2013年12月21日

『永遠の0』

永遠の0生かされている命。それは永遠に続く。
宮部久蔵少尉の物語だけが特別ではない。日本の未来を憂い、信じた成果も挙げられずに散っていった多くの英霊たち全員にこのような語り継ぐべき物語がある。生き残り現代の日本の礎を築いた先輩方にもこのような語り継ぐべき物語がある。ゆえに昭和を生き抜いた祖父や祖母のことを思い出さずにはいられない映画でした。

海軍一の臆病者であり、海軍一の凄腕飛行機乗りだった「もう一人の祖父」である宮部久蔵のことを孫の姉弟が関係者から聞いて回る物語のため、あまり宮部久蔵少尉の心の内を深く描いていないこの作品。
その描き方の副作用なのか、それとも原作既読者が指摘するエピソードの削り方に問題なのか、もしくは予告編があまりにも素晴らしすぎたからなのか、個人的には期待したほどの号泣はなかったんですよね。

ただ特攻で散った英霊を描くには、この手法が最も適していると思うのです。
なぜなら本音が言えなかった時代だからこそ、彼らは常に「乱戦を避ける」「生き残る努力をする」「訓練で散った生徒の名誉を守る」などの行動で本音を示していたはず。
それは時に「臆病者」と誤解を生むこともありますが、でも真摯に向き合った者にだけは「生き残る努力をする真意」は絶対に伝わっていたはず。その真意を次の世代に伝えるのが生き残った、いや生かされた者たちの使命でもあるのですから。

ですからこの映画で自然と際立つのは静かな演技が巧い岡田准一さんよりも、宮部久蔵を知る井崎・武田・影浦・大石を演じた8人の脇役陣。
浜田岳さん・三浦貴大さん・新井浩文さん・染谷将大さんの4人が宮部久蔵を際立たせ、橋爪功さん・山本學さん・田中泯さん・夏八木勲さんの4人が宮部久蔵の分まで生きるという使命を果たす。もうこの8人を見ているだけで涙腺は確実に緩みますね。

さらにプラモデルをそのまま実物大にまで大きくしたかのような空母・赤城やゼロ戦の質感だけでなく、記録映像をそのままリアルな映像として再現したかのような戦闘シーンなど、白組が手掛けるVFXも素晴らしいの一言。

ただ井崎が「生きる努力」を語り、武田が宮部久蔵を偲び、影浦が特攻機の交換という真実を教え、大石が全ての真実を語るという素晴らしき語り部リレーが完成した最後の最後で現代に宮部久蔵の幻影がゼロ戦で孫・健太郎の上空を飛ぶというのは完全な蛇足でしたね。
せっかく影浦の人の血を吸った刀が、実は大石だけでなく影浦も戦後に宮部の忘れ形見・松乃と清子を助けていたという伏線だったという、多くを語らない美しさとして描かれていただけに、あのシーンは完全に興醒めでした。

てな訳で「自分を犠牲にしてまで守りたい人がいる」という想いを持って散っていった方々がいるおかげで、私達はこの現代日本で生きている。生きる努力をしながらも、目の前で特攻により散っていった命に耐えられず特攻に志願した宮部久蔵少尉のような方々のおかげで、今の日本がある。その事実を改めて日本人として心に刻むべきだと思えた映画でした。

