2014年03月19日

『LIFE!』

LIFE!リアルを楽しむ。それが人生だ!
「人生は美しい」。この使い古されたフレーズを妄想癖のある凡庸な主人公を介して描く試みは面白いものの、どうも妄想過多な前半、世界を旅する中盤、人生の「真髄」を理解した終盤のバランスが悪いこと。
映画としては決して悪くないものの、ベン・スティラー作品でありながらショーン・ペンの渋さが最も印象に残ってしまうのは、何かもったいないです。

駅に隣接するビルに飛び込み犬を救出する。冒険家となって気になる女性シェリルを誘う。ムカつくヒゲ上司と取っ組み合いになりながらビルから飛び降りる。
事細かに家計簿をつけるウォルターのこんな様々な妄想が登場するたびに進む話も全く進まない前半。妄想シーンがどれも少々長いからか、どうもテンポがあまりよろしくないこと。

しかも会員制出会い系サイトの担当者トッドは軽いノリで何度も電話を掛けてくるわ、写真家ショーン・オコンネルからの25番ネガが存在せずネガの管理という仕事も順調にいかないわ、シェリルにスケボーが出来るところを見てもらいたいのになぜか技を披露した直後ばかりに振り返ってくるわと、明るい未来など全く見えない状態。

ところが写真の中のショーン・ペンが手招きしたことにより、写真家探しのためにグリーンランドやアイスランドへ旅立てば、これが妄想以上に冒険心をくすぐる面白さばかり。

殴りかかってきた男がヒントになるヘリ操縦士だったり、いざ勇気を出してヘリに乗り込んだり、再び勇気を出してヘリから海に飛び降りれば方向を間違えたり、イルカと戯れるはずがサメとの格闘になったりと苦難もあれば、アメリカ人というだけで船員と仲良くなったり、物々交換で手に入れたスケボーで山からの長い道のりを滑走したり、車で助けてくれたアイスランド人と共に火山の噴火から逃げ延びたりとステキな出会いもたくさん。そして壮大な風景も素晴らしいこと。

ただ一度帰国するも解雇や失恋を経て再び写真家探しにアフガニスタンへ飛ぶくだりでもそうですが、一歩踏み出す勇気でリアルを楽しむ素晴らしさは壮大な風景と共にしっかりと描かれてはいるものの、前半の妄想は結局何のフリにもなっていないうえに、これだけの旅費はどうやって工面しただの、ヒマラヤの高地で普通に携帯電話が繋がるなど、説明不足でご都合主義な点も数多かったのは残念なところ。

しかしその残念さを一気に振り払ったのが電話での印象とは違い身元引受人にもなってくれた優しきトッドよりも凄く渋くて格好良すぎるショーン・ペン演じる写真家の登場ですよ。
もうこの芸術を語らせれば絵になる男がユキヒョウを撮りに来たのに「今を楽しみたい」と撮影を中断したり、ウォルターに贈った財布の話をしたりなどするたびに、彼が言うからこそ「人生は美しい」と思えてくるんですよね。

そんな写真家ショーン・オコンネルがウォルターに贈った財布の中に隠していた25番ネガ。「ライフ誌の最終刊の表紙に」と指定した写真がこれまた素晴らしいこと。これぞ人生の美しさを知る人間が語る「真髄」そのもの。

確かに雑誌のオンライン化は妄想と同じく苦労も少なく楽しさも多いのに対して、雑誌の製作はリアルな人生経験と同じで時間もお金も掛かるうえに苦労も多いもの。
でも紙媒体にはオンライン化にはない魅力がある。それが購入者が自然と持ってしまう製作者の苦労と熱意を敬意を込めて永遠に残したいというファン心理。「I'm Lovin It」のマクドナルドのように購入後すぐに消えてしまう消耗商品とは違う商品にしかない魅力。

ウォルターが日光に照らしながらネガの確認をする様子を隠し撮りした写真と、ライフ誌に関わった全ての人々を讃えるコメントが表紙になったライフ誌の最終刊。こういう雑誌こそ永遠に残したいもの。正直グッズとして売り出してくれたなら、是非購入したうえで額に入れて飾りたいくらいでしたよ。

てな訳で前半の妄想シーンがもう少し短ければ、もっとバランスのいい作品になっていたのにと思える、ちょっともったいない映画でしたが、でもこの映画を見てもっとリアルな係わり合いを持ちたいとも思える映画でした。

深夜らじお@の映画館はリアルな係わり合いを求めて・・・婚活でもしてみますか。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

