2014年08月30日

『TOKYO TRIBE』

TOKYO TRIBE男は大きさではない、膨張率だ!
これは園子温ワールドと園子温のマスターベーションの微妙な境目にある作品。ラップミュージカルという新たな世界観を新鮮と感じるか、玉石混交の中途半端と感じるのか、凄く判断に迷う作品。
それゆえにこれは園子温監督が挑戦した新たな娯楽であり、最近の園子温作品の中では最も中身のない作品でもあると思います。

「TOKYO TRIBE2」という原作コミックを映画化しているこの作品ですが、まず染谷将太さんの何でもこなす演技力と鈴木亮平さんの素晴らしき肉体美以外に見所があるかというと、この映画にはそんなものはないと断言できます。

確かにこの作品は園子温ワールドであり、この監督作品でしか見れないモミモミからポロン、そしてお触りといったシーンも数多く存在します。
ただ全体的なイメージとしては、園子温監督が三池崇史監督の『愛と誠』のようなミュージカルと『クローズZERO』のような集団ヴァイオレンスを自分なりに撮ってみたような作品にも思えてくるんですよね。

なのでこれまでの作品と比べると、あまり観客を楽しませるという要素が少なくなっているのも事実。強烈なキャラクターも全く見当たりませんし、また後半でのTRIBE連合軍と仏波一派との大乱闘も殴り合いがいつの間にか殺し合いへと昇華していくのも『地獄でなぜ悪い』ほどの面白さもない。

さらにでんでんさんの起用法も物足りないのなら、渡辺哲さんや神楽坂恵さんも出演されていない。
どこかラップ音楽と同じで理解出来る者だけがついてきてという要素が強くなり、それが監督のマスターベーションにも見えてきてしまう。それらがこれまでの園子温作品と比べると「面白さのベクトルが変わった」とも言えますし、純粋に「退屈ではないが面白くもない」という感想にもなってしまうんですよね。

てな訳で東京という街は相変わらず群れを成すのが好きやな、だからこそ街としての個性が弱いのかなと改めて感じたこの作品。
男はブツの大きさが男としての器の大きさに比例するとか劇中で言われていましたが、正直それは群れを成す小心者だけが語る間違った常識。
男の真価を図るのは大きさではなく、膨張率!身体の一部も将来性もどれだけ大きく成長するか。
本当に男を見る目がある女性は玉の輿ではなく青田買いを選ぶそうですが、ここにも通ずるのがやはり「大きさではなく、膨張率!」なのです!

深夜らじお@の映画館は膨張率には自信があります。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

acideigakan at 23:24│Comments(8)clip!映画レビュー【た行】 

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「TOKYOTRIBE」  [ 日々“是”精進! ]   2014年08月31日 14:12
「TOKYOTRIBE」を鑑賞してきました「愛のむきだし」「地獄でなぜ悪い」の鬼才・園子温監督が、井上三太の伝説的コミック『TOKYOTRIBE2』を原作に、近未来の“トーキョー”で繰り広げられる...
2. 『TOKYO TRIBE』 (2014)  [ 相木悟の映画評 ]   2014年09月04日 01:06
前代未聞のバトル・ラップ・ミュージックカルに驚嘆せよ! いやはや、ユニークな映画体験であった。ここまでやられたら、アッパレという他あるまい。 本作は、映画界で華々しく狂い咲く園子温監督作。今回は、ファッション誌で連載されていた井上三太のカルト漫画『TOK...
3. TOKYO TRIBE  [ 映画好きパパの鑑賞日記 ]   2014年09月06日 01:59
 園子温監督が近未来のTOKYOを舞台に、抗争する族(TRIBE)たちをラップミュージカルで描いた作品。意欲は買うんだけど、日本語のラップミュージカルって個人的にはなぜ、今頃という気がしないでもないです。15年ぐらい前にやっていれば衝撃だったのでしょうけど。  作…
4. レビュー:TOKYO TRIBE (園子温監督)/ネタバレ有り  [ INTRO ]   2014年09月13日 17:28
『ラップ・バトル・ミュージカル in トーキョー』Text By 岸 豊 /『愛のむきだし』(08)や『地獄でなぜ悪い』(13)などの異色作で、日本映画界に衝撃を与えてきた鬼才、園子温。最新作『TOKYO TRIBE』では、井上三太原作の累計250万部を超える伝説のコミック『TOKYO TRIBE2』
5. TOKYO TRIBE  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2014年09月14日 02:49
2014年9月5日(金) 21:40〜 TOHOシネマズ川崎2 料金:1300円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 ヒップホップが嫌いだ。 『TOKYO TRIBE』公式サイト ヒップホップが嫌いだ。あの低脳丸出しなライムが。似非エリートみたいなプログレッシブ・ロックも嫌いだ
6. TOKYO TRIBE  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2014年10月10日 21:09
 『TOKYO TRIBE』を渋谷シネクイントで見てきました。 (1)本作は、園子温監督の作品ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)のはじまりはブクロ。  猥雑な雰囲気の街の中を、どのTRIBEにも所属しないMC SHOW(染谷将太)が歩きながら、「♪誰もが凶暴な街….
7. 『TOKYO TRIBE』をHTC有楽町1で観て、薄く広く地に満ちよだなふじき★★★  [ ふじき78の死屍累々映画日記 ]   2014年12月06日 12:34
五つ星評価で【★★★5分のPVを116分流し続けたような怪作】    決してつまらなくはないのだが、 普通、知恵者はこんな頭の悪い映画は作らない。 バカだ。バカなのだ。園子 ...
8. TOKYO TRIBE/トーキョー・トライブ  [ 銀幕大帝α ]   2015年01月12日 23:44
2014年 日本 116分 アクション/ミュージカル R15+ 劇場公開(2014/08/30) 監督: 園子温 『地獄でなぜ悪い』 原作: 井上三太『TOKYO TRIBE2』 脚本: 園子温 出演: 鈴木亮平:メラ YOUNG DAIS:出口海 清野菜名:スンミ 大東駿介:巌 石田卓也:キム 市川...
9. TOKYO TRIBE/見どころは清野菜名のおっぱい?  [ MOVIE BOYS ]   2015年01月16日 21:33
井上三太の同名人気コミックを実写映画化。近未来の東京を舞台に、ストリートギャングたちが繰り広げる抗争を描いている。監督は『冷たい熱帯魚』や『ヒミズ』の鬼才・園子温。主演は『HK/変態仮面』の鈴木亮平と本職はラッパーのYOUNG DAISが熱演。共演に佐藤隆太、中川翔
10. 【TOKYO TRIVE/トーキョー・トライブ】プロレスの団体戦さながら・・・  [ ジョニー暴れん坊デップの部屋 ]   2015年04月15日 04:10
{{{[]}}} {{{: }}} ● [[embed()]] {{{[]}}} → 『』 {{{[]}}} → 『』 {{{[]}}} → 『』 ● [[embed()]] {{{[]}}} → 『』 {{{[]}}} →

