2014年10月18日

『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』

グレース・オブ・モナコモナコ公妃を演じ切れ!
ハリウッドでのオスカー女優という地位よりもモナコ公国レーニエ3世との結婚を選んだグレース・ケリーの切り札。それこそ公妃であり、女優でもあるということ。
モナコ公国の国家存亡の危機という割にはあまりドラマティックな作品ではないものの、歴史好きには一見の価値ありの映画だと思います。

華やかなシンデレラ・ストーリーや謎の事故死、そしてケリーバッグといったグレース・ケリーと聞いて思い浮かぶ周知の史実ではなく、モナコ公国が圧力を掛けてきたフランス領になるかも知れないという国家の危機に「モナコ公妃として」挑んだ知られざる姿を描いているこの作品。

なので、歴史好きにはこういう秘話は興味深く見ることが出来るのですが、一方でモナコ公室、特にアルベール2世を始めとする3人の実子からは「史実に対して不正確」と強く批判され、仕方なく「史実に基づいたフィクション」と銘打っている割にはあまりドラマティックでないところが少々淋しくもあるんですよね。

例えばクライマックスのモナコ公国主催の各国首脳や要人を招いた赤十字舞踏会でのスピーチなどは、もっとカメラワークもBGMもドラマティックにしてもいいはず。
また裏切者を探すくだりでも容疑者マッジの隠密行動が判明するくだりも平凡。
史実を忠実に描いている訳でもなければ、あの予告編で高まったエンタメ作品としての期待を満たしてくれる訳でもない。『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』同様にヒロインの知られざる姿を描く様は見事で全く退屈はしないものの、国家存亡の危機という割には映画にそんな危機感があまり見えなかったのは残念でしたね。

ただ働く女性が寿退社でお堅い世界に嫁いだがためにフラストレーションが溜まるなか、アルフレッド・ヒッチコック監督からの『マーニー』への出演依頼や女性の議論参加をアメリカ流と揶揄される風潮など、何度も心が揺れたり折れたりしても自分の居場所と家族愛は自分の手で守ろうとする姿は、とても格好いいもの。

特にグレース・ケリーという知名度と美貌を活かしながら公妃としてのマナーやフランス語を習得して「モナコ公妃として」かつ「モナコ公国の顔として」輝いていく。この姿がニコール・キッドマンのキリッとした美しさにピッタリなんですよね。

そして「元アメリカ人女優」であり「現モナコ公妃」である自分の立場を最大限利用して、さらに政治的な場ではなく「赤十字の舞踏会という場」も利用して「家族離散の危機」を「国家存亡の危機」と置き換えるスピーチも見事なもの。
やはりいつの時代も、そして世界のどこでも国家の危機を救うのは男性ではなく女性なんですよね。

女性はみな女優とよく言いますが、でも「一世一代の大芝居」が出来るのは本物の女優だけ。
タッカー神父がアメリカへ帰国する道を選んだのも、そんな本物の女優の強さを持っているこの公妃なら大丈夫と思ったからなのでしょう。

マリア・カラスやアリストテレス・オナシスの存在感が中途半端でも、アントワネット妃の裏切りにも毅然とした態度で対応し、シャルル・ド・ゴールの陰謀にも見事に勝利したグレース・ケリー。
でもこの勝利から20年後に謎の事故死。陰謀説が語られるのもある意味納得です。

深夜らじお@の映画館はニコール・キッドマンがあの美しさで47歳ということには納得出来ません!

