2014年06月28日

『渇き。』

渇き。鈍る痛覚、上がるテンション、そして満たされぬ渇き。これがシャブを打った感覚なのか…。
やはり中島哲也監督が世に送り出す映画は大人が楽しめる大人の映画です。『告白』と同様、所詮「子ども」は「子供」でしかない。大人の世界に足を踏み入れたクソガキはヒトではなくモノでしかない。その裏メッセージもよく響くとんでもない映画です。

クエンティン・タランティーノ作品のように70'sもどきのOPと、パク・チャヌク作品のような血と汗が混じり合った汚さの奥に美しさを求めるような悪意とヴァイオレンスに満ちた世界観が放つ、藤島加奈子という女子高生はいったい何者なのかという推理よりもシャブを打てばどんな感覚に陥ってしまうのかを映画全体で見事に表現した中島哲也監督の恐るべし才能。

考えてみればバットで殴るわ、銃で撃ち合うわ、車で撥るわ、内臓を足で踏みつけるわ、強姦するわ、耳を切ろうとするわと痛々しいシーンはこれでもか!とばかりに多いのに、汗臭い元刑事のルール無用の捜査が野獣のように凶暴なせいか、それとも藤島加奈子という存在が凄く謎めいているせいか、まるで藤島加奈子というシャブに酔わされた男共と同じように痛覚も上がるテンションで鈍感になり、もっと残酷なものを欲したりはしないものの、まだまだこの異様な感覚が終わってほしくないと思ってしまうんですよね。
そう、この映画はシャブを打ったかのように心地いいのです。非常識とは分かっていても変に心地いいのです。

だからこそ糖分過剰摂取の浅井刑事の悪巧みもなぜか嫌に思えない。殺し屋・愛川との屋上駐車場での撃ち合いも不思議と楽しい。ロリコン辻村医師がボコられるのも妙に面白い。娘を守るためとはいえ、藤島加奈子を殺した東里恵先生が雪山で遺体探しを強制させられるのも可哀想に思えない。そして元刑事がボコボコにされようが東先生に刺されようがもっともっと愛車での体当たり反撃を見たいと思えてしまう。

逆に加奈子に助けられ利用される「ボク」の話などはどうでもいい。クソガキ松永がヤクザに殺されるくだりもどうでもいい。加奈子の友人・森下が完全に蚊帳の外になっているのも全然気にならない。そして加奈子がどういう人間であったかも興味がないのです。
なぜなら所詮「子ども」は「子供」。大人から見ればマトモに考えることの出来ない弱い存在。生物学的には大人と同じヒトでも、大人の悪の世界ではただのモノと同じプチッと潰せる小さな存在。シャブの味も十分に理解出来ない幼稚な存在。

シャブは大人だけが味わう蜜の味。だからこそ一般人の目が届かぬ世界で、自己責任でしか堪能しない。
一般人を巻き込んだり、迷惑を掛けたりする輩は年齢に関係なく、それはただの子供。大人の邪魔をするクソガキはシャブの精度を下げるだけ。

砂糖や雪と同じ白色のシャブ。純真無垢や無実を表す色と同じ白色のシャブ。藤島元刑事が着ていたスーツと、加奈子の部屋のカーテンと同じ白色のシャブ。
そんな白い雪の下に埋まった、真夏に殺された加奈子は何色で発見されるのか。あえて白骨と決めつけないラストも中島哲也監督らしい何とも言えぬ後味でした。