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2014年08月31日 14:18
園監督のテレビドラマは見たことがあるのですが…
映画作品は初めての鑑賞となりました。

バトルラップミュージカル…
最初は戸惑いつつも、慣れてくると意外と作品にハマっているような感じがしました。

個人的にはスンミとヨンのコンビアクションが非常にカッコ良かったです。
2. Posted by にゃむばなな   2014年08月31日 23:33
BROOKさんへ

意外や意外、初鑑賞でしたか。
この監督の以前の作品と比べると面白さのベクトルが変わってきているのが個人的にはちょっと残念でしたわ。
私は『冷たい熱帯魚』の頃が好きなので。
3. Posted by きさ   2014年09月05日 05:42
昨年の「地獄でなぜ悪い」がとても面白かった(個人的には昨年の邦画ベストワン)ので見てみました。
全編、ラップミュージカルで園監督らしく暴力シーンはたっぷりなので観客は選びますが、面白かったです。
まあ「地獄でなぜ悪い」ほどではないですが。
鈴木亮平、竹内力、窪塚洋介、MCの染谷将太、清野菜名、坂口茉琴のカンフーコンビ、佐藤隆太、などなど俳優陣はみんな良かったです。
ずっと音楽が鳴り役者の演技もテンション高いのでちょっと見終わって疲れました。
4. Posted by にゃむばなな   2014年09月05日 15:55
きささんへ

園子温監督作品としての面白さはあっても、最近作品を追うごとにその面白さが下降線を辿っているように思えてくるんですよね。
まぁ年に5本も撮る監督ですから、色んなものを作らないとクオリティーを保てないというのもあるのでしょうね。
5. Posted by kajio   2014年09月05日 17:12
全体的には『訳わからんかった』の一言なのですが、そんな訳わからなさ全開の中でも清野菜名さんは頑張っていた様に思います。

園子温監督作品限定の輝きなのかはわかりませんが…
6. Posted by にゃむばなな   2014年09月05日 23:38
kajioさんへ

園子温監督はニューヒロインを輝かせるのが上手いですよね。
でもこの監督の映画でしか輝かない魅力でもあるような気がしますよ。
7. Posted by ジョニーA   2015年04月15日 04:09
前評判を聞いていて、たぶん途中で飽きるだろうから、早送りする気満々で観ましたが、
意外や意外、最後まで楽しめて全く退屈しませんでしたー。
ストーリーは無きに等しい、と解ってましたので、もう途中から「プロレスの団体戦」
を観るような視点に切り替えました。
実際、プロレス技ようけ出てきましたし・・・プロレス界のブックとかなら、「チンコ絡みの怨恨」というのでも全然成立しますからね!w
で、ラスト、大団円のラップの歌詞あたりには、不意を突かれてちょっと感動しちゃいました!やあ、面白かったー♪(ハードルを下げておけば、映画はどんなものでも楽しめていいですよ〜、ウン)
8. Posted by にゃむばなな   2015年04月16日 23:29
ジョニーAさんへ

プロレス団体戦ですか〜。そういう見方が出来るとは恐れ入ります。
まぁ確かにどんな映画でもハードルを下げれば楽しいですよね。
私も園子温監督に期待し過ぎたのかも知れませんね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載