あの時代を語ってくれた亡き祖父母を偲び、また異国の地で散っていった全ての方々に心から感謝致します。

深夜らじお@の映画館はこの機会に『TOKKO-特攻-』という作品もオススメしたいと思います。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「永遠の0」  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2013年12月22日 02:05
百田尚樹さんの有名な小説の映画化です。小説を読んで涙、涙でした。だから、この映画の予告編を見るたびに、こんなに哀しい映画は見れない!と思ったのです。でも、初日に行って ...
2. 劇場鑑賞「永遠の0」  [ 日々“是”精進! ]   2013年12月22日 06:20
「永遠の0」を鑑賞してきました放送作家として活躍する一方、小説でもヒットを連発する百田尚樹のデビュー作にして一大ベストセラーとなった同名小説を山崎貴監督が映画化した戦争...
3. 永遠の0  [ 勝手に映画評 ]   2013年12月22日 16:40
130万部の同名の大ヒット小説の映画化。本日二本目。そして、今年(2013年)最後の作品です。 実は(と言うか、当然に)原作も読んでいて、今回の映画鑑賞のために再読してみました。泣きました(苦笑)。 その原作の感動がどこまで、映画で描かれていたtかというか、う〜...
4. 「永遠の0」☆青い空に泳ぐゼロ戦  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2013年12月22日 17:17
今年の本屋大賞で話題の百田尚樹原作のベストセラー小説「永遠の0」だから、気になっていたのだ。 とはいえ、ジャニーズアイドルとイケメン若手俳優の起用では、期待も薄いなぁーと思っていたのも正直なところ。 ところがっ!!こんなにいい映画だったとはっ!
5. 永遠の0/岡田准一、三浦春馬  [ カノンな日々 ]   2013年12月22日 17:24
百田尚樹さんの同名ベストセラー小説を岡田准一さんの主演で『ALWAYS』シリーズなど手がけてきた日本のVFXの名手・山崎貴監督が映画化した作品です。今夏に零戦開発者の堀越二郎さん ...
6. 永遠の0 ★★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2013年12月22日 20:01
零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視点から、“海軍一の臆病者”と呼ばれたパイロットの真実の姿を、現代と過去を交錯させながらつづっていく。主人公の特攻隊員役に.
7. 永遠の0 : 人を愛すること、時代を繋いでいくこと…。  [ こんな映画観たよ!-あらすじと感想- ]   2013年12月22日 20:19
 私の年になると、師走は何故か落ち着きません。仕事の方は峠を越しているのですが、何なんでしょう。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 永遠の0 【製作
8. 永遠の0  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2013年12月22日 20:35
評価:★★★★☆【4,5点】(P) 映画のラストで冒頭の葬儀シーンの重さを知ることに。
9. 永遠の0  [ Akira's VOICE ]   2013年12月22日 21:57
命を生む零。  
10. 永遠の0  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2013年12月22日 23:29
2013/12/21公開(2013/12/10試写) 日本 144分監督:山崎貴出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋爪功、夏八木勲 [Story]祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父...
11. 【永遠の0】幸せなる実写化。『寄生獣』の期待高まりし〜♪  [ ジョニー暴れん坊デップの部屋 ]   2013年12月23日 02:50
eiga.com 作品情報 『永遠の0』 ■解説:百田尚樹の同名ベストセラー小説を、「V6」の岡田准一主演、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズを手がけてきた山崎貴監督のメガホンで映画化。司法試験に落ち続け、人生の目標を失いかけた青年・佐伯健太郎と、フリーライターの
「永遠の0」は2004年に祖母を亡くした孫の娘と息子がかつて祖母の夫であった祖父の太平洋戦争での足跡調べていく事でかつて祖父がどんな人物であり、何を託して行ったのかを知 ...
13. 映画 永遠の0  [ こみち ]   2013年12月23日 20:34
