2013年11月12日

『キャリー』

キャリークロエ・グレース・モレッツ版キャリーは普通に可愛い女の子でした。
やはりオリジナル版キャリーを演じたシシー・スペイセクは偉大な女優でした。そばかすだらけの無表情と痩せ細った体型でお年頃女子としての魅力を一切消し去ったキャリーと比べると、クロエちゃんキャリーは普通に可愛らしいこと。
でもプロム以降の復讐劇に関しては、その可愛いクロエちゃんキャリーの方が圧倒的に素晴らしいものでした。

不気味に黙り込む表情から一転、目を見開いただけでプロム会場を地獄絵図にしたシシー・スペイセク版キャリーに対し、クロエちゃんキャリーはムッチリとした健康美で谷間も素晴らしいうえに笑顔も普通に可愛いこと。
なので予告編段階から危惧していた通り、この主演女優の魅力の差がそのままリメイク版とオリジナル版という作品の差に直結してしまっているのも事実なんですよね。

さらにプロム会場での豚の血ドパッ〜後もキャリーがお世話になった体育教師までも嘲笑っているのではないかという疑念もないまま念力で押し倒すとか、帰宅後にスーとあそこまで話してしまうとキャリーの「救われませんでした」というオチに繋がらへんやん!とか、ラストも墓石にヒビが入るだけで地中から赤い手は出て来ないってアカンやろ!など、リメイク版でもそこはきちんと押さえて欲しかった点がスルーされているのも大いなる不満要素。

でもあの「プロムでの復讐劇」に関してはリメイク版の方が圧倒的に素晴らしいものでしたね。
しかもなまじリメイク版であるがゆえの「展開が分かっている」という不利な点を、逆に「あの惨劇が来るで♪来るで♪」という期待感に変えて観客を楽しませるという演出もなされているので、その期待を裏切らない、いやその期待以上に残忍な復讐劇が不謹慎なんですけど、意外と心地いいんですよね。

特に念力で押し倒された黒髪のイジメっ子2人が逃げ惑う人たちのハイヒールで踏み殺されるくだりもオリジナル以上に素晴らしいものでしたが、それ以上に圧倒的な凄さを持っていたのがパパに助けてメールを送っておきながらあんな口先男と一緒に町から逃げ出ても数ヵ月後には捨てられるだけということにも気付かないアホ女でイジメの主犯格クリスとの最終対決。これがまぁ心地良くて楽しいこと。

中空に浮かんだ状態のままアクセルを踏み込んだ瞬間にキャリーの念力を解かれ、車がクラッシュすると同時にフロントガラスにクラッシュするクリスの顔面。普通の映画ならこのくだりだけで済ませるはずなのに、次のシーンでは割れたフロントガラスにガラス破片が突き刺さったクリスの顔が挟まっているという残忍なんですけど滑稽な絵が…。
これはネットにイジメ動画をアップしたものをプロムで再び使うという現代版にリメイクしたがゆえの面白さとはまた別の、完全にオリジナルを超えた面白さでしたよ。

てな訳でやっぱりあの心地いい復讐劇の後にはラストで地中から赤い手が出てくるという、後味の悪いオチで映画を〆て欲しかったと余計に思ってしまう、物足りなさも感じるリメイク版でした。

深夜らじお@の映画館はジュリアン・ムーアの崩れっぷりにも驚きでした。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

