作品をつくってきた。  その枷をはじめて破って『風立ちぬ』を発表し、宮崎監督は長編アニメの制作から引退した。  私が『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編
3. 【映画】劇場版 魔法少女まどかマギカ 新編【感想】  [ 七つの海の空の上♪ ]   2013年10月30日 23:41
まどマギ映画新編、見てきました。 入場者プレゼントの色紙は、さやか&杏子でしたよー。 キャラはより可愛く、変身シーンも格好良くなってましたね。 特にさやかちゃん! 新キャラのなぎさはチョイ役でしたけど><。 ほむらだけがまどかを覚えていて、ほむらの心
4. 『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』  [ beatitude ]   2013年10月30日 23:42
中学校に通い平凡に暮らしていた鹿目まどか(声:悠木碧)が、身を呈して魔法少女たちを悲しき連鎖から解き放った後の世界。まどかを救うためにこれまで尽力してきた暁美ほむら(声:斎藤千和)は、その後も魔法少女として戦い続けていた。そして彼女は心の中で、あの懐か...
5. 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語  [ こみち ]   2013年10月31日 20:31
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    巴マミの変身シーンは、とても格好が良く   鹿目まどかの変身するシーンは、とってもキュート。   巴マミと戦う暁美ほむらのシーンも凄いけど   美樹さやかと暁美ほむらの戦闘シーン
6. 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語  [ だらだら無気力ブログ! ]   2013年10月31日 23:12
いや〜衝撃的だったな。
7. [映画『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』を観た(第一印象)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2013年11月01日 01:26
  おおお! パックス・サタン・ホムラ〜ナ!                             (魔王ほむらの下での完全なる平和・・・)    世界の事象は、等価交換!    前作で失ったモノは今作で取り戻せるも、               ...
8. 「劇場版魔法少女まどか☆マギカ」@新宿バ...  [ ピンポイントplus ]   2013年11月01日 10:18
 10月26日の深夜に封が切られてから、連日の超満員で映画週間ランキングでも堂々の1位に輝いた「劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」 初日舞台挨拶が行われた新宿...
9. 「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」序盤感想〜究極の愛物語!〜  [ サイネリア〜わたしのひとりごと〜 ]   2013年11月02日 14:42
「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」公開初日から鑑賞してきました! 当日券が購入できるほど甘い世界ではありませんので(苦笑)、もちろんネット予約です。 2日間の鑑賞回数は6回!! 観客動員数に大きく貢献しました(笑)。それはもちろん来場者プレゼ
はじめに言っておきますが、 私は魔法少女まどか☆マギカ大好きですよ! ゲームも、原作(BD)、劇場版は全部買ってます。 フィギュアもほむら、アルティメットまどかと買ってます。 魔法少女まどか☆マギカ プロダクションノート、 魔法少女まどか☆マギカ公式ガイドブ
【境界の彼方 第5話】免停中、生活のためアルバイトを始める栗山さんの巻。栗山さんのメイド姿やら戦闘シーンやら良かったですが…相変わらずこのキャラやシュチュエーションは悪 ...
12. 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語・・・・・見てしまった。(^_^;)  [ ペパーミントの魔術師 ]   2013年11月07日 18:54
深夜枠でやってたアニメはまったく見ておりません。 多分このイラストを初めて見たのは、2013京都国際アニメフェアで ものすごく人気だったブースだったなという印象と あの花・・を見に行ったあたりでたしか予告をみたような・・というレベル。 ウルヴァリン...
13. [ヲタ話][☆☆☆★★][映画]「劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語」感想  [ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 ]   2013年11月10日 17:01
 2011年のテレビ放映後、瞬く間に社会現象を巻き起こした人気アニメシリーズの完全新作劇場版。鹿目まどかの願いにより、全ての魔女が消えた世界を舞台に、暁美ほむらたち魔法少女の新たな戦いを描く。 各方面で色々と物議を醸している本作。小生自身、鑑賞後にこれを
【声の出演】  悠木 碧 (鹿目まどか)  斎藤 千和(暁美ほむら)  水橋かおり(巴マミ)  喜多村英梨(美樹さやか)  野中 藍  (佐倉杏子)  加藤英美里(キュゥべえ) 【ストーリー】 中学校に通い平凡に暮らしていた鹿目まどかが、身を呈して魔法少女たちを...
15. 映画「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語」感想  [ 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ ]   2013年11月12日 01:11
繰り返される朝の光景。同じようで何処か違う。 このアニメがカルト的な人気を得たのは、3.11での中断と再開が無縁ではないと思う。昨日まで当たり前だった世界が、こんなにも脆く崩壊する恐怖を肌で感じた目で、待ち焦がれたアニメの終焉を見た時、虚構と現実の喪失
16. 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2014年01月27日 22:17
【監督】新房昭之/宮本幸裕 【声の出演】悠木碧/斎藤千和/水橋かおり/喜多村英梨/野中藍/加藤英美里/阿澄佳奈 【公開日】2013年 10月26日 【製作】日本 【ストーリー】 少女は、自らの願いと引き換えに魔法少女になる。魔法少女たちは絶望を撒き散らす災厄の遣い
17. 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2014年02月28日 20:14
監督: 新房昭之、宮本幸裕 声の出演:悠木碧、斎藤千和、水橋かおり、喜多村英梨、野中藍、加藤英美里 【解説】 2011年に毎日放送系でオンエアされ、熱狂的な支持と人気を集めた深夜アニメを再編集した劇場版の前編。ごく普通の中学生として生きていた少女たちが、人類...
18. 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語  [ 銀幕大帝α ]   2014年04月18日 01:58
2013年 日本 116分 ファンタジー/ミステリー/アドベンチャー 劇場公開(2013/10/26) 総監督: 新房昭之 監督: 宮本幸裕 アニメーション制作: シャフト 原作: Magica Quartet 主題歌: ClariS『カラフル』 Kalafina『君の銀の庭』 挿入歌: Kalafina『mis...
19. 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語  [ 単館系 ]   2014年04月24日 22:47
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 10/26公開 MOVIXさいたま 宇宙から来た謎の生き物キュゥべえの力によって、どんな願いでも一つだけかなえる 代わりに魔法少女となった鹿目まどかは、魔女と戦うほかの魔法少女たちの悲しい姿を 見て、魔女が存在しな
20. 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2014年04月29日 17:58
監督:宮本幸裕 声の出演:悠木碧、斎藤千和、水橋かおり、喜多村英梨、野中藍、加藤英美里 【解説】 多彩なメディアミックスも話題の人気アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の劇場版第3弾。テレビシリーズをベースとした前2作のアフターストーリーとなる完全新作で、鹿..

