2014年12月21日

『ベイマックス』

ベイマックス私はベイマックス。あなたの心とカラダを守ります。
兄タダシから受け継いだ弟ヒロに注がれるベイマックスの愛に涙が止まりませんでした。
短足でおデブで表情がなくて決まったことしか言わないのに、可愛くてプヨプヨしていて優しい表情で温かい言葉をたくさん掛けてくれる弟のようで兄のようなベイマックス。もう箱の中に戻らず、ずっと一緒にいて!

マーベルを傘下にしたディズニーが初のコラボ作品として選んだのはマイナーでファンも少ないであろう「BIG HERO 6」という原作。しかも基本設定以外は全て映画用にアレンジした内容なので、正直マーベル作品でありながらマーベル作品ではない、でもマーベル要素を見事にディズニー要素に変換させた作品という雰囲気が映画全体に漂っているんですよね。

特にそれを強く感じるのはタダシに連れられて大学のラボでヒロが出逢った電磁サスペンション自転車専門のゴー・ゴー、レーザー誘起プラズマ専門のワサビ、物質融合専門のハニー・レモン、着ぐるみ専門のフレッドが、タダシがキャラハン教授を救助に行ったものの還らぬ人となった後にヒロと共に歌舞伎マンを追い詰めるため、どこぞのグリーンコンドームのように天才発明少年ヒロによりそれぞれの専門分野を活かしたなりきりヒーローになるくだり。

これが『Mr.インクレディブル』のようで楽しいうえに、ベイマックスも飛行パーツを装着してヒロと共にまるで『ヒックとドラゴン』のように「にこいち」で活躍してくれるため、もうこの2作品で味わったあの心の温かさが見事に蘇ってくるんですよね。

本来ならサンフランシスコと東京を見事に融合した架空都市サンフランソウキョウを舞台に、ヒロが自ら発明したマイクロボットを盗んだ歌舞伎マンことキャラハン教授をヒロとベイマックスの2人で追い詰めてもいいところを、いくら原作が5人のヲタク+ケアロボットとはいえ、6人のヒーロー戦隊として戦うところに、亡きタダシがベイマックスに込めた家族を想う愛を詰め込んでいる。
これが敵討に取り憑かれたヒロにより暴走モードとなったベイマックスを4人の仲間が身体を張って止めようとするシーンでもしっかりと描かれているんですよね。

つまりみんなタダシが好きだったからこそ、タダシの分身でもあるベイマックスも大事な仲間。そのベイマックスに人殺しなんて絶対にさせちゃダメ!という想いがヒロを冷静にさせると、さぁここから始まるのは同じく娘の敵討という執念に取り憑かれたキャラハン教授のアリステア・クレイ社長暗殺を「6人で」阻止すること。

圧倒的なマイクロボットのパワーに押されながらも、劣勢を逆転の発想で優勢へと変えていく6人。クールなのに人情味に満ちたゴー・ゴー、巨漢でも優しいワサビ、いつも前向きなハニー・レモン、金持ちの息子だったフレッドがヒロとベイマックスを援護し、金門橋を超えては2人で一緒に夕陽を眺めたヒロとベイマックスの絆がキャラハン教授の暴走を止める。それを見て止まらないのは感動で震える観客の涙だけ。

さらに空間転移装置の内部から生命反応を感じ取ったベイマックスがヒロと共にキャラハン教授の娘を助けに行くくだりもまだまだ涙は止まらないこと。
あともう少しのところでのヒロのミスでベイマックスの飛行パーツが故障し、ロケットパンチ機能を使えばヒロとキャラハン教授の娘は助けることが出来るも、それではベイマックスは異次元空間に残ることになる。そんな状況でも繰り返されるベイマックスの「私のケアに満足しましたか?」の質問と、その質問に「満足した」とは言えないヒロのやり取り。もうここでも涙が止まらない止まらない。

そしてケアロボットの気持ちを想い、「満足した」と答えるヒロから離れていくマシュマロのような巨体を見て走馬灯のように蘇ってくるのはベイマックスとの様々な思い出。
ベッドと本棚の隙間を通り抜けるにも一苦労したベイマックス。周囲の交通事情などお構いなしにマイクロボットの進む方向にその短い足で歩いていったベイマックス。秘密工場の窓から侵入する際に音を出しながら空気の出し入れをしたベイマックス。警察署にてセロテープで空気漏れを修理したベイマックス。バッテリー切れになると酔っ払いみたいになるベイマックス。みんなで海に落ちたあとに温めてくれたベイマックス。よしよしと頭を撫でてくれたベイマックス。一緒にグーパンチを突き合わせて歓びを分かち合ったベイマックス。
そんなベイマックスともう会えなくなるなんて嫌だ!カムバ〜ック、ベイマ〜ックス!

