2014年02月08日

『光にふれる』

光にふれる光にふれ、未来へ飛び立つ。
台湾出身の盲目ピアニスト、ホアン・ユィシアンの大学生時代の実話を映画化したこの作品。
ホアン・ユィシアンご本人が本人役を演じるという面白さに加え、自然光を優しく取り入れた映像の美しさ、音楽の起用法、そして友情・愛情・希望という感動要素の織り交ぜ方など、台湾映画の素晴らしさを存分に味わえる作品でした。

幼い頃に盲目であるがため、コンクールで1位をもらった。そう言われたのがトラウマとなり表舞台に立とうとしなくなったホアン・ユィシアン。
自立することを目的に芸術大学に通い始めても、やはり心の傷はそう簡単には癒えないもの。いくら絶対音感があり、どの音楽科の生徒よりも優れたピアノ演奏が出来ても、逆にその絶対音感で分かってしまう、自分が盲目であるがために周囲に迷惑を掛けているのではないかという不安。

そんな両刃の才能を持ったユィシアンを心配しながらも優しく見守る母親との絆を深めながら『マラソン』のような作品になるのかと思いきや、ルームメイトで巨漢の悪友チンの登場でこの作品はユィシアンの青春物語であり、彼と同じように一歩踏み出す勇気を持てない全ての若者への応援作品へと変わって行く。これがとても清々しいこと。

ユィシアンを特別扱いすることもなく、SuperMusic部を作りたいから協力してくれだの、どんな女の子が好みだ?と聞いてくるチンの存在。
その悪友が自立したいという強い想いを持ったユィシアンにとっては、とても新鮮なものに感じる時間。
そしてバレエダンサーの夢を諦めきれないシャオジエという似たような立場の異性との出会いと、その出会いがもたらす自分自身の成長。

これらは大学生になりたての頃に感じる様々な感情と凄く似ているんですよね。
そしてピアノを弾くユィシアンや再びダンスに挑むシャオジエを柔らかい自然光で優しく見せる映像も、どこか夢を追いかける若人を無条件に受け入れてくれる春の光のようにも見えるのです。

ですからユィシアンが夜の講堂でシャオジエからダンスを習うのも、音楽科の女性臨時講師が無二の才能を何とか表舞台に出してあげたいと思うのも、チンたち悪友3人が期末公演を放り出して大反撃に出るのも、どこか懐かしく、そして見守ってあげたくなるんですよね。

音楽なしでオーディションに挑むシャオジエに届けとばかりに、どさくさ紛れでコンクールに飛び入り参加したSM部と共に奏でられるユィシアンのピアノ演奏。
本当に音楽を愛する者は音楽で会話するそうですが、ユィシアンはこのピアノ演奏で自分を支えてくれた大切な人たちに語りかけていたはず。

実家で栽培しているオンシジュームを持ってきた母親には、自分にはこんなにステキな友人がいることを。
この場を与えてくれた臨時講師や悪友には、音楽を愛する自分を見てもらう喜びを教えてくれたことへの感謝を。
そして遠く離れた場所で夢に向かって頑張るシャオジエには、自分も負けずに夢に向かって一歩を踏み出していくと。

盲目であることは特別ではない。目を瞑れば誰しも同じ体験は出来るのだから。
本当に特別なことは、外に出て、たくさんの人と触れ合い、夢に向かって一歩を踏み出すこと。

そんな温かな光に包まれた、涙腺が自然と緩むこの台湾映画。
あの御茶屋のお気楽店長が言っていたように「笑顔」でいることの大切さを改めて感じる映画でもありましたよ。

深夜らじお@の映画館も人生はまだまだ頑張れる気がしてきました。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