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    ゼロ戦が旋回する姿や航空母艦が水上を走っている姿は   美しかった。そして宮部久蔵の人物像を追って行って判った事実は悲しいものでした。そして、祖母松乃と清子を支えた賢一郎や景浦が   宮
14. 映画『永遠の0』観たよ〜ウゥッ・・・(´;ω;`)  [ よくばりアンテナ ]   2013年12月23日 22:46
わはは。 公式HPで自分の名前入りのポスター画像が作れるっていうんでやってみた♪ ま、そういうことです。 原作で さんざん泣いたので、 まともに作っていれば絶対泣いちゃうってわかっていたので、 映画が始まる前からハンカチ用意してました。 隣の人もズ
15. 永遠の0  [ 象のロケット ]   2013年12月25日 09:32
2004年、青年・佐伯健太郎は、自分が祖父と血の繋がりがなく、本当の祖父・宮部久蔵が第二次世界大戦で戦死していたことを知らされる。 宮部に興味を持った健太郎が、かつての戦友たちを訪ね耳にしたのは「海軍一の臆病者」という酷い評判だった。 …60年前の太平洋戦争末
16. 命の重さ、尊さ。〜「永遠の0」〜  [ ペパーミントの魔術師 ]   2013年12月26日 12:03
永遠の0 (講談社文庫)百田 尚樹 講談社 2009-07-15売り上げランキング : 4Amazonで詳しく見る by G-Tools 私がまだバイトしてた頃からこの本はめっちゃ売れてた。 映画化でさらに拍車がかかってるけど、輪をかけて 原作者のテレビ出演が半端ないね。三谷幸喜よかすごい...
17. 生きねば!『永遠の0』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2013年12月26日 12:35
零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを実写版映画化した作品です。
18. 映画「永遠の0」  [ FREE TIME ]   2013年12月26日 21:44
映画「永遠の0」を鑑賞しました。
19. 永遠の0  監督/山崎 貴  [ 西京極 紫の館 ]   2013年12月28日 11:42
【出演】  岡田 准一  三浦 春馬  井上 真央 【ストーリー】 祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵の存在を聞いた佐伯健太郎。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛...
20. 『永遠の0』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2013年12月28日 13:14
□作品オフィシャルサイト 「永遠の0」□監督 山崎 貴□脚本 山崎 貴、林 民夫□原作 百田尚樹 □キャスト 岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田 岳、新井浩文、染谷将太、       三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中 泯、山本 學、風吹ジュン、      
21. 『永遠の0』  [ 時間の無駄と言わないで ]   2013年12月28日 23:10
映画館で泣いちゃった。 でも邦画にありがちな重い病気か人死にで泣かせるタイプじゃなかった。 そもそも特攻隊っていうあざとく狙っていけば幾らでも涙を搾り取れる題材なのに結 ...
22. 永遠の0  [ だらだら無気力ブログ! ]   2013年12月29日 00:05
最後の所は蛇足かな。
23. 永遠の0  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2013年12月29日 13:33
2013年12月26日(木) 20:40〜 109シネマズ川崎1 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 YAMATO以来の汚名返上 『永遠の0』公式サイト JAZZ WITH KAZZの小林和仁氏が、決して認めない山崎貴。 YAMATOでへくり、三丁目の夕日の3作目もいまいちと
24. [映画][☆☆☆★★]「永遠の0」感想  [ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 ]   2013年12月30日 21:19
 発行部数累計300万部を越えるベストセラーにして、百田尚樹のデビュー小説を、「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督、「天地明察」の岡田准一主演で映画化。太平洋戦争時、周囲から「臆病者」の謗りを受けながら、愛する妻と子の元へ帰るため、何よりも生きる事に執着
25. 永遠の0  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2014年01月01日 17:52
絶対に生きて帰ると妻子に言い残して戦いに出て行った祖父は、臆病者と罵られても明日の日本を心配し死んで未来へ向かう日本人に大きなメッセージを残してくれた。戦争映画として邦画史上に残る傑作だ。