でもそんなベイマックスはヒロの「心」と「カラダ」を守るケアロボット。ヒロの前から絶対にいなくなるなんて彼のシステムが許さないんですよね。それがベイマックスのロケットパンチの握り拳に隠されていた緑色のチップ。
そう、ベイマックスの心はまだ生きている。あとはその肉体だけを蘇らせてあげれば、それで再びベイマックスと会える。もう何て素晴らしいオチなんだ!

優しさで世界を救えるか?

その答えはこの映画を見れば分かります。もし世界が本当に平和を望むなら是非ベイマックスを量産してください。私も1体購入しますから!

ちなみに同時上映の『Feast』は犬を飼っていた者としてはたまりませんでした。犬の目線がよく描かれていましたし、思わず『彼女と彼女の猫』を思い出してしまいましたよ。

深夜らじお@の映画館はフレッドのパンツ4回履きが金持ちパパと判明したスタン・リー直伝というオチも映画ファンとしては素晴らしいと思いました。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「ベイマックス」  [ 日々“是”精進! ]   2014年12月21日 13:41
「ベイマックス」を鑑賞してきました2D吹き替え版を。2014年ラスト!近未来の日本を舞台にスーパーヒーロー・チームの活躍を描くマーベル・コミックス『BigHero6』をディズニー...
2. ベイマックス/スコット・アツィット  [ カノンな日々 ]   2014年12月21日 15:14
サンフランシスコと東京を融合した架空の近未来都市を舞台に最愛の兄を失った孤独な主人公の少年と兄が遺したケアロボットが巨悪に立ち向かって行く姿を描いたディズニーが贈るア ...
3. ベイマックス/ベイマックスはドラえもん?  [ MOVIE BOYS ]   2014年12月21日 16:06
マーベルコミックスの「BIG HERO 6」を元にして作られたアニメーション。日本人の主人公に架空の都市サンフランソウキョウを舞台としている。敵のボスが歌舞伎の仮面をかぶっていたり、街のいたるところに漢字やカタカナの看板があったりと日本文化とアメリカ文化が融合した
4. ベイマックス  [ ハリウッド映画 LOVE ]   2014年12月21日 19:43
夏に観たら・・・暑苦しそう〜
5. ベイマックス  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2014年12月21日 21:50
評価:★★★★【4点】(招待券) 起伏に満ちたストーリーはアニメの域を超えた?
6. 映画「ベイマックス(2D・日本語吹替版)」 感想と採点 ※ネタバレなし  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2014年12月22日 09:25
映画 『ベイマックス(2D・日本語吹替版)』 (公式)を昨日に劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー 3歳で両親を亡くした14歳の天才発明少年ヒロは、唯一の理解者で最愛の存在の
7. ベイマックス ★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2014年12月22日 19:10
マーベルコミックスのヒット作「BIG HERO 6」を基に、ディズニーが放つアドベンチャー。架空の都市サンフランソウキョウを舞台に、並外れた頭脳を持つ少年ヒロが、生前に兄が開発したロボットのベイマックスと一緒に死の真相を暴こうとする。メガホンを取るのは、『くまの...
8. ベイマックス  [ Akira's VOICE ]   2014年12月23日 17:57
こんにちは。僕はヒロ。ヒーローです。  
9. ベイマックス  [ Break Time ]   2014年12月23日 20:41
今日は、この時期らしい天候で・・・
10. ベイマックス  [ 象のロケット ]   2014年12月23日 21:01
美しい街サンフランソウキョウ。 幼い頃に両親を亡くした14歳の天才科学少年ヒロは、大学生の兄タダシと共に叔母キャスの家で暮らしていた。 タダシが事故で亡くなり部屋に閉じこもっていたヒロの前に、空気で膨らんだ白くて大きな体を持つベイマックスが現われる。 それ
11. ベイマックス  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2014年12月23日 23:30
【BIG HERO 6】 2014/12/20公開 アメリカ 108分監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ声の出演(日本語吹替版):川島得愛、本城雄太郎、菅野美穂、小泉孝太郎 “優しさ”で世界を救えるか? 「あなたの心とカラダを守ります。」彼の名はベイマッ...