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

この記事へのトラックバック

1. グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札  [ ハリウッド映画 LOVE ]   2014年10月18日 17:23
原題:Grace of Monaco監督:オリビエ・ダアン出演:ニコール・キッドマン、ティム・ロス、フランク・ランジェラ、パス・ベガ、パーカー・ポーシー
2. グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2014年10月19日 00:00
【GRACE OF MONACO】 2014/10/18公開 フランス/アメリカ/ベルギー/イタリア 103分監督:オリヴィエ・ダアン出演:ニコール・キッドマン、 ティム・ロス、フランク・ランジェラ、パス・ベガ、パーカー・ポージー、マイロ・ヴィンティミリア、デレク・ジャコビ、ロバート...
3. 「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2014年10月19日 08:29
ハリウッドを代表するオスカー女優で人気絶頂期に引退し、モナコ公国の公妃となったグレース・ケリーの物語。事実をもとにした”フィクション”ということで、ニコール・キッドマンのなり切りっぷりがとても良かった
4. グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 / Grace of Monaco  [ 勝手に映画評 ]   2014年10月19日 10:43
1982年に交通事故で世を去った、伝説の女優にしてモナコ公妃グレース・ケリー。その彼女が、1962年フランスとの課税問題に端を発する国家存亡の危機に見せた一世一代の大演技を描いた作品。 ニコール・キッドマンすげぇ。冷静に考えてみると、グレース・ケリーとニコール...
5. 「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」☆美しさvsサスペンス  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2014年10月19日 16:42
何しろ美しい。 絶世の美女グレースケリーを演じるとしたらこの人しかいないよね・・・・のニコール・キッドマンしかり。 青い海と島々が浮かぶ絶景もそうだし、 煌びやかな衣装に荘厳な宮殿・・・・何もかもうっとりするような美しさに囲まれた、まさに美を愛でる作品。
6. グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2014年10月19日 17:08
評価:★★★★【4点】(11) こういう映画は、歴史を知るいい切っ掛けとなりますな〜。
7. おとぎ話の裏側。『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2014年10月19日 19:12
ハリウッド女優からモナコ公妃となったグレース・ケリーの目線で描かれた当時のモナコの内情を描いた作品です。
8. グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札  [ 風情♪の不安多事な冒険 Part.5 ]   2014年10月19日 21:22
 フランス&アメリカ&ベルギー&イタリア  ドラマ&伝記  監督:オリヴィエ・ダアン  出演:ニコール・キッドマン      ティム・ロス      フランク・ランジェラ ...
オスカー女優だったグレース・ケーリーがモナコ大公レーニエ3世と結婚するという、表向きは華やかなシンデレラ・ストーリーの裏側を描いた伝記ドラマ。主演はこれまたオスカー女優のニコール・キッドマンだ。監督は『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』のオリヴィエ・ダアン。
10. グレース・オブ・モナコ★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2014年10月20日 20:33
ニコール・キッドマンがハリウッド・スターからモナコ公妃となった伝説の美女グレース・ケリーを演じる伝記ドラマ。モナコ公妃としての生活に馴染めず苦悩を深めるグレース・ケリーの心の葛藤と、夫レーニエ公とフランス大統領シャルル・ド・ゴールとの政治的対立をめぐる...
11. 映画:グレース・オブ・モナコ Grace of Monaco 大女優最後の大芝居はフィルムでなくリアルの場で。  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2014年10月21日 00:17
グレース・オブ・モナコ=グレース・ケリー ヒッチコックが愛してやまなかった、お気に入り女優グレース・ケリー。 「泥棒成金」「裏窓」「ダイヤルMを廻せ!」 などの名作、おおし! その彼女を射止めたのは、カンヌ国際映画祭で知り合ったという、モナコ大公レーニエ...
12. 劇場鑑賞「グレース・オブ・モナコ公妃の切...  [ 日々“是”精進! ]   2014年10月22日 14:06
「グレース・オブ・モナコ公妃の切り札」を鑑賞してきましたハリウッド女優からモナコ公妃となったグレース・ケリーの華やかなシンデレラストーリーの裏に隠された激動の半生に迫る...
13. グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札  [ 心のままに映画の風景 ]   2014年10月26日 00:59