26. 永遠の0  [ いやいやえん ]   2014年01月02日 10:48
これは戦争ものじゃなくて、ヒューマンドラマでしょうね。 司法試験に落ちて進路に迷う健太郎は、祖母の葬儀の日に驚くべき事実を知らされる。実は祖母にはなくなった夫がいて再婚だったというのだ。 本当の祖父の名前は、宮部久蔵。60年前の太平洋戦争で零戦パイロット
映画「永遠の0」★★★★ 岡田准一、三浦春馬、井上真央、 濱田岳、新井浩文、染谷将太 、 三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、 田中泯、山本學、風吹ジュン、 平幹二朗、橋爪功、夏八木勲出演 山崎貴 監督 144分、2013年12月21日より公開 2013,日本,東宝 (原題/原作:百田尚
28. 期待していたんだけどなあ…(ソードアート・オンラインとか魔女っこ姉妹のヨヨとネネとか)  [ アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮) ]   2014年01月03日 09:15
明けましておめでとうございます! 今年も宜しくお願いします。本年もアニメ、映画(あと、今年は大河を見る予定なのでそれも入れるかな)などの感想を書いていくつもりです。相 ...
29. 永遠の0  [ にきログ ]   2014年01月05日 21:20
さて、こちら年末年始の戦争もの映画ですね 私は数年前に原作をすでに読んでいて、今回の映画も楽しみにしていました ちなみに原作の感想はこちら 読んだのが数年前だったため細部はうろ覚えでの鑑賞でした あらすじ 祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮
30. 永遠の0  [ 心のままに映画の風景 ]   2014年01月06日 16:27
司法浪人の佐伯健太郎(三浦春馬)は、祖母松乃の葬儀で、賢一郎(夏八木勲)が実の祖父ではないことを知る。 本当の祖父は、太平洋戦争で特攻により戦死した宮部久蔵(岡田准一)であると教えられた健太郎は、姉の慶子(吹石一恵)に、宮部について調べてみようと誘われ
31. 永遠の0 2Hドラマ(中身60分)で良かったかな。  [ No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer. ]   2014年01月07日 11:28
【今年1本目】 妻と約束していたので今年最初の映画はこれになった、ファーストディで109シネマズ湘南。 元旦のテラスモール湘南はすっごい大賑わい、孫への買い物をしたり、あらと&うっちーとこの王子への出産祝いをむちゃくちゃ思い入れ込めて(妻には「それでええの
32. 「永遠の0」  [ ここなつ映画レビュー ]   2014年01月07日 16:55
次男がこの作品を観たいと切望した時、原作未読の私は、戦争を美化した話だったら嫌だな、と思ってなかなかうん、と言えませんでした。 戦争は、怖い。でも戦闘機はカッコいい。単純な小学生男子の発想。特に戦闘物が好きな次男にしてみれば、ゼロ戦が戦闘する所、見たい
33. 永遠の0  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2014年01月17日 06:12
 『永遠の0』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)戦争物の映画は正直あまり見たくはないのですが、評判がとてもいいものですから、映画館に出向いてみました。  物語(注1)は、司法試験に4回落ちている健太郎(三浦春馬)が、姉の慶子(吹石一恵)と一緒に、自分の血の...
34. 永遠の0  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2014年01月19日 20:24
監督:山崎貴 出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、染谷将太、吹石一恵、風吹ジュン、橋爪功、夏八木勲 【解説】 零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視...
35. 永遠のゼロ  [ LIFE ‘O’ THE PARTY ]   2014年03月05日 10:02
原作は未読。 だから純粋に映画だけに関してのわたくしの印象・
36. 映画「永遠の0」レビュー(岡田准一、海軍航空隊一の臆病者と言われた男の真実)  [ 翼のインサイト競馬予想 ]   2014年08月12日 16:40
映画「永遠の0」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタ
37. <永遠の0>  [ 夢色 ]   2014年11月25日 17:20
泣き過ぎて目がパンパンで 頭ぐちゃぐちゃのままだから、順不同で つれづれと。*最後の春馬君、とっても良かったな。良い顔してた。叫ぶように泣いてたあの最後。そしてあり得ない 宮部との遭遇。あのシーン、本当に良かった。賛否両論かもしれないけど、私は良いシー...