深夜らじお@の映画館は中島哲也監督の作風が毎度心地いいとです。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「渇き。」  [ 日々“是”精進! ]   2014年06月29日 06:12
「渇き。」を鑑賞してきました「嫌われ松子の一生」「告白」の中島哲也監督が、深町秋生の第3回このミステリーがすごい!大賞受賞作『果てしなき渇き』を映画化した戦慄のバイオレ...
「渇き。」(R15+指定)は第3回「このミステリーがすごい!」大賞の大賞受賞作「果てしなき渇き」を映画化した作品で、ろくでなしの元刑事が行方不明になった娘を捜索するが、その先 ...
3. 渇き。  [ だらだら無気力ブログ! ]   2014年06月29日 15:18
『告白』ほどの面白さは皆無。
4. 渇き。  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2014年06月29日 23:46
「下妻物語」、「嫌われ松子の一生」、「パコと魔法の絵本」、「告白」 様々な原作を独特の世界観で映像化する中島哲也監督最新作 ってことで早速みてきました〜 原作は、第三回このミステリーがすごい 大賞受賞、深町秋生氏の「果てしない渇き」 ハイ...
5. 渇き。★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2014年07月01日 15:05
第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した深町秋生の小説「果てしなき渇き」を、『告白』などの中島哲也が実写化したサスペンスミステリー。謎の失踪(しっそう)を遂げた娘の行方を追う元刑事の父親が、いつしか思いも寄らなかった事態に引きずり込まれていく姿を...
6. 渇き。  [ Akira's VOICE ]   2014年07月01日 18:49
鬼畜祭りだわっしょい!!  
7. 映像のエグさより”あるある”感のほうが怖い。〜「渇き。」〜  [ ペパーミントの魔術師 ]   2014年07月02日 02:21
・役所広司さんより佐々木蔵之介さんが好きで ・死んだ!と思った主要人物が実は生きてた!っていうのが好きで(ウケた(^_^;)) ・血を見るのが嫌で暴力ではなく話し合いで解決したくて ・ハッピーエンドが大好きで ・中島哲也監督の作品で好きなのは 『下妻物語』か『パ...
8. 【渇き。】観てる途中でハードル上がっちゃった〜!  [ ジョニー暴れん坊デップの部屋 ]   2014年07月02日 05:13
eiga.com 作品情報 『渇き。』 ■解説:「告白」の中島哲也監督が同作以来4年ぶりに手がけた長編作品で、第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した深町秋生の「果てしなき渇き」を映画化。妻の不倫相手に暴行を加えて仕事も家庭も失った元刑事の藤島昭和は、別
9. 渇き。  [ Said q winning ]   2014年07月05日 09:59
監督:中島哲也出演:役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、清水尋也、二階堂ふみ、橋本愛、森川葵、高杉真宙、國村隼、黒沢あすか、青木崇高、オダギリジョー、中谷美紀ストーリー:品行方正だった娘・加奈子(小松菜奈)が部屋に何もかもを残したまま姿を消したと 元妻から...
10. 『渇き。』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2014年07月09日 13:00
□作品オフィシャルサイト 「渇き。」□監督 中島哲也□脚本 中島哲也、門間宣裕、唯野未歩子□原作 深町秋生キャスト 役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、清水尋也、二階堂ふみ■鑑賞日 6月29日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0
11. 渇き。  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2014年07月12日 06:46
 『渇き。』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)本作(注1)は、役所広司の主演作であり、久しぶりの中島哲也監督の作品(注2)ということもあって、映画館に行ってきました。  本作の最初の方では、2012年12月24日という時点が示され、雪が降ったりするクリスマ...
12. 映画「渇き。」  [ FREE TIME ]   2014年07月16日 22:52
話題の映画「渇き。」を鑑賞しました。
13. 渇き。  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2014年07月31日 13:38
2014/06/27公開 日本 R15+ 118分監督:中島哲也出演:役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、清水尋也、二階堂ふみ、橋本愛、森川葵、高杉真宙、國村隼、黒沢あすか、青木崇高、オダギリジョー、中谷美紀 愛する娘は、バケモノでした。 品行方正だった娘・加奈子(小松菜奈)が...
14. どこまでも落ち続ける。〜『渇き。』  [ 真紅のthinkingdays ]   2014年08月02日 13:32
 ヤメ刑事の中年男・藤島(役所広司)は、別れた妻から高校生の娘・加奈子 (小松菜奈)が失踪したとの連絡を受ける。加奈子の交友関係を洗い始めた 藤島は、自分が知らなかった娘の素性を知ると同時に、元職場である警察と、 非合法組織が絡んだ裏社会の抗争に巻き込
15. [映画『渇き。』を観た(寸評)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2014年08月23日 01:08
☆・・・話が、役所広司扮する、家族も職も全うな精神状態も失った男が、別れた妻から乞われて、娘の失踪を探って知った娘の実態・・・、  と知っていたのと、  この娘の視線が、なんとも「淫靡」なことで、絶対に見ねえ・ストレスお仕着せ作品だから・・・などと思っ...
16. 渇き。  [ C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜 ]   2014年09月01日 21:17
渇き。 '14:日本 ◆監督:中島哲也「告白」「パコと魔法の絵本」「嫌われ松子の一生」 ◆主演:役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、清水尋也、二階堂ふみ、橋本愛、國村隼、黒沢あすか、青木崇高、オダギリジョー、中谷美紀 ◆STORY◆元刑事の藤島昭和(役所広司)のもと...
17. 映画『渇き。』を観て  [ kintyre's Diary 新館 ]   2014年10月12日 23:00
14-60.渇き。■配給:ギャガ■製作年、国:2014年、日本■上映時間:118分■料金:1,100円■鑑賞日:7月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・脚本:中島哲也□脚本:門間宣裕、唯野未歩子◆役所広司◆妻夫木聡◆小松菜奈◆橋本愛◆二階堂ふみ◆清水尋也◆
18. 渇き。  [ 銀幕大帝α ]   2014年11月20日 22:50
2014年 日本 118分 サスペンス/ミステリー R15+ 劇場公開(2014/06/27) 監督: 中島哲也 『告白』 アニメーション制作: STUDIO4℃ 原作: 深町秋生『果てしなき渇き』 脚本: 中島哲也 出演: 役所広司:藤島昭和 小松菜奈:加奈子 妻夫木聡:浅井 清...
19. 振り切ったエンタテインメントを  [ 笑う社会人の生活 ]   2015年01月14日 17:38
6日のことですが、映画「渇き。」を鑑賞しました。 元刑事の藤島は元妻から娘の加奈子が失踪したと知らされ 自分が思い描く家族像を取り戻そうと躍起になり娘の足取りを調べはじめる。 加奈子の交友関係をたどるうちにこれまで知らなかった人物像が次々と浮かび上がり昭...