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2013年10月30日 20:40
まどかが神みたいな存在になり、自分の元から去ってしまった…
ほむらはそれをどうにかしたいと願い、最後は悪魔にまでなった…という感じでしょうか。
円環の理の一部を奪い取ったことにより、まどかと一緒に暮らせる世界を構築したようですね。

まさにほむらのためだけの物語だったと思います。

出来れば、[完結編]を作って欲しいところです。
2. Posted by にゃむばなな   2013年10月30日 23:36
BROOKさんへ

ほんと、ほむほむのためだけの物語でしたね。
これでは消化不良なので、是非完結偏の製作をお願いしたいものです。
3. Posted by メビウス   2014年01月27日 22:18
にゃむばななさんこんばんわ♪

前半にナイトメアと戦うまどかたちの魔法少女らしい活躍などが面白かったですし、ほむらのあの仰天な行動も前後編の劇場版で見ましたマミの最後やさやかの魔女化に近い衝撃を受けてすこぶる見応えはあったんですけども、ああ言う終わり方になっちゃいますと確かに消化不良ないし中途半端感も否めない気がしますね^^;
これもまた続編前提の作りなのかなと思えばどこか納得はできますけど、ただ話を拡げ過ぎちゃうのもなんか危ないような感じはするんですよねぇ〜?
完結編があるのだとしたら、今度は神と悪魔の対決かな?(笑
4. Posted by にゃむばなな   2014年01月28日 10:30
メビウスさんへ

ほむほむ目線から見ると、確かに納得のいく作品なのかも知れませんが、5人の魔法少女目線から見ると、やっぱりほむほむが不憫でならないんですよね。
是非続編でその不満をきっちりと満足に変えていただきたいものです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載