この記事へのトラックバック

1. 「LIFE !」☆リアルの素晴らしさ  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2014年03月20日 00:29
これは素敵! 胸が熱くなり、わくわくして心弾み、さらに高揚感が増していく。 そして最後にこの映画と自分自身が愛おしくなる。 まさに『その一歩』を踏み出したくなる、生きている間に生まれ変われる映画☆
2. 試写会「LIFE!」  [ 日々“是”精進! ]   2014年03月20日 07:19
「LIFE!」の試写会に行ってきました字幕版です。ジェームズ・サーバーの短編を基にしたダニー・ケイ主演の名作コメディ「虹を掴む男」を、ベン・スティラーの監督・主演でリメ...
3. LIFE! : 映画の素晴らしさを堪能できる作品  [ こんな映画観たよ!-あらすじと感想- ]   2014年03月20日 20:39
 昨日は、週に一度のお休み。そして、珍しく水曜日の封切りということで、この作品を観てきましたよ。 【題名】 LIFE! 【製作年】 2013年 【製作国】 アメリカ 【鑑賞手段
4. LIFE!/THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2014年03月20日 21:48
ランキングクリックしてね ←please click 「人生はチョコレートの箱の中のよう。あけてみるまではわからない」 って名作「フォレスト・ガンプ」の一節だけど。 まさにそんな、人生の冒険の旅に出よう!と訴えてくる作品 待ってました 「トロピッ...
5. 映画:LIFE! 原題:The Secret Life of Walter Mitty 「監督・主演」が裏目に出た感じ、と判断。  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2014年03月20日 23:50
オープニングのクレジットで、「監督=ベン・スティラー」ときてまず面食らった… 主演と監督を兼ねた映画は通常、「出来・不出来」がくっきり分かれてしまうから! (ベン・スティラー自分で監督をするのは数回目にしても) さらに、元々困っていた事が。 彼が若い時...
6. LIFE! (試写会)  [ 風に吹かれて ]   2014年03月21日 20:33
ネガを探して大冒険人生の真髄に迫る 公式サイト http://www.foxmovies.jp/life3月19日公開虹を掴む男(1947年)のリメイク 原作: 虹をつかむ男 (ジェイムズ・サーバー著
7. LIFE!  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2014年03月21日 22:08
評価:★★★★【4点】(AF) 最初はどうかと思ったヒロインが徐々にチャーミングに見えてきた。
8. [映画『LIFE!』を観た(寸評)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2014年03月23日 08:43
☆どうも、予告編の、内宇宙を描いたが如き内容を、初っ端から肯定的に賛歌しているような雰囲気が気持ち悪く、見るのが嫌だったのだが、同じく公開した『ローンサバイバー』や『ワンチャンス』の時間が合わず、こちらを見た。  夢想家の主人公が、働いている「LIFE...
9. LIFE!  [ ハリウッド映画 LOVE ]   2014年03月23日 15:55
原題:The Secret Life of Walter Mitty監督:ベン・スティラー出演:ベン・スティラー、ジョーン・ペン、クリステン・ウィグ、シャーリー・マクレーン、アダム・スコット
10. LIFE! / The Secret Life of Walter Mitty  [ 勝手に映画評 ]   2014年03月23日 18:10
1947年のダニー・ケイ主演の映画『虹を掴む男(The Secret Life of Walter Mitty)』のリメイク(あるいは、はやりのリブート?)作品。 「この映画の主人公は、貴方です」と言うのがこの映画のキャッチコピーですが、洋画の日本国内向けキャッチコピーとしては、珍しく...
11. LIFE!  [ 風情♪の不安多事な冒険 Part.5 ]   2014年03月23日 21:15
 アメリカ  ファンタジー&ドラマ&アドベンチャー  監督:ベン・スティラー  出演:ベン・スティラー      クリステン・ウィグ      アダム・スコット      ...
12. LIFE!  [ だらだら無気力ブログ! ]   2014年03月23日 22:13
ラストと景色は良かった。
13. LIFE!  [ 心のままに映画の風景 ]   2014年03月23日 22:26
雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、思いを寄せる同僚のシェリル・メルホフ(クリステン・ウィグ)に話しかけることさえままならない臆病者で、唯一の特技は妄想することだった。 ある日、「LIFE」最終号を飾るはずだった写真のネ
14. LIFE!   The Secret Life of Walter Mitty  [ 映画の話でコーヒーブレイク ]   2014年03月24日 00:10
3月19日から公開の本作、久々に試写会に当選し六本木の試写室で見てきました。 ネットや携帯電話の普及に伴い、私たちの生活は驚くほど変わってしまいました。 そんな時代の流れの中で、新しく台頭する産業がある一方、衰退していく産業があって、 なんだかちょっと寂し...
15. 『LIFE!』  [ 時間の無駄と言わないで ]   2014年03月24日 23:54
いや〜良い映画だった。 一歩踏み出す勇気だよね。 自分も頑張らねばなぁと思うワケですよ。 今までベン・スティラーをナメてました。 「そこそこ面白いけど劇場に足を運ぶほど ...
