2014年12月12日

『ゴーン・ガール』

ゴーン・ガール妻の選び方次第で結婚が人生の墓場になる。
妻の殺害嫌疑を掛けられた夫を追うサスペンスフルな予告編とは違い、本編はまさに理想と現実の夫婦像の差を見事に描いたブラックなドラマ。これを見て女は怖いと思わない男などいないはず。
そしてロザムンド・パイク嬢には是非次のオスカー女優になっていただきたい!

ある日突然妻が失踪した。家の中は偽装された犯行現場。当然夫は妻を探す優しき夫になるが、世間は夫が妻を殺害したと疑い始め、警察は夫に妻殺害の嫌疑を掛ける。死体は出てこないが証拠となるような物はたくさん出てくる。そうなればミズーリ州に住む浮気夫は死刑になる可能性も十分ある。

これが予告編で見た内容。そして本編中盤から回顧録で語られていたはずの妻が明かす、実は全て仕組んだ浮気夫への復讐をするためのワナ。
推理本を読み、無学の隣人を利用し、大量に血を抜き、自分への保険金額を吊り上げ、夫が疑われるようなヒントを散りばめ、目立たぬ車を買って逃亡する、博識で行動力と決断力に長けたお嬢様出身の妻が仕組んだワナ。まずここで男性の私が思うことはただ一つ。女って怖い…。

しかし神様はそんな妻に罰を与える。逃亡先で仲良くなった女に訳ありなことを見抜かれ所持金を奪われる。当然ここで三十路を過ぎた私が思うことは一つ。人生、そう巧く行くはずないって…。

ただ妻はへこたれない。犯罪性の性癖のある元彼を利用する。夫に支配され続けた妻を演じて。
一方、夫は妻への復讐に出る。過ちを認め反省して心を入れ直した夫を演じ、TVを通じて世論を味方につけるという手法で。
当然ここで草食系の私が思うことは一つ。これで妻との攻防も五分五分に戻せたらいいんやけど…。

対して妻は反省した夫の姿を見て思う。「あなた、心を入れ替えたのね」ではなく、「コイツ、まだ利用出来る…」と。
そして金持ちになった元カレをレイプ魔に仕立て上げるため、腕に縛られた痕をつけ、股間にワインで赤く濡らし、元カレが服装を直す姿と自分が襲われたように泣き叫ぶ姿を防犯カメラに映るようにし、最後には元カレをベッドに誘ったうえでカッターナイフで喉元を掻っ切る。
当然ここで助平な私が思うことは一つ。女の怖さを知ってもロザムンド・パイクは抱きたいわ〜。

そして妻は血みどろになったまま帰宅する。生還した悲劇のヒロインとして。
事情が大よそ検討のつく夫に対してビジネスパートナーのように協力を要請し、理想の夫婦を演じることを持ち掛ける。でもそれは要請ではなく、実は強制。夫には離婚などの選択肢がありそうで、実は何の選択権もない。ただあるのは妻に協力するという唯一の選択肢に対する決定権のみ。
当然ここで営業をしている私が思うことは一つ。どこの夫婦も実情はこれやねん。夫には選択権がないねん…。

そうして妻は夫に妻が悲劇のヒロインという足枷をつけ、子供が出来て親になるという杭を打ち込む。全ては妻が「アメイジング・エイミー(完璧なるエイミー)」という世間にとっての理想の幸せを得た勝ち組でいるという目的のため。夫には悪いようにはしないから私に従えとばかりに。当然ここで婚活中の私が思うことは一つ。こんなん見せられたら結婚願望が萎えるやん…。

結局のところ、妻がヘマをしない限り、夫が妻に勝つことなどあり得ない。それが現実なのでしょう。だからこそ男はそれを理解したうえで妻を選ばなければならない。妻の理想の夫像をある程度把握し、その実現が自分には可能かどうかを検討したうえで選ばなければならない。それが結婚というものの実情なのでしょう。

幼な妻でもないのに「GONE GIRL」。失踪したでも殺害されたでもない、男が夢見がちな甲斐甲斐しい女の子像は結婚すれば妻からは消えてしまう。だから「GONE GIRL」。

思い返せば、もしベン・アフレックがジェニファー・ロペスと結婚していたら、この物語は現実化していたかも知れない。そう思うと、このダメ男ニックが似合う割れアゴも良かったのですが、ただ映画を見終ると最も印象に残るのは吹田に縁のあるロザムンド・パイク嬢。
この大化けした怪演っぷりは賞レースの賑わすどころか、オスカーレースの大本命にもなり兼ねませんよ!