この記事へのコメント

1. Posted by YUKKO   2013年12月22日 02:04
この映画を見たら、私たちはあの頃の多くの久蔵さんたちに生かされていると思いました。でも、小説を読まないで行った方が感動するかも。だって、知ってると衝撃が少ない所がありました。特に大石と宮部の関係はそうですね。私は久蔵さん演じる宮部の顔見るたびに泣いてました。
2. Posted by BROOK   2013年12月22日 06:29
フィクションなのですが、これが実際にあったお話のようなエピソードだと感じました。
ひとりの人間の人物像を証言から語られていく構成は非常に巧かったと思います。

VFXも邦画にしてはかなり頑張っていましたね。
とても迫力がありました。

そうそう、健太郎が宮部の幻影を見るシーンは私も興醒め…。
3. Posted by にゃむばなな   2013年12月22日 14:56
YUKKOさんへ

あの時代を生き残った方々によって、あの時代に国や家族を憂い散っていった方々に、我々は生かされている。それが現代の日本であることを再認識せねばなりませんね。
4. Posted by にゃむばなな   2013年12月22日 14:57
BROOKさんへ

宮部久蔵を知る人たちによる証言を元に一人の人間の本音を紡いでいくこの構成はいいですね。
だからこそ、余分なものは描かないでほしいのが我々の本音。
それを最後の最後でないがしろにしちゃったのは残念無念でしたよ。
5. Posted by ノルウェーまだ〜む   2013年12月22日 17:17
にゃむばななさん☆
本当にそうですねー
私もラストで孫役の三浦春馬が号泣した時点で、映画の着地点が目的の空母でなくて、脇の海面に墜落したような気分でした。
その分、岡田君の表情が素晴らしかったので、なんとか持ち直しましたが、号泣までできなかったのが残念でした。
脇を固める俳優陣も本当に皆さん見事でしたねー
6. Posted by かのん   2013年12月22日 18:28
私も会ったこともない祖父の話にあれほどまでに孫が感情移入するものなのかな?という疑問を抱きましたけど、それはそれとして人々の運命の繋がりにただただ感動でした。
7. Posted by yukarin   2013年12月22日 23:43
こんばんは♪
岡田くんの演技も素晴らしかったけど、8人の脇役陣も素晴らしかったですね。

私も現代のシーンで宮部の幻影が映るシーンはマイナス点です。いらなかった!!
8. Posted by ジョニーA   2013年12月23日 02:55
みなさん不評の「幻影シーン」、ワチシは
擁護派ですねー。あのシーンはまさに映画
マジック!の真骨頂で、SFX畑の監督さんからすれば、絶対こだわりを持って作って
るはずです!その直前の、しつこい回想シ
ーンの方が、個人的にはウザかったぁー。
あと、敬礼はさせない方が良かったカナァー
9. Posted by PGM21   2013年12月23日 12:03
何時もお世話になっております。

私の祖父も海軍でしたが、母には戦争の話は何も語らなかったそうです。井崎さんのような経験(戦後の子供が生まれた人)を経た孫世代であれば今いるのは久蔵のあの言葉のおかげという事をりかいできるかもしれませんし、経験していない人には理解できない言葉かもしれません。
祖父が戦死していたら今私がいないと思えば尚更です。
今の平和が久蔵さんたちの戦死を重ねて今がある事を感じなければなりませんね。
そして夏八木勲さん最後の遺作となった作品でもありました。
日本人らしい日本人として想いを伝える迫真の演技はこの映画が伝えたい事を伝えてくれていると思います。
10. Posted by にゃむばなな   2013年12月24日 10:04
ノルウェーまだ〜むさんへ

原作が大ヒットしている分、作り手も着地点が難しかったのかな?とおも思うのですが、ただ個人的にはあの予告編から号泣はしたかったですね。
脇役陣も主役も良かっただけに、これは高望みなのかな。
11. Posted by にゃむばなな   2013年12月24日 10:05
かのんさんへ

人と人の繋がりで今の自分がいると実感できることが大切なんでしょうね。
歴史とはその繰り返しなのかも知れませんね。
12. Posted by にゃむばなな   2013年12月24日 10:06
yukarinさんへ

あのラストシーンの意図が私にはちょっと理解しがたかったですね。
あれは別になくても良かったのでは?と思いますよ。
13. Posted by にゃむばなな   2013年12月24日 10:08
ジョニーAさんへ

