2015年02月02日

『マエストロ!』

マエストロ!音楽は素晴らしいが、ドラマが少なすぎる。
この世で一番美しいのは音楽である。これは佐渡裕氏が指揮するオーケストラの音楽や辻井伸行さんが奏でるピアノ曲を聞けば素人でも理解できます。
ただ誰かと響き合えば一瞬が永遠になる。これはドラマが少なすぎて伝わってこない。それが残念でならない作品でした。

一度は解散した中央交響楽団が再結集し、工事業者のような格好をした謎の毒舌マエストロと共に演奏会を目指していく物語となれば、やはり期待してしまうのは『オーケストラ!』のように心がバラバラだった楽団員たちが最後には想いを一つに素晴らしい音楽を奏でるというラストシーン。

この映画でも池田鉄洋さんやモロ師岡さんを始め、古館寛治さん、濱田マリさん、斉藤暁さん、嶋田久作さん、松重豊さん、綾田俊樹さん、石井正則さん、そしてでんでん親方とフルオーケストラ張りに脇役陣は豪華なんですけど、これが残念なことにこの豪華な脇役陣には各々のドラマというのが全く用意されていない。過去が云々とか、現在の想いがどうなのかとか、その辺りはほとんど描かれず。

代わりにドラマが用意されているのはポスターを飾るコンマスの香坂、フルートのあまね、マエストロの天道の3人だけ。しかもこのドラマもそんなに掘り下げたものでもなければ、新鮮味のあるものでもない、本当によくある話ばかり。

なので正直この映画にはグランドホテル方式による感動は全くありません。オーケストラを描いていながら、コンサートマスターの香坂だけの物語と言っても過言ではないほどの、本当に豪華な脇役陣を無駄遣いしている映画です。

ただ西田局長演じる天道が言っていた「指揮者とオーケストラの決闘や!」という意味は凄くよく分かる映画です。
指揮者は単に音楽に合わせてタクトを振っているだけではない。オーケストラを構成する様々な楽器が弾けなくても各々の「いい音」だけはしっかり理解し、そのうえで演奏者にその音を出させなければならない。そんな職業に就く人はまさに音楽における才能と努力の結晶そのもの。
そんな相手に演奏者は自分の分野で一対一の勝負を音楽で挑む。ヤルかヤラれるか。そんな生死を賭けたかのような真剣な眼差しと共に。

「天籟」は音楽に真剣な心で向かい合った者にしか奏でることの出来ないもの。プロの報酬はお金である前に観客の感動であることを十分に理解している者にしか奏でる機会は訪れないもの。

船で暮らすフルートのあまねが震災で亡くなった両親を想って奏でるソロパートに対して、豪華なマンションに一人で優雅に暮らすボンボンで金にも困ったいない様子の香坂は病室でのソロ演奏まで音楽の大切さを理解出来ていないって本当に贅沢な音楽人生を送っているなぁ〜と思いながらも、なぜか松坂桃李さんのきれいな顔立ちでそれが許せてしまうこの映画。

改めて西田局長のリズムセンスと怪演ぶりに、音楽でも演技でもこの方は一流だなと思えた作品でもありました。

深夜らじお@の映画館は松重豊vs.石井正則のホワイトボード対決をもっと見たかったです。

※平野秀朗センセの「関西ウォーカー」のコラムによると、この小林監督は上岡龍太郎前局長の息子さんだとか。その作品に現局長が出演されているとは…まさに鋭いメスを入れるべき複雑に入り組んだ現代社会だ!