深夜らじお@の映画館はこんな映画を見ても婚活を頑張ります!

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

この記事へのトラックバック

1. 『ゴーン・ガール』 (2014)  [ 相木悟の映画評 ]   2014年12月13日 00:22
二転三転、驚愕のサイコロジカル・スリラー! どんより暗くなる身も蓋もない内容ながら、めちゃくちゃ面白いサスペンスであった。 本作は、今やハズれるイメージのわかない名匠となったデヴィッド・フィンチャー監督作。ギリアン・フリンの同名ベストセラー小説の映画...
2. ゴーン・ガール/死ぬよりも恐ろしい  [ MOVIE BOYS ]   2014年12月13日 00:25
『ソーシャル・ネットワーク』や『ドラゴン・タトゥーの女』などで知られる鬼才・デヴィッド・フィンチャー監督作品。結婚5周年に姿を消した妻、その妻殺しの疑惑をかけられた男の真実を描くスリラーだ。疑惑の夫を『アルゴ』や『ザ・タウン』のベン・アフレックが、失踪した
3. ゴーン・ガール ★★★.5  [ パピとママ映画のblog ]   2014年12月13日 00:42
結婚5周年に突如姿を消した妻を捜す男が警察の捜査やメディア報道に追い込まれ、さらに妻殺害の疑いを掛けられてしまう物語を描くスリラー。アメリカの女性作家ギリアン・フリンのベストセラーをベースに、理想の夫婦が抱える秘密を暴く。監督は、『ソーシャル・ネットワ...
4. 劇場鑑賞「ゴーン・ガール」  [ 日々“是”精進! ]   2014年12月13日 05:41
「ゴーン・ガール」を鑑賞してきましたギリアン・フリンの同名ベストセラー・ミステリーを「ソーシャル・ネットワーク」「ドラゴン・タトゥーの女」のデヴィッド・フィンチャー監督...
5. 「ゴーン・ガール」  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2014年12月13日 08:32
デヴィッド・フィンチャー監督の新作。とにかく評判がいいので見に行きました。彼の監督作で好きなのは「エイリアン3」「セブン」「ファイト・クラブ」・・・・もちろん他にも有名 ...
6. ゴーン・ガール  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2014年12月13日 11:16
誰もがうらやむ若い夫婦に突然妻の失踪事件が起き、夫に妻殺害容疑がかかる。マスコミの煽り立てるような報道は夫の立場を悪くして、観客もそれに引き込まれる。ところが、待っていたのが仰天境地の展開だ。すごい衝撃的な映画の誕生に遭遇してしまった。
7. ゴーン・ガール  [ Akira's VOICE ]   2014年12月13日 11:32
夢も希望も無いのである。。  
8. ゴーン・ガール  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2014年12月13日 21:36
評価:★★★★【4点】(F) こういうミステリー映画は大好き(笑)
9. ゴーン・ガール  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2014年12月13日 23:27
【GONE GIRL】 2014/12/12公開 アメリカ R15+ 149分監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー、キム・ディケンズ、キャリー・クーン 本当に大切なものはいつも失って初めてわかる ギ...
10. 「ゴーン・ガール」☆「あの妻」はどこに?  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2014年12月13日 23:39
少子化問題が叫ばれる中、少子化どころか結婚する人がますます減りそうなこの映画。 ああ、恐ろしやおそろしや。 この恐ろしさはすぐそこに潜んでいる・・・・
11. ゴーン・ガール/ベン・アフレック  [ カノンな日々 ]   2014年12月14日 10:04
劇場予告編で流れる「She」にまんまとすっかりやられてしまいましたが、『ノッティングヒルの恋人』のようなロマンチックストーリーというわけではなさそうです。『ソーシャル・ネ ...
12. ゴーン・ガール  [ 風情♪の不安多事な冒険 Part.5 ]   2014年12月14日 11:35
 アメリカ  ミステリー  監督:デヴィッド・フィンチャー  出演:ベン・アフレック      ロザムンド・パイク      ニール・パトリック・ハリス      タイラ ...
13. ゴーン・ガール / Gone Girl  [ 勝手に映画評 ]   2014年12月14日 16:47
結婚5周年目の記念日、荒らされた家から妻が失踪。残された夫は、妻殺しの疑いをかけられるが・・・。 女怖ぇ〜(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル。 ジャンルは全く異なりますが、先日12/6のCX系めちゃイケで『たかみな卒業ドッキリ』での(その二日後、12/8に本当に卒業...
14. 恐怖炸裂!『ゴーン・ガール』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2014年12月14日 18:51
結婚5周年に突如姿を消した妻を捜す男の物語です。
15. ゴーン・ガール  [ 心のままに映画の風景 ]   2014年12月15日 17:18
ミズーリ州の田舎町。 ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は、誰もが羨む理想のカップルだったが、結婚5周年の記念日に、エイミーが突然行方をくらましてしまう。 部屋には争った形跡があり、大量の血液が拭き取られていることも判明し、警察は
16. ゴーン・ガール  [ ハリウッド映画 LOVE ]   2014年12月15日 20:23
今年のベスト予告賞!*ネタバレ気にせず書いてます。