12. ベイマックス  [ 心のままに映画の風景 ]   2014年12月23日 23:36
西洋と東洋の文化がマッチし、最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んでいるサンフランソウキョウ。 幼くして両親を亡くし、兄のタダシとともに叔母キャスのもとで育った14歳の天才少年ヒロは、謎の爆発事故でタダシが命を落として以来、すっかり心を閉ざしてしまった。
13. 『ベイマックス(吹替版)』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2014年12月26日 08:48
□作品オフィシャルサイト 「ベイマックス」□監督 ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ□脚本 ロバート・L・ベアード、ダニエル・ガーソン、ジョーダン・ロバーツ□キャスト(声の出演) 川島得愛、小泉孝太郎、菅野美穂、本城雄太郎、金田明夫 ■鑑賞日 12月2
14. プニプニは心を癒すのね〜。(*^_^*)〜「ベイマックス・2D字幕版」〜  [ ペパーミントの魔術師 ]   2014年12月26日 12:15
むっちゃ突然ですが、ちょい前にものすごい雪がよそで降ったときに(わたしんとこはチラチラ程度でした) Twitterにあがってきた雪だるまの本気に感動してました。 ・・・1時間半もかけてつくったベイマックスのリアリティと根性。(いっしょに写ってるオラフも ちゃ...
15. ベイマックス 3D吹き替え版  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2014年12月26日 20:03
武力には武力で対抗するのではなく、心と身体をケアすることで相手を包み込んでしまう。こんなことが実際にできたら、世界に戦争は起きないとも思う。映画の世界だけでも、こういう方法が実現しているのがすばらしい提案だ。3Dで見ると、自分もいっしょに空を飛んでいる体験
16. ベイマックス  [ とりあえず、コメントです ]   2014年12月27日 11:13
孤独な少年と雪だるまのように可愛くて心優しいロボットとの交流を描いたディズニーアニメの最新作です。 予告編を観た時から、あの白いもふもふしたものは何??ととても気になっていました。 期待通りの楽しさと愛の象徴のようなベイマックスの優しさに癒されるような物語
17. 「ベイマックス」  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2014年12月28日 09:07
ウォルト・ディズニー・アニメーションの最新作・・・「ベイマックス」の原作はマーベル・コミック。これはディズニー傘下となったマーベルとの初のコラボレーションです。サンフ ...
【声の出演】  本城雄太郎(ヒロ)  川島得愛 (ベイマックス)   菅野美穂 (キャス)  小泉孝太郎(タダシ) 【ストーリー】 西洋と東洋の文化がマッチし、最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んでいるサンフランソウキョウ。そこに暮らしている14歳の天才児...
19. 『ベイマックス』 (2014)  [ 相木悟の映画評 ]   2014年12月29日 11:05
日本情緒ただよう痛快アメコミ・ヒーロー・アニメ! 純然たるディズニーのフルCGアニメながら、アメコミヒーローものであり、日本アニメのエッセンスも色濃く香る不思議なエンタメ作品であった。 『アナと雪の女王』(13)の歴史的ヒットも記憶に新しく、今なおその...
20. 『ベイマックス』 期待される日本  [ 映画のブログ ]   2015年01月03日 12:16
 【ネタバレ注意】  年末に配られた冊子に、面白い一覧が載っていた。  読売新聞の購読者に配られる読売家庭版2015年1月号のディズニー映画特集だ。「時代を超えて愛され続けるディズニー長編アニメーション」と題して、長編映画第1作目の『白雪姫』から最新の54作目
21. 『ベイマックス』(2014)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2015年01月06日 21:20
ディズニー傘下となって以降のマーベル・スタジオ製作作品はウォルト・ディズニー・プレゼンツだが、これはマーベル・コミック作品をディズニーがアニメ化したという、いわば初のマーベルとディズニーのコラボ作品。といってもラストの超大物(爆)がカメオ出演する以外マーベ
22. 「ベイマックス」  [ 或る日の出来事 ]   2015年01月07日 07:30
日本風味の風景がよかったかな。
23. ベイマックス  [ だらだら無気力ブログ! ]   2015年01月08日 07:04
