2014年09月20日

『柘榴坂の仇討』

柘榴坂の仇討ひたむきに生きる。例え時代が変わっても。
仇討と聞いて武士の悲哀を描いた作品かと思いきや、その中身は雪景色の似合う大人のラブストーリーでした。全てが予定調和で緊張感もあまりないがために、感涙することはありませんでしたが、それでも「男は所詮愚かな生き物。好いてくれる女によって生きることを学ぶ」という言葉を思い出さずにはいられない作品でした。

暗闇に降る雪の合間から見える提灯の明かりが徐々に近づいてくるOPから、悲しみよりも旧き良き日本の美しさが漂うこの作品。
なので大老・井伊直弼を慕い、その主君を守るために彦根藩に雇われたにも関わらず、雪降る日の桜田門外における水戸脱藩浪人の襲撃によってそのお役目が果たせなかった志村金吾の歩む苦難の道もあまり過酷には見えないのが残念なところ。

特に桜田門外の変が起きた安政7年から仇討禁止令が出た明治6年までの13年間をどの俳優さんも老けメイクや若返りメイクなどせずに演じているので、この「13年間の辛苦」というものが全然見えてこないんですよね。だって志村は32歳の頃から老けたままですし、セツも夫のために尽くしてきた割には全然苦労の跡が見えないんですもん。13年間も精神的に苦労してきたら、それなりに顔に出てくるもんですよ。

なので志村と主君の敵である佐橋十兵衛が唐突に客と車屋として出会ってから柘榴坂で刀を交えるくだりも、もう一つ盛り上がりに欠けていたのも事実。
本来なら志村がいつ佐橋十兵衛改め直吉に斬りかかるのかという緊張感があってもいいはず。そしてその緊張感があれば、もっとセツの想いや直吉の後悔も際立ってくるはず。

主君の敵を討つことを命じられたまま、廃藩置県によって武士が消えてもなお武士としての生き方を貫く「ラスト・サムライ」でもある志村にとってはやっと出逢えた主君の敵。
ただこの直吉を斬れば、セツは本壊を遂げて自刃するであろう自分の後を武士の妻として追うだろうが、それで本当にいいのか。あの日を後悔し、殺されることを待つ日々を送り、命を奪った御仁の名前を一字頂いて生きている佐橋の辛苦を武士として無視してもいいのか。まるで井伊直弼の代弁者のように「ひたむきに生きよ」と諭してくれた秋元和衛の想いも無駄にしていいのか。そんな想いが緊張感の裏側から見えてきてもよかったはず。

そして中央省庁の維新志士とは違い、髪型や服装・仕事が変わってもまだまだ武士としての魂を持った者がどこにでいる時代だからこそ、志村が「どんなに時代が変わっても、変えてはならぬものがある」をどう解釈するかで迷ってもよかったはず。

それらがこの映画ではあまり重要視されていないため、柘榴坂で刀を交えるくだりもいまいち両者の悲哀が伝わってこないうえに、多分2人とも生きる道を選ぶよねということが容易に分かってしまうんですよね。何というか、2人とも13年間苦しんだ末にようやく答えに辿り着いたという感じが欲しかったのに、それがなかったのは残念でしたよ。

でもこの映画の根幹はやはりラブストーリー。「暖かくなったら彦根へ帰ろう」と「3人で湯島天神にでも行きませんか」という愛する女性へのお誘いの言葉に、「私は生きることを選びました」という報告を兼ねた、大人のラブストーリー。
何も聞かずにただ心配を掛けてきた女性に多くを語らずに想いを伝える。一緒に家に変えることも、子供のために金平糖を届けることも、共に旧き良き日本のラブストーリー。