16. 『LIFE!』 赤か青なら、赤を選ぼう!  [ 映画のブログ ]   2014年03月25日 20:48
 【ネタバレ注意】   いったい、どうしろと云うのだ!?  映画が進行するにつれ、私は居心地の悪さを覚えはじめた。  『LIFE!』は1947年のダニー・ケイ主演作『虹を掴む男』のリメイクだが、2007年に70年の歴史に幕を下ろしたグラフ誌『LIFE』を絡めることで、現
17. LIFE! ★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2014年03月25日 21:39
凡庸で空想癖のある主人公が未知なる土地への旅を経て変化していくさまを、ベン・スティラー監督・主演で描くヒューマンドラマ。夢を諦め、写真雑誌の写真管理部で働く地味な中年男性が、ひょんなことからニューヨークをたち世界中を巡る旅を繰り広げる様子をファンタジッ...
18. 映画「LIFE!(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2014年03月28日 13:04
映画 『LIFE!(字幕版)』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 なお、本作は、ジェームズ・サーバーの短編小説『虹をつかむ男』(1939年発表)を原作とする映画『虹を掴む男』(ダニー・ケイ
19. 「LIFE!」感想  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2014年04月02日 16:03
風景と音楽が良かったです。4つ★
20. LIFE!  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2014年04月04日 21:32
 『LIFE!』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思い、映画館に行ってきました(注1)。  本作の主人公は、世界的に有名な写真雑誌『Life』(注2)の写真管理部に勤務するウォルター・ミティ(ベン・スティラー)。  冒頭では、婚活サイトのよ...
21. LIFE!  監督/ベン・スティラー  [ 西京極 紫の館 ]   2014年04月06日 17:57
【出演】  ベン・スティラー  クリステン・ウィグ  シャーリー・マクレーン   ショーン・ペン 【ストーリー】 雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティは、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技は妄想することだった。ある日、「LIFE」表...
22. [映画][☆☆☆★★]「LIFE!」感想  [ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 ]   2014年04月07日 19:49
 1947年に公開されたダニー・ケイ主演の映画「虹を掴む男」を、「ナイトミュージアム」のベン・スティラー監督・製作・主演でリメイク。フォトブラフ雑誌「LIFE」編集部のネガ管理人として働く平凡な中年男が、ある出来事をきっかけに世界を巡り、自分を見つめ直す
23. 「LIFE!」一歩踏み出す勇気、そして映画的な創造世界  [ soramove ]   2014年04月10日 21:34
「LIFE!」★★★★☆ ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、 ショーン・ペン、シャーリー・マクレーン出演 ベン・スティラー監督、 115分 2014年3月19日公開 2013,アメリカ,20世紀フォックス映画 (原題/原作:THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY) <リンク:<a href="ht
24. 人生の真髄〜『LIFE!』  [ 真紅のthinkingdays ]   2014年05月01日 11:01
 THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY  NYでLIFE誌の写真管理部に勤務するウォルター・ミティ(ベン・スティラー) は、空想癖のある地味な男。長年、LIFE誌の表紙写真を担当していた放浪 の写真家、ショーン・オコンネル(ショーン・ペン)から送られてきた
25. LIFE!  [ 銀幕大帝α ]   2014年08月04日 02:12
THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY 2013年 アメリカ 114分 ファンタジー/ドラマ/アドベンチャー 劇場公開(2014/03/19) 監督: ベン・スティラー 製作: ベン・スティラー 出演: ベン・スティラー:ウォルター・ミティ クリステン・ウィグ:シェリル・メルホ...
26. 【LIFE!】ナイナイ岡村ちゃんの吹き替えで観てみたー♪  [ ジョニー暴れん坊デップの部屋 ]   2014年08月05日 05:28
※ナインティナイン岡村隆史が主人公の吹き替えをやって話題になってた 例の大作を・・・ようやっとDVD鑑賞できたよーーぅ♪ eiga.com 作品情報 『LIFE!』 ■解説:ジェームズ・サーバーの短編小説をノーマン・Z・マクロード監督、ダニー・ケイ主演で映画化した「
27. LIFE!/ライフ  [ いやいやえん ]   2014年08月14日 10:06
主演は大好きなベン・スティラーで、それだけでも満足しちゃうんだけど、空想というか妄想というか、私の人生にもこうだったら良かったのになと思うところがたくさんあるので、実は楽しみにしていた本作。