acideigakan at 00:33│Comments(8)clip!映画レビュー【か行】 

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「キャリー」  [ 日々“是”精進! ]   2013年11月12日 06:38
「キャリー」を鑑賞してきました吹き替え版を。スティーヴン・キングの同名小説を基に、一人の少女が引き起こす惨劇を描いたブライアン・デ・パルマ監督による76年の傑作学園ホラー...
2. キャリー (2013)/クロエ・グレース・モレッツ  [ カノンな日々 ]   2013年11月12日 18:26
1976年にブライアン・デ・パルマ監督がスティーブン・キングの同名小説を映画化し大ヒットさせた名作ホラー『キャリー』をクロエ・グレース・モレッツ主演にリメイクした作品です。 ...
3. キャリー  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2013年11月12日 20:19
学校でいじめをずっと受けているキャリーが卒業ダンスパーティーの場で一線を超えた仕打ちをきっかけに怒りを爆発させて、いじめっ子たちに復讐する。考えてみるとこのお話は、キリスト教的だ。キャリーに謝りたいと思った人間は助かって、謝りたくない人間が死んでいる。理
4. キャリー  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2013年11月12日 23:10
評価:★★★☆【3,5点】(10) これではオリジナルは越えられない。
ブライアン・デ・パルマの名作をリメイクするとは、何と大胆! デ・パルマ監督ならではの演出が、冴えまくっていただけに... でリメイク組は、主演をメジャーにすることでこの難題をクリアーしようとした。 主役キャリー役に、クロエ・グレース・モレッツ(写真)、...
6. キャリー  [ だらだら無気力ブログ! ]   2013年11月13日 00:17
ジュリアン・ムーアの方が怖い!
スティーヴン・キング原作を再映画化(1976年にブライアン・デ・パルマ監督により映画化)『キャリー(Carrie)』主演はクロエ・グレース・モレッツ、監督は『ボーイズ・ドント・クライ』のキンバリー・ピ
8. キャリー ★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2013年11月13日 12:17
1976年にブライアン・デ・パルマ監督、シシー・スペイセク主演で映画化されたスティーブン・キングの同名小説を、クロエ・モレッツ主演で再映画化。超能力を秘めた内気な少女キャリーが引き起こす惨劇を描くサイコサスペンスで、「ボーイズ・ドント・クライ」のキンバリー...
9. キャリー (2013)  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2013年11月13日 12:58
【CARRIE】 2013/11/08公開 アメリカ PG12 100分監督:キンバリー・ピアース出演:クロエ・グレース・モレッツ、ジュリアン・ムーア、ジュディ・グリア、ポーシャ・ダブルデイ、アレックス・ラッセル、ガブリエラ・ワイルド、アンセル・エルゴート [Story]狂信的クリスチ...
10. キャリー  [ 風情♪の不安多事な冒険 Part.5 ]   2013年11月13日 21:58
 アメリカ  ホラー&学園  監督:キンバリー・ピアース  出演:クロエ・グレース・モレッツ      ジュリアン・ムーア      ジュディ・グリア      ポーシャ ...
11. キャリー  監督/キンバリー・ピアース  [ 西京極 紫の館 ]   2013年11月13日 23:32
【出演】  クロエ・グレース・モレッツ(声:潘めぐみ)  ジュリアン・ムーア (声:潘 恵子)  ジュディ・グリア  (声:弓場沙織)  ガブリエラ・ワイルド(声:早見沙織) 【ストーリー】 狂信的クリスチャンの母親から厳しい教育を受け、学校では周囲から疎...
12. キャリー  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2013年11月13日 23:43
2013年11月10日(日) 19:25〜 109シネマズ川崎2 料金:1000円(109シネマズデイ) パンフレット:未確認 クロエちゃんでは、可愛すぎるだろ。ジュリアン・ムーアは、非の打ち所が無い。 『キャリー』公式サイト Youtubeが活用される以外は、オリジナルとほぼ
13. キャリー  [ 心のままに映画の風景 ]   2013年11月13日 23:43
狂信的クリスチャンの母親マーガレット(ジュリアン・ムーア)の過度な束縛により、変人扱いされ陰湿なイジメに晒される日々を送る高校生のキャリー(クロエ・グレース・モレッツ)。 ある日、クラスメイトのイジメが一線を越え、激しい興奮状態に陥るったキャリーは、不
14. [映画まとめて語り『キャリー(2013)』『おしん(2013)』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2013年11月17日 02:09
      ☆・・・どちらも面白くて、どちらも、母と子の関係がポイントで、作中の時間経過に違いはあるが、過酷な生活の中で、近い年齢でセレブの理解者が出来たりする話である。  『おしん』の方は、  貧しい寒村で、まだ7歳なのに、過酷な奉公に出される少女の...
15. 歴史をある程度知っていると…(アウトブレイク・カンパニーとか清須会議(映画)とか)  [ アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮) ]   2013年11月19日 18:21
【境界の彼方 第7話】恩人の妹さんとのお話決着編の巻。妹さんがこんなに早く退場しちゃうとは思いませんでしたよ。“妖夢を倒すごとに力を増す武器”という、いかにも厨二病が好 ...
16. 血まみれテレキネシス〜『キャリー』  [ 真紅のthinkingdays ]   2013年11月26日 21:50
 CARRIE  ハイスクールに通う内気な少女、キャリー・ホワイト(クロエ・グレース・モレッ ツ)は、性的な物事を忌み嫌う狂信的な母親(ジュリアン・ムーア)に育てられ、 周囲から 「変人」 の烙印を押されていた。プロムも近いある日、そんなキ
17. 「キャリー」(2013年)  [ 或る日の出来事 ]   2013年11月30日 20:28
有名作品のリメイクだから、どう作っても何かしら文句を言われそうなものだが、それにしては、それほど悪くはなかったと思う。
18. キャリー  [ いやいやえん ]   2014年03月12日 09:13
ホラーと言う意味では、やっぱりオリジナルの「キャリー」のほうがあってるかな。クロエちゃんだと可愛すぎなところがあって、その点シシー・スペイセクさんの色素の薄いキャリーは脆さを感じさせてくれて、病的な脆さをもつキャリーがプロムの惨劇を引き起こした時の狂
19. キャリー(2013)  [ 銀幕大帝α ]   2014年03月12日 16:05
CARRIE 2013年 アメリカ 100分 ホラー/学園 PG12 劇場公開(2013/11/08) 監督: キンバリー・ピアース 原作: スティーヴン・キング『キャリー』 出演: クロエ・グレース・モレッツ:キャリー・ホワイト ジュリアン・ムーア:マーガレット・ホワイト ジュデ...