acideigakan at 23:58│Comments(6)clip!映画レビュー【は行】 

この記事へのトラックバック

1. 『光にふれる』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2014年02月15日 08:02
□作品オフィシャルサイト 「光にふれる」□監督 チャン・ロンジー□脚本 リー・ニエンシウ□キャスト ホアン・ユィシアン、サンドリーナ・ピンナ、リー・リエユィ、ファンイー・シュウ■鑑賞日 2月8日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★
2. 「光にふれる(台湾映画)」本当に触れた感触が伝わる  [ soramove ]   2014年02月15日 11:08
「光にふれる(台湾映画)」★★★☆ サンドリーナ・ピンナ、ホアン・ユィシアン、 リー・リエ出演 チャン・ロンジー監督、 110分 北京語 Color | 2012年 台湾=香港 |  (原題/原作:TOUCH OF THE LIGHT [逆光飛翔 ] ) <リンク:<a href="http://blog.with2.net/l
3. 光にふれる/ホアン・ユィシアン  [ カノンな日々 ]   2014年02月16日 17:29
視覚障害を持つピアニスト、ホアン・ユィシアンの実話を基に全盲ながらも優れたピアノの才能を持つ青年とダンサーを志す女性との出会いと成長を描くヒューマン・ドラマです。主人 ...
4. 『光にふれる』をシネマート新宿2で観て、思いもよらず辛口になってもたふじき★★★  [ ふじき78の死屍累々映画日記 ]   2014年02月17日 00:19
五つ星評価で【★★★ちょっと雑然としてる】    盲目のピアニスト、彼には幼少時に負ったトラウマがある。 生活に披露するダンサーの卵、彼女は乱雑な環境により未来が見えな ...
5. 光にふれる  [ とりあえず、コメントです ]   2014年02月21日 08:59
台湾のピアニスト、ホアン・ユィシアンの体験を基に描かれた青春ドラマです。 予告編を観て、このピアノ演奏を観てみたいなあと気になっていました。 目の見えない彼がどのように夢へと向かっていったのを、静かな優しい視線で描いている作品でした。
6. 光にふれる  [ だらだら無気力ブログ! ]   2014年02月27日 00:11
今ひとつ盛り上がりに欠けるような印象だけど、観ていて心地いい作品。
7. 光にふれる  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2014年03月05日 00:15
2014年2月26日(月) 19:20〜 チネ3 料金:1300円(金券屋でチネチッタ共通鑑賞券を購入) パンフレット:未確認 台湾の辻井君は、同体型で同様のナイスガイ。 『光にふれる』公式サイト 台湾の盲目のピアニスト本人が出演。 基本的に、善人しか出てこないのだが、彼
8. 光にふれる  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2014年03月07日 21:21
2014年2月26日(月) 19:20〜 チネ3 料金:1300円(金券屋でチネチッタ共通鑑賞券を購入) パンフレット:未確認 台湾の辻井君は、同体型で同様のナイスガイ。 『光にふれる』公式サイト 台湾の盲目のピアニスト本人が出演。 基本的に、善人しか出てこないのだが、彼
9. 光にふれる  [ C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜 ]   2014年05月18日 23:33
光にふれる '12:台湾・中国・香港 ◆原題:逆光飛翔/TOUCH OF THE LIGHT ◆監督:チャン・ロンジー ◆主演:ホアン・ユィシアン、サンドリーナ・ピンナ、リー・リェー、ファンイー・シュウ ◆STORY◆生まれたときから目が見えないユィシアン(ホアン・ユィシアン)は、台...
10. 光にふれる ★★★.5  [ パピとママ映画のblog ]   2014年05月29日 10:35
台湾出身の盲目のピアニスト、ホアン・ユィシアンの実話を基に描く感動作。全盲ながらも類いまれなピアノの才能を持つ青年と、ダンサーを志す女性の出会いを通して、お互いに夢に向かって奮闘する姿をみずみずしいタッチで描き出す。ホアン・ユィシアン自身が主演を務め、...
11. 「光にふれる」感想  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2014年11月07日 18:01
実際に実在の人が演じています。3つ★

この記事へのコメント

1. Posted by cyaz   2014年02月16日 09:02
にゃむばななさん、こんにちは^^

本当に心琴に触れる作品でした。
実はこの映画を観た翌日に、
『7番房の奇跡』を観て感動し、
涙腺崩壊の2日間でした(笑)
『マラソン』、懐かしいですね〜♪
いい映画でした!
2. Posted by にゃむばなな   2014年02月16日 17:18
cyazさんへ

こういう映画を見ると台湾映画の質の良さを感じますよね。
日本映画界にもこんな作品を生み出せる土壌があればいいのに。
3. Posted by かのん   2014年02月16日 17:37
ユィシアン自身の目線で飾らずに彼の素直な思いをありのままに映し出していくから、彼自身が決して特別な存在ではなく身近に感じられ感情移入してしまうのでしょうね。
4. Posted by にゃむばなな   2014年02月16日 18:17
かのんさんへ

そうですね、描き方も彼を全く特別視していませんもんね。
こういうところが心地良さを生み出すのでしょうね。
5. Posted by latifa   2014年11月07日 17:59
にゃむばななさん、こんにちは!
にゃむばななさんの感想の中に、お母さんが嬉しかっただろうなあ・・・って表現のところがあって、読んでいて、思い出して、じわじわ来ました。
彼のこと、全然知らなかったのですが、実際はそんなに若くないんですね。19才の役でも全然違和感なかったです^^
6. Posted by にゃむばなな   2014年11月09日 15:26
latifaさんへ

私もこのピアニストのことはこの映画を見るまで知りませんでしたが、でもいい出会いに恵まれた方だなぁ〜と思いましたよ。
やっぱり支えてくれる人の愛が芸術を豊かにするんでしょうね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載