この記事へのコメント

1. Posted by ノルウェーまだ〜む   2014年03月20日 00:28
にゃむばななさん☆
確かにあれだけ頑張っていたベンなのに、ショーン・ペンに一気に持っていかれたかんじもありますね。
人生も映像もリアルに勝るものは無いですね〜
2. Posted by BROOK   2014年03月20日 07:22
グリーンランドとアイスランドでのシーンが一番印象に残りました♪
あんな壮大な景色の中でのスケボー…ちょっと滑ってみたいです。

ラストのライフ誌の表紙には、妙に納得感がありました。
それを選んでくれた上司も認めてくれたということですよね。
3. Posted by にゃむばなな   2014年03月20日 11:24
ノルウェーまだ〜むさんへ

ショーン・ペンの渋さは反則に近いですよね。
もうあの時点でベン・スティラーのこれまでの頑張りが消え去りそうになりましたもん。
4. Posted by にゃむばなな   2014年03月20日 11:25
BROOKさんへ

あの表紙の写真は写真家からの指定でしたからね。
契約上、その写真を最優先にしなければならないかったというのもあったと思いますよ。

それにしてもグリーンランドやアイスランドの風景。
本当に壮大でしたね。
5. Posted by mig   2014年03月20日 12:44
確かにショーンの登場がまた良かったんですが、
それを活かすもころすも監督の演出に
かかってるという意味で
ベンは監督としての力量もやはり素晴らしいなと☆
6. Posted by YUKKO   2014年03月20日 23:14
最後の「LIFE」の表紙を見てからシェリルの手をつなぐシーンまでで、この映画見て良かったと思えました。なんだかとても勇気が貰えましたよ。妄想シーンは退屈でしたが、最後で許せます!
7. Posted by にゃむばなな   2014年03月20日 23:25
migさんへ

ほんと、ベン・スティラーって多才ですよね。
ショーン・ペンの渋さを引き出すという面で見ると、確かにそうだわさと思いましたよ。
8. Posted by にゃむばなな   2014年03月20日 23:27
YUKKOさんへ

ウォルターが自分に自信を持ち、それを認めてくれる人が遠くにも近くにもいる。
そんな嬉しさが詰まったラストでしたね。
9. Posted by えふ   2014年03月23日 15:44
25番のネガを見たリストラ請負人の人は、
どう思ったんでしょうね(苦笑
壮大な自然も美しかったけど、
あの表紙も美しかった!
10. Posted by オリーブリー   2014年03月24日 13:18
>もっとリアルな係わり合い

シェリルが一度もバーチャル会話しなかったっていうのも、そういうメッセージですね。

ショーン・ペンもシャーリー・マクレーンも存在感があって、素敵な映画でした。
私は妄想シーンも楽しかったですよ(爆)
何か、ベンらしくて^^
11. Posted by にゃむばなな   2014年03月24日 15:39
えふさんへ

ほんと、あの写真を見て何も思わないのなら人間として完全にダメですよね。
どことなくですが、NHKの「プロジェクトX」を思い出してしまいましたよ。
12. Posted by にゃむばなな   2014年03月24日 15:53
オリーブリーさんへ

少ししか登場しないのに主役よりも魅力があるのがこの映画の面白さでもありましたよね。
それもまた様々なメッセージをこの映画に込めたベン・スティラー監督の才能なのでしょうね。
13. Posted by latifa   2014年04月02日 16:01
にゃむばななさん、こんにちは!
私も少々、あれ・・?って処があったものの、楽しんでみる事が出来ました。

ショーン・ペンの役柄は、カッコ良すぎでしょー!と思いました^^
14. Posted by にゃむばなな   2014年04月03日 00:21
latifaさんへ

ショーン・ペンの渋さが全てを持って行っちゃいましたね。
もうあの渋さを見れただけでも十分でしたよ。
15. Posted by きさ   2014年04月04日 05:55
これは楽しい映画でした。
妄想シーンはサーバの原作通りなんですが、後半の映画の創作部分とはちょとしっくりいってない感じは私も受けました。
ベン・スティラーはいいですね。ヒロインのクリステン・ウィグもいい感じ。
ショーン・ペンのカメラマン役も印象的。
久々に見た主人公の母親役のシャーリー・マクレーンも老けましたが、良かったです。
デビッド・ボウイの「スぺイス・オデッセイ」のシーンなど音楽はとてもよかったです。
ちょっとビターなラストも好きですね。
16. Posted by にゃむばなな   2014年04月04日 17:20
きささんへ

あのビターなラストがいかにもベン・スティラー作品だなと思いましたよ。
安易に全部が全部ハッピーになるよりは、大切なものだけが守り通される方がいいですからね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載