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2014年06月29日 06:14
まさにキャッチコピー通りの“劇薬エンターテインメント”作品だと思いました。
かなりぶっ飛んでいるものの、それが病みつきになるような感覚でしょうか。

救いようのない結末にも感じますが、
あのラストで良かったようにも思います。
2. Posted by PGM21   2014年06月29日 12:31
何時もお世話になっております。

大人にあって子供に無いものは何か?と問われたら私は人生経験と答えますね。
私自身子供だからと舐めた考え方はしませんし、むしろ子供の方が大人より良い良い意見を述べる人もいるし、染まっていないからこそ見える事もあるので子供だからというのはあるスーパー中学生にだから大人は解っていないと言われてしまいますね。
色々な誘惑が世の中にある訳ですけれど、この事件はどうして起きたのか?というのが実は最大の問題点であり、ポイントだと私は感じています。加奈子がどうしてこのような事件を起こしたのかを検証しなければ恐らくこの事件は今後も発生するでしょうし、そこに辿り着けなければ事件は解決できないと感じます。
大人の立場として大人が経験した事を子供に正しく経験を伝え理解をさせなければならないと感じますし、子供の意見も確り聞かないといけないと思います。
3. Posted by ジョニーA   2014年06月29日 22:10
もう少しストーリーを手短に抑えて、
全編フラッシュバックの擬似ジャン
キースタイルで通して欲しかったです。
てっきり、最後は過去と現在がリンク
して綺麗な終末を迎えてくれるんだろ
う、と変に期待しすぎて終盤は不満が
残りました。妻夫木のチュパチャプス
はなーんか記号的な描き方過ぎる気が
してあざとさしか感じなかった。あの
刑事役はリアルジャンキーの?窪塚洋介
あたりに演じて貰いたかったデス〜〜
4. Posted by にゃむばなな   2014年06月29日 23:12
BROOKさんへ

