2015年02月14日

『チョコレート・ファイター』

チョコレート・ファイタージージャー・ヤーニンのアクションだけは凄い!
トニー・ジャーを世界に知らしめた『マッハ!!!!』のプラッチャーヤー・ピンゲーオ監督が新たなるヒロインで女性版ムエタイ作品を作り上げたはいいものの、何ら工夫らしい工夫がないために、トニー・ジャーに遠く及ばない作品になってしまったこの映画。
ジージャー・ヤーニンのムエタイアクションは凄いんだけどなぁ〜。

仏像が盗まれただの、象が盗まれただの、分かりやすいストーリーでトニー・ジャーのアクションを見せるまでに大した時間を費やすことのなかったプラッチャヤー・ピンゲーオ監督ですが、この作品に至ってはなぜかヒロインのゼンが登場するまでの話が長いこと。

もちろん日本ヤクザの若幹部・マサシと現地マフィアのボスの女・ジンとの出会いから、追われる身となったジンの病苦、そしてゼンが発達障害として生まれてきた不安や息子同然に育ててきたムンのゼン親子を心配する気持ちなど、ゼンというヒロインを取り巻く環境を描くことは大事です。

ただその描き方がのんびりしているうえに、掴みのアクションも特にない。つまり本題に入るまでの前戯が長すぎて本番の時間になる頃には萎えてしまったいる。本来なら短く、かつ濃く描くべきところを無駄に長い時間を使ってしまっているので、まずこの時点でアクション映画としてのリズムは完全に失ってしまっているんですよね。

しかもいざ借金取り立て時の、暴力で逃げようとする債務者とのバトルもジージャー・ヤーニンの華麗なるアクションは素晴らしいのですが、ただトニー・ジャーと同じような撮り方をしているので、当然女性であるジージャー・ヤーニンのアクションに迫力がないことが目立ってしまうのも残念なこと。

さらにムエタイだけでなくカンフーの要素も多く取り入れてしまったがために、どうしてもジージャー・ヤーニンのアクションがトニー・ジャーではなく、またプラッチャーヤー・ピンゲーオ監督がオマージュを捧げたかったブルース・リーでもなく、非力を最大限のパワーに変えるジャッキー・チェンのようにも見えてしまうのも、劇中で何度も『マッハ!!!!』の映像を見せている割には残念なところ。

結局囚われたムンを助けにいくために現地マフィアのボスとの最終決戦に至るまではとにかくアクション映画としての面白味どころか、ジージャー・ヤーニンの魅力も特に見せることが出来ていないんですよね。

しかしマフィアの隠し玉でもあるメガネ・アディダスとの勝負や七転八倒を信条とするかのようなバンダナ用心棒との勝負が始まると、途中小倉に住むマサシ役の阿部寛による日本刀アクションも盛り上げに一役買ってか、ゼンの鞘二刀流アクションも面白ければ、ビルの窓の外のわずかなスペースや看板を利用したアクションも「スタントマンたちが頑張ってるわ〜」と大いに盛り上がるんですよね。

ムエタイを始めとする身体を張ったアクションを見せてくれるヒロインだからこその小さなスペースでのバトル。そこで繰り広げられる美しき技の数々。迫力がないからこその魅力というものを最後の最後でようやく見せてくれた。まさにそんな感じの映画でしたね。

てな訳でジンが亡くなったことでマサシがゼンを引き取るならムンはどうなるねん?という疑問もすっかり忘れ去られたまま終わってしまったこの作品。
トニー・ジャーとは一味違う戦うヒロインならではのアクションを期待していたのに、ちょっと残念でしたよ。

深夜らじお@の映画館も久しぶりにマーブルチョコが食べたくなりました。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ジョニーA   2015年02月14日 21:24
トニー・ジャー&ジージャー共演の『マッハ!無限大』が今日から公開に
なっていますねえー。(HAT神戸にて)さっそく明日当たり、神戸へ繰
り出そうかなぁー、と思っております!!それにしても『マッハ!』から
もう十年なんですねーー。早いものです。まだトニーはキットカットが好物カナ?
2. Posted by にゃむばなな   2015年02月14日 23:14
ジョニーAさんへ

10年は早いですよね〜。
キットカットとバナナで頑張ってくれたあの頃が懐かしいです。
でもさすがにジージャー・ヤーニンはキットカットとバナナでは頑張ってはくれませんわね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載