2015年02月04日

『エクソダス 神と王』

エクソダストニー・スコット喪失の影響が大きすぎるのか。
旧約聖書の「出エジプト記」におけるモーゼのエピソードをベースに、兄弟同然として育ってきたラムセス王との葛藤どころか、結局何を描きたいのかも全く分からない映画を撮ってしまったリドリー・スコット監督。
このまま引退してしまうことだけは避けていただきたいです。

恐らく初めてではないでしょうか。こんなにも力強さのないリドリー・スコット監督作品を見るのは。
もちろんハンス・ジマーが音楽担当ではないということも多少の影響はあるかも知れませんが、この作品には「これが77歳のおじいちゃんが撮った映画か?」と思わせるような、いつものそこはかとなく感じる力強さというものが全くないんですよね。

特にラムセスとモーゼの関係性を描く上で重要な前半での2人でヒッタイト陣営を襲うシーンには多少なりともあった力強さというのが、モーゼがヘブライ人だと認めてメンフィスを追放された辺りから、完全に消え去ってしまっていたのはあまりにも残念でなりませんでしたよ。

しかもこの中盤からのエピソードが実に薄っぺらいこと。
メンフィスを追放され、ちょっと彷徨った挙句に結婚相手を見つけて子供と家庭を作る。神の山に何の理由もなく登っては崖崩れに遭遇したついでに神にも遭遇する。そして400年以上もエジプトの奴隷として自由を奪われている同胞を助けに行く。そんなモーゼの意思はなぜかほとんど描かれないまま。

さらにラムセスの圧政が支配するエジプトに対して、軍事にも長けたモ−ゼが同胞を鍛え上げゲリラ戦で挑むのかと思いきや、実際にエジプトを苦しめたのはモーゼではなく少年の形をしたヘブライの神がもたらした災厄。
ワニと魚の死骸で赤く染まったナイル川からの大量のカエルを上陸させ、そのカエルが干乾びると大量のウジがアブへと成長して伝染病の蔓延させ、イナゴの大量発生により食糧難が起こり、そして闇夜が赤ん坊に永遠の眠りを授ける。

そのどれもにモ−ゼは戸惑っているだけ。俺、頑張って同胞を戦士に鍛え上げたのに、400年間何もしてこなかった神が今頃災厄を起こしてくれてもなぁ〜。俺の立場があらへんやん…とばかりに傍観しているだけ。

そしてラムセスから「出ていけ」と言われ、俺が頑張ったんと違うけどまぁ結果オーライでええか…とばかりに同胞と共にエジプトを出て行こうとするモーゼも指導者というよりは、ただ道を知っているだけの旅先案内人程度にしか見えないんですよね。

それでもモーゼと紅海といえば「海割りの奇跡」。これをリドリー・スコット監督がどう描くのかと楽しみにしていたのですが、何と起きたのは「海割りの奇跡」ではなく「干潮の奇跡」。
しかもヘブライ人駆逐のために追ってきたエジプト軍は退却途中に川上からの竜巻がもたらした洪水で流されてしまうって…またしてもモーゼは何もしてませんやん!

さらにラムセスとモーゼが一対一の勝負に挑むのかと思いきや、いざ勝負!と意気込んだ瞬間に空気を読まない神が洪水で2人を飲み込む始末。でも2人とも助かり両岸へ逃げ延びましたって…いったい何を描きたいのか分かりませんわ!

てな訳で順調に映画製作が行われていたものの、弟トニー・スコットの悲報を聞いた途端に、気力も集中力もなくなったまま映画を完成させてしまったかのような、本当にリドリー・スコット監督作品とは思えないほど欠伸を連発してしまったこの映画。

ラムセスとモーゼに自分と愛する亡き弟をリンクさせることもなく、兄弟の絆を強く描くこともなく、いったい何を描きたかったのか…。
トニー・スコットもこんな映画を捧げられてもねぇ〜。