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「マエストロ!」  [ 日々“是”精進! ]   2015年02月03日 15:26
「マエストロ!」を鑑賞してきましたさそうあきらの同名コミックスを「毎日かあさん」の小林聖太郎監督が映画化した感動の音楽ドラマ。一度は解散した交響楽団が、正体不明の謎の初...
2. マエストロ!/天籟(てんらい)の音を聴きにいくべし!  [ MOVIE BOYS ]   2015年02月03日 16:40
解散したオーケストラが謎の指揮者に集められ問題を乗り越えながら感動のコンサートを行うまでを描いたドラマ。謎の指揮者を『遺体 明日への十日間』などの西田敏行が、コンサートマスターを『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』の松坂桃李が演じている。監督は『毎日かあさん』
五つ星評価で【★★★ラストの秘密にそんなに惹かれないのでポカーンとしちゃうんだろうなあ】 ・口の悪い下品なおっちゃんをやらしたら西やんは絶品。 ・濱田マリがあまり出番 ...
4. マエストロ!  [ だらだら無気力ブログ! ]   2015年02月04日 01:26
可愛かったな、miwa。
5. マエストロ!  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2015年02月04日 23:50
演技者がプロの演奏家の動作をこなし、音の広がりをカメラワークで表現する画期的な手法を実現している。宇宙と融合する領域の音楽という表現が出てくるけど、まさにコンサートシーンはすばらしい空間表現だった。演奏者の心情と音楽と映像が融合していた。ブラボー。
6. マエストロ!  [ Break Time ]   2015年02月06日 20:54
今朝は、先日の雪も・・・
7. 『マエストロ!』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2015年02月07日 08:26
□作品オフィシャルサイト 「マエストロ!」□監督 小林聖太郎□脚本 奥寺佐渡子□原作 さそうあきら□キャスト 松坂桃李、miwa、西田敏行、古館寛治、大石吾朗■鑑賞日 2月1日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.
8. 映画「マエストロ!」  [ FREE TIME ]   2015年02月08日 10:39
映画「マエストロ!」を鑑賞しました。
9. 「マエストロ!」  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2015年02月09日 20:27
音楽の映画は外せません。実際に佐渡裕さんがベルリン・ドイツ交響楽団を指揮して「運命」と「未完成」の音楽を録音しています。最後のエンディングテーマは辻井信行さんが弾いて ...
10. マエストロ!★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2015年02月13日 21:43
漫画家さそうあきらが手掛けたコミックを基に、不況のあおりで解散したオーケストラの再起を若手コンサートマスターと謎の指揮者を中心につづる感動のドラマ。コンサートマスターに松坂桃李、指揮者に西田敏行がふんし、寄せ集めの演奏者たちが破天荒な指揮者を前に一転、...
11. 『マエストロ!』 さあ、練習しよう!  [ 映画のブログ ]   2015年02月15日 02:22
 マエストロ(maestro)とは、英語のマスター(master)に当たるイタリア語だ。尊敬すべき偉大な指揮者を意味している。  そんな言葉を題名にした映画『マエストロ!』を観て、私は設定の妙に感心した。上手い線を狙ったものだ。  本作の冒頭で、ヴァイオリニストの主人公
12. マエストロ! 一瞬の刹那刹那は一生一度  [ Said q winning ]   2015年02月15日 21:16
若きヴァイオリニスト香坂のもとに、解散した名門オーケストラ再結成の話が舞い込む。だが集まったメンバーは再就職先も決まらない「負け組」楽団員たち と、アマチュアフルート奏者のあまね。そこに現れた謎の指揮者、天道。彼の自分勝手な進め方に、楽団員誰もが猛反発...
「マエストロ!」は解散した交響楽団がある指揮者によって再結成する事になるも主力は引き抜かれ素人も入る中で練習する事になったが、指揮者の指導の下で次第に1つになり再び演 ...
14. マエストロ!  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2015年02月16日 00:00
2015年2月7日(土) 14:00〜 丸の内ピカデリー2 料金:1200円(割引鑑賞クーポン) 定番の壊れた楽団、合唱団もの。 『マエストロ!』公式サイト 定番だが、満足度の高い作品が異常に多いジャンルだ。 しかし、本作には盛り上がりが足りない。 多くの登場人物に焦点
15. マエストロ!  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2015年02月20日 06:32
 『マエストロ!』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)西田敏行が指揮者に扮するというので見に行ってきました。  本作の話は(注1)、不況の煽りで解散した中央交響楽団の楽団員を指揮者の天道(西田敏行)が再び集めて再結成コンサートを開催するというもの。  映画...
16. [映画][☆☆☆★★]「マエストロ!」感想  [ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 ]   2015年02月20日 19:27
 「漫画アクション」(双葉社)で連載されたさそうあきら原作の漫画を、「毎日かあさん」の小林聖太郎監督、「侍戦隊シンケンジャー」の松坂桃李主演で映画化。 スポンサーの倒産で解散した名門オーケストラの団員達が、謎の指揮者によって再び集められ、対立しながら演奏
17. 『マエストロ!』(2015)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2015年02月21日 08:42
解散した名門オーケストラ再結成の話が持ち上がり、若きコンサートマスター香坂らかつての楽団員に声がかかるが、集まったのは他のオケに移れなかったいわば「負け組」メンバーとアマチュアのフルート奏者だった。一カ月後の復活コンサートへ向けて練習を始めたものの、そこ
18. マエストロ!  [ C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜 ]   2015年03月02日 21:57
マエストロ! '15:日本 ◆監督:小林聖太郎「毎日かあさん」「かぞくのひけつ」 ◆出演:松坂桃李、miwa、古舘寛治、大石吾朗、濱田マリ、河井青葉、池田鉄洋、モロ師岡、村杉蝉之介、小林且弥、中村倫也、斉藤暁、嶋田久作、宮下順子、淵上泰史、木下半太、中村ゆり...
19. マエストロ!  [ いやいやえん ]   2015年08月22日 08:23
【概略】 解散したオーケストラが再結成することになるが、集まったのはプロと思えないメンバーばかり。彼らは謎の指揮者・天道のやり方に反発するが…。 ドラマ 彼の仕掛けた秘密…それが僕たちの【運命】を変えた。 バラバラだったオーケストラが一人の指揮者、

