2014年10月30日

『泣く男』

泣く男プロ意識のない殺し屋たちによる残酷なだけで不細工な映画。
『アジョシ』という大傑作を作り上げたイ・ジョンボム監督があのジョー・ライト監督のようにアクション映画の撮り方も分からぬ監督に成り下がってしまいました!
銃声と血みどろだけがパワーアップしているだけで、映画としては格段にレベルダウンしたこの作品。『アジョシ』は奇跡の一本だったのか!?

残酷なまでに美しいアクションを見せてくれたウォンビンに代わり、少々スリムになったチャン・ドンゴン兄貴による泥臭くも見応えのあるアクションを期待して見に行ったのですが、まぁアクション以前に脚本が大味な展開を迎えるうえに細部を適当に描いているため、映画全体として締りのないこと。

例えば一流の殺し屋であるはずのゴンは扉の向こうに誰がいるかも確認せず無暗に発砲しては無垢な少女を殺してしまうというプロらしからぬミスをすれば、中盤では手袋もせずにターゲットの家に忍び込んでは素手であらゆるものを触りまくり、いざ後半で中国マフィアから送られてきた英会話3人衆との戦いでは止めを刺さずに放置した敵に守るべき女性モギュンを拉致されるという失態まで犯す始末。

またこのモギュンという女性の立ち位置も中途半端なら、ゴンがこのモギュンに寄せる想いも中途半端なので、結局ゴンがどういう理由で組織を裏切ろうとしたのかも不明のまま。
仮に少女を殺めてしまった贖罪として近づくも一人の女性として愛してしまったなどの明確な理由があればまだしも、何だか乗りかかった舟だから仕方なくとも思える展開にも見えてしまうんですよね。

加えて最も残念だったのが、やはり敵の描き方がアクション映画の撮り方という公式に全く当てはまっていなかったこと。
雑魚の倒し方もカメラワークが揺れすぎていて分かりにくければ、ラスボスのジョン・リーは20億ウォン要求男によって仲間割れで殺されてしまうというハプニング。
唯一No.2が英会話3人衆ということで強敵3人と戦うシーンは凄く面白く見れたものの、ラスボスを倒した下克上男とゴンの最終決戦があるかと思いきや、強姦しようとしたモギュンによって逆襲されて殺されてしまうという残念な結果。
しかもこの下克上男もプロの殺し屋のはずなのに、ナイフを横に放置して強姦しようとするなんて、何と危機意識のない殺し屋。とてもプロとは思えないですよ。

また警察内部に裏切り者が突然出てくるとか、団地住民も凄い銃撃戦が繰り広げられても爆破が起こるまで悲鳴を上げないとか、どんなに大きな銃撃戦が起きても警察は全く駆けつけないとか、大味な展開や設定も多すぎること。

そして中国マフィアのおじいちゃんボスを倒さない限りモギュンは報復の対象になるのにゴンは自己満足だけでモギュンに殺されてもいいのか?かつて命を救ったという恩があるとはいえ敵のチャオズに全てを託しても大丈夫なのか?その辺りも結構いい加減なんですよね。

結局残酷なまでに美しいアクションを伏線の効いた脚本で見せ切った『アジョシ』とは違い、伏線が全くない脚本を残酷なだけで不細工なアクションで見せようとしたら、何がしたいのかよく分からない殺し屋さんの映画に成り下がったこの作品。
一人で悩み苦しむ殺し屋が絵になると思って作っただけなのか、凄く残念な映画でしたよ。

深夜らじお@の映画館はこれがイ・ジョンボム監督作品とはとても信じられません。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

acideigakan at 12:16│Comments(2)clip!映画レビュー【た行】 

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「泣く男」  [ 日々“是”精進! ]   2014年10月30日 13:07
「泣く男」を鑑賞してきましたパンフレットが薄っ!これで500円かぁ…(汗)「アジョシ」で世界的に高い評価を受けたイ・ジョンボム監督が、主演にチャン・ドンゴンを迎えて贈る...
2. 泣く男 ★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2014年11月04日 18:35
『アジョシ』などのイ・ジョンボム監督が、『ブラザーフッド』などの韓国を代表するスター、チャン・ドンゴンを主演に迎えた衝撃のアクションドラマ。クールな殺し屋が少女の命を奪ったことをきっかけに、次第に人間的な感情に目覚めていく悲痛な葛藤を本格的アクションと...
3. 「泣く男」  [ ここなつ映画レビュー ]   2014年12月04日 13:53
どういえばいいのか…。色んな意味でたいして面白くなかった。感想が1〜2行で終わるのもナンなので、たいして面白くない「色んな」を紐解いてみた。•アメリカ・韓国・ロシア…色々な国と組織(たぶん)が出てくるが掘りが浅いので消化不良。韓国側のボス以外は何を生業とし
4. 泣く男  [ 銀幕大帝α ]   2015年04月10日 20:48
NO TEARS FOR THE DEAD 2014年 韓国 116分 アクション/犯罪 R15+ 劇場公開(2014/10/18) 監督: イ・ジョンボム 『アジョシ』 脚本: イ・ジョンボム 出演: チャン・ドンゴン:ゴン キム・ミニ:チェ・モギョン ブライアン・ティー:チャオズ キム・ジュンソ...
5. 泣く男  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2015年05月14日 13:56
【NO TEARS FOR THE DEAD】 2014/10/18公開 韓国 R15+ 116分監督:イ・ジョンボム出演:チャン・ドンゴン、キム・ミニ、ブライアン・ティー、キム・ジュンソン、キム・ヒウォン、カン・ジウ その殺しの報酬は、購(あがな)い。 Story:幼い頃に中国系犯罪組織に拾われ...
6. 泣く男  [ だらだら無気力ブログ! ]   2016年01月12日 21:26
アクション見応えあった。

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2014年10月30日 13:09
ちょっとプロットが雑過ぎたような感じがしましたね。
「アジョシ」のように主人公の無双っぷりを描いた方が楽しめたかもしれません…。
2. Posted by にゃむばなな   2014年11月02日 09:55
BROOKさんへ

この脚本ではダメですよね。アクション映画の公式も無視してますし。
『アジョシ』はマグレだったのかな〜。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載