深夜らじお@の映画館はリドリー・スコット監督にはまだ引退の2文字は早いと思います。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「エクソダス神と王」  [ 日々“是”精進! ]   2015年02月04日 19:51
「エクソダス神と王」を鑑賞してきました2D字幕版を。「グラディエーター」の巨匠リドリー・スコット監督が旧約聖書の“出エジプト記”を題材に描く歴史スペクタクル・アクション...
2. エクソダス:神と王  [ Akira's VOICE ]   2015年02月06日 10:49
叙事詩というより自伝的な。  
3. エクソダス:神と王  [ いやいやえん ]   2015年02月06日 14:36
【概略】 紀元前1300年。最強の王国として名をはせるエジプトの王家に養子として迎えられて育ったモーゼは、兄弟同然のような固い絆で結ばれていたはずのエジプト王ラムセスとたもとを分かつ。その裏には、苦境に立たされている40万にも及ぶヘブライの人々を救わねばならな
4. エクソダス:神と王 ★★★.5  [ パピとママ映画のblog ]   2015年02月06日 14:54
旧約聖書の出エジプト記に登場する、モーゼのエピソードをベースにしたアドベンチャー。紀元前のエジプトを舞台に、王家の養子として育てられた男モーゼがたどる数奇な運命と壮絶な戦いを活写する。メガホンを取るのは、『グラディエーター』『プロメテウス』などのリドリ...
5. エクソダス:神と王  3D日本語吹き替え版  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2015年02月06日 15:55
旧約聖書の「出エジプト記」を題材にした歴史スペクタクルアクション大作だ。10の奇跡や海が割れるシーンも実際にあったと思えてくるから不思議なのだ。3Dで見ると、まるで体験しているようだった。登場人物が人間的に描かれているのもいい。星5個。
6. 『エクソダス:神と王』 (2014)  [ 相木悟の映画評 ]   2015年02月06日 18:27
装いも新たに甦る“十戒”伝説! 昨今、流行の新解釈聖書モノの真打ちであり、唸る部分も多いのだが…。 本作は、老いてなおエネルギーみなぎる巨匠リドリー・スコット監督作。SF、ミステリー、犯罪サスペンス、戦争アクションとなんでもござれのスコット監督。今回の題材
7. エクソダス:神と王  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2015年02月06日 20:22
評価:★★★☆【3.5点】(11) モーゼの一大叙事詩のようなストーリーも
8. エクソダス:神と王  監督/リドリー・スコット  [ 西京極 紫の館 ]   2015年02月06日 20:34
【出演】  クリスチャン・ベイル  ジョエル・エドガートン 【ストーリー】 紀元前1300年。最強の王国として名をはせるエジプトの王家に養子として迎えられて育ったモーゼは、兄弟同然のような固い絆で結ばれていたはずのエジプト王ラムセスと袂を分かつ。その裏には、...
9. エクソダス:神と王  [ だらだら無気力ブログ! ]   2015年02月06日 22:20
10の災いの映像は見応えあった。
10. 「エクソダス:神と王」  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2015年02月06日 22:45
紀元前1300年。最強の王国として名をはせるエジプトの王家に養子として育ったモーゼ(クリスチャン・ベイル)は、兄弟同然のようなエジプト王ラムセス(ジョエル・エドガートン)が ...
11. エクソダス 神と王  [ そーれりぽーと ]   2015年02月07日 00:04
予告編のものものしさから、モーゼが『300』バリに戦いまくる映画なのかと思って『エクソダス 神と王』を観てきました。 ★★★ フツーに『十戒』のリメイクで、バトル映画ではありませんでした。 そらそうか、バトル映画なんかにしてたらキリスト教徒とユダヤ教徒とイスラ.
12. エクソダス 神と王  [ Said q winning ]   2015年02月07日 21:48
監督:リドリー・スコット 出演:クリスチャン・ベイル 、ジョエル・エドガートン、ベン・キングズレー、ジョン・タトゥーロ、アーロン・ポール、ベン・メンデルソン、シガニー・ウィーヴァー 、インディラ・ヴァルマ、マリア・バルベルデ、ダール・サリム、ゴルシフテ・...
13.  エクソダス 神と王(吹替:3D)  [ C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜 ]   2015年02月07日 22:53
エクソダス 神と王(吹替:3D) '14:米 ◆原題:EXODUS: GODS AND KINGS ◆監督:リドリー・スコット「悪の法則」「プロメテウス」「グラディエーター」 ◆出演:クリスチャン・ベイル 、ジョエル・エドガートン、ベン・キングズレー、ジョン・タトゥーロ、アーロン...
14. エクソダス 神と王  [ ハリウッド映画 LOVE ]   2015年02月08日 11:54
闘うクリスチャン・ベイルはやっぱりかっこいい。
15. エクソダス:神と王  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2015年02月08日 22:27
【EXODUS: GODS AND KINGS】 2015/01/30公開 アメリカ 150分監督:リドリー・スコット出演:クリスチャン・ベイル、ジョエル・エドガートン、ジョン・タートゥーロ、アーロン・ポール、ベン・メンデルソーン、シガーニー・ウィーヴァー、ベン・キングズレー 戦う者だけに...
16. エクソダス:神と王 Exodus:Gods and Kings 予告編では理解し得ない、予想外の大満足に驚き!  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2015年02月14日 16:55
予告編をみて、イマイチっぽくね?、と思っていた。 ひょっとして「エクソダス」ではなく、「エ?クソだす」なんてくだらないギャグまで思いついた(笑) とはいえ、監督=リドリー・スコットと聞けば、観るしかない・・・ 何たって歴史物だけでも、「グラディエータ...
17. [映画][☆☆☆★★]「エクソダス:神と王」感想  [ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 ]   2015年02月20日 19:42
 「グラディエーター」のリドリー・スコット監督、「ダークナイト」シリーズのクリスチャン・ベール主演。旧約聖書の出エジプト記を基に、奴隷として扱われていたヘブライ人(ユダヤ人)達を連れてエジプトを脱出したモーゼの伝説を映画化。 リドリー・スコットお得意の、
18. 『エクソダス/神と王』(2014)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2015年02月24日 22:30
「旧約聖書」の『出エジプト記』をリドリー・スコット監督が映像化。モーゼにクリスチャン・ベール、ラムセスにジョエル・エドガートン、セティにジョン・タトゥーロ、ヨシュアにアーロン・ポール、ヘゲップにベン・メンデルソーン、トゥーヤにシガニー・ウィーヴァー、ツィ
19. モーゼの信念  [ 笑う社会人の生活 ]   2015年04月24日 07:49
7日のことですが、映画「エクソダス:神と王」を鑑賞しました。 紀元前1300年 エジプトの王家に養子として迎えられて育ったモーゼは、兄弟同然のエジプト王ラムセスとたもとを分かつ。 その裏には苦境にいる40万ものヘブライの人々を救わねばならないというモーゼの信...
20. エクソダス:神と王  [ 銀幕大帝α ]   2015年06月14日 13:13
EXODUS: GODS AND KINGS 2014年 アメリカ 150分 アクション/歴史劇 劇場公開(2015/01/30) 監督: リドリー・スコット 『悪の法則』 製作: リドリー・スコット 出演: クリスチャン・ベイル:モーゼ ジョエル・エドガートン:ラムセス ジョン・タートゥーロ...