なるほど、擁護派から見るとそういうことなんですね。
でも私は逆にその直前の回想シーンはいいと思える派なんですよ。
人によって映画の見方は様々あるのは面白いものですね。
14. Posted by にゃむばなな   2013年12月24日 10:09
PGM21さんへ

戦争を経験した世代が祖父母の時代であることを改めて認識すると、ほんと祖父母が戦死していたら今の自分が生まれることもなかったということですもんね。
そう思うと、今の自分がこの世に生きていることもある意味奇跡ですよ。
15. Posted by きさ   2013年12月25日 23:01
観ました。期待にたがわず良い映画でした。
特に空中戦や空母「赤城」などのVFXが素晴らしいのですが、ドラマ部分も良く出来ています。
主演の岡田准一は『天地明察』『図書館戦争』と同じくいいのですが、この作品が遺作となった夏八木勲を始め、田中泯、橋爪功といったベテランの脇役演技が素晴らしい。泣けました。
太平洋戦争の描き方もしっかりしています。その分意外性はないのですが。
割と坂井三郎さんとか実在のエースパイロットの実話をうまく取り込んでいますね。
ラストの幻想シーンは、私はありかなあ、あのシーンで映像で過去と現在をつなげるというのは映像にこだわる山崎監督としてはやりたかったんでしょうね。
山崎監督の次回作はコミック「寄生獣」の実写映画化ですが、期待しています。
16. Posted by FREE TIME   2013年12月26日 21:56
こんばんは。
戦争の悲劇を二度と繰り返してはいけない事を改めて思いました。
岡田准一は勿論の事、彼を支える脇役陣良かったですね。
過去と現代を交互に繰り返す語り部もわかりやすく構成されていました。
17. Posted by にゃむばなな   2013年12月26日 23:14
きささんへ

なるほど、山崎監督のこだわりですか。
まぁ映像派の監督ならではと考えると納得いくのかも知れませんね。
個人的にはその拘りを是非『寄生獣』で発揮していただきたいものです。
18. Posted by にゃむばなな   2013年12月26日 23:15
FREE TIMEさんへ

この映画を見ると先の戦争でお亡くなりになられた方々に対して、本当に真摯な思いになりますよね。
この方々のおかげで今の日本があるのですから。
19. Posted by オリーブリー   2014年01月06日 19:30
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いします。

「生かされている命」
本当にそうですね。
散っていった多くの命に、今の平和な日本があるのだと改めて考えさせられました。

小学生ぐらいとお子さんもチラホラいて、初めは分かるのかしらと思ったけど、連れてきたお母さん偉い!と思いましたよ。
20. Posted by にゃむばなな   2014年01月07日 18:24
オリーブリーさんへ

こちらこそ今年もよろしくお願い致します。

こういう映画を小学生の子供と一緒に見に行こうとする親御さんは素晴らしいですね。
我々が現在生活出来ているのは、この時代の方々のおかげというのを勉強させるにはもってこいですからね。
21. Posted by kajio   2014年01月26日 05:08
遅ればせながら観てきました。

にゃむばななさんが言われていた、健太郎と零戦に乗った宮部の邂逅?シーンに関しては、

ベタに飛行機雲を観た健太郎の妄想、ないしは健太郎の夢オチだったならば特に問題なかった気はしますが、

そうじゃなくそのまま零戦が空母に向かうシーンに繋がっていったもんだから、

見事な操縦をする岡田くんの何とも例えにくい絶妙の表情のインパクト→タイトル→エンドロールが若干霞んだかな…と思いました。

それよりも合コンシーンをカットしなかったのは何やねん、みたいな感じです(苦笑)

22. Posted by にゃむばなな   2014年01月28日 10:29
kajioさんへ

そうそう、夢オチなどだったならば問題はなかったと思うんですよ。
それがなまじ直接対峙したみたいな描き方をしているので不満が出てしまうんですよね。
これは監督の演出ミスかなと。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載