1956年、人気絶頂の中、突然ハリウッド女優を引退し、モナコ大公レーニエ3世(ティム・ロス)と結婚したグレース・ケリー(ニコール・キッドマン)。 6年後、アルフレッド・ヒッチコック監督からの新作オファーに心が揺れていたが、折しも、国家存亡の危機に直面、フラン
14. グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札  [ to Heart ]   2014年10月27日 21:42
上映時間 103分 製作国 フランス/アメリカ/ベルギー/イタリア 監督 オリヴィエ・ダアン 出演 ニコール・キッドマン/ティム・ロス/フランク・ランジェラ/パス・ベガ/パーカー・ポージー/マイロ・ヴィンティミリア/デレク・ジャコビ/ロバート・リンゼイ/ニコラス・ファレル...
15. グレース・オブ・モナコ  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2014年10月28日 06:44
 『グレース・オブ・モナコ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『ペーパーボーイ―真夏の引力』や『レイルウェイ 運命の旅路』で好演したニコール・キッドマンが出演するというので映画館に行ってきました。  本作(注1)の最初の方では映画の撮影風景が映し出され...
16. 『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2014年11月03日 08:15
□作品オフィシャルサイト 「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」□監督 オリビエ・ダアン□脚本 アラッシュ・アメル□キャスト ニコール・キッドマン、ティム・ロス、フランク・ランジェラ■鑑賞日 10月25日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの
17. グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2014年11月03日 17:32
2014年11月1日(土) 12:25〜 109シネマズ川崎4 料金:1100円(ファースト・デー) パンフレット:未確認 ロッテン・トマトで満足度驚異の9%。 『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』公式サイト ロッテン・トマトで驚異的な低評価。 そして。グレース王妃の実
五つ星評価で【★★普通によくできた映画だけど「切り札」をタイトルに入れるなら、胸がすくどんでん返しが欲しかったね】    私はクラシック映画をほとんど見ないから、ニコー ...
19. 映画「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」  [ FREE TIME ]   2014年11月05日 23:55
11月1日のファーストデーに映画「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」を鑑賞しました。
出演:ニコール・キッドマン、 ティム・ロス、フランク・ランジェラ、パス・ベガ、パーカー・ポージー、マイロ・ヴィンティミリア、デレク・ジャコビ、ロバート・リンゼイ、ジェラルディ ン・ソマーヴィル、ニコラス・ファレル、アンドレ・ペンヴルン、ロジャー・アシュ...
21. グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札  [ C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜 ]   2014年12月01日 22:42
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 '13:フランス ◆原題:GRACE OF MONACO ◆監督:オリヴィエ・ダアン「エディット・ピアフ 愛の讃歌」「いつか、きっと」 ◆出演:ニコール・キッドマン、ティム・ロス、フランク・ランジェラ、パス・ヴェガ、パーカー・ポージー...
22. 映画・グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札  [ 読書と映画とガーデニング ]   2014年12月05日 08:12
原題 Grace of Monaco2013年 フランス モナコ公国存亡の危機を救うため生涯一の難役に挑んだプリンセスの知られざる感動の物語 1956年、オスカー女優のキャリアを捨て、“世紀のロマンス”を経てアメリカからモナコ大公レーニエ3世(ティ...
23. 映画『グレース・オブ・モナコ公妃の切り札』を観て  [ kintyre's Diary 新館 ]   2015年01月12日 18:22
14-85.グレース・オブ・モナコ■原題:Grace Of Monaco■製作年、国:2014年、フランス・アメリカ・ベルギー・イタリア■上映時間:103分■料金:0円(ポイント使用)■鑑賞日:10月25日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督:オリヴィエ・ダアン◆ニコール・キッドマン
24. グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札  [ いやいやえん ]   2015年05月10日 08:33
【概略】 “世紀の結婚"から6年経った1962年、グレース・ケリーは、いまだにモナコ宮殿のしきたりに馴染めずにいた。社交の場で女性が政治に意見するのは「アメリカ流」だと皮肉られ、夫のレーニエからも控えめでいることを望まれる。そんなある日グレースがヒッチコックか