まさかの戦隊物だったとは。
マーベル・コミックの『BIG HERO 6』を原作にしたディズニー・アニメ。東京とサンフランシスコを融合させた都市サンフランソーキョーを舞台に、少年ヒロと介護ロボ・ベイマックスがヒロの兄タダシの死の真相を追う。監督はドン・ホール、製作総指揮は『トイ・ストーリー』の
25. ベイマックス  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2015年01月16日 06:16
 『ベイマックス』(2D日本語吹替版)をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)ディズニーのアニメながら、評判がいいので映画館に行ってきました。  平日の昼間でしたが冬休み中ということで、映画館は子供たちで満席状態でした。  本作(注1)の初めでは、都市の上空か...
26. ベイマックス  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2015年01月16日 20:55
2015年1月10日(土) 17:10〜 TOHOシネマズ日本橋6 料金:1100円(夫婦50割引き) 「カールじいさん」と同じ売り方。予告編のイメージとの乖離が激しい。 「Mr.インクレディブル」みたいだった。それは、それでいいのだが。 予告編でのサッカーボールを拾えない、パワ
27. ベイマックス うるうるほろりんぽよほわグレード高い(^^♪  [ Said q winning ]   2015年01月19日 22:35
監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ声の出演(日本語吹替版):川島得愛、本城雄太郎、菅野美穂、小泉孝太郎なんと素敵なお話なんだろうか!こういう世界を描くというのは 「ハイグレード」である最近はピクサーだけでなく本家ディズニーもとても良い作品を沢山、...
28. [映画][☆☆☆☆★]「ベイマックス」感想  [ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 ]   2015年02月04日 19:07
 日本人ヒーローチームの活躍を描いたマーベルコミックのアメコミ作品「ビッグ・ヒーロー・シックス」を、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオズが長編CGアニメ映画化。 ちなみに、ドラゴンに変形しちゃうバリバリ戦闘ロボなベイマックスをはじめ、原作とは
29. ベイマックスの愛くるしさよ  [ 笑う社会人の生活 ]   2015年04月04日 17:18
25日のことですが、映画「ベイマックス」を鑑賞しました。 14歳の天才児ヒロは兄のタダシを亡くし深い悲しみに沈む そんな時 タダシが開発した風船のように膨らみのあるロボット、ベイマックスが現れる 苦しんでいる人々を回復させるケアロボット・ベイマックスの優しさ...
30. ベイマックス  [ 銀幕大帝α ]   2015年04月26日 14:34
BIG HERO 6 2014年 アメリカ 102分 アドベンチャー/コメディ/ファミリー 劇場公開(2014/12/20) 監督: ドン・ホール クリス・ウィリアムズ 製作総指揮: ジョン・ラセター 声の出演: スコット・アツィット:ベイマックス ライアン・ポッター:ヒロ T・J...
31. ベイマックス  [ いやいやえん ]   2015年04月27日 15:34
【概略】 幼い頃に両親を亡くし、謎の大爆発で兄を失ってしまった少年・ヒロの前に突然、ロボットの“ベイマックス”が現れる。 アニメ かけがえのない大切な人を失った時、ぽっかりと胸にあいた穴はどう治せばよいのだろうか…最愛の兄タダシを失い心に深い傷を負
32. ベイマックス  [ のほほん便り ]   2015年05月07日 10:21
シンプルに、とても面白かったです。楽しめました。笑いあり、涙あり、友情あり、なのが素敵。なるほど、第87回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞も納得です。随所にユーモア満載の活劇で、ベイマックスの愛らしさもグッド。舞台となった、サンフランソウキョウの、
33. ベイマックス  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2015年06月02日 06:16
監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ 出演:スコット・アツィット、ライアン・ポッター、T・J・ミラー、ジェイミー・チャン、デイモン・ウェイアンズ・Jr、ジェネシス・ロドリゲス、ダニエル・ヘニー、マーヤ・ルドルフ、ジェームズ・クロムウェル、アラン・テュデ...