17. 『ゴーン・ガール』をトーホーシネマズ六本木7で観て、人間恐怖だふじき★★★  [ ふじき78の死屍累々映画日記 ]   2014年12月15日 23:03
五つ星評価で【★★★凄い話である事は認めるが、そんなに好きではない】    争う双方の心理戦が来る! やべえ。こええ。 人間が人間に対して恐怖を抱くのは、 その人間の内 ...
18. ゴーン・ガール (2014)  [ ジュライシネマログ ]   2014年12月16日 14:21
〈あらすじ〉 ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしま ...
19. ゴーン・ガール/GONE GIRL  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2014年12月16日 23:37
今月いちばん楽しみだったフィンチャーの新作 デヴィッド・フィンチャー監督作品は「ソーシャル・ネットワーク」も「ベンジャミン・バトン」も 面白かったけど「セブン」「ファイトクラブ」が傑作だと個人的には思ってる★ 最近の「ドラゴンタトゥーの女」(リ...
20. 映画「ゴーン・ガール」 感想と採点 ※ネタバレなし  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2014年12月17日 17:12
映画 『ゴーン・ガール』 (公式)を本日に劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー NYで元雑誌のライターをしていたニック(ベン・アフレック)は仕事を失い、2年前に元性格診断ク
注・内容について触れています。『ゴーン・ガール』(Gone Girl)監督 : デヴィッド・フィンチャー出演 : ベン・アフレック、ロザムンド・パイクニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリーキム・
22. 『ゴーン・ガール』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2014年12月23日 18:10
□作品オフィシャルサイト 「ゴーン・ガール」□監督 デビッド・フィンチャー□脚本・原作 ギリアン・フリン□キャスト ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、        タイラー・ペリー、キム・ディケンズ■鑑賞日 12月20
23. ゴーン・ガール  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2014年12月25日 21:14
 『ゴーン・ガール』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)昨年アカデミー賞作品賞を受賞した『アルゴ』に出演していたベン・アフレックが出演しているというので映画館に行ってきました。  本作(注1)は、「妻の頭を割って、何を考えているか、どう感じているか、...
24. アメイジング・エイミー〜『ゴーン・ガール』  [ 真紅のthinkingdays ]   2014年12月28日 08:45
 GONE GIRL  アメリカ中西部・ミズーリ州のある町。結婚5周年を迎えた朝、ニック・ダン (ベン・アフレック)の妻エイミー(ロザムンド・パイク)が、忽然と姿を消した。 すぐさま警察に通報したニックだが、逆に妻殺しの嫌疑をかけられてしまう。  全
25. ゴーン・ガール  監督/デヴィッド・フィンチャー  [ 西京極 紫の館 ]   2014年12月28日 10:52
【出演】  ベン・アフレック  ロザムンド・パイク  ニール・パトリック・ハリス 【ストーリー】 ニックとエイミーは誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしまう。警察に嫌疑を掛けられ、日々続報を流すため取材を続...
26. 『ゴーン・ガール』  [ 時間の無駄と言わないで ]   2015年01月03日 02:22
最近はネタバレしまくりな予告編が多いけど、コレは良かった。 良い意味で期待を裏切られた。 まさかこんな展開になっていくとは・・・。 観に行きたくなるけどネタバレも全然し ...
27. ゴーン・ガール  [ だらだら無気力ブログ! ]   2015年01月07日 17:23
その辺のホラーより怖いわ〜。
28. 知能犯のわがままじゃん。(爆)〜「ゴーンガール」〜  [ ペパーミントの魔術師 ]   2015年01月13日 18:18
※ネタばれを含みますので、未見の方はスルーしてくださいね。※ ごっつ頭がいいのね。・・・とまずひとこと。 あたしゃ〜、単純に古畑みたいな展開で その謎解きでもするんかいなとおもってたから 最初スルーしたんだわさ。 そしたらま〜、見に行ったひとが「結婚した.
29. 「ゴーン・ガール」  [ ここなつ映画レビュー ]   2015年02月04日 14:23
とある女が失踪したからミステリー、と決めつけるよりもサスペンス・スリラーなんだな、これは。何故ってひたひたとぞくぞくと怖かったから。最初はニック(ベン・アフレック)の妻が失踪した事を巡って、妻エイミー(ロザムンド・パイク)の行方探し、誰が関与しているのか
30. ゴーン・ガール  [ 銀幕大帝α ]   2015年04月06日 20:24
GONE GIRL 2014年 アメリカ 149分 ミステリー/サスペンス/ドラマ R15+ 劇場公開(2014/12/12) 監督: デヴィッド・フィンチャー 『ドラゴン・タトゥーの女』 原作: ギリアン・フリン『ゴーン・ガール』 出演: ベン・アフレック:ニック・ダン ロザムンド・...
31. ゴーン・ガール  [ いやいやえん ]   2015年04月12日 12:40
【概略】 幸福な夫婦生活を送っていたニックとエイミー。しかし、エイミーが失踪し、自宅から血痕が発見され…。 サスペンス ベン・アフレック、ロザムンド・パイク共演。 まず、途中まで、全部エイミーのターン!です。 夫婦って他人同士がなるものだから、相手