男は所詮愚かな生き物。好いてくれる女によって生きることを学ぶ。

雪が止み、星空が白銀の世界を演出するラストが夫婦の素晴らしさを静かに語る良きラブストーリーでした。

深夜らじお@の映画館も早く結婚したいです…。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

acideigakan at 17:54│Comments(2)clip!映画レビュー【さ行】 

この記事へのトラックバック

1. ミサンガと椿の花。〜「柘榴坂の仇討」〜  [ ペパーミントの魔術師 ]   2014年09月22日 08:32
「ポイント鑑賞」で「初日に見に行った」映画・・・って 自分の中でどんな位置づけだよ・・(^_^;) 先月、梅花藻を撮りに行った日に寄り道をした話をブログでアップしたのですが ⇒「彦根城へは行きませんでした」 この時の日記には書かなかったんですけど、実は四番町ス...
2. 柘榴坂の仇討  [ to Heart ]   2014年09月22日 10:57
制作年度 2014年 上映時間 119分 原作 浅田次郎『柘榴坂の仇討』(『五郎治殿御始末』所収) 監督 若松節朗 脚本 高松宏伸/飯田健三郎/長谷川康夫 音楽 久石譲 出演 中井貴一/阿部寛/広末涼子/高嶋政宏/真飛聖/吉田栄作/藤竜也/中村吉右衛門 主君・井伊直弼の仇を追い...
3. 『柘榴坂の仇討』を丸の内ピカデリー1で観て、地道に着実にだなふじき★★★  [ ふじき78の死屍累々映画日記 ]   2014年09月22日 22:58
五つ星評価で【★★★広末好きやもん】   全体的にゆっくり、地道に、一つ一つ確かめながら、みたいな演出で、 それは確信犯的にそうやろうと思っているのだろうが、 テンポ ...
4. 『柘榴坂の仇討』 (2014)  [ 相木悟の映画評 ]   2014年09月24日 10:56
時代の荒波を乗り越える人の情! 誇り高き男の生き様を描いた直球の時代劇であった。ゆえに好感度は高いのだが…。 本作は、浅田次郎の短編集『五郎治殿御始末』に収められた同名小説の映画化。浅田原作、主演:中井貴一、音楽:久石譲とくれば、監督は滝田洋二郎かと思..
5. 柘榴坂の仇討 ★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2014年09月25日 18:27
『鉄道員(ぽっぽや)』など数多くの著作が映画化されてきた人気作家・浅田次郎による短編集「五郎治殿御始末」所収の一編を映画化した時代劇。主君のあだ討ちを命じられた武士の不器用な生きざまを通し、幕末から明治へと時代が激変する中、武士として、人としての誇りと覚...
6. 「柘榴坂の仇討」仇を追い続けた先にみた誰も止められなかった追う追われる立場の苦しみ  [ オールマイティにコメンテート ]   2014年09月27日 20:07
「柘榴坂の仇討」は桜田門の変で井伊直弼を守れなかった武士が仇を討てという命を受け明治維新になってからも仇を追い続けるストーリーである。時代は江戸から明治へ移る時を経て ...
7. 『柘榴坂の仇討』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2014年09月27日 21:31
□作品オフィシャルサイト 「柘榴坂の仇討」 □監督 若松節朗□脚本 高松宏伸、飯田健三郎、長谷川康夫□原作 浅田次郎□キャスト 中井貴一、阿部 寛、広末涼子、中村吉右衛門、高嶋政宏■鑑賞日 9月20日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★
8. 柘榴坂の仇討 : 武士道の本質を描いた作品  [ こんな映画観たよ!-あらすじと感想- ]   2014年09月28日 16:04
 兵庫県議会、またまた面白い奴が出てきました。全力疾走じじいとは、やってくれるではありませんか。お笑い大国・大阪のお隣でもあるし、今後とも目が放せないですね。では、本
9. 柘榴坂の仇討  監督/若松 節朗  [ 西京極 紫の館 ]   2014年09月30日 22:47
【出演】  中井 貴一  阿部 寛  広末 涼子  藤 竜也 【ストーリー】 安政7年、彦根藩士・志村金吾は主君である大老・井伊直弼に仕えていたが、登城途中の桜田門外で井伊は暗殺されてしまう。その後、あだ討ちの密命を受けた金吾は敵を捜し続けて13年が経過する。明治...
10. 映画:柘榴坂の仇討 予想外に! 当ブログのテーマ「変化」に合致。  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2014年10月13日 16:17
柘榴坂=ざくろざか 当ブログにしては珍しく(笑)、時代劇。 この前観た西部劇(あれはひねってるけど、ね)じゃないが、とても久々! どうせオーソドックスな展開なんだろうとと思いきや、時代が幕末→明治。 ていうか、この事件がそのきっかけに?な桜田門外の変。..
11. 柘榴坂の仇討  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2014年10月13日 16:33
評価:★★★☆【3.5点】(11) すでにスルー作品と決めていたが、台風の影響でどこにも行けず
12. 柘榴坂の仇討  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2014年10月13日 21:21
 『柘榴坂の仇討』を渋谷シネマパレスで見ました。 (1)中井貴一と阿部寛が出演するというので映画館に行ってきました(注)。  本作(注1)では、1860年に起きた「桜田門外の変」の後日談が描かれます。  桜田騒動(注2)の際、命にかけても主君・井伊掃部頭(中村...
13. [映画][☆☆☆★★]「柘榴坂の仇討」感想  [ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 ]   2014年10月15日 19:37
 浅田次郎原作、短編集「五郎治殿御始末」収録の時代短編小説を、「沈まぬ太陽」の若松節朗監督、中井貴一×阿部寛主演で映画化。 浅田次郎ファンを自称する小生だが、残念ながら原作は未読…のはずなのに、部屋の本棚を見ると、なぜか普通に置いてあった(笑)。アレおか
14. 柘榴坂の仇討  [ C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜 ]   2014年11月03日 21:44
柘榴坂の仇討 '14:日本 ◆監督:若松節朗「夜明けの街で」「沈まぬ太陽」 ◆出演:中井貴一、阿部寛、広末涼子、高嶋政宏、真飛聖、二代目中村吉右衛門、吉田栄作、堂珍嘉邦、近江陽一郎、木崎ゆりあ、藤竜也 ◆STORY◆安政七年三月三日、江戸城桜田門外で大老の井...
15. 柘榴坂の仇討  [ いやいやえん ]   2015年05月16日 09:19
【概略】 安政七年(1860年)。彦根藩士・志村金吾は、時の大老・井伊直弼に仕えていたが、雪の降る桜田門外で水戸浪士たちに襲われ、眼の前で主君を失ってしまう。両親は自害し、妻セツは酌婦に身をやつすも、金吾は切腹も許されず、仇を追い続ける。時は移り、彦根藩も既に

この記事へのコメント

1. Posted by Ageha   2014年09月22日 08:14
ハグ&キスがなくてもグッとくるってのは日本ならではだろうな〜って思います(^_^;)
短編小説を膨らませるにあたって
武士のなんたるかよりも支えた女性たちについてのエピソードを加えた分だけ
ラブストーリーになったのかもしれませんね。

俺もどこそこの藩士だ俺も俺もってわらわらと
”武士”だった頃の名乗りをあげてあつまってくるあのシーンて
なんとなくジブリっぽくなかったですか?
おとなのケンカで本来なら緊迫したシーンなのにかっこよく決めてるようでめっちゃ笑いました。微笑ましかったです。
2. Posted by にゃむばなな   2014年09月22日 17:53
Agehaさんへ

武士を支えた女性たちを前面に出すことなく、でもしっかりと描いたところが素晴らしかったですね。

そういえば次々と元武士が名乗り出るくだりはジブリでもありそうですね。
一番初めに名乗り出た船頭さんが最も渋かったですわ〜。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載