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2014年12月21日 13:44
マーベル原案ということで…
ディズニーの世界観にこの原案が巧く織り込まれており、
最後まで非常に楽しめました♪

マシュマロみたいなベイマックスが可愛かったですね。
あんなケアロボットが実際に欲しくなります。

そうそう、フレッドの父親には思わず笑ってしまいました。
2. Posted by にゃむばなな   2014年12月21日 14:20
BROOKさんへ

何だかディズニーの本気を見た感じでしたよ。
やっぱり凄いですわ、あのスタジオは。
3. Posted by かのん   2014年12月21日 15:36
キャラ設定は全く違うんですけど、ヒロとベイマックスの関係性が何故かのび太とドラえもんと重なって見えました。仲間たちと共に悪と戦う姿はまんま劇場版のドラえもんですよね。ドラえもんが欲しいと思うのと同じように私もベイマックスが欲しくなってしまいました。

日本語ではケアロボットとしてますがオリジナルのセリフではケアコンパニオンです。この言葉の意味がとても大きい気がします。
4. Posted by Caine   2014年12月21日 16:10
マーベル原作でしたが、その秘められたメッセージはマーベルのヒーロー物とはちょっと違ってましたね。
ヒロは敵を倒すのではなく、敵も救う。そしてスレが自分も救うことになる。
かのんさん同様、私もドラえもんを思い出しましたよ。
5. Posted by にゃむばなな   2014年12月21日 17:20
かのんさんへ

もうヒロにとって無くてはならない存在となったベイマックス。
共に歩み、共に歩く姿は本当にのび太とドラえもんですよね。
6. Posted by にゃむばなな   2014年12月21日 17:21
Caineさんへ

安易に勧善懲悪にせずに救われぬ者を救う観点に立っている感じがしましたよ。
敵を救えば、自分も救われる。
まさにそんな映画でしたね。
7. Posted by オリーブリー   2014年12月23日 23:39
ロケットパンチに握らせていたあの品物。
ベイマックスも人と触れ合う内に心を宿したんだと思いました。
8. Posted by にゃむばなな   2014年12月24日 11:22
オリーブリーさんへ

ほんと、あのオチには涙が止まりませんでしたよ。
ベイマックスの優しさを感じずにはいられませんでしたね。
9. Posted by YUKKO   2014年12月28日 09:05
予告編では考えられなかった展開でした。ベイマックスとのお別れの場面は涙物でした。欲しいです。このケアロボットが。
日本の鈴がモチーフらしいですが、鈴からベイマックスの形に変えた監督も凄いです。
10. Posted by ノラネコ   2014年12月28日 22:57
私も見事なオチのつけ方と思ったのですけど、知人の女性は、いくら心が回収できたとしても、体が置き去りになってしまうのが納得できなかったみたいです。
心と体はセットでベイマックスらしく、うーん、分らなくはないけど、この辺り人によって感じ方が違うのかな。
11. Posted by にゃむばなな   2014年12月28日 23:00
YUKKOさんへ

ほんと、私もこんなケアロボットが欲しいですよ。
身体だけでなく心も守ってくれるのが本当にいいですよね。
12. Posted by にゃむばなな   2014年12月28日 23:08
ノラネコさんへ

その知人の方の意見も分かります。心身一体というのは、相手をどれだけ大切にしているかの表れでもあると思うので。
でもベイマックスはロボットなので、私はあのオチで納得出来ましたね。
多分その方はロボット以上の感情をベイマックスに持たれていたんでしょうね。
13. Posted by きさ   2015年01月08日 23:22
これは面白かったです。
とにかくアクション演出が素晴らしい。
ラストは泣かせます。
キャラクターもいいですね。
特にベイマックスは愛さずにいられない。
傑作だと思いますが、ここまでやられてしまうと日本のアニメは大丈夫なのかとちょっと心配になりました。

でもベイマックスのデザインは日本のデザイナーなんですね。
14. Posted by にゃむばなな   2015年01月11日 10:35
きささんへ

日本のアニメに関しては全く問題はないでしょう。
なんせコンテンツはかなり豊富ですから。
あとは映像化する側のセンスの問題かと。
その辺りはこの映画を見習ってほしいですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載