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2013年11月12日 06:40
やはりオリジナル版と比べてしまうと、リメイク版は劣る要素が多々ありましたね。
ただ、プロムでのブチギレシーンからはかなり迫力がありました♪

ラストはやぱり地中から手を出して欲しかったような気がします。
2. Posted by かのん   2013年11月12日 22:04
オリジナルのキャリーは悲しい宿命を背負う少女でしたけど、このクロエ版のキャリーは復讐の権化となったダーティヒロインかのようで、ある意味爽快な気分に。これはこれでまずまずヨカッタと思います。
3. Posted by yukarin   2013年11月13日 13:21
こんにちは♪
クロエちゃんが可愛すぎていじめられっ子には思えなかったりして...

プロムのシーンはつい来るぞーと期待しちゃいましたよね。
でも相手を選んでいるあたりぶち切れというよりずいぶん冷静だなというのが印象です。
4. Posted by オリーブリー   2013年11月14日 00:08
こんばんは。

残念ながら、プロムの刹那がなかったです。
yukarinさんと同じく、相手を選ぶあたりに、能力に戸惑っていたキャリーの悲劇が感じられませんでしたわー。
5. Posted by にゃむばなな   2013年11月14日 00:13
BROOKさんへ

ラストはやっぱり地中から赤い手が出て欲しかったですね。
復讐劇が面白かっただけに残念です。
6. Posted by にゃむばなな   2013年11月14日 00:14
かのんさんへ

ほんと、この健康美のヒロインには悲しい宿命はありませんでしたね。
まぁ「これはこれで」良かったというのには賛同ですが。
7. Posted by にゃむばなな   2013年11月14日 00:18
yukarinさんへ

そうですね、相手を選ぶあたりに悲惨さはありませんでしたね。
あのくだりは無差別じゃないと。
8. Posted by にゃむばなな   2013年11月14日 00:25
オリーブリーさんへ

やっぱり相手を選び無差別をやめちゃった点が引っ掛かりましたか。
キャリーの悲劇っぷりが緩和されたのは残念でしたね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載