個人的にはもう少しキツい映画だと予想していたのですが、まぁ普通に考えて他の監督が撮れない映画ですよね。
これだから中島哲也監督作品はやめれないんですよ。
5. Posted by にゃむばなな   2014年06月29日 23:14
PGM21さんへ

加奈子がどうしてこういう道を辿ったかというのは、また別のお話。中島哲也監督作品以外でのお話だと私は思います。
現実問題で考えればそこまでの思考も必要でしょうけど、この作品に関してはそこまでの思考は必要なし。
なので、私は加奈子の気持ちなど本当にどうでもいいと思って見てましたよ。
6. Posted by にゃむばなな   2014年06月29日 23:17
ジョニーAさんへ

窪塚クンにしちゃうと車に轢かれても笑うくだりが使えなくなっちゃいますよ。
だって彼なら間違いなく車に向かって飛び蹴りでしょうから。
まぁこれまでの中島哲也監督作品と比べると、映像の割には中身の衝撃度はそんなに高くありませんでしたね。
そこをどう見るかは観客の感じ方次第ですけど。
7. Posted by mig   2014年06月30日 00:04
にゃむばななさん

中島監督だからこその映像化でしたね〜原作はみてないけど
もっとお下品、らしいですね。

そうそう、加奈子もその父親もなぜこういう人間になっちゃったのかって掘り下げてはなかったけど勢いでみせて、でも結局犯人があの方っていうのが、、、原作ありきなのでしょうがないですけど
オチってやっぱり大事なんだよね、、、、て。
8. Posted by kajio   2014年06月30日 00:23
随所で、園子温監督ならば、このエグい原作をR18上等の地獄でなぜ悪いテイストで、かつどんなキャスティングでどう描いたのだろうか?と想像させられました。

確かに心に響くところはありましたが、ストーリーをどう着地させるか迷っている様にも見えましたし…
9. Posted by にゃむばなな   2014年07月01日 10:49
migさんへ

中島監督レベルになるとクライマックスまでの面白さが異常なだけに、逆にオチの弱さも目立ってしまうんですよね。
そこがこの作品に関してはいつもよりも目立っていたように思えてしまいましたよ。
10. Posted by にゃむばなな   2014年07月01日 10:50
kajioさんへ

ほんと、着地点がハッキリしていないんですよね。そこが中島監督作品だけに残念なところ。
どうしてもこの監督作品の場合、オチまで期待してしまいますからね。
11. Posted by AKIRA   2014年07月01日 18:51
中島哲也監督は色褪せませんね〜。
スゴかった。

またも地上波で放送できない映画。
12. Posted by にゃむばなな   2014年07月03日 10:03
AKIRAさんへ

ほんま、地上波で放送できない映画ですよね。
でもそこまでしてもらわないと、この監督の魅力は発揮できないですよ。
13. Posted by qうほほん   2014年07月05日 10:07
いや〜 うまかったなぁ
面白かったわ〜
この作品を
高校生あたりの「世代」が観ることはいいけど
その世代をターゲットにしなくても
良かったのかな?!?!なんてね
ラストに失速しちゃったかな〜と思いつつ
役所サマならではの魅力だったよ🎶
 
14. Posted by にゃむばなな   2014年07月05日 15:31
qさんへ

この作品を高校生をターゲットにする意味は完全に不明ですね。
こういう映画は大人が楽しめる作品。
お子ちゃまには早すぎますよ。
15. Posted by FREE TIME   2014年07月16日 22:55
こんばんは。
ある意味、とんでもない映画でしたね。
この映画に学生割引1,000円で推奨するってどうなのかと。
役所広司演じる藤島の不死身ぶりが1番強く印象に残っています。
「あんた、何で生きているの?」と何度思った事かwww
16. Posted by にゃむばなな   2014年07月19日 00:01
FREE TIMEさんへ

役所さんの怪演が凄い作品でしたね。
私も学生割引の意味がよく理解出来ませんよ。
この映画を学生に見せても理解出来ないと思いますからね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載