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2015年02月03日 15:31
上映時間の関係で、個々のエピソードが巧く描き切れていなかったのはちょっと残念でした。
連ドラだったら、巧くいったかもしれません。

とりあえず、ラストの演奏に向かって、
団員たちが纏まって行く展開は、予想出来るけれども、感動的でした。
2. Posted by にゃむばなな   2015年02月03日 18:23
BROOKさんへ

こういう展開なら別に脇役陣を豪華にする必要はなかったのに、なぜにこのストーリーでこのキャスティングなのか。
ちょっとお金を掛ける方向を間違えているような気がしましたよ。
3. Posted by Caine   2015年02月03日 21:28
ようするに『マエストロ!』なんですよね。天童と香坂の関係を軸にしたお話なんで、極端な話ほかはまあ…
天籟の音という設定はあんな演出は初めてなんで、その部分では唸らされました。
4. Posted by ふじき78   2015年02月03日 21:48
あの、どこをとっても名脇役の布陣は凄かったですね。そうか、逆にそれで持ち時間が少なかったのか。

西田敏行はもう、あてがきと思うくらい自然でした。西田敏行以外のキャスティングが思い浮かびません。・・・松平健でサンバを踊りながら指揮でもさせるか? いやいやいやいや。
5. Posted by にゃむばなな   2015年02月03日 23:03
Caineさんへ

確かにタイトル通りのお話なんですよね。
でもこれだけ豪華な脇役陣を揃えられると、どうしても期待してしまうじゃないですか。
お話的にはそこそも満足いくものだっただけに、キャスティングで欲張りすぎたのかも知れませんね。
6. Posted by にゃむばなな   2015年02月03日 23:04
ふじき78さんへ

いやいや、松平健さんではアカンでしょう。
それじゃ、オーケストラがオーケストラでなくなりますわ(笑)
7. Posted by YUKKO   2015年02月06日 22:41
期待していったわりには、感動できませんでした。いい音楽を聞きに行ったと思う事にします。西田さんの映画ですね。
8. Posted by にゃむばなな   2015年02月06日 22:51
YUKKOさんへ

これだけの脇役陣を集めておいて、結局印象に残るのは局長だけでしたもんね。
ほんま、もったいないですわ〜。
9. Posted by FREE TIME   2015年02月08日 10:45
こんにちは。
演奏シーンに関しては良かったですね。
中でも、あまねが独奏でフルートを吹くシーンとかは。
確かに豪華キャストの割には目立たない人が多かったけど、それだけ西田敏行さんが個性的で破天荒で天道を演じていたからこそだと思います。
10. Posted by にゃむばなな   2015年02月08日 11:32
FREE TIMEさんへ

西田局長の素晴らしさをもっと目立たせるなら、やっぱりあの豪華脇役陣にも見せ場を作って欲しかったですよ。
そちらの方が映画としてももっと面白くなっていたでしょうからね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載