この記事へのコメント

1. Posted by えふ   2014年10月18日 17:22
グレースはヒッチコックの誘いを断ったものの、
モナコで生涯、女優を演じていたように見えました。
それにしてもニコール・キッドマンの美しさは半端なかったわ。
2. Posted by にゃむばなな   2014年10月18日 23:15
えふさんへ

モナコ公妃という役を演じきったまま生涯を終えた。
まさにそんな感じなんでしょうね。
そんなグレース・ケリーを見事に演じきったニコール・キッドマンも素晴らしかったですよ。
3. Posted by yukarin   2014年10月19日 00:15
こんばんは♪
ドラマティックに観たかったと思いました。クライマックスのスピーチシーンももうちょっと盛り上げて欲しかったなーと思いました。
4. Posted by たいむ   2014年10月19日 08:27
陰謀説がらみのゾクゾクするような話ではなかったけれど、見ごたえありました。
それにしても「カラスさん」って日本語字幕。間違っていないけれど”黒一色の人かしら?”って一瞬思ったりして、どうにも茶化しているようにしか見えないのに苦笑い。
5. Posted by ノルウェーまだ〜む   2014年10月19日 17:07
にゃむばななさん☆
本当は「知られざる史実」として公開したかったので、あまりドラマチックに描けなかったのを、身内に批判されたことで「フィクション」と言わざるを得ないことになって、それで中途半端なかんじになったのかもしれませんね。
それにしてもニコールは充分に美しかったです。
6. Posted by にゃむばなな   2014年10月20日 22:44
yukarinさんへ

そうなんですよね、最後はやはり盛り上がって欲しかったのが本音。
それでこその映画ですからね。
7. Posted by にゃむばなな   2014年10月20日 22:45
たいむさんへ

確かに「カラスさん」はねぇ〜と思いますよね。
字幕にする時に「マリアさん」に変更とかは出来なかったんですかね?
8. Posted by にゃむばなな   2014年10月20日 22:47
ノルウェーまだ〜むさんへ

公室に批判されて中途半端になったのがもったいなかったですね。
しかもニコール・キッドマンの美しさが光っていただけに、余計にそう思えたのかも知れませんよ。
9. Posted by BROOK   2014年10月22日 14:13
グレースはモナコ公妃を見事に演じ切ったんですよね♪
ラストのスピーチシーンは非常に見応えがありました。
ド・ゴールに釘を刺すマクナマラが面白かったです。
10. Posted by にゃむばなな   2014年10月24日 09:49
BROOKさんへ

アメリカの釘刺しは皮肉も込めていたんでしょうかね。
個人的にはもう少しあのクライマックスは盛り上がって欲しかったですよ。
11. Posted by YUKKO   2014年10月25日 20:20
試写会で見ました。ニコールの美しさとグレース・ケリーの美しさの質が違いますよね。グレース・ケリーの方が気品があったかなと思います。盛り上がりが欠けた気がします。彼女の3人の子供たち、なかなか波乱な人生送ってますね。
12. Posted by にゃむばなな   2014年10月26日 22:46
YUKKOさんへ

ニコール・キッドマンはグレース・ケリーに見た目で似せるようなことはせず、女優らしく雰囲気で似せてきたのが好印象でしたね。
しかしあの美しさで47歳とは…。
13. Posted by きさ   2014年10月29日 05:46
キッドマンはグレース・ケリーにはあまり似ていませんが、やはりきれいですし、衣装やセットが豪華ですね。
キッドマンのファンにはお勧め。
ティム・ロス演じるレーニエ3世もいいですが、グレースに助言をするフランク・ランジェラの神父役の演技が良かったです。
モナコ公国とフランスとの軋轢をグレース・ケリーが一世一代の演技で撤回させるというお話はあまり現実味がないかな。
14. Posted by にゃむばなな   2014年10月30日 11:06
きささんへ

ニコール・キッドマンは本当にキレイですよ。
特にトム・クルーズと別れてからはね。
その美しさが功を奏した映画でもあったと私は思います。
15. Posted by FREE TIME   2014年11月06日 00:25
ストーリーはともかく、ニコール・キッドマンの魅力たっぷりの映画でしたね。
あのスピーチはハリウッド女優から王妃へと完全な転身を遂げたようなシーンでした。
16. Posted by にゃむばなな   2014年11月06日 23:28
FREE TIMEさんへ

ほんと、ニコール・キッドマンは美しすぎますよ。
しかもあれで47歳って…ありえへん!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載