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2015年02月04日 19:54
十の災厄や海割れを全て自然現象として捉えている辺りは、
結構新鮮味があったと思います。
神についても、モーゼの幻想っぽい描き方でしたね。

たしかにラストはちょっと物足りなかったです。
モーゼとラムセスのガチバトルに期待したのですが…。
2. Posted by にゃむばなな   2015年02月06日 10:07
BROOKさんへ

あれだけ最後は2人の直接対決かと見せておいて、文字通り「水入り」にしちゃうのはなぁ〜って思いましたよ。
盛り上げ方が何か変でしたわ。
3. Posted by YUKKO   2015年02月06日 22:44
ヘブライの神って超自己中なんですね。エジプト人ばかり災いが降りかかるのですから。途中10の災いの時はホラーかと思いましたが。紅海が割れないなんてがっくりでした。
4. Posted by にゃむばなな   2015年02月06日 22:53
YUKKOさんへ

「信じる者しか救わない、せこい神様」なんて歌詞がかつてB'zの曲にもありましたが、ヘブライの神様はそんな感じでしたね。
5. Posted by yukarin   2015年02月08日 22:30
映像は迫力があって見応えはありました。
でも観終わった後に余韻も残らない...そこは残念でした。
リドリー・スコット監督だからと期待し過ぎちゃったのかもしれません。
6. Posted by にゃむばなな   2015年02月08日 22:57
yukarinさんへ

リドリー・スコット監督と聞けばどうしても期待してしまう。
その従来の期待にも届かなかった。
そんな感じの作品でしたね。
ほんと、残念ですわ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載