この記事へのコメント

1. Posted by Caine   2014年12月13日 00:29
二転三転する物語は流石はフィンチャーと言った感じでした。
自分に正直に偽らずに生きようとするニックが、その為に子どもに対して責任をもって生きていく。なんちゅー皮肉なんだと。でも子どもがいるから離婚できないって夫婦いっぱいいますよね。要するに「それが結婚でしょ?」ってことなのかもしれません…。
2. Posted by kajio   2014年12月13日 02:00
遺体は見つけられなかったのにニックと妹まで逮捕した上にあっさり保釈した下りといい、

エイミーが物置を捜査する様に仕向けたタレコミの電話をあっさり信じた下りといい、

エイミーに拳銃の購入についての質問をあっさり交わされたシーンといい、

幾ら原作のまま(かもしれない)とはいえ、警察がもうちょっと仕事ができる設定にしてもらわないと、ニックのアホさ加減が際立たなかった印象があるのでもったいなかったです…。
3. Posted by BROOK   2014年12月13日 05:50
この夫婦、どっちもどっちだなぁ…と思ってしまったり。
ただ、明らかに最初に浮気をしていたニックの方が悪いような気もします。

ニックの最後に反撃しようにも虚しく撃沈…
エイミーには愛情すら感じるようになる結末はある意味ハッピーエンドだったのかもしれません。
4. Posted by YUKKO   2014年12月13日 08:30
途中まで予想通りの展開だったのです。まさかまさかの終わりに唖然でした。男性なら女性は怖いって思ったでしょうね。でも、結婚ってある意味理想と現実の違いはあるものです。お互いにね。
ロザムント・パイク上手かった。というか怖かった。いままでのどの映画も単なる綺麗な人って役だったのに、一皮むけましたね。ところで吹田に縁あるってなぜですか?
5. Posted by にゃむばなな   2014年12月13日 23:19
Caineさんへ

ほんと、強烈な皮肉ですよね。というか、そんな状態で子育てなんて出来るのかと思うほど。
でもそれもまた「結婚」の実情なのかも知れませんね。
6. Posted by にゃむばなな   2014年12月13日 23:22
kajioさんへ

警察の描き方については同感ですね。
最後も見事にエイミーに流されてましたからね。
でも警察もまた世論を気にしているっていうことなんでしょうね。
7. Posted by にゃむばなな   2014年12月13日 23:29
BROOKさんへ

夫と妻が戦えば妻が勝つ。これが夫婦というものなのでしょう。
だから浮気はアカンという訳ですな。
8. Posted by にゃむばなな   2014年12月13日 23:37
YUKKOさんへ

結婚に夢見ちゃあかんのは分かっていても、これが現実となるとさすがに覚悟は必要になりますね。
ちなみにロザムンド・パイクと吹田で検索してみてください。メイシアターがキーワードとして出てきますので、詳細はそちらで。
9. Posted by yukarin   2014年12月13日 23:45
こんばんは。
なかなか怖いお話でした。
結婚...いろいろ考えてしまう所もありますね。
とにかくロザムンド・パイクの演技が素晴らしかったです。
10. Posted by にゃむばなな   2014年12月13日 23:59
yukarinさんへ

結婚には覚悟がいる。相手の人生を背負う以外の覚悟が。
そんなことを学べたのは長い目で見ると良かったのかも知れませんが、まぁ怖い話でしたわ。
11. Posted by ノルウェーまだ〜む   2014年12月14日 00:44
にゃむばななさん☆
可愛かった幼な妻がどこかに消え去るのは、いわば当然のことながら(笑)究極すぎる復讐劇は、元はといえば夫の浮気が原因なのはどうにもならない事なのでしょうね。
少なくとも「夫婦はお互い様」を忘れないよう生活しなくてはと日々反省です。
婚活がんばってください。
12. Posted by にゃむばなな   2014年12月14日 01:05
ノルウェーまだ〜むさんへ

そうそう、夫婦はお互い様ですよね。
理想の女性像が妻から消えれば、理想の男性像も夫から消える。
それを先にやっちゃったのがニックでしたからね。
私もその辺りは肝に銘じておきます。
13. Posted by かのん   2014年12月14日 10:31
とんでもなく知能犯なサイコパスでしたね。恐ッ。戦慄がはしるとはこの事なのかも。

ロザムンド・パイクはオスカー候補筆頭になりそうですね。それくらい圧巻でした。
14. Posted by にゃむばなな   2014年12月14日 23:02
かのんさんへ

こういう映画を見ると、婚活もより一層の覚悟がないと出来なくなりそうですよ。
それにしてもロザムンド・パイクのあの圧巻の演技。オスカー間違いなしになってほしいです。
15. Posted by えふ   2014年12月15日 20:21
何も知らないで見に行ったので、
ただのサスペンスかとおもいきや、、、
へたなホラーよりも恐さがあってビックリ仰天でした!
そしてロザムンド・パイクが圧巻の演技でした!
16. Posted by mig   2014年12月16日 23:55
妻の選び方次第で結婚が人生の墓場になる。

これって、男もだんだんダメになっちゃだめですよ!最初だけじゃだめ。
妻にうざがられるような男になっちゃだめです 笑

そうそうベンはダメ男がほんとに似合うのです
大好き♪
ロザムンドも魅力的ですよねー
17. Posted by にゃむばなな   2014年12月17日 23:19
えふさんへ

まさかあの予告編からこんな展開になるとはねぇ〜。
ロザムンド・パイクは是非オスカー女優になっていただきたいですよ。
18. Posted by にゃむばなな   2014年12月17日 23:20
migさんへ

男性にとってはこんな感想になってしまうんですよね。
でも女性からしても同じ。男性も妻に見捨てられちゃ終わりですからね。
19. Posted by 三日月   2014年12月26日 02:23
にゃむばななさん♪

ダークでブラックユーモアが効いたフィンチャーらしい映画でした。凄いもんみせられちまった感がはんぱないw
旦那の巻き込まれ型サスペンスで突っ走るのかと思いきや、二転三転する物語の面白さ。特にエミリーの危うさがよかったです。だましちゃうとことか、だまされちゃうとことか…むにゃむにゃ。ロザムンド・パイクいい女優さんですね。
20. Posted by にゃむばなな   2014年12月26日 11:23
三日月さんへ

ベン・アフレック主体の映画かと思いきや、実はロザムンド・パイク主体の映画になっていたのが見事でしたね。
もうこの女優さんはオスカー女優になるしかないでしょう!
21. Posted by きさ   2015年01月02日 10:10
怖い映画でした。
ベン・アフレックの割と何も考えていない様な柄が役に会ってました。
しかしロザムンド・パイクの演技、強烈ですね。
そしてなんともいえないラスト。後味は悪いですが見せる映画でした。
22. Posted by にゃむばなな   2015年01月02日 15:50
きささんへ

ほんま、女性の恐ろしさに男性としてはビビりまくりの映画でしたね。
それもこれも全てロザムンド・パイクの